Reload

●α通信21号 :2017年6月発行予定
●α51号(夏号)テーマ: 未定 担当:長岡 曉生
●50号(春号):「変化」合評2:シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第十一回 (古賀 和彦著)  2017年4月16日~
(1.変化 第三回)
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


情報

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月17日(金)12時13分25秒
返信・引用
  NHK BSプレミアム 6月17日(金)午後11:45~1:14
製作国:イギリス
製作年:2014(オリジナル1964年)
原題:A HARD DAY'S NIGHT


◆自分の幼少時代を思い出す際にビートルズの音楽がBGMとなることが多い。
NHKの技術力で音と画像をアップしたこのビートルズ主演の初映画は見逃せない。

◆EU加盟継続の賛否を問う国民投票を直前にして、この半世紀前のビートルズを産みだ
したイギリスの景色をみるのもそれなりに味がある。今から録画スタンバイだ。


「ビートルズがやってくる/ヤァ!ヤァ!ヤァ!」1964

91941

 

中国軍艦が領海侵入

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月15日(水)11時50分17秒
返信・引用 編集済
  都知事辞任のニュースがずっと流れているが、NHKがちらりと流したこのニュースの方
がずっと気になる。日本列島のこんなすぐ近くに…。
今の所他の局では全く触れていない。

「防衛省によると、15日午前3時30分ごろ、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1
隻が、口永良部島西方の領海を南東に進むのを海上自衛隊のP3C哨戒機が確認。午前5
時ごろ、鹿児島県の屋久島(鹿児島県)南方から領海を出た。」ネットニュース

91904

 

夢∞夜

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2016年 6月15日(水)08時18分15秒
返信・引用
  朝から明るく笑えた
共産党は張り切っている。民進党より張り切っている。
ネットにこんな写眞が載っていた。(上2枚)
起きがけは低血圧気味で少し鬱、頭もボーッとなりがちだが、この写眞を見て覚醒した。
そして明るく笑えた。

未だ私は夢の中を彷徨っているのだろうか。



公示前だというのに…。しかも車中だ。しかもしかも山添さんは弁護士。



7月の参院選宣伝カーらしい。スーパーの宣伝カーと見間違えそうだ。


          
          こちらの方がすっきりだ。

91899

 

レンズの向こう/紫陽花2

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 6月14日(火)16時06分53秒
返信・引用
   実家の庭にあったのは、青いガクアジサイだ。中央につぶつぶの玉がたくさん集まって
周りに花が開いている、つぶつぶは開かずじまいで終わっているような気がしてもの足り
なさを感じていたものだ。全開の紫陽花が三尺玉青牡丹だとすると、こちらはパチパチパ
ッチンの「線香花火」だ。
 調べてみると、線香花火が原種(日本)で三尺玉の方は日本人が品種改良したものらし
い。近頃はこの線香花火の良さもわかるようになってきた。


ガクアジサイ


ホンアジサイ
 
(Photp by I.Takeuchi 2016.6.12)

91890

 

今度は70代

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月14日(火)12時12分22秒
返信・引用
  憲法学者小林節の「国民怒りの声」は先日の比例区8名の候補に続き、東京地方区として
元衆院議員の小林興起氏(72)を擁立。予測通り欠けていた70代だ。
この人は、自民スタートから始まり渡り鳥遍歴が目立つ。
さて残るは90代?

91886

 

昨日のプライムニュース

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月14日(火)08時22分43秒
返信・引用
  題:『増税なき社会保障の解 参院選問われるべきは 与野党女性幹部らに問う』

内容には差ほど興味はなかったが、山尾議員登場とあるから初めと終わりを少しだけ見た。
出だしは舛添知事の話。山尾議員の表情をじっと見てしまった。
最後の視聴者質問メール。出ました。「舛添さんの追求もいいですがご自身のガソリン代
は?」それに対する山尾議員は「私の問題は、それぞれ弁護士をたてて話してる、しっか
り説明してい」。相変わらずだった。舛添氏も少し前、そんな返事を繰り返していた。そ
れでもいまは「しっかり?」都議会で恥を曝している。それだけまだ彼の方がましのよう
に思えてしまう。

※本日は江田憲司・民進党代表代行と、菅 義偉・内閣房長官だ

91880

 

都議会

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月13日(月)19時53分17秒
返信・引用
   今日も長いことテレビで知事降ろしをやっていた。東京MXでは議会終了までlive放送。
それにしても玉子サンド、シューマイ、ハンバーグ、まんじゅう、なんだか情けない。
知事も、それを追求する議員も、ともに情けない。
 議員たちは今まで知事の怪しげな所を指摘してこなかったのか、戒めてこなかったのかと
もつい思ってしまう。中には猪瀬降ろしの体験をした議員もたくさんいるのだろう。
何を学んだのだろう。

 「都民が選んだ知事なのだから、辞めさせるのはそう簡単に行ってはいけない。感情的に
ならず、明確にその理由を都民に示すのも議員の仕事だ」そんなコメントを入れた人がいた
がなるほどと思った。彼は知事続投には否定的だが冷静だ。議会に対しても厳しい。
 舛添降ろしもいいが、その先の都政を考えて欲しい。それが議員一人一人の使命ではない
か。これは国政にも言える。都議会を見ていて、どこか先の国会とよく似ていると思った。

91875

 

NHKのど自慢6月19日

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月13日(月)15時59分9秒
返信・引用
  佐賀県武雄市文化会館から
ゲスト:  吉幾三「ひとり北国」 川中美幸「人生ごよみ」

◆懐かしの佐賀鹿島の隣町武雄ということもあるが、ゲスト吉幾三氏がいい。
時も時だから是非とも予定の歌の前に「俺ら東京さ行ぐだ」の替え歌【俺ら東京さ出るだ】
を披露してもらいたい。そして「ひとり北国」へと続く。最後に「人生ごよみ」だ。
できすぎの流れ…。視聴者も局スタッフもみんな大笑いだろうなあ。

◆吉さん、暫くテレビから放り出されるだろう。でも国民みんな、歌には納得しそう。

【俺ら東京さ出るだ】  一番

説明ねえ 謝罪もねえ
髪の毛ほとんど残ってねえ
誠意もねえ ビジョンもねえ
公金使ってぐーるぐる
朝起きて都庁さ行って
二時間経ったら竜宮城
人徳ねえ 自腹もねえ
クーポンなけりゃ奢らねえ

おらこんな知事いやだ おらこんな知事いやだ
東京さ出るだ
東京さ出だなら 銭コア貯めて
湯河原で寿司食うだあ  

91865

 

レンズの向こう/紫陽花

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 6月13日(月)08時19分6秒
返信・引用
  竹内氏が見事な紫陽花をとらえてくれました。色の微妙な変化が絶妙です。
緑の園に開いた三尺玉「芯入青牡丹」といったところでしょうか。
今頃、雨に打たれてますます瑞々しさを増していることでしょう。


        (Photp by I.Takeuchi 2016.6.12)

91848

 

『定年の夜』

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月12日(日)18時25分48秒
返信・引用
   掲題は、NHK演芸図鑑 桂文珍さんの創作落語だ。本日早朝テレビで見た。
定年退職のおり、家族からスマホを渡されそれにはまって行く親爺の話だ。
ネット社会皮肉満載の傑作だ。かといってネット社会の全否定では決して無い。
 昨晩NHKでネット社会の問題を取り上げた「不寛容社会」を見たばかりだった。
それぞれの出演者が何を言いたいのかよく分からないままで終わった。それと比べて、定
年後の親爺がプレゼントされたスマホに振り回される『定年の夜』は、自分と重ね合わせ
苦笑い。素直に聞ける。昨晩の番組よりよほどネットについて考えるきっかけを与えてく
れたような気がする。

