Reload

●α通信21号 :2017年6月発行予定
●α51号(夏号)テーマ: 未定 担当:長岡 曉生
●50号(春号):「変化」合評2:シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第十一回 (古賀 和彦著)  2017年4月16日~
(1.変化 第三回)
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


荻原博子(経済評論家)と金慶珠(言語学者)

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月12日(水)08時52分37秒
返信・引用
  声紋(周波数)が同じではないかといつも思う。
遠くにいても、テレビから流れてくるキンキン声に体が反応する。

94458

 

萩原博子と浜矩子

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月11日(火)21時53分14秒
返信・引用
  私大文学部出身の「家計簿おばさん」と国立大経済学部出身の「溜池山王路地裏の当たら
ない占いおばさん」のイメージがある。

萩原氏は経済に弱い分ことを逆手にとって、家庭の主婦向けに易しい内容で迫る自称経済
評論家。
浜氏は学歴・経歴を看板に、現政権に対する容赦なく汚い言葉で迫る自称エコノミスト。

62才と64才の2人のおばさんの共通点は年齢が近いだけでなくテレビ出演好きだとい
うことだ。テレビの内側の彼女達も私と同じ「昭和のテレビっ子」なのだ。
2人の姿を見るたび「よくやるな。よくしゃべるなあ。恥ずかしくないのかなあ」と思う。
その後鏡で自分の姿を見ると、「ああ…、私はやっぱりテレビの内側には入れないや」と
溜息をつく。テレビの外側が私の安住の場所だ。

94450

 

昭和の運動会

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月10日(月)22時17分18秒
返信・引用
  今日は体育の日。今年は第二日曜日が旧来の記念日10月10日となった。

通っていた小学校では春秋二回運動会があっが、何と言っても秋が本番だ。住んでいる町
でも近くの遊園地で運動会があった。さらに町内会合同で大運動会まで催されていた。朝
はドカーン、ドカーンの合図の花火があがったものだ。
東京オリンピックの後は合同運動会は10月10日だ。

運動神経の鈍い父に似た私は町内の運動会競技に参加したことがない。学校の運動会だけ
でもうへとへとだ。父と反対に運動好きの母だけは参加。運動が苦手な父娘はそんな母を
ちょっぴり誇りに思っていたような気がする。「あなたは来なくていいわよ」という母を
無視して父はカメラをもってこっそり行っていたようだ。

町内会の運動会は子供というより大人中心だった。
少なくとも今よりみんな貧しくて働くことでせいいっぱいだったはずなのにみんな元気い
っぱいだ。町内会対抗戦だから大人達の熱気は一層わく。子供達は親や知ってるおじさん
おばさんのの応援だ。
ドカーンを聴かなくなってもう何年経つのだろう。テレビのローカルニュースでも町の運
動会を取り上げているものは目にしなかった。


       おばさんパワー炸裂。後ろのテントは各町内会のテント。
       

ダンスを踊る母

94427

 

今日のお昼ご飯

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月10日(月)16時22分32秒
返信・引用
  風野 茜様  貴美女様

本日は冷やし中華うどんに初めて挑戦しました。
倉敷に住む姉から送られてきたパスタと讃岐うどんがたっぷりあるので、中華麺ではなく
うどんを使いました。

醤油と鰹節ではなく、ごま油とお酢とうどんの組み合わせ、結構イケました。
家が近かったらお二人のところに出前したかったなあ。ちょっとだけ自慢したい気分。
       うどんの上は時計回りに、
      ハム、肉ゾボロその上に南瓜 錦糸玉子 しめじ トマト 胡瓜 トッピングにシナチクと紅ショウガ

94422

 

トランプ候補のワイセツ発言

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月10日(月)11時58分36秒
返信・引用
  ワシントンポストが10年前のトランプ出演のテレビ動画を公表してアメリカでは大騒ぎ
だ。どの国でも、選挙となると候補者の過去のゴシップをほじくりだされて話題となる。
とりわけ女性蔑視の話題は炎上しやすい。

今年夏の知事選の鳥越氏を思い出した。

94415

 

体力調査

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月10日(月)08時47分56秒
返信・引用
  10月10日、日本では1964年の東京オリンピックを記念した体育の日。北朝鮮は1945年
朝鮮労働党(旧名朝鮮共産党)の創立記念日。昨日核実験かミサイル発射があるかと思っ
たが無事。今日も少し心配だ。

隣の国の事はさておき、日本人の体力の話。
昨日発表されたスポーツ庁の「体力・運動能力調査」によると、高齢者がまた過去最高を
更新したらしい。そう言えば、昨年夏は国会前のデモに沢山の高齢者がいた。沖縄の反基
地デモ、反原発デモもそうだ。人口比の問題ではかたずけられない多さである。元気だか
らデモに行けるのだ。調査結果にも頷ける。
デモに行けばまた足腰の運動になる。大声を出せばコーラス効果と同じく体に良い。
デモ目的とは別に、参加者の体力向上に貢献していることにはなるようだ。
私は国会前にも行くのも、プラカードを持って長い時間歩くのもままならない。彼等の体
力がうらやましいくらいだ。

まずは、市町村の取り組みや本人達の体を鍛えることに対する関心の高さや努力が、何よ
りも結果に繋がっているのだろう。

94413

 

TVタックル/豊洲問題

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 9日(日)21時04分44秒
返信・引用 編集済
  この番組でも豊洲問題だ。
ゲストは藤井聡(土木工学)、毎日顔を見る森山高至(建築エコノミスト)、生田よしか
つ(ときどきみかける地魚河岸仲卸のおいちゃん)、笠井 亮(共産党議員)他。

