Reload

●α通信21号 :2017年6月発行予定
●α51号(夏号)テーマ: 未定 担当:長岡 曉生
●50号(春号):「変化」合評2:シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第十一回 (古賀 和彦著)  2017年4月16日~
(1.変化 第三回)
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:14/4808 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

夢∞夜 - 行動する共産党

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2017年 4月20日(木)14時32分30秒
  通報 返信・引用
  都議選告示まであと二ヶ月余り、道ばたにも違反ぎりぎり?の候補者と思われるポスター
が目に付くようになった。
各政党のイメージを壊すようなスキャンダルも竹の子のようにあちこちから顔を出してく
る。

先日、昼寝の最中に一本の電話がかかってきた。夢の中かどうか迷ったあげく受話器をし
ぶしぶとる。選挙間際に××候補投票お願い電話を受けることがたまにあるが、演説会の
お知らせらしい。受話器の先の声も夢なのか。
 「○○共産党支部です。都議選始まります。枠が1人増えます。是非共産党から。
  5月7日、市民ホールに小池晃議員が来ます」
申し訳そうな、素直そうな3,40代の女性の声。
思わず「お知らせありがとうございます。ご苦労様です」
私としてはめずらしく優しい声で電話を切った。優しいのではない、ただ応対するのがか
ったるかっただけだ。
バイトの主婦なのか、バリバリの党員か分からないが、平日の昼時間を裂いて赤の他人に
せっせと電話をかけさせる共産党におどろき。こんなに早くから都議選にとりくむ共産党
に改めておどろき。前からのことなのだろうけど…。

こういうお仕事は苦手な私。皮肉を言われたり、どなられたり、そっけなくばしゃりと電
話を切られたりの連発には耐えられないだろう。よほど割がいいか、堅い信念がなければ
続けられない。眠けがすっかり覚めた。
昼寝する市民を政治に目覚めさせる、それも野党連合の大切な活動のひとつなのだろう。

98253

 
》記事一覧表示

新着順:14/4808 《前のページ | 次のページ》
/4808