 吉本芸人を代表とするテレビに頻繁に現れる人達の影で、文珍が落語の世界で地道にこ
んな絶妙な作落語を創り続けていたのだと感心するばかりだった。
 そう言えば、かつては桂米丸やコロムビア・トップ・ライトのような、落語家、漫談家
という自分達の職業の中で世の中を皮肉った、かつ警告を何気に発してくれるような上手
い芸人がいたものだ。学生も、ママも、学者も、タレントも直接的に政治に対して発言、
行動するのもいいが、こうして落語家という職業の中で何気に時世を皮肉り、人々に考え
させるきっかけをくれる文珍の姿が頼もしく思えた。

91836

 

今日も朝から

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月12日(日)16時49分11秒
返信・引用 編集済
  お決まりの日曜日朝のテレビ番組はどれも想像どおりのものばかりだ。
それでも観たい。確認のためだ。政策云々の批評はやめにして、ここでは超軽感想を。


時事放談
片山氏と浜さんだ。浜さんのヘアーを見て思わず舛添さんの頭にかぶせてみたくなった。

新報道2001
舛添さんが頼んだ30人前「たまごサンド」(計18000円)の話しからホテル三日月で会った人
の謎解きに終始。もう飽きた。蓮舫氏がめずらしくまともに見えた。猪瀬元都知事が小さく
小さく見えた。

サンデーモーニング
最後の風を読む。いつもどおり反安倍一色。表現の自由だからどうのこうの言う筋合いでは
ないのだろうが、こう一色になると面白みも新たな気づきもない。
風を読むに入ったとたん一同ますます暗い顔だ。そしてBGMがなんとも…。
葬儀場で弔辞を読み上げるときにかかる音楽ではないか。

日曜討論
茂木敏充(自民):勝ちを確信しているかのような不適な余裕笑顔
斉藤鉄夫(公明):同上だが一見おだやかな笑顔
玄葉光一郎(民進):久々に見た。終始目が恐かった。目の下のクマが気になる。
小池晃(共産):いつもどおりのぶりぶり
馬場伸幸(お維新):少数野党の割に茂木氏と似たような不適な笑み。でもマトモ。
又市征治(社民):顔で損をしている
玉城デニー(生活太郎):デーブ・スペクターと間違えた。親とは別と十分承知だが、
    元米軍兵士の息子などということをふと思ってしまった。
中山恭子(日本のこころ):紅一点。ゆっくり、ゆったり、日本のこころ。
荒井広幸(新党改革):ただ一人パワフルで明るいキャラクター

ワイドなショー
所詮お笑い芸人による週刊誌ネタで視聴率をとろうとする番組と思いきや、上記の一見?真
面目で知的な報道番組より、世の中の真理を突いた番組でもある。バカにはできない。

91833

 

レンズの向こう/晴れの日に

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 6月11日(土)23時11分14秒
返信・引用
   梅雨だというのに関東では水瓶が危ういそうです。
昨日も今日も快晴。快晴は有り難いですが、降る時に降ってくれなければ、生き物は困り
ます。
   久々に写眞が送られてきました。windows10に移行してから写眞添付部分だけが調子が
悪いとありました。でも、写眞の方はダイナミック。いつもどおりです。
 上の作品は思わず水不足を思い浮かべる画像です。やはり梅雨時はしっとりと水気を感
じる紫や青のアヤメや紫陽花が似合います。




       

              (Photp by I.Takeuchi 2016.6.10)

91825

 

替え歌2

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 6月11日(土)21時06分23秒
返信・引用
  ◆ツイッターには心ない書き込みがたくさんある。そこま言って委員会より、もっとお
下品なものがある。しかし … 面白い。心配していることをズバリ言ってくれる。
参院選出馬を決めた宝田さんに対しても、
「ハゲを隠し、隠し子の存在も隠し、もう隠すものはなくなったのだろう」
「宝田明、死んでしまうんじゃないか、この選挙で」

◆何と言っても東京都民の注目の的は舛添都知事だ。ネット上ではメンズヘアーカタロ
グに続いていよいよ替え歌まで登場した。彼のこれまでの言動がずらりと並んでいる。
原曲は吉幾三 「東京さ行ぐだ」
http://matome.naver.jp/odai/2146426225233293401 より


【俺ら東京さ出るだ】

説明ねえ 謝罪もねえ
髪の毛ほとんど残ってねえ
誠意もねえ ビジョンもねえ
公金使ってぐーるぐる
朝起きて都庁さ行って
二時間経ったら竜宮城
人徳ねえ 自腹もねえ
クーポンなけりゃ奢らねえ

おらこんな知事いやだ おらこんな知事いやだ
東京さ出るだ
東京さ出だなら 銭コア貯めて
湯河原で寿司食うだあ


議題もねえ 議事録ねえ
正月会議の理由がねえ
経理いねえ おら知らねえ
おらにはなんにも責任ねえ
イタリアン 天ぷら屋 公金使って食べ放題
ヤフオクの idねえ 証拠隠してハゲ隠さず

おらこんな知事いやだ おらこんな知事いやだ
東京さ出るだ
東京さ出だなら 銭コア貯めで
娘の服買うだあ
             


91823

 

驚き桃の木宝の木

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月11日(土)17時25分30秒
返信・引用
   憲法学者の小林節氏が政治団体を立ち上げてから、プライムニュースを最後にテレビで
その姿が見えないと思いきや、昨日参院選立候補者8名を発表した。ご本人の他、民主党
副代表の経験のあるる円より子氏、ママの会から若い女性も抜擢もしている。そして俳優
の宝田明氏だ。彼も安倍政権に対して怒っているらしい。御年82才。「国民怒りの声」
の宝の木になるのか見ていこう。
 男性4名、女性4名、男女平等をかっちり決めた。年代も、30代2名、40代3名、
60代2名、80代1名、各年代から立てている。さてさて残り2名は70代と90代の
人を探すのだろうか。
 小林、円、宝田氏3名を除けばみなさん若い方が多いようだが、夏に向けてどうかお体
にはくれぐれも気を付けてもらいたい。

本日11日から早速街頭宣伝だ。場所選びもなかなかのものだ。
11日:12時~ 新宿駅東口 アルタ前   14時~ 新宿駅南口 南口駅前広場  16時~ 渋谷駅 ハチ公前
12日:11時~ 巣鴨 地蔵通り入口   15時~ 原宿駅 竹下口前 (怒りの声ツイッターより)

91820

 

洗濯日和

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月11日(土)11時37分12秒
返信・引用
  昨晩散歩。南の空高くきらめく星が一つだけ見えた。一等星「アルクトゥルス」かな?
花の名前同様、星の名前も見える時期も良く知らない。
月を探して空を東西南北を見廻す。やっと見つけた。東寄り頭上に三日月が輝いていた。
明日は快晴だと思った。

本日は朝から洗濯。今物干し竿にぶら下がったシャツやタオルが輝いている。
梅雨の合間の晴れは嬉しいもんだ。

91812

 

飛ぶ零戦の目撃者

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月10日(金)09時13分31秒
返信・引用
  倉敷に住む姉とその息子が、なんと里帰り中の零戦22型が飛んでいるのを見たそうです。
零戦大好き父が二人を呼び寄せたのか、その娘と子が零戦を引き寄せたのか、たまたまの
偶然なのか、そんなことをどうでもいい。嬉しい気分。不思議な気分です。
今度は兄弟みんなで見たい。父の代わりに見たい。

91791

 