共産都議会議員の大発見かのように言われている謎の豊洲地下だから、ついでに「しんぶ
ん赤旗」(以下赤旗)の宣伝をしたつもりなのだろうか。番組製作者の意図意図は定かで
ない。赤旗記者の全員が党員。民青出身のバリバリ共産党の笠井氏だが、なんと笠井氏も
赤旗記者だった。新聞社の見学シーンの中で「共産党都議団の控え室に赤旗の常駐スペー
スを提供している」と編集長が言っていたが、公明党も同じように聖教新聞に与えている
のだろうか。他の党も親しい新聞社に…。

豊洲問題についての赤旗記事は煽りすぎではないかという意見が出た。
他のゲストもそれに賛同。
笠井氏は国民の安全第一、赤旗で調べた結果危険であれば、注意喚起、問題提起をするの
があたりまえ、都側の検査結果は信用できないとまで言い切った。
最後に、「安全なものを危険だと煽って、その結果安全だとなった場合、その損失は誰が
責任取るのか」と問われてモゴモゴ。

最後にビートたけしが言った。「どうしたらいいでしょうかねー、いっそ都庁を豊洲に移そうか」。
テレビ朝日にしてはめずらしい報ドウデショーを見せてもらった。
録画→ https://www.youtube.com/watch?v=LOWToFR-OOY


*たけし軍団芸人の写眞ではない・

笠井氏       森山氏         藤井氏       生田氏 

   

94406

 

外が赤い

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月 9日(日)07時31分37秒
返信・引用
  竹の生け垣が騒がしい、雨の音も騒がしい。今朝はこれで目が覚めた。
入れ立てのコーヒーを味わっていると障子が橙色に染まっていることに気が付いた。
前のお屋敷かその横のアパートが火事か…。
障子を開けると黄金色に赤みを帯びた雲と青空だ。
テレビで天気を確認すると日本列島全体にするりと前線がひかれていた。南の海
には台風19号と玉子の20号。
コーヒーを飲み終え、どうしても空が見たくて外に出た。
数分経っただけで、色は大分薄まっていたが、青と白と濃いネズミとそして曙色。

今また空はネズミ色一色。竹が風と雨で騒いでいる。
今日一日、空が面白いことになりそうだ。夕方は茜色かな。


東の空                       西の空
  

南の空              北の空
   

94397

 

レンズの向こう/コスモス畑のカマキリ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年10月 8日(土)19時10分48秒
返信・引用
  この三角形の顔、長い足かをみるとこの緑の昆虫はカマキリだと思われます。
じっと草むらに潜んで獲物を狙い、見つけたら二本の鎌を振り上げ瞬殺です。
そう言えば「カマキリ婦人」という言葉を一時耳にしたことがあります。
じっくり男を待ってガブリ、そんな魔性の女をカマキリに重ねたのでしょう。

コスモスとカマキリ、意外と絵になります。凶暴さも食べて生きるため、だから不要
な殺傷は一切しないのです。鎌を大きく振り上げて戦闘態勢に入る姿は勇者の象徴に
も見えますが、ちょっと滑稽で、ひょうきんで、かわいくすら思えてきます。
今日のような雨降りの日、カマキリは何をしてるか気になります。カメラマンも雨の
日は散歩に出掛けないでしょう。雨の日のカマキリの作品が見られないのが残念です。



   
    (Photp by I.Takeuchi 2016.9.)

94383

 

ノーベル平和賞

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 8日(土)16時55分34秒
返信・引用
  2016年のノーベル平和賞は左翼ゲリラとの和平に取り組んできたコロンビアサントス
大統領。コロンビアはコーヒーとサッカーくらいしか思い浮かばない。もちろんスペイン
侵略の歴史だけは強烈に頭に染み込んでいる。

TBSニュースでサントスと野田元総理が握手をしていた姿が流れた。2012年9月サントス
氏が訪日したときは民主党政権だったのか…。
続いて「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会の会見の映像。代表と思われる「受賞
はなりませんでしたが、ここに72万58筆の署名をしてくれた皆さん、推薦人の皆さん、
韓国、マレーシア、コスタリカなど世界中の皆さんに心からの感謝とお礼を申し上げる」
と言う女性の横になんと民進小西議員の姿。昨年秋、安保法案決議の時、議長に向かって
上からダイビングした議員だ。この運動にも関わっていたのか…。

もし憲法9条が受賞したとすると、受賞者は日本国民だけ? 憲法制定に深く関わったア
メリカ人も入れないと不公平な気もする。そもそも日本国民の中にはたくさんの9条改正
派もいる。寧ろあげるとしたら地震列島を守ってきてくれた自衛隊か、中国の平和に貢献
してる9条の会関連の団体ではないだろうか。
9条の会と言えば、今年の孔子平和賞にノミネートされていないのが不思議だ。

個人的にはウルグアイの元大統領ムヒカさんにノーベル平和賞をもらって欲しかった。
彼の場合その存在、笑顔、語り、暮らしぶりだけでみなを平和な心にさせしまう力を持っ
ているように見える。彼は賞金を全額恵まれない人に寄付するのだろうな。

94381

 

昨日の国会/浅田均議員

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 7日(金)17時08分14秒
返信・引用
  「生活の党」太郎氏:福島原発の放射能被害を最後まで国が面倒見ろ
「共産党」晃氏:白紙領収書はけしからん、公職選挙法違反を閣僚がやるのか

太郎さんには小泉元総理と同じくもう少し客観的医学的視野をもってもらいたい。
晃さんはちょっと質問が小さいよね。パーティー券で金を集めている閣僚議員へのやっか
みのようにも見えた。共産党は赤旗売れてないものね。
情け無いのは答弁。総理を始めとする閣僚の答弁はモヤモヤが残るものが多々。

