Reload

●α通信22号 :2017年10月発行予定
●α52号(秋)テーマ:[辞世の句](響灘王子)
●51号(夏号)テーマ[海と山]:合評5:夢∞夜/ベニア板で空を飛ぶ(古賀由子)  2017年8月29日~
(1.肥と筑 第四十一回 2.日本語-『日本国語大辞典』の通読(三) 3. シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第十二回 4.変化 第四回ー進化と変化)
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:192/4984 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re 映画、太陽の蓋

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2017年 4月18日(火)19時39分44秒
  通報 返信・引用
  佐賀高11期生さん
情報有難うございます。
北村希玖子さんのことは知りませんでしたが、御主人和夫氏は良く知っています。
名優でいらっしゃいました。まさか息子さんが、映画『日本の黒い夏 冤罪』に出ていた
中井貴一キャップに反発するくせのある新聞記者、NHK大河『八重の桜』の秋月悌次郎、
NHKドラマ『サイレント・プア』の一寸影のある祉課課長を演じた木村有起哉さんだとは
知りませんでした。
地味な脇役…そんなイメージを持っていましたが、作品をひきしめてくれるような存在で
もあります。社会派作品がどちらかというと似合いそうです。
松本サリン事件を追う記者役は3.11の大災害を追った映画で大いに生かされたことでし
ょう。原発事故にはもちろん関心があります。もう少し待てばテレビで放映されることで
しょう。じっくり見ようと思います。評論家抜きで自宅で1人で鑑賞したいと思っていま
す。木村さんの演技もみてみたい。

98200

 
》記事一覧表示

新着順:192/4984 《前のページ | 次のページ》
/4984