飛行機お宅

 投稿者:貧乏絵描  投稿日:2016年 6月 8日(水)20時17分6秒
返信・引用
  零戦が活断層地震の被害甚大な熊本を慰問飛行したそうですね。然もクマモンのマ-クを主翼に張り付けて、震災に立ち向かう人々の視界の中を飛行したのです。僕も、感動的な飛行を是非見たかったですね。ゼロ戦と言えばアメリカから里帰りしたと言う報道を見た頃、イオンにプラモデル屋さんがあることを想い出して早速行きました。そして、零戦32型のフラモデルを買って来ましたが、何時か組み立てようと本箱の上に箱ごと飾っています。
趣味の水彩画や水彩クラブの交流、運動のためのパ-クゴルフ、そして最近始めた電子辞書の青空文庫の読書とやることがあるのでこれ以上プラモデルの制作に手を付けられないのです。
特に春から秋にかけては屋外の活動が盛んになるので、冬になり室内に籠る季節にプラモの制作をしようと考えています。

国内に数か所ある航空博物館に復元されたゼロ戦があるそうですが、一度実物を見学したいと思っています。東京近郊の展示機かあれば、即見学に行きます。
以上水彩画趣味で飛行機お宅の貧乏絵描です。
 

今日の虚構新聞

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月 8日(水)17時47分9秒
返信・引用
  “亀山製菓は7日、米菓「柿の種」から柿の種を抜いた「種なし柿の種」を発売した。”
こんな文から始まる。これだけでナンセンス感が溢れてくる。オキシモーランではないか。
その後に続く製法についての苦労話もまたオキシモーラン的だ。
思わず世の中にはこんな馬鹿馬鹿しいことがゴロゴロあるのではないかと、笑いの中に風
が吹く。

 記事の終わりには、必ず本の紹介がある。今回は寺田寅彦『柿の種』だ。
記事とは関係のない場合も多いのだが、好きな寺田の本なので「青空文庫」で調べてみた
ら復刻されていた。早速読み始める。
 これがなかなかいい。大正9年から昭和10年まで彼が俳句雑誌に載せてきた、何気な
い日常の雑感をまとめたものだ。やっと大正13年まで読んだところだが、科学者らしい
観察眼と同時に、着目点、気付き、そして文章が上手い。彼の描く挿絵も味がある。

          哲学も科学も寒き嚏(くさめ)哉
彼の俳句だ。いかにも彼らしい。この『柿の種』に相応しい句に思えてしかたない。
しばらくこの本の虜になりそう…。

91767

 

零戦熊本上空を飛行

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月 8日(水)07時54分25秒
返信・引用
   里帰り中の零戦22型が鹿児島で一般公開の後、5月31日熊本上空を慰問飛行したこ
とを知りました。何せ沖縄の元米兵士による殺人事件、G7、国会、舛添知事、大和君
でマスコミも私も釘付けでしたので、つい小さな記事を見逃していました。
 被災者の「勇気づけられました」の声も、零戦と聴いただけですぐに戦争と結びつけ
る人の「軍靴の足音がする」という声も、マスコミはとりあげたくはなかったようです。
大和と零戦が並んではちょっと…、と躊躇したのかもしれません。

 「レッドブル・エアレース2016」千葉大会への参加も福島慰問も機体トラブルのため
取りやめ、その後は岡山県岡南飛行場で解体され、来た時と同じように船に揺られてア
メリカで整備とと同時にパイロットの養成を行なうそうです。
 元気になってまた日本に戻り、入間基地あたりで公開飛行があったら見に行きたいと
思っています。

 両翼にくまモンのマークを付けた零戦が熊本上空を飛んだことを知るきっかけになっ
た詩です。

  零戦を見て泣く
  ご飯食べながら泣く
  父が生きていたなら
  どこへでも零戦を見に連れていったのに

  いつかあの世で会ったら
  本当に飛んだんだよって
  話してあげよう
  (MARINA ?@MARINA89583987  2016.6.7より)

016.5.31

91757

 

ギャップ

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月 7日(火)15時10分19秒
返信・引用
  ほっぺぷっくりの元気いっぱいの勇者、大和君がハッキリとした声で「うん、だいじょうぶ」
と答えた姿に続き、Live画面が都庁に切り替わった。
ついさきほど自民議員から「セコ過ぎる、恥ずかしい」と言われたばかりの知事がうつむき
加減で暗い声で淡々と答弁だ。
周りの人と言えば、病院出口にかけつけた報道陣と近所の住民が全員笑顔で拍手、都議会で
は野次が飛ぶ。
函館と東京の場面、このギャップがなんとも…。

91747

 

峯田和伸/『奇蹟の人』

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月 7日(火)13時33分47秒
返信・引用
   NHK日曜ドラマ「奇蹟の人」に出て来るサリバン先生役である。女性ではなく男性だ。
ヘレン・ケラー役とサリバン先生役二つを年を経て演じたパティ・デュークが今年3月に
亡くなったこともあるが、ヘレン・ケラーの世界には以前から興味があったから、当然
このドラマにも目がいった。
 この男版サリバン先生はとにかく猪突猛進「猫まっしぐら」で三重苦の少女に取り組む。
噛まれても叩かれてもだ。上手い演技とは言えないが、恥じらいも衒いも格好付けも殴り
ふてて体当たりの演技ぶりがいい。映画「顔」で逃亡者役をやった藤山直美と同じ力強さ
を感じる。その熱演技振りはともかく、なんでこの主人公に惹かれたかが分かった。
峯田和伸さんの顔は、中国のことに詳しい評論家石平氏にちょっと似てる!!
それだけで親しみが湧く。

峯田和伸(「奇蹟の人」より)

91745

 

平和公園

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月 6日(月)14時51分24秒
返信・引用
  通学時、必ずこの公園脇を通ったはずなのだが、ここに引っ越してきてからどうも思い出
せない。今日この公園の表通り(その直ぐ先に学校がある)を歩いて看板があることに気
がついた。この地に大正7年に戦没記念碑が、昭和7年には太平洋戦争の戦没者忠魂碑が
建てられたとあった。当時、沢山の樹に囲まれて、大き「忠霊塔」と呼んでいた石が学校
すぐ近くにあったのは覚えていたが、この公園だったのだ。今では記念碑は引っ越しをし
たらしい。探しても見当たらなかったはずだ。公園オープン年度を逆算したら丁度学校を
卒業した年だった。卒業後はこの当たりに足を運ぶことはなかったから忠霊塔の移転のこ
とも公園になったことも知るよしもない。

その平和公園の桜は、緑一杯だ。その下で水筒持参の園児達が大勢遊んでいた。
黄色の帽子をつけて飛び回る子供たちを眺める老人が、ひっそりとベンチに座る。
名前に相応しい、のどかで平和な風景だった。

       


 
2016.6.6

91729

 

昨日のデモ

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月 6日(月)13時38分26秒
返信・引用
   6月5日は全国で安全保障関連法の廃止デモが行われた。
その他にもヘイトスピーチ反対デモ等、実質は参院選を睨んでの安倍政権倒せ一点に集中
するようだ。
 テレビのニュースではあまりデモを取り上げなかったようだが、ネット世界では情報と
画像が飛び交っていた。国会前に4万が集まったと言われる参加者の様子と、演説を
youtubeで見た。殆どの人が何らかのプラカードを持ち、背にデイパックをしょい、大
きめの帽子、中にはマスクをかける人もいる。何と言ってもお年寄りの人が多いことに驚
いた。マイクを持って誘導する若い女性の声は聞いた事がある。中には座ってもぐもぐむ
しゃむしゃと何かを食べるおばさんも(おばあさん?)。歩く道すがらカンパを募る声が
あちこちから聞こえてくる。ギターをかかえて歌っている人もいた。まるで何かのお祭り
のようにも見える。
 いよいよ講演前になると、若い女性が大きな声で「さあ皆さん、続けて!」
「憲法変えるな」「戦争反対」「人権守れ」~~~彼女のかけ声の後、まるで老人達のお
経のような声が低く流れていた。各政党からの演説、シールズの演説、みな盛り上がって
いた。選挙演説とその応援団といった景色にも見える。
 奇しくも前日は六四天安門事件があった日だ。戦車で人をひき殺したあの事件を思い出
す。天安門と違って国会前は実に平和な景色ではないか。