冒頭の有村議員の二重国籍の問題点指摘はわかりやすかった。太平洋戦争時の遺骨、遺品
の話しに及んだ時はちょっと引いた。遺族への思いも、それを思う有村議員の思いもわか
るのだが、「極右」と誤解されかねない…などと変に格好付ける自分がいる。

日本維新の浅田均議員の提案は興味深く聞いた。一番内容のある質疑だった。
取り上げたのは世代間格差と年金問題。

・退職後の老人の中で、豊かな老人に少し負担をさせ生活苦の老人に分配する-。
戦後上手く生き抜いて小金を貯め年金もたっぷり貰い遊びまくる老人もたくさんいる。
頭の中でひっかかっていたことをずばり提案してくれた。

・年金を積み立て方式に-。
海外駐在の頃、政府肝いりでプロビデンドファンド(退職金制度)が施行された。
従業員は給与天引きのパーセンテージ、積立金を扱う民間保険会社(国ではない)、運用
法も自己責任で選ぶ。但し積み立てた金は供託金として必ず戻る。保険会社の運用がよけ
れば利息もたっぷりつく。あまりもうけにはならないけれど、退職金制度の大切さを知っ
ているから導入を進めるために企業周りをして販売した。
恥ずかしい事に、日本の年金制度も似たようなものだと思っていた。
簡単に言えば日本では本人が負担してきた金額と貰える金額がマッチしていないのだ。
最低でも自分が働いて納めた金は老後手にしたいではないか。
簡単に積み立て方式には移行できないということだが、浅田議員は秘策をもっているよう
だ。提案をどんどん政府に出して前向きな論議をしてもらいたい。政府も積極的に与野党
の議員からのアイデアを聞いて欲しい。

本日から国会はお休み、静かな一日。

94362

 

レンズの向こう/蜘蛛の糸

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年10月 7日(金)09時53分19秒
返信・引用
  光沢のある極細の糸でできたレース。風通しも良さそう…。
クモの糸は鋼鉄よりも高い強度と、ナイロンのような高い伸度を兼ね備えると言われてい
ます。蜘蛛にとっては生きるために身を削って編み上げたレースですが、蜘蛛の糸で作っ
た服は、軽くて強くて美しい、そして気持ちがよさそうです。人間は欲張りですね。





         
                  (Photp by I.Takeuchi 2016.9.)

94354

 

今日の国会

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 6日(木)17時24分40秒
返信・引用
  「こころ」の中山恭子さん、ラストを飾ってくれました。
やじは一つも飛ばず院内はシ~ン。出席議員は聞くに値しないと考えていたのか、または
疲れて眠たくて静かだったのかは分かりませんが、一風の清涼剤であったことは確かです
です。これは決して彼女を馬鹿にしているわけではありません。むしろ尊敬の思いが膨ら
みました。おっとりのんびり見える彼女の強さ、人権意識、国際経験の豊かさ、これは院
内の議員たちは皆認識すべきです。ほんの少しでも良いから彼女の言葉・こころを胸の片
隅に刻むべきです。

自分の政治思想、党利党略、現実問題にまたすぐ戻るのでしょうが、中山さんの発言の時
の数十分の間は皆そんなことから一瞬離れているように思えました。
静かだったのは、決して皆が眠かっただけのことではなさそうです。

どうしようもなく、すれっからし状態にならざるを得ない国会議員たちの中で、こんな清
涼剤国会議員の存在が実に貴重だと思いました。国民にとってもです。

94342

 

趣味水彩/貫禄の違い

 投稿者:水彩画愛好家  投稿日:2016年10月 6日(木)15時55分19秒
返信・引用 編集済
 
冨谷観音三重塔(室町)              村松虚空蔵堂の三重塔(平成)

  

冨谷観音三重塔を描いた作品を見て、深い緑に囲まれ佇む建物の重厚さにオオーッとうな
りました。村松虚空蔵堂の三重塔を見た後だからでしょうか。
同じ茨城にあり、みかけもよく似ていますが、室町生まれと、平成生まれの違いがよく分
かります。時を重ねると建物に自ずから風格、貫禄が出て来るものです。
その貫禄が、貧乏絵描きさんの絵心を動かしたのでしょうか、歴史を感じさせる深く落ち
着いた雰囲気を醸しだす秘密はどうやら墨汁を滲ました割り箸にあるようです。よく思い
つきましたね。

村松虚空蔵堂を調べてみたら、どうやら真言密教を広めた空海ゆかりのお寺のようです。
α同人誌『肥と筑』でこの空海を取り上げたばかりなので、なんとなく興味深い。
平成建立の新しい入れ物ですが、歴史そのものは古いのです。この三重の塔もあと数百年
もすれば、みてくれも渋みを感じる風格のある建物になるのでしょう。

冨谷観音三重塔、3.11の大地震によく耐えました。過去にも風水災や地震に何度もみまわ
れたはずです。耐え抜いたからこその風格、貫禄なのでしょうか。

94337

 

今日発売の文春

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 6日(木)11時05分19秒
返信・引用 編集済
  「自民都議会幹事長が政治資金で銀座クラブ通い」
→ http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6637

◆文春らしいなあ~。多分高木啓氏だけでなく、こんなことやってる議員はたくさんいる
のだろうけど話題になりそうだから、売れそうだからとりあげたのだろう。

◆今宵プライムニュースにまた生出演出演予定だ。反町君意味ありげにニヤニヤするんだ
ろうなあ。

猪瀬知事を辞職に追い詰めた頃       小池知事をけ落とそうとしているように見える今
           

94332

 

