Reload

●α通信23号 :2017年12月発行予定
●α53号(冬)テーマ:[出自](古賀和彦)
●52号(秋号)テーマ[辞世の句]:合評4:夏の夜の夢(竹内一郎) 2017年11月16日~

(1:瀬戸内少年史-少年時代 2:平成二十九年夏八月 3:夢∞夜/私の神様
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:293/5069 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

おどろおどろし

 投稿者:万理久利  投稿日:2017年 4月 9日(日)20時08分38秒
  通報 返信・引用
  雨空が続く中、平和公園では青のビニールシートの上の宴会どころか、人っ子一人いな
いところで桜による桜のための桜宴会を繰り広げていました。
桜宴会中に散って行く衣装が公園の土の上、横のアスファルトの道路にはらはらと。

桜花 何が不足で ちりいそぐ (小林一茶)

一茶は桜咲く景色を惜しんだのかもしれませんが、当の桜にとっては「不足」も「急ぐ」
もありません。宴会が何日も続いては、それはそれで桜の雅さ、華々しさの価値が落ちて
しまいます。そこのところは桜はちゃーんと分かっていて、計算の上ですぐに散るのです。
植物たちや人間たちの門出を祝福し応援する、春のNo.1エンターテイナー。老いてます
ます凄みと華やかさを増すプロの桜木であります。

                

    

98021

 
》記事一覧表示

新着順:293/5069 《前のページ | 次のページ》
/5069