 これに対して川崎のデモは、デモを阻止しようとする10倍近くもの人数の集団に阻止
されて直ぐに中止となった。人数については後から知ったがテレビに少し映った混乱ぶり
を見る限り、とちらがどちらかも分からない。まるで主催者側が中心になって騒動を起こ
しているように見える。ネットに上がった映像をみるとそうではないようだ。有名な国会
議員まで参加してデモを阻止しようとしているではないか。10数人のしかも許可を得た
デモ隊がそのデモをする前に中止させられたとしか思えない。
 国会前と異なり、こちらは平和な景色ではない。ヘイトスピーチ法案が成立した後だ。
双方色んな意味で息巻いていたのだろう。それでも許可されたデモを始める前に力で阻止
するのは、例え一般市民によるものだとしても、間違っているように思える。表現の自由
はどうなった、集会の自由はどなった、の疑問が残る。

91729

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 6月 6日(月)09時22分38秒
返信・引用
  ・46号電子作品集:一部リンクの不備があり、閲覧出来ない箇所がありました。
この度修正の上更新しました。御迷惑おかけしました。
 http://2style.in/alpha/0-46.html  


・先日当掲示板で取り上げていた楊 逸『種子は希望』を上記リンク集「特選文章」にアップ
しました。在日中国人作家が徐福と吉野ヶ里を訪れた時のことに触れています。
現在『肥と筑 三十六回』の合評期間中ですが、楊 逸氏の作品と合わせお読み下さい。

 http://9319.teacup.com/create02/bbs/16  

91727

 

本日前半

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月 5日(日)15時13分27秒
返信・引用
  日曜、政治オタクはテレビ漬け。

時事放談
古賀氏、野中氏、大分お歳をとられた。(私も)

サンモニ
戦争前夜みたいなおどろおどろしい暗い声の(北朝鮮の女性アナを思い出す)女性ナレー
ターが暗い表情の出演者の顔をますます暗く見せる。スポーツタイムのときだけ皆明るく
なる。

報道21
番組最後で途切れたしまったが、稲田氏の「どうやって日本を守るつもりですか」の声が
未だ耳に残っている。

日曜討論
早口の山本太郎氏と超スローの中山恭子氏の差がなんとも。
その中山さん。憲法改正の話になったとき、「あの憲法前文、コピペ」その「コピペ」の
発音が何とも可愛らしかった。「こぴぺっ」と小さな声で遠慮がちに繰り返していた。
「自公」はのらりくらり、「民共社生活」は安倍倒せ一色だ。意見は異なっても、賛同で
きない点はあるとしても、まだおおさか維新、こころ、新革、三党の方が現政権の批判だ
けでなく、批判を超えた次元で具体的な自分達の前向きな考えを述べていたように思えた。

91718

 

杉並区公園保育園問題

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月 5日(日)13時04分31秒
返信・引用
  「公園をつぶさないで」、「他の土地を探せ」。それはそれで分かる。
区側もそれなりに調査に調査を重ね、公園を使うことになっただろう。
公務員宿舎跡地利用案も検討されているようだが、区としては「今すぐ」を優先したのだ
ろう。

遊び場なくすな、景観こわすなを叫ぶ人々は、テレビに映る人達を見る限り、老人か、保
育園を卒業した子をもつママさんばかりだ。そのママさんの中には「保育園すぐにでも作
れ!」と叫んでいた人もいるに違いない。区民の理解を得る、これは大変なことだ。
「公園を守れ」と叫ぶ人と「公園を使ってでも今すぐ保育園を作れ」両者の理解を得るの
は難しい。どちらも同じ区民、同じ人間。区長はどちらからも批判を受けることになって
も何らかの決断をしなければならない。

杉並区の「直ぐにでも保育園作って」を訴えるママさん側の声も聞いてみたい。
保育園問題に力を入れてきた山尾議員、無名の書き込み「保育園落ちた、日本死ね」を国
会でとりあげた彼女はこの杉並問題をどう捉えているのか聞いてみたい。

91714

 

記憶の順列

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月 4日(土)18時16分18秒
返信・引用
  天安門事件の日を迎えるたびに思い起こすのが、テレサ・テンだ。
あれからもう27年もたつ。
香港島の東西を走るトラムの二階から見た彼女は、ハッピーバーレー競馬場に設けられた
舞台の上に立ち、ぎっしりと埋まった観客達の前でマイクを握って居た。ジーンズにTシ
ャツだ。

 この日は朝から会社の雰囲気が違っていた。いつも軽いジョークから始まるのにみんな
顔が緊張気味。しばらくしてローカルスタッフたちがデモに参加したいと言ってきた。他
の部署でも次々とスタッフが外にでていく。私の上司もOKを出した。
 数十階あるビルの中は一部の人だけが残り、旧正月のときのようにガラガラになった。
電話も少なく、日本人スタッフも早めに切り上げた。テレサ・テンを見たのはこの帰り道
だ。道という道は、会社を早退した人、学生から老人までハッピーバレーを目指していた。

 長いこと、この香港のデモは天安門事件を受けての抗議行動だったと思い違いをしてい
る自分に気が付いた。64天安門事件はこの数日後に起きるのだ。
中国国内、そして香港でも当時民衆の怒りが爆発寸前だった。それを抑える為についに共
産党が力で制圧したのだ。
 このように、一度記憶に留めた事件が長い年月を経て順番が逆転してしまうことがある。
中には、内容まで新たに自分の頭の中で少しずつ変わっていくことも。本人はそれを確か
めることなく正しい記憶だと信じる。
 以前同人誌の作品『心情風景』の中で、人がものを見るとき、不鮮明なところをその人
の経験や記憶で補うと書いてあった。人の記憶もそうなのかもしれない。しかも多くの場
合自分のその時その時の都合で無意識のうちに書き換えられる。それが積み重なると、事
実とかけ離れたとんでもないいの記憶になっていることもあるのだろう。

 あれから27年。香港は中国に返還されたし、ゴルバチョフも鄧小平もそしてテレサ・
テンもこの世にはいない。

91700

 

歌とピアノとイーストウッド

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月 4日(土)11時56分22秒
返信・引用
 
映画『センチメンタル・アドベンチャー』(1982米)
原題:『HONKYTONK MAN』 監督:クリント・イーストウッド


「スペース カウボーイ」で勇敢なるロートル宇宙飛行士のイーストウッドに驚いたが、
昨日の今度は酔いどれカントリー・シンガーとなって登場した。
酔っ払いのイーストウッドに代わり、ナッシュビルまで車を運転していく甥っ子役の痩せ
た気の弱そうな音楽好きの男の子がイーストウッドの息子とは…。親爺に負けない位なか
なかの味を出していた。
片田舎の黒人ばかりのジャズバーでピアノの伴奏をするイーストウッド、レコード収録で
ギターを弾きながら歌うイーストウッド、本人の歌と演奏だ。歌はいかにもHONKYTONK MAN。
外見異なり意外と優しく、もの悲しい歌声だ。
親爺に影響されたのか、息子は大きくなってミュージシャンだ。そして親爺の作品の音楽
をたくさん担当してきたという。

今週月曜(5/30)に観た『居酒屋兆治』のエンディングで少し嗄れた声で歌っていた高倉
健とイーストウッド、共通の男の匂いがある。
今週は東の健様に始まり西のイーストウッドで終わった。

91698

 

ヤマト君

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月 4日(土)08時24分2秒
返信・引用
  昨日、朝一番でヤマト君保護の速報だ。これで一日が明るくなる。
7才のヤマト君の生命力はすごい。まだ社会の色に染まっていない分だけ、生き物のとし
ての本能がまっさらのままで発揮されたのだろう。

これにはもちろん親、家族そして学校とのわずか7年の生活の中でヤマト君が身に付けた
知恵があったこと、親の愛情が心のどこかで支えになったことも否めない。だからと言う
訳ではないが、親の「行きすぎたしつけ」を強調して一方的にマスコミで取り上げること
には疑問を抱く。流石に、テレビ報道も今日は、私と同じくよかった、よかった、一色。
当初の「DVだ!」と言わんばかりの報道ぶりは何処行った!!