秋の珠

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月 5日(水)19時54分40秒
返信・引用
  実の多くは丸か楕円。受精しためしべの子房の中心が膨らんでいってできるのが果実だか
ら、力学的にも丸になるのは分かります。大事な種を守るための表皮を有効に使えるのが
この丸でもあるらしい。でもバナナは細長いし、南国のスターフルーツは名前のとおり星
型です。こんな植物にはそれなりの事情があるようです。
人間の目にとっても、丸はなぜかかわいらしく、心地良い形です。


ベランダの中に侵入            実家からもってきた無名の植物      平和公園入り口横の朱色の珠
  

94615

 

徹夜続きの国会職員

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 5日(水)17時57分9秒
返信・引用
  いさ進一(*国会議員)2016.10.4 23:00 ツイッター
本日の予算委員会で、補正予算は衆議院を通過。 民進党から昨夜、24時を過ぎても国会
質問が提出されなかったため、全省庁の職員が待機。結果、帰宅のためのタクシーは200
台となりました。民進党、本気で「働き方改革」を進める気ありますか?



◆毎回のことなのだろう。自民が野党になったときも似たようなことをやっていたのだろ
うが、昨日の国会民進党各議員の質問内容を思い出すとなさけなくなる。時間をかけてあ
の程度の質問しか出てこないのか、提案らしい提案すらろくに入っていなではないか。
野党第一党の看板が泣く。
政策で勝負できないから、嫌がらせと持久戦を選択したのだろうか。
職員は比較的若い人達が多いから体力は持つだろうが、答弁する安倍総理の目の下のクマ
が日に日に少し厚くなっている。

94311

 

今日の都議会/高木啓

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 4日(火)19時28分46秒
返信・引用
  今日午後から代表質問が開始。
内田氏に代わる新自民幹事長高木啓は先日プライムニュースにやっと出て来たが、その時
の印象のママ。なんだか偉そうだ。小池新都知事に対する文句が議会でも繰り返された。
「知事は俺(議会)を無視して勝手に調査委員会をつくり、豊洲移転中止。何の相談も受
けていない。知事こそブラックボックスだ!!」
これまでの議会の責任は一切棚上げだ。大きいだけで都政も今話題になっているの富山と
さほど変わらいシステムの不備、停滞、腐敗があるように見える。

国会では民共が自民安倍総理の批判だらけだ。前向きな提案らしいものは見当たらない。
都議会では自公が都自民に反発した小池知事の批判、そして野次もひどい。
大阪と同様、政治の世界では逆転現象があるようだ。

数年前の写眞を見て「あのときの議員だ」と気付いた。ヘアースタイルが激変していたの
でわからなかったのだ。ちょっと脂ぎったヤナ男の印象だった。歳をとり脂は少し抜けた
ようには見えるが、高木啓氏は猪俣知事の時のように、小池氏のミスを探し出すことに執
念を燃やし牙をむいて知事追放に動きそうな気がする。

7時を過ぎた今も続行中。ニコ生でライブを聴いている。

94290

 

オートファジー

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月 4日(火)11時30分38秒
返信・引用
  ガチャガチャ国会中継が終わり、もやもやしていたら日本人ノーベル賞受賞の速報が入っ
てきました。そう言えば今日はノーベル賞発表の初日でした。
ノーベル医学生理学賞を受賞したのはオートファジーの仕組みを解明した大隅良典博士。
3人枠の中で単独1名の受賞です。自分が貰ったわけではないのに、同じ日本人というこ
とだけでなんとなく誇らしく思えてきます。

何より興味を持ったのは「オートファジー」です。
  生きるための栄養が足りなくなったとき細胞を分解して摂取する。
  老化して有害物となった細胞内の物質を分解して清浄化する。
ミクロの世界で起きている、まさに生命維持のための根っこの現象です。分解対象に膜を
張り限定するという見事なシステムを大隅教授は解明したのです。
でも、いったい何がどうしてそんな「オート」システムを創り上げたのだろう、もちろん
意思なんて働いていないだろうに。そこがどうしても気になります。

生命体の不思議に科学的に迫った大きな研究成果のひとつが「オートファジー」なのでし
ょう。最終回を迎えたばかりの同人αに連載された『生命』の記憶がまだ色濃く残ってい
るときだけにオートファジーには大いに興味が湧いてきます。
仕組みの解明には迫ったのですが、なんでこのシステムができあがったのかについては科
学ではまだまだ解明できないような気がします。いや最後まで科学的に説明できないとも
…。そこから先は宗教や哲学の世界に向かうしかないような気がします。

94286

 

沖縄に最大級警報注意報

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 3日(月)19時59分57秒
返信・引用
  今年は台風続きだが、まだしぶとく、しかも最大級18号が沖縄に接近しているという。
高江大丈夫? ブルーシートの第一、第二サティアン、インスタントトイレも簡単に吹き
飛ばされてしまいそうだ。活動家たちはみんなとっくに現場を離れて避難しているのだろ
う。まずは人命第一。

ここは反基地運動は止めにして沖縄全体で自然災害に耐えるように一致団結しなくっちゃ
ね。外から来た活動家たちは慣れていないからさぞや恐いだろうなあ。道路塞ぎ自動車の
下にもくることより、機動隊に根こそぎにされるより、恐がっていると思う。
自衛隊も機動隊も気分改め県民の命を守るためにスタンバイ!!

