Reload

●α通信23号 :2017年12月発行予定
●α53号(冬)テーマ:[出自](古賀和彦)
●52号(秋号)テーマ[辞世の句]:合評4:夏の夜の夢(竹内一郎) 2017年11月16日~

(1:瀬戸内少年史-少年時代 2:平成二十九年夏八月 3:夢∞夜/私の神様
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:273/5069 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

他人のそら似

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2017年 4月21日(金)08時56分18秒
  通報 返信・引用
  昨晩のプライムニュースは半島問題。
朝鮮半島に詳しい人物三人が登場した。
与野党議員からは外務副大臣岸信夫氏と民進党議員白眞勲(はくしんくん)が。学者から
は木村幹だ。この番組らしい采配だ。
岸氏、白氏、ともに国会質疑では見えない顔も出て来て落ち着いて彼等の考えを聞くこと
ができた。

面白い発言二つ。
番組中、『うちの新聞』と言った白議員、志位議員がそれ(赤旗)を言うのなら分かるの
だが…。まるで彼が所属する党の機関誌と言っているとも受け取られかねない。
元朝鮮日報日本支社長をしておられただけあって、今でも篤い思いがあるのだろう。
『この番組にでる理由の一つは秋元優里アナの隣に座るためである、というのは秘密であ
る』と終了後、木村氏が自分のツイッターに書き込んでいた。まんざら冗談でもなさそう
だ。番組中終始嬉しそうだった。いつにも増して多弁だった。

さてその木村氏、初めてテレビで見たとき、すっかり忘れていた議員を思い出した。
今どうしているのかと調べまくったところ、国会議員から愛知県知事になっていた。
二人並べてみると違いが分かるのだが、全体のイメージが錯覚を起こさせる。
まさしくそれぞれの姓「木村」と「大村」。

        木村幹(51)政治学者      大村秀章(57)愛知県知事 
         

98271

 
》記事一覧表示

新着順:273/5069 《前のページ | 次のページ》
/5069