ヤマト君が自衛隊演習場の施設で命を繋いだ、朝早く自衛隊員がみつけた。2人のやりと
りは少ないものだったようだが「強い男」同士、心を交わしたように思えた。
なんだかできすぎ。でも意味深い。

91691

 

電柱 鉄塔 電線

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月 3日(金)10時34分1秒
返信・引用
  住宅街を南北に走る長い一本道の両脇には電柱がずらり。ずーっと先の突き当たりには時
々電車が東西に走り抜けるのが見える。空を見上げると電線が縦横斜めに交叉しているこ
とに気が付く。小さな頃に比べると電線の数もぐっと増えたようだ。場所によってはちょ
っとしたアーケードを歩いている気分になる。凧揚げもドローン一飛行も無理だ。一定の
の間隔で距離で空高くそびえ立つ鉄塔も見える。家の中からも遠くに鉄塔が見える。

昔、実家の前の道がまだ舗装されておらず、道の両脇に家庭排水を流す側溝があったころ、
家の前に電球の街灯がくくりつけられているコールタールで黒く塗られ木製の電柱があっ
た。道路が舗装される頃には太い頑丈なコンクリニーに変わった。そのうち、電線も全部
地中に埋まるのだろうからこんな景色も見られるなくなる。

明かりが見える建物は産婦人科病院ではなく焼き鳥屋。手前の道が一本道、もう一つの道
を行くと駅に出る。日が暮れる頃、1人2人と仕事帰りの小父さんが一杯やりはじめる。
黄昏時の電信柱と電線が見える風景は独特の雰囲気がある。

    

  
2016.6.2

91675

 

「安曇野を愛した男」

 投稿者:水彩画愛好家  投稿日:2016年 6月 2日(木)17時24分25秒
返信・引用
   本日、リンク「趣味水彩」に初夏の北アルプスの風景を描いた作品が新しく掲載されていま
した。安曇野北の池田町にある眺めの良い美術館からみた壮大なアルプスの山並みと田園
が広がる風景です。日本の背骨とも言われる北アルプスをいただく水豊かな安曇野の風景
は、山と水と緑に恵まれた日本を感じさせてくれます。北アルプスに抱かれた桃源郷とい
った趣でしょうか。

 この絵を見た後、テレビで安曇野が出ていました。タイトルは「安曇野を愛した男」。
旅番組かと思いきや、田淵行男氏をとりあげた10分ほどの番組でした。
昨年、蝶に魅せられた男が主人公のテレビドラマを後半部分だけ少し見ていたことを思い
出しました。高山に棲息する美しい蝶に惹かれた、蝶々研究家、写真家そんな記憶があり
ます。年老いた主人公が妻と一緒に山に登り、そこで思いがけず群れをなして飛ぶ美しい
高山蝶に出くわすシ~ンで終わりました。この主人公が田淵行男です。
 今日の番組を見ていて驚いたのは、彼が描いた沢山の蝶の絵です。写真でもなく、標本
の蝶でもなく、「生きている蝶」の自然な姿を描いていることです。解説者は「生の探求」
という言葉を使っていました。なるほど…。
田淵氏は安曇野の蝶、アルプスの蝶を「自然が落とした忘れ物、宝石」とも言っていたそ
うです。

 貧乏絵描さんも安曇野の地の虜になるかな?
虜になればなるほど、田淵氏ではないけれど「生きた風景」を紙の上に残していくのでし
ょう。
 このところ偶然がよく続きます。

北アルプスの展望

趣味水彩→ http://blog.goo.ne.jp/tthimajin1915

91669

 

第190通常国会閉幕

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 6月 2日(木)07時24分16秒
返信・引用
  長い5ヶ月だった。災害もあったし事件もあった。国会内もいっしょ。
議員たちはこれから7月の参院選に向けて大忙しなのだろう。
昨日、テレビを見ていたらピンポ~ン。 モニターを見るとハンチング帽を被った小父さ
ん2人。ご用は? と訪ねると「選挙についてお話ししたいのですが」。
共産党運動員だった。早すぎる!! 帰っていただいた。

91655

 

徐福と吉野ヶ里

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 6月 1日(水)17時06分12秒
返信・引用
   岩波『図書』6月号に「種子は希望」という題で楊逸氏の随筆が載っていました。
読んでみると、何と徐福のことが書かれていました。長年この冊子を購読していますが、
徐福は殆ど見かけなかったと思います。珍しい!! もっともよほどの専門誌(歴史ニー
ト誌)でなければ彼のことはとりあげないようですが。

 著者の名前は初めてです。数年前に芥川賞までとった日本在住の中国人作家(女性)と
ありました。縄文、弥生時代に中国と日本の技術、文化の先駆者となった徐福船団(中国
渡来人)を現代の中国人作家がとりあげていることに興味を持ちました。同人誌αでも
「肥と筑」で長岡氏が徐福をずっと取り上げてきていますが、こちらは日本人。しかも吉
野ヶ里が本籍地です。「肥と筑」の中で触れられていた徐福および随行者たちの様子と重
ね合わせながら、比較しながら読むことができました。
 2014年著者が吉野ヶ里を訪ねていった時のことも書かれています。失われつつある
故郷中国の古の空気を思い出し、懐かしんでいるようにも思えました。趣味水彩の貧乏絵
描氏が吉野ヶ里を訪れたときの絵とコメントをつい思い起こしました。

 爆買い専門で日本を訪れる人もいますが、京都奈良だけでなく、地方の歴史が残る場所
を訪れる中国人、その他アジア人が増えました。先日も佐賀鹿島の祐徳稲荷を訪れるタイ
人がテレビのニュースで取り上げられていました。母国と同じ雰囲気があるようで、人気
スポットになっているとか。日本各地には、当の日本人が気づかないだけで、たくさんの
中国・アジアの匂い、薄れつつある匂い(古い建築や、書や絵画や景色、技術等々)が残
っているのかもしれません。

91641

 

一度あることは二度目もある

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 5月31日(火)18時58分4秒
返信・引用
  これは日本のリージョナルジェット「MRJ」のこと。
昨年11月の飛行に続き、本日2号機の初飛行に成功した。
自動車で汚点を作ったから航空機で巻返しなのだろうか。

三菱重工、それにしてもいやみだなあ。
同じ日では、お隣の金さんまた怒っちゃうだろうなあ。
あてつけだと思うだろうなあ。
追加でまたミサイル開発担当者が二三人消えちゃいそうだ。

91622

 

4度目の正直ならず

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 5月31日(火)18時43分30秒
返信・引用
  隣の国がまたやっちゃったみたいだ。
いったいこれまでどれだけお金かっかったんだろう。
よく根気と金が続くものだ。

91622

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 5月31日(火)14時57分20秒
返信・引用
  著者ポートレートブログがアップされました。
題名は「エミシのエニシ」。親爺のだじゃれでしょうか。
今年4月に何者かに引き寄せられるようにでかけた福島白河で出会ったのは…。
「蝦夷の縁」。

作品簡単紹介より
『肥と筑 第三十六回』長岡曉生
4x9=36回、この回で9年となる。資料を含めた100ページを超える下書きを、
まさしく四苦八苦してまとめ上げた作品となった。前号の博田忠邦氏の『アルタイ語
族と日本語』は、言語から日本人のルーツを探る作品だったが、それをさらに進める
内容でもある。
縄文時代に遡り、蝦夷(えみし)の血がその後の歴史上の人物にどう繋がってきたか
を、著者らしい緻密な検証で解き明かしていく。