94276

 

ミセスロイド

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 3日(月)18時03分39秒
返信・引用 編集済
              

防虫剤の話ではありません。この宣伝に出ているお笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこの
奮闘ぶりが凄い。両腕に防虫剤の袋を沢山ぶら下げて手を広げたところなどは「魅せられ
て」を歌うジュディオングさながらです。
彼女は以前と比べ大分体重が増えたようですが、体の動きは機敏で普段十分鍛えているこ
とが分かりますし、歌唱力もあります。金髪のカツラを被って、お腹を出したとしても体
の動きや唄には芸人としての力を感じさせてくれ一種感動すら覚えます。

森三中では最年長なのに、なぜか一番下に見えます。地味で控えめ、悪い言い方をすれば
ちょっと知恵遅れの妹の立ち位置。目立たないスタートでしたが、彼女の存在は何故か気
になっていました。媚びず、気取らず、えばらず、出しゃばらずの姿勢です。そんな中に
も何か突き抜けてくれそうな可能性を秘めているような予感があるのです。

これからどんなお笑い芸人になっていくかはわかりませんが、いつも陰にいるようで、実
は弾ける才能を隠し持っているように思える黒沢かずこをなぜか昔から応援しています。
しゃべりが下手だから女優は無理かな? でも彼女のことだからそれも含めて、何か新し
い芸を次々と見せてくれるような気がしてくるのです。
他の2人に遅れるも、あっさりいい人を見つけて引退、それはそれでいい。幸せに暮らし
て欲しい。

94273

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年10月 3日(月)15時32分43秒
返信・引用
  リンク「同人α作品集」に48号作品を掲載しました。

→ http://2style.in/alpha/0-48.html

94268

 

47号「肥と筑 第三十七回」の評

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月 3日(月)11時14分28秒
返信・引用 編集済
  日曜の勉強会は毎回父英夫の投げかけから始まるのだが、今回は英夫不在の勉強会だ。
その代わりに生八つ橋の土産を持って後藤家に登場したのはが義理の弟山南惠裕である。
マンネリのメンバーに一味、というより、著者は、寺の住職であもある惠裕氏に日本の仏
教についての解説、とりわけ仏教(宗派に限らず)において「止観」が基礎にあるのだと
いうことを語らせたかったのだう。
日本の歴史はもちろん、仏教伝来から始まりその後の時代変遷について関心が薄く、当然
無知である私のような読者にとっては、惠裕氏の解説は有り難い。これまで辞書やネット
で調べながらどうにか読み続けてきた読者にとって頭の整理になる。

空海と蝦夷佐伯氏の繋がりからはじまり、空海の驚異的な記憶力、学習能力をもたらした
「虚空菩薩求聞聡明法」へ、そこから徧処観、曼荼羅図が果たす役割、修行法の原型ヨー
ガへと話を繋げて行く。日本の仏教の基本が固まる鎌倉時代までの仏教を分かりやすく解
説してくれているがその中には必ずこの止観、徧処観がからまっていることにも気が付く。

 面白いことにα掲載の他の作品のことを思い起こすことが多々あった。例えば、
 マナスという言葉もアーラヤ識とともにこれまで肥と筑の中でよく登場してきたが、
「マナスは生物の自意識が発生する基礎になるもので直前の意識のこと」
「自意識とは自らの意識の時間変化を認識する働き」
この箇所は、α48号竹内氏の『変化』と重ねて考えてしまった。
 「徧処観の特徴は、円形の冥想対象を観ながら対象に対する呼びかけを続け、視覚と聴
覚の対象の対象を一点に固定することによって意識の揺らぎを鎮め、結果として深い冥想、
つまり定を得ることにある」
 この一節からはα16号『揺らぎ』の古賀氏前書きを思い出し読み返した。
氏は最後に、権威や定説や既成の価値観に対して「揺らぎ」や「疑い」を抱く精神が好き
だ、と書いているが、仏教における冥想の目的はこの揺らぎを取り除くことにあるようだ。
冥想は、権威、価値観といった現世の世界を昇華した精神世界の話だから、また別次元の
話なのだろうが。

  読めば読むほど、私の知識力ではどんどん手に負えなくなる予感の一方、いろんな発
見、見方、気づきがありそうで、続きを読むのが止められそうにない。

※何時の日か是非とも『肥と筑』を一冊の本にしてもらいたい。
ゆっくりページをめくって読み返してみた。
※今回惠裕氏の登場で、冊子の空白に山南家の家系図を書いた。家系図だけでなく、この
作品には参考資料として、地図や、歴史上、記紀上の登場人物の関係図などを添付すると
私のような読者には分かりやすくなる。

         

94256

 

個人著作集アップのお知らせ

 投稿者:同人α編集部  投稿日:2016年10月 3日(月)09時01分18秒
返信・引用
  ■コピペ大王エッセイ集 (戯評リンク集参照)
『コピペ書評 No.38』

*コピペルナーソフトがほぼ100%のコピペ判定をしました。
コピペ文章を「凄い凄い」「よく勉強している」「一流の論文」と褒め称えるのはもっともです。
コピペ元は一流の評論家や出版社の編集者なのですから。
でもよく見ると、文章を切り貼りした跡のくず糸が顔を出しています。

        剽窃チェック支援ソフト「コピペルナー」
      
       ユサコ(株)サイトより

94252

 

たまには 4

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年10月 2日(日)13時59分37秒
返信・引用 編集済
  ブログ「沖縄を笑おう!」 10月1日より
「沖縄の異常な場所は限られている」
普天間基地前と辺野古と高江と嘉手納である。
沖縄の問題を語る時には、大体がこの場所を
画像として使うのだが、その他の沖縄は
報道されているような危険な場所ではなく
米軍基地・米軍人とはいたって普通に共存している。
沖縄左翼が出没する場所も、同じ場所であるが、
辺野古と高江には常駐左翼がいるのだが
その他の場所には、決まった日の決まった時間にしかいない。

以下→ http://blog.livedoor.jp/todorahana-okinawawowaraou/archives/66162633.html


◆私は沖縄に行ったことも住んだこともないが、沖縄の今、反対運動の様子については、
このブログにはテレビ新聞では報道されていない、もう一つの真実/実態が書かれている
ように思っている。視点もいい。

◆直ぐに読み終わるので、是非一読を!!

