Reload

●α通信21号 :2017年6月発行予定
●α51号(夏号)テーマ:[海と山] 担当:長岡 曉生
●50号(春号):合評5:夢∞夜/八百万の夢 (古賀由子著)  2017年5月16日~
(1.変化 第三回) 2.シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第十一回 3.水の話 七つ 4.『日本国語大辞典』の通読 )
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:84/4846 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エイプリルフール

 投稿者:赤松次郎  投稿日:2017年 4月 1日(土)07時11分33秒
  通報 返信・引用 編集済
  富士山が消えた!!

 毎朝散歩に出かけ富士山を拝むのだが、ここ一週間ほど山がみえない。もっとも全体
の姿が見える日は年間約100日に過ぎないのであるから、私としてはさほどシリアス
に考えていなかった。しかし今日は晴天で雲一つない青空の中に、普段は半分を占める
ほどのおおきな、雪を被った白い頂とクライン・ブルーの山肌が全く見えず、いつも占
めている空間からそっくり姿が消えたのである。
 そこで数年前、網膜症を手術した事があり、自分の目が異常であるかもしれないと考
えた。周りの人から変な人だと思われないように、このことは自分だけの問題だろうか
ら人には漏らすまいと思った。しかし河口湖の北岸にある公園に行くと、子供達が富士
山がないと騒いでいた。大人達も自分だけ異常と思っていたふしがあったようだが、子
供の忌憚ない意見を聞いて本当だと認識したらしい。
 そのニュースがTVで伝わると、いままで森友学園協奏曲はなかったように富士山の
独演会にとって代えられた。なにせ一億総評論家の時代だから、巷では虚実ないまぜに
様々な憶測が流れてるという、侃々諤々、百家争鳴、誠に喧しくなった。論争の中で特
に傑作なものは

◆花粉症説
    目にいいというブルーベリージャムの商品が全店舗から消えた。2009年豚インフル
    エンザの国内初感染で「マスクが買えない、薬局が空っぽ、ネットでは高値取引」
    などの再来か?

◆嫉妬説
    富士山の御神体として鎮まっている木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめ)
    があまりの美しく高貴さに満ちているゆえ、嫉妬した浅間山や八ヶ岳などの神々の
    呪いの仕業で姿を隠したという説。ドラッグや毒薬、殺人請負などの危険な闇サイ
    トでは、藁人形と五寸釘の需要が密かに増えているという。

◆ 不倫旅行説
    ベッキー、山本モナ、麻木久仁子、桂三枝、渡辺謙、その他大勢の不倫に触発され
    た木花之佐久夜毘売命は、一生に一度の火遊び(アバンチュール)にあこがれて宇
    宙の果てまで出かけていって、さるイケメンと逢っているのではないかと憶測する
    人もいた。しかしもしハッブル望遠鏡で覗けたとしても、フライデーに掲載される
    のは180億年後だから、だれも知ることができない。

◆暗黒物質説
    富士山が暗黒物質(ダークマター)に覆われて光を発しなくなったから、我々の目
    に見えないのだという仮説を立てた人もいて、急遽重力の異常を検知しようと機器
    類を持ちこみ始めたという。また一方では時空の歪みで時間が数十億年逆もどりし
    たか、未来にすっ飛んだかのどちらかだろうと憶測する人が出てきた。

◆UFO説
    UFOの秘密センター基地は富士山の噴火口の中にあったが、あまりにもくだらな
    い日本の国の政治論争に呆れはてて、もっと高度な文明の惑星を探すことを中央か
    ら指令されたのだという。だから地球から去る時に母船から出た噴射ガスで山が
    粉々に吹き飛んだ。その現象を見たと主張する人が出てきた。

◆神罰説
   旧約聖書の「創世記」11章にあらわれるバベルの塔のように「さあ、我々の街と塔
    を作ろう。塔の先が天に届くほどの。あらゆる地に散って、消え去ることのないよ
    うに、我々の為に名をあげよう」。神はそのことに怒り、人々の言語を乱し、通じ
    ない違う言葉を話させるようにした。
    それと同じように、ゴミの放置や不法投棄や違法採取やマナー違反の登山者などの
    不敬等々、あまりにも霊峰富士山への冒涜に木花之佐久夜毘売命が怒り、あらゆる
    人の視覚を狂わせようと考えた。

◆マジック説
   カッパーフィールドの自由の女神消失、エッフェル塔消失などのマジックだと言う
  人もいて、種明かし大辞典を抱えて仕掛けの種を探しているマニヤがいた。

 富士山が消えたことで世界中から物理学者、地理学者、地政学者、心理学者、宗教学
者、政治学者、言語学者、気象学者、経済学者、教育学者、憲法学者、社会学者、民族
学者、人類学者、地質学者、地震学者、天文学者、医学者、セイル学者、歴史学者、
UFO学者、宇宙学者、および 映画評論家、オーディオ評論家、音楽評論家、株式評論
家、軍事評論家、経済評論家、芸能評論家、競馬評論家、建築評論家、航空評論家、自
動車評論家、写真評論家、政治評論家、美術評論家、風俗評論家、文芸評論家、野球評
論家、鉄道評論家、服飾評論家、舞踊評論家、マジッシャンそして 掏摸師、詐欺師、強
盗犯などのものすごく大勢の人達で、富士山を取り巻く町は銀座並みの混雑を呈してい
る。

 ところで、今回この現象の解説者として急遽来ていただき、中央競馬大学の滝沢馬糞
准教授のコメントをいただきました。「あくまでも私見ではありますが、今日の中山競
馬場ダービー卿CTは3枠のロジチャリスと11枠の マイネルアウラートの練炭をおす
すめします」。こりゃ駄目だ、私は競馬の予想を頼んだわけではないのだ。コメントの
裏を読み取ると、滝沢馬糞准教授はこの事件の真相について全く理解できていないとい
う事につきるだろう。
 これは准教授が悪いというのではなく、私が慣れ親しんだ富士山の突然の喪失に周章
狼狽するあまり、解説者の選任ミスという事だった。私は速く山荘に戻ってロランバル
トの『喪の日記』でも読んで、心の寄る辺なさを埋めるしか思いつかなかった。
 
》記事一覧表示

新着順:84/4846 《前のページ | 次のページ》
/4846