*合評末尾に4606をお願いします。

91614

 

北海道の少年置き去り事件

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 5月31日(火)11時04分37秒
返信・引用
  山菜とりで「はぐれた」から変わって、しつけの為の「お仕置き」へ。
神妙に語る父親を見ていて、父を思い出した。

私も小さな頃、父に連れられて色んなところにいったけれど、多分私が何かマズイ言動を
したのだろう、父は私を置いてどんどん先に行った。父はちょっとしたお仕置きのつもり
だったのだろう。結果私ははぐれる結果になった。
その父は孫もよく連れ出した。同じようなことがあった。
今回は場所が場所だったからだろうが、そのあたりは微妙なところだ。

しつけとしての頭をちょいと叩く、押し入れに閉じ込める(これは母からやられた)、少
しの間外に出して玄関の鍵をかける、ひとりにさせる、これが子供へのDVに直ぐに繋げ
てマスコミが取り上る、人権派が怒る、そんな風潮がこの父親に嘘をつかせたのだろうと
も思う。「世間体を気にしてしまった」彼のこの言葉は嘘ではない。

ふりかえってみて、当時の私にとっては両親からの理不尽な仕打と思ったことでも、今は
DVという言葉は全く浮かんでこない。親なりの方法でしつけをしてくれたと感謝するく
らいだ。そう思えるのも今生きているからだ。だからこそ、元気で見つかって欲しい。少
年にとっても両親にとっても祖父母にとってもだ。
父がこの事故の当事者であれば、一切世間体を気にする人間ではなかったから、初めから
最後まで「しつけ」「置き去り」だと言い続け、かつ母の罵倒に耐えながら捜索隊員とい
っしょに探し廻ったことだろう。

91610

 

新型家族

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2016年 5月30日(月)18時25分3秒
返信・引用
 
      どっちがテレビの世界かわかんない…
      
             Published: 09:27 GMT, 29 May 2016


今日本では空前の猫ブームですが、狭い島国日本だからでしょうか。流石ロシアとなると
スケールが違います。土地もでかいし、夫婦もでかいし、同居する生き物もデカイ。
三人(匹?・個体?)を見ていると、この男女から突然変異で生まれてきた子供のように
も見えます。
※特にお勧めは画面中頃にある動画です。どうみても、やらせ着ぐるみ熊ではありません。
↓ クリック
「Incredible Family That Lives With A Bear」

91597

 

BS朝日「世界は今」

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 5月30日(月)12時32分20秒
返信・引用
  伊勢志摩前のオバマ氏のベトナム訪問の際の画像が流れていた。
街の庶民の食堂でご当地麺料理等6ドルで楽しんだとある。周りの一見庶民たちも、エキ
ストラ、そうでなくとも厳戒態勢の中のお食事なのだろうが、そんなことどうでもいい。
ひとつの「ショー」それでもいい。オバマ氏の心意気に目を向けたい。
その後続けてベトナムの若者を集めてのおしゃべりだ。「お嬢さん、それを言う前にまず
はラップ踊ってくれない」もうひとつのオバマの顔だ。
若者中にすんなりと入っていくオバマを見ていて、白熱教室のマイケル・サンデルを思い
出した。伊勢志摩はG7という場だったからこんな時間は取れなかったのだろうが、日本
でもやって欲しかったなあ。
シールズ相手に、そして、隣の国の金さんと、話をしをしたら彼等からどん反応があるの
かなあ、つい想像してしまった。

BSは韓ドラと通販だらけと思いがちだが、押し並べて各局も中身のある番組をやるとき
はやる。地上波より生臭くない。

91593

 

英国エコノミスト誌

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 5月30日(月)09時08分13秒
返信・引用
 

◆エコノミスト主催のツイッターを開いてみた。初めてみたけどすごいすごい。
Top画像、ここまでやるか~?! 金さんのキノコ雲ヘアーだ。
フランス、英国の週刊誌や新聞の辛辣さは知っていたけれど、不慣れな人は、頭にくるだ
ろうなあ。ISみたいに西欧でテロ起こすのも少しだけ想像できる。もちろん非道なこと
はまちがいないけれど。

◆中身をざっと見た。主に自国と周辺のことが多い。どの国もそんなもんだ。
東洋のことについては、TOP画像にあるように北朝鮮の核が少し気になっているようだ。
中国は女王のあんな事件があったけれど、何せ中国マネーが気になるようだ。
そして日本。扱いが小さい小さい。オバマ訪日については、オバマの事より安倍総理が憲
法改正のために利用した、伊勢神宮に招いて神道を意図的に印象ずけたとか、キリスト圏
の首相をここに招くとは信じられない、今回のサミットは政治利用に過ぎない、そんなニ
ュアンスの記事まである。そう言えば女性人権派で凄腕藤田早苗氏は英国の英エセックス
大学人権センターのフェローだった。エコノミストとの御縁もあるのだろう。

◆世界は縮まった、情報が良く伝わるようになった、共有するようにするようになったと
は言え、お互いを知る、習慣を知る、文化を知る、歴史を知る、気質を知るは、まだまだ
時間がかかるようだとつくづく思う。
エコノミストのような書き方をするのも一つの文化なのだ。痛烈な皮肉にユーモアをから
ませながらも、貴重な指摘をしてくれいる。
が、それに慣れていない文化をもつものにとっては、不要な反発まで招きかねない。
う~ん難しい。

◆もう一つ。考えてはいけないと思いつつ、やっぱり西洋世界は東洋(アフリカも)をさ
げすんでいるようについ思ってしまう。中国や北朝鮮のあの不可解な動きも根底には白人
世界への恨み辛みが微妙にからまっているのではないかと考えてしまう。
だからこそ、西洋世界に敵対するということではなく、東洋国どうしでいがみ合わないで
協力していければと思うのだが。それが西洋世界のためにもなる。
ここでまたオバマさんを褒めたくなる。感謝したくなる。黒人ハーフの彼がアメリカ大統
領になって、キューバやベトナム、そして日本を回ってくれたことの意味は実に深いもの
がある。

91588

 

プリンタとインク

 投稿者:貧乏絵描  投稿日:2016年 5月28日(土)21時52分57秒
返信・引用
  今では考えられないほど低性能のカラ-プリンタが普及し始めた20数年前、ホ-ムプリンタの価格は7-10万円したものです。その頃のインクは三色のカラ-で価格も安かったことを覚えています。
その後プリンタ本体の価格は超安価になり、最高性能のものでも15,000円位で買うことが出来ます。これに対して最近ではインクは5-6色と構成が変わり価格も5,000円位になりました。
プリンタメ-カ-は純正インクで儲けていますが、その純正も年賀状100-200枚カラ-印刷するとたちまちインク切れになり、新たに買う羽目になります。然も、純正でないインクは目詰まりするので使用しないようにと警告して、自社の高いインクを買わせようとしています。
高いインクを敬遠して試しに非純正のエコリカのキヤノン用インクを購入して使用してみましたが、全く不具合は無く目詰まりなんかしません。  エプソンの場合も同じく問題ないと思います。インクの問題はメ-カ-のエゴがもろに見えている典型的な例ですが、消費者もそれに気づいて純正離れが起きています。

 

モーリー・ロバートソン

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 5月28日(土)20時39分42秒
返信・引用
  今日のテレビ関西朝日放送「正義の味方」(ライブ)に石平氏が出演とあったので、youtubeで
探して観ました。昨晩泣いているモーリー・ロバートソンに驚きましたが、この番組にも彼が
出ていました。(朝生に出ていたの小西さんも。彼等もテレビでずっぱりです)
石平さんの中国評論もよかったけれど、モーリーのオバマ分析、アメリカの三大タブー解説も
なかなかのものでした。参考になります。モーリーさんは開始1時間目あたりから本格的に登
場しています。