97240

 

2016-第70回記念二紀展のお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年10月 2日(日)09時21分30秒
返信・引用
  平方和善氏(ギャラリー「無限回廊」A-08)の新作が展示されます。
街を歩く女性、子供、ショウウィンドウのマネキン、幻想的な世界がくりひろげらる
「街シリーズ」でしょうか。新しい世界が楽しみです。

場所:国立新美術館
期間:10/12~10/24
   *詳しくはリンク「伝言板」にて

ギャラリー無限回廊より

     『街-自我の目覚め-』

94233

 

香り

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月 1日(土)12時11分18秒
返信・引用
  朝起きて窓を開けるとどこからともなく良い香り。そう金木犀だ。
茶色く縮れた無残な曼珠沙華の景色の中で、いつの間にか、近所のあちこちで小さな橙色
の花をたくさんつけた金木犀が登場している。
香りの強い植物の中でもこの金木犀の香りの電波力は一番ではないだろうか。
多くの花は鼻を近づけてその香りを楽しむのだが、金木犀の香りは向こうからやってくる。

地味で引き締まった香りが好きだ。同じように梅や水仙の香りも好きだ。
クチナシの花の香りもなかなかの電波力。香りはちょっと甘ったるくて後を引く。
金木犀が少女の香りだとすると、どこか熟女の、悪く云えばちょっと崩れた感じさえする。

金木犀、この漢字と音もいい。星好きな私としてはどこかで勝手に「金木星」にしている。
「金木」は分かるが、「犀」はあの動物のサイだ。何で?と思って調べてみたら、樹皮が
サイの肌に似ているからだとあった。やはり私の中では金木星としておきたい。

緑の大きな実をつけた木があった。多分蜜柑。冬に向けてこれからゆっくり色づくのだろう。
2,3ミリの小さな実を付けた木もひっそりと自己主張。

  

     

94210

 

46号「肥と筑 第三十六回」 評 追加

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年10月 1日(土)10時16分52秒
返信・引用
  蝦夷の中から朝廷に帰服した陸奥俘囚の長、安倍氏の教養の高さについて触れていたが
そのとき思ったのが、今の安倍総理と何か繋がりがあるのか、だ。
同じアベ姓でも阿部はよく見かけるが、安倍は珍しい。

そんなときたまたま今日書き込みのネット記事を目にした。
前九年の役で一旦滅亡した安倍氏が全国に散らばり生き延び活躍したという。
その中で肥前国の水軍松浦党は安倍宗任の子孫、さらにその末裔が安倍晋三だとある。
松浦党と言えば元寇の時、松浦、博田で蒙古軍と勇敢に戦った水軍だ。

海洋国家日本の南沙諸島をめぐる問題や、尖閣に押し寄せてきた中国漁船・武装公船そし
て、北から日本海に向けて飛ぶミサイル問題、これらの対応を見ていると松浦軍と繋がっ
てくる。

安倍総理が貞任や宗任のように和歌をたしむ教養溢れる人物かどうかは別として、海の向
こうからやってくる国を脅かす勢力に敏感なのは、連綿と続いた安倍氏の血、陸奥蝦夷の
血なのだろうかとつい想像してしまう。

信憑性は歴史学者に任せるとしても、第三十六回を読んだ後だから、こんな気づきに繋が
った。歴史を学ぶことはこんな広がりをもたらしてくれるのだとしみじみ思う。

※安倍晋三の前職は神戸製鋼だ。まさか徐福と繋がっているとは思わないが、ひっかかる。
4606

94201

 

メガヒット

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月30日(金)21時15分2秒
返信・引用
  2016/09/24 に公開された蓮舫氏の画像がもう13万アクセスを超えた。
彼女は大人気だ。これファクト。
→ https://www.youtube.com/watch?v=K8LiEyZZ6hY&feature=youtu.be

94192

 

生前退位

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月30日(金)20時53分47秒
返信・引用
  今日(明日1:25から)の「朝まで生テレビ」は天皇の生前退位がテーマのようだ。
昼の国会で細野議員がこれを知ってかどうかは分からないがしきりとこの問題で安倍総理
に絡んでいた。

その安倍総理の任期について、内外から延長はすべきでない、いやもう少しやってもらい
たい、様々の声が飛び交いはじめている。
政権与党自民では、佐藤栄作、吉田茂あたりが断トツで長い。
長年在位することはいろんな弊害をうみ出すということから、各党では党首の任期を決め
ているようだが、佐藤や吉田氏を大きく上回るの党首がいる。共産党現党首はなんと16年。
渡す人がいないのか、しがみつきたいのか、良く分からないがこれは異常。

朝生でいつか共産党志位さんの生前退位を取り上げてほしい。まず無いでしょうね。

       *俺は終身共産党書記長だ。
        共産党の象徴だ???
          
