Reload

●α通信24号 :2018年3月発行予定
●α54号(春)テーマ:未定 (近日中に発表)
●53号(冬)テーマ[出自]:合評2 :『瀬戸内少年史ー中学ほろ苦時代』(響灘王子) 2018年1月11日~
(1. 出自 ) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:381/5134 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

資金力の違い?

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2017年 3月26日(日)15時40分33秒
  通報 返信・引用
  昨日東京で日本維新の党大会があった。

今年は1月に共産党、3月に自民党、民進(元民主)党の大会があったが、どれも豪華版
だ。大分費用をかけたように見えた。
とりわけ共産党は、静岡にある時前の「伊豆学習会館」で、初めて他党議員を招き、全国
から大勢の党員を集めた盛大なものだった。ひな壇にはテレビでよく顔を見かける錚々た
る役員メンバーが重々しくずらりと並んでいた。

それと比べ、歴史も議員数でも弱小の維新はこじんまりしていて派手さは一切感じられな
い。会場の広さも飾り付けも前述の党より数段劣る。若手の議員に司会を任せ、壇上に優
劣をつけずずらりと役員を中心とした議員達が並列に並んだ。凝った演出は一切無し。
「身を切る改革」を謳い文句にしているから、そう贅沢はできないのだろう。質素に見せ
るのも一種のパフォーマンスなのだろうが、良いも悪いも、既存の政界にあるような摺れ
っからし具合をあまり感じささせないものだった。
多数出している法案の中身は別としても、「国を変えていくぞ」の新鮮ないきごみだけは
確かに感じられた。

97709

 
》記事一覧表示

新着順:381/5134 《前のページ | 次のページ》
/5134