内容:「オバマ氏・広島へ 舛添氏あきれた公私混同」
→ https://www.youtube.com/watch?v=bUMZzBTG0iQ
 

Windows 10

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 5月28日(土)19時47分9秒
返信・引用 編集済
  貧乏絵描さん情報ありがとうござます。

突然の侵入の後ネットで「Windows 10」でリアルタイム検索をしたら、出て来るわで
てくるわ~。殆どが「アップグレード攻勢がますます激化 ユーザーからは怒りの声」
でした。これで先日の事件は99.9%マイクロソフトの仕業で私の老化のせいではな
い!! 会社勤めであればすぐに専門家に聞いたり直したりしてもらえますが、一人使用
となると手間がかかることかかること。何と言っても住所や電話番号その他は一太郎やワ
ードやエクセルに入っているし、調べ物については広辞苑の数十倍の利用度です。もちろ
ん元に戻す方法をネットで調べるわけにもいきません。一日でも使えなくなると困るくら
いの日常必需品になっていますだ。さらなる便利さを求めることより、現状維持だけでせ
いいっぱいです。私も貧乏絵描氏同様、まずは7をもう少し使い切ってから、パソコンご
と新規購入を考えています。

修理代、これまた困りもの。近くの山田電気に歩いて持って行くのも大変だし、来て貰う
となるとますます費用がかさみます。それでも大事な飼い猫や犬の病気に診療代を厭わな
いのと同じように、かわいいかわいいパソコンを何とか治療してもらいたいのが人情です。
昨年末、高性能プリンターの印字がぐしゃぐしゃになるという故障が起きました。修理の
値段を電話で聞いたら、なんとこのプリンターが2台は買える金額です。嘘~!!の気分。
思わず「エプソン社」の相談係に「まだ2年くらいしかたっていないんですよ。それって
新しいの買えってことですね。」と語調を強めて言ってしまいました。彼に責任ないので
すが…。プリンターと言えば、インク代。一二年もたてば機械より高くつくことに気付き
ます。メーカーは本体より修理代や消耗品で利益を出しているよに思えます。

岩合さんではないけれど、猫に語りかけるように「エプソン君、綺麗だね~。セブン君
良い子だね~、長生きしようね」と心の中で声をかけながら使っています。
私にとって、家族になってしまったようです。

91560

 

「朝まで生」とはいかなかった

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 5月28日(土)17時54分49秒
返信・引用 編集済
  オバマさんの名演説を聞いた勢いで 今年初めて「朝まで生テレビ」を見た。
彼等も平和記念公園の生中継を見たに違いない。いったいみんなの口からどんな言葉がで
てくるかと興味津々だったからだ。
開始の夜中1時半まで長いこと長いこと。テレビの前に枕と毛布、眠けとの戦いだった。
とにかくみんなよくしゃべる。大きな声でしゃべる。相手の話に次々と割り込む。司会者
田原氏の采配などそっちのけ。そもそもその田原氏が一番割り込みをするから無理もない。


本日はテーマがアメリカだから、それなりにアメリカ通を揃えたようだ。
与野党では、おなじみ山本一太と大塚耕平、どちらかというとそれぞれソフト路線。
外国人記者クラブで田原さんから「メディアがだらしないんだ!」と言われて言葉に詰ま
ってた青木さん。アベノミクスはアホだと言う一方一般人なのにどうして議会までいっし
ょになってあそこまで沖縄は騒ぐのかとずけずけ言う池田さん、
久々の小西さん、孫崎さん。初めて見た堤さん、調べてみたらこの人の父はばばこういち、
夫は川田龍平とある。へーっ!! ちょっとお顔が不気味だった(ごめんなさい)。
もう一人の女性はいつものちょっと男を子馬鹿にしたように見えてしまう三浦瑠麗さん。
本日の餌食は孫崎さんだ。

オバマは在任中核をたいして減らすことはできなかった、今回の演説には具体的な案がで
ていないのが不満だ、投下についてもうすこし立ち入って後悔の念を述べて欲しかった、
そんな声も聞かれたが、共通して言えることは全員一致でオバマ氏の広島訪問と演説内容
には感動の言葉はあっても、否定する人は1人もいなかった。

実はこの番組は約一時間ほどで録画に切り換え消した。あまりにうるさいのと、眠けに負
けたからだ。後半は朝起きて録画を見た。ゆっくり見た。色んな見方、考え方があるなあ
と思うばかりだ。人数が多すぎて一人一人の話をじっくり聴くことはできないが、わいわ
いがやがや言いたいことをぶつけ合い、結論らしきものは一つも見られず、宿題を探そに
もぼんやり状態で終わる、そこがこの番組のひとつのスタイル、良さなのかもしれない。

録画を見終わり、土曜朝の報道番組(ライブ)に変えたら、森本さんとケビンさんが出て
いるではないか。お二人ぶっ通しでテレビ出演だ。その熱意と体力に驚く。

追加:昨晩遅く、朝生が始まる前、モーリー・ロバートソンが出ていた。
あの強面のおじさんがオバマ演説の解説中、なんと泣き出した。感動泣きだ。
父親が広島ABCCに勤める医師だったことは知っていたが、彼なりの広島への思いがあるの
だと思った。そう言えばケビン氏も涙することはなかったが、モーリーと同様ひどく感動
していた。アメリカ人の中もいろいろだ。

91558

 

悪質なW10の勧誘と誘導

 投稿者:貧乏絵描  投稿日:2016年 5月28日(土)06時20分4秒
返信・引用
  PC画面を立ち上げたらW10へのバ-ジョンアップへ勧誘もしくは誘導するサイトが現れる被害についての記事を拝見しました。かく言う小生もその被害にあい、PCが動作しなくなると言う被害を被った者です。勧められるままのW7からのB.UPでしたが、すべてインスト-ルを終えるとPCが一向に作動しませんでした。同じ頃、水彩仲間の女性も同じ被害にあいました。小生の場合は富士通のPCセンタ-への相談料5,000円、PCデポでのW7の修復再インスト-ル5,000円、計10,000円の被害でした。
原因はPCだけでなく、周辺機器プリンタ-や無線LANのル-タ-等の外付け機器も同時にW10にB.UPしなければならないとのことでした。その後マイクロソフチトも周辺機器のB.UP対策を改善したようで、その後のB.UPで被害にあつた知人はいないようです。

それにしても執拗に迫るマイクロソフトの勧誘に怒りを感じましたが、最近は全く無視しています。勧誘のサイトを消去するツ-ルは何処かに有るはずですが、むやみに終了ステップを踏まないPCの電源OFFは避けたほうが良いと思います。W7のPCに切り替えた頃ネツトで送信されて来るソフトのB.UPが始まりPCがその間作動しなくなるので、故障かと思い電源OFFのスイッチをその都度切っていたらウインドウズが壊れてしまいました。修復には20,000以上かけてW7の再インスト-ルをせざるを得ませんでした。
それにしても執拗な勧誘ですが、そのうちにW7の支援対策終了と言うことになるかも知れません。
W7に慣れているのでこのまま使い続けて、終了のその時に対応しようと思っています。
 

広島

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 5月27日(金)22時08分44秒
返信・引用 編集済
  舛添都知事の実の無い会見中継も、サミットも終わっていよいよオバマさんの広島訪問だ。
テレビ報道番組は一斉に広島に切り替わる。
安倍総理の伊勢志摩での総括スピーチはやはり日本総理、政権与党らしい政治色濃いもの
のように思えてあまりじっくりとは聞く気にはならなかった。なによりオバマ氏の広島訪
問の方にがぜん興味があった。
テレビの前で待機。