           絵:パンパカ倉庫より

94192

 

子供御輿体験イベント

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月29日(木)18時22分0秒
返信・引用
     

 先日、図書館横の町内会建物の車一台止められる程の小さな広場に御神輿が置いてあっ
た。ざわざわと大人と小さな子供達が集まっている。見覚えがある。8月終わりの秋祭り
の時、平和公園を基点に、子供の数を優に超える大人達が見守る中、町内を練り歩いた子
供たちが担いだ小さな御輿だ。
「あの時の感動をもう一度!!」と大人達が企画したのだろう。一丁目二丁目の子供限定
の御神輿担ぎ体験だ。たくさんの大人達と少ない子供達を見ると「もう一度」は大人達の
ためなのなのかと思った。道横にはちゃっかり寄付金ボード。早くから沢山のこころ優し
い住民から寄付があったようだ。この辺りは商店は殆ど無いから、おそらく昔からこのあ
たりに住んで居る住民だろう。

 一昔前は、四人兄弟五人兄弟はざら、親達は子供を食べさせるため、学校に行かせるた
めせっせと会社に行って、おしゃれもせずにせっせと炊事洗濯の毎日だった。子供は親が
かまってくれないから、兄弟同士、近所の友達同士で勝手に遊んだものだ。物は豊かにな
ったけれど、今は少子化が進み親の手のかけ方は尋常じゃない。おまけに子供に対する安
全意識や人権保護意識が高まってきている。親達は社会(国や地方自治体)に対してもそ
れをどうどうとぶつけるようになった。
 貧しかった昭和の時代を美化するつもりはさらさらないが、子供達がパソコンゲームか
らも貴重品であるが故の親/大人達親の監視からも離れて、自由奔放に道ばたで遊んだり
冒険で遠出をしたりしたあの時代もなかなか捨てたものじゃない。

94165

 

ロングとショート

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月29日(木)15時13分14秒
返信・引用 編集済
   豊洲移転で大活躍の共産党大山とも子さんのヘアースタイルがとても斬新だった。
前髪は茶髪、ぴっちり境界線があってそこから後ろは真っ黒なのだ。染め方の失敗なのか、
ヘアーデザインなのか、昨日のプライムニュースの放映中ずっと気になった。
 とも子さんの頭はぎりぎりのショートカットだ。そう言えば蓮舫さんも辻元さんもだ。
どうやらあっち系の女性達は超ショートカットがお好きのようだ。戦うために髪は邪魔な
のだろうか。

 これに対して与党の女性たちを思い浮かべた。まったりウェーブの片山さつきさん。
聖子さんカット風の稲田さん、着物も似合う丸川さん、みんなセミロング。
打合せでもあるのかしらん。気の強さを髪でかくしているのかしらん。

 ショートもロングも、みな身だしなみとアピールのために高い金を払って小まめにお気
に入りの美容院に通っているのだろう。

あっち系

共産党豊洲のおばちゃんとも子氏          ピースピースの懲役2年執行猶予5年の清美氏       無国籍党首蓮舫氏
      

              そしてこの完全ショートカット寂聴さん
              



こっち系

さつき氏             明美氏             珠代氏
    

94163

 

46号「肥と筑 第三十六回」 評

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月28日(水)17時54分31秒
返信・引用
  周回遅れの感想だが、興味深かい内容だったので一筆。

 第三十五回の「空?の先祖は蝦夷(えみし)だった」の考察に驚かされたが、今回も引
き続き蝦夷の話だ。この回が掲載されたα45号は偶然にも、『生命』で青森の三内丸山
の縄文巨大遺跡、『アルタイ語族と日本語』で日本人のルーツについて取り上げていて、
ともに徐福船団が訪れる前の太古の日本人について考えさせられた。
 知識不足のアイヌや琉球人について改めて調べてみたりした。考えて見れば北海道や東
北にも古代の日本人は住みそれなり文化を作っていたはずなのだ。縄文と弥生時代それぞ
れの遺跡の分布図をみると縄文時代は圧倒的に東北が多い。そこに多くいたのが蝦夷だ。
時代は下って平安初期、蝦夷征伐の坂上田村麻呂と勇敢に戦ったのが東北で威力を誇った
アテルイを長とする蝦夷だったのだ。

 第三十六回では、東北地方の豪族安倍氏(元は蝦夷)、その安倍氏の血を引く藤原三代
をとりあげている。
 前九年・後三年で破れてしまったものの、東国の田舎の豪族と馬鹿にする中央の気取り
やインテリに負けないくらいの洗練された安倍兄弟。三内丸山の遺跡にみられる知恵と工
夫の力を脈々と引き継いでいるとも思えた。蝦夷の血は中尊寺にみられるように奥州に高
度な文化をもたらした藤原三代にもつながっている。藤原清衡、基衡、秀衡の藤原三代と、
秀衡の長男泰衡、併せて四代にわたるミイラに見られる、樺太アイヌとの共通点を挙げて
著者は栄華を誇った奥州藤原氏とアイヌとの血の繋がりがあることを補強する。このあた
りは想像の世界に終わらず根拠(証拠)を重視する理系人間の著者らしい歴史との取り組
み方だ。

 アイヌも徐福と同じように、長い歴史の中で、能力のある人達は日本全国に散らばる。
奈良、京都といった国の中心で活躍する役人や、色々な分野で力を発揮する人になってい
ったのだろう。著者はアイヌと琉球人の生物学上、言語学上の共通点について少し触れて
いるが、日本の歴史におけるアイヌのような関わりは薄いように思える。
 『アルタイ語族と日本語』で博田氏が注釈の中で、「DNA分析による説により日本人の
ルーツと沖縄人とは共通であることが分かりほっとしたことがあった」と書いていたが、
私も同じ気持ちだ。なぜかホットする。博田氏と同じく大和朝廷の頃の琉球と日本の関係
を知りたくなった。

その他
・「エンチュウ」→「エムチュウ」・「エミチ」→「エミシ」
呼び名の変化も著者が歴史パズルを解く一つのポイントだ。言語学上の共通点を博田氏も
とりあげていた。ともに理系人間だ。
・青丹よし(アオニヨシ)、奈良時代、この青と丹に徐福の匂いがある。
・丸山という名称の古墳は青森や茨城だけでなく全国にあるようだ。
古墳の形からかな?
・著者ご当地豆知識、筑波の「福来(フクレ)ミカン」は初耳だった。日本書紀にある常世に
ある「非時香果(トキジクノカグノミ)」らしい。徐福上位陸の地肥前から流れ流れて常世の国常
陸にたどりついた著者を改めて思い浮かべた。
4606

94138

 

懲罰委員会

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月28日(水)12時35分58秒
返信・引用
  本日1:30から開催される。
蓮舫氏とつい結びついてしまう。早すぎるか…。
維新の国会での追及はまだ始まってないし。

wikiでこの委員会を調べてみた。
衆議院では小池さんが「理事」とある(3.28現在)
参議院を見たらなんと蓮舫さんが委員として名を連ねていた(8.16現在)
ブーメラン!!

午前中国会で蓮舫新党首デビュー。午後は都議会で小池新都知事デビューだ。
今日の懲罰委員会は役員の改選かな?
テレビ中継とニコ生で視る予定だ。

民進党はいつもブーメランの嵐だ。そのうち西城秀樹に代わって新党首さん登場かな。
     ブーメラン ブーメラン ブーメラン ブーメラン
     きっとあなたは戻って来るだろう~♪

94131

 

赤と白と橙

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月27日(火)17時18分23秒
返信・引用
  例の赤い曼珠沙華の斜め前に立つ家の鉄柵から白い曼珠沙華が顔を出していました。
奧の方には黄色の曼珠沙華が咲いていましたが、不審者と怪しまれそうなので、撮影断念。
お彼岸も終わって曼珠沙華もそろそろ終わりかな。曼珠沙華はどんな色でも、なんかおど
ろおどろしい感じがします。

青い実と色づいた実をつけた小さな木が側溝脇アスファルトの隙間からニョキッと生え
ていました。横の家の庭から飛び出したのでしょうか。道路大根を思い出します。
すぐ上をみると垣根の上に橙色の小さな実がぽつぽつ。そう言えばここにはクチナシの
白い花が咲いていました。


門柱の上の赤い石楠花              はみ出し白の曼珠沙華
    

       冬珊瑚?                              実つけクチナシ?
         

94108

 

同人α48号簡単紹介

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 9月27日(火)13時17分14秒
返信・引用
   理系男子の多い同人誌ですが、作品は科学だけでなく歴史、哲学、文学と、広がりと深
みをみせているようです。それぞれの得意分野の聞き慣れない言葉がでてきて読むのに苦
労する中、しっとりふわっと優しい『雑多な日々』や奇天烈でどこか幼児性をもつ『夢∞
夜』がバランスをとってくれています。
 不得意な分野でも読み続ける内に言葉を覚え、作品の中にスムーズに入れるようになり
読むのが楽しみになること、著者により内容は様々でも全作品に通底音が流れているよう
に思えてくることが不思議です。

(目次順)
1.『夢∞夜/忘れ物 』古賀由子
父親が机の上に忘れていった皮製の立派な箱。中身は何と天皇御璽だった-。
「忘れ物」他7編。

2.『変化(序章)』竹内一郎
時間とは何か、変化とは何か、時の流れを認識することとは、生物時計とは…。
「生命」に続く難解で深いテーマだ。
科学からスタートして歴史、宗教へと、気が付くと哲学の世界へ。著者らしい展開が始ま
りそうだ。

3.『雑多な日々(1)』風野 茜
日常の小さな出来事、目にしたものがかすかな風を作り出す。誰も気づくことはないその
風で著者の薄くて真っ白な絹のスカーフが揺れ動き、絹の布に綺麗な模様を作っていく。
このシリーズはこれからも続くらしい。どんな模様を作っていくか楽しみ。


4.『作品十句』神野 佐嘉江
選び抜き研ぎ澄まされた言葉の詩(句)10編  季節は秋。

5.『シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第九回』古賀和彦
クラシック音楽は全くの意味をもたない音だけの世界、純粋芸術だとしながら、全く感動
しないわけのわからない作品がたくさんある。自分の心を動かさないものがある。
動かすもの、それは一体何だろう…。人の意識の世界の不思議を問い続ける。

6.『肥と筑 第三十八回』長岡曉生
日本の歴史の中で、神道と遅れて入って来た仏教の融合について深く切り込む。
日本とよく似た文化をもつケルトについて後半で詳しく触れている。
いにしえの日本と遠く離れたケルト、今に続く日本とケルト、時空を超えた場所で人類の
歴史をながめる面白さがある。

    *「雑多な日々」挿絵より
      

94103

 

姉妹都市の有効活用

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月26日(月)22時33分10秒
返信・引用
  ドイツ初の慰安婦像設置(韓国市原市の企画)について抗議をした松山市に続いて、今度
は水原市の姉妹都市である福井市が市原市訪問を取りやめたというニュースがあった。

この一連のニュースを聞いて思ったことがある。
韓国の慰安婦像を積極に設置しようとしている団体は、世界中の姉妹都市に当たりをつけ
ているのではないか。アジアの歴史事情、政治事情にあまり通じていないヨーロッパ諸国
との話も十分ありうる。韓国市原市の裏返しの姿は今回の松山、福井両市の行動なのだろ
う。姉妹都市を通じて、自国の主張をアピールしていく。なるほど一つの戦略だがフライ
ブルク市にとっては遠く離れたアジアの話、触らぬ神に祟りなしの気分なのだろう。

国対国の問題だけでなく、その国の市町村まで連鎖的行動を起こすようになるようだ。
フライブルク市(ドイツ)、市原市(韓国)、松山市(日本)、福井市(日本)、いわば
みな友好都市協定を通じて仲良し異母兄弟のはずだが、