「今左折しました~!! Uターンです!!」移動する車の実況中継をする興奮気味の民
放アナ。車の様子などどうでもいい。
淡々と、静かすぎるくらいの冷静なNHKアナ。まあ色々あっていいだろう。
平和記念公園に着いたオバマ氏の周りを囲む、黒のサングラス姿の強そうなアメリカ人。
まるで劇画の一シーンだ。

そんなことはどうでもいい。オバマ氏の演説はよかった。数分もじっとしていられない私
が、じっと身動き一つせず聴き入ってしまった。人類史上初めて核爆弾を都市に落とした
アメリカの大統領という立場を超えて、まるで人類の歴史の中で、知恵をもつ人類のもた
らした破壊力、欲望、悪徳、そのことを認識しつつ、同じ知恵でも、協力への知恵、平和
への知恵を少しでもはっきしていこうではないか、そんなことを心から訴えているような
気がした。まるでこれからの全世界の人類の在り方を強く訴えているようだ。

アメリカ嫌いの人も、彼をアテンドした安倍総理が嫌いな人も、オバマ氏の話に文句をつ
ける人は少ないだろう。現実の問題はたくさんあるが、それでも人類は真摯に彼の話の内
容を噛みしめなければならないとしみじみ思った。

歴史に残る演説になるのか否かはわからないが、少なくとも私の短い歴史の中では記憶に
残る演説になった。
オバマさん、広島に来てくれてありがとう。
安倍さん、よく広島にオバマさんを呼んでくれました。これについては文句なく「快挙」。
ケリーさんにも感謝。
そして広島の人達、本当に成熟したひとたちだ。見習わなくっちゃ。

91543

 

像のはな子さん死す

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 5月26日(木)20時09分11秒
返信・引用
  昭和天皇が死んだ時、美空ひばりが死んだ時、翌年父が死んだ時、其の度に「昭和が終わ
った」と思った。今日のこのニュースを聞いて改めて、昭和が終わったと思った。

はな子さんは戦後すぐタイからやって来た。終の棲家 井の頭公園動物園に移ったときは
私の生まれた年だ。自然の中で生きるのもコンクリー動物園で生きるのもいっしょ。生き
つづけたはな子に変わりはない。よく生きてくれた、私もがんばるからね! と彼女に言
いたい。 合掌。  

          はな子さん
     


 

中国のG7反応

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 5月26日(木)18時46分57秒
返信・引用
  ネットで「G7が良いのは中国と韓国の国旗がない事」と、心ないことを書き込んでいる
人がいた。心中、良く云ってくれたという自分がいるものの、これではいけない、両国
との良い関係が作れなくなる、と自分にブレーキをかける。

そんなときニュースで中国外務官王毅氏がテレビに出て来た。
「G20こそ意味ある会議だ」と言っていた。いかにも伊勢志摩を意識した、自分の国が入
っていないことへの反発に思えた。子供っぽい!!
G7でもG3でもG5でもG19でもいいではないか。みんな自国そして全世界が少しでもよくな
るように考えは異なっても、利益が対立しても、折り合いをみつけるべく話し合お
うしてるのだ。「俺を呼ばないのはけしからん」は子供の台詞だ。できるだけ偏った見方
をするまいと思うのだが、やっぱり中国共産党は中華思想に凝り固まってる、とついつい
思いたくなる。

91521

 

不法侵入?

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 5月26日(木)15時35分32秒
返信・引用 編集済
  朝起きたらパソコンがついていた。昨晩はスリープにして寝たはずだ。
勝手に目を覚ましたらしい。これはたまにある現象で、停電があったりすると、繋がった
とたんに目を覚ますらしい。

ところが今度は事情が違う。なんと画面一杯ブルーカラー。
よく見ると中央に白抜きで「ようこそWindows10へ」とあるではないか。
周りからのアドバイスで、これまで100回近く何度も「無料、今すぐアップロード」と
頼みもしないのに突然あらわれる広告を無視してきたのに、なんで勝手にと、しばらくの
間モニターの前で凍り付いた。今日はいよいよ伊勢志摩サミットだ。テレビとネットでじ
っくりおっかけをしようと思っていたのに…。

まだ夢の中か、それも悪い夢だ。夢から覚めようと、気を取り直して一からやり直そうと
した。ブルーカラー画面には解除のボタンがみあたらない、いつものシャットダウンボタ
ンも表示されないし、キー操作によるシャットダウンも受付けてくれない。思い切ってコ
ンセント抜いて強制終了だ。

再度立ち上げたらまたしつこくブルーカラーがゾンビのごとく登場した。どうやら夢では
ないらしい。パソコン右横に「次へ」とだけある。このままでは状況は良いも悪いも変わ
らない。画面右横の「次へ」ボタンをクリックだ。
でてきたでてきた「アップを承諾しない」が。前の画面で聞けよ!!と減らず口。
そこを押すと画面が真っ黒に変わり、くるくる回る記号の下に「ただ今もとのバーション
に戻る作業中」の文字が出て来た。
イライラドキドキしながら待つこと半時。いつもの立ち上げ画面が出て来た。

考えられる原因
1.パソコンを操作しているときに誤って「時間をおいてのアップロードに同意」ボタン
  を押していた。
2.夜中何者かが自宅に侵入しパソコンを勝手に開きアップロードボタンを押した。
3.不完全off状態(スリープ)をいいことに、ネットを通じてWindows社が侵入し
  10を無理矢理誘導させようとした。

記憶力、注意力が激減していると認識する私だが、どう考えても1,2は考えられない。
考えたくない。
3.のせいだと、勝手に思っている。勝手に怒っている。
今宵から、スリープではなく電源を切り、モデムもoffにして寝よう。

91516

 

イタリアの塩野さん

 投稿者:ひねくれマリアンタ  投稿日:2016年 5月26日(木)09時19分24秒
返信・引用
  先日西田亮介氏が憲法論争にまつわる記事を朝日から依頼され寄稿したところ、編集者責
任者からこれはまずいですと言われたことを「戯評」でとりあげたばかりだが、昨日は塩
野七生のなかなかおもしろい記事が朝日に掲載されていた。西田氏の時と同様、これまで
の朝日基準からすれば、「ここ表現変えてくれませんか」と言われそうな内容だ。

このことについて事前に塩野氏インタビュー内容を知っていたと思われる人の「朝日、掲
載するのかな?」、掲載後には「塩野氏から簡単につっぱねられたは」あるいは「大物歴
史作家だから泣く泣く修正せずに載せた」こんな批評もあった。
そんないやらしい勘ぐりはここではしたくない。
新聞社はこうでなくちゃ…。
新聞社として当たり前のことをしただけだ。

さてさてそれより塩野氏の「オバマ氏に原爆投下の謝罪を求めないことはいいことだ」、
その理由がいかにも西欧の古い歴史を研究しつづけてきた彼女らしい。
謝罪を求めないと言わせた賢い部下がいて、安倍氏は自分で判断できないとしても部下の
意見を取り入れることができる能力をもっている。これがいいのだ、といっているように
も思える(笑)。でも重要な指摘だ。
しめの言葉は
「歴史を一望すれば、善意のみで突っ走った人よりも、悪賢く立ちまわった人物のほうが、
結局は人間世界にとって良い結果をもたらしたという例は枚挙にいとまがありません」。
国と国との交渉、かけひきはもちろんのこと、政(まつりごと)とはそんなもんだ、とい
やというほど歴史から学んだ彼女だからこその意見のように思える。

塩野氏といえば2014年の文藝春秋寄稿文を思い出す。朝日謝罪騒動があった年のこと
だ。事実誤認だ、と一部団体から出版社が公開質問状を出されたり、氏への批判がでた。
今回の記事と合わせて読むと、彼女の考え方や立ち位置といったものがよくわかってくる。

昨日の朝日記事↓
http://www.asahi.com/articles/ASJ5R3T1VJ5RULZU00Q.html

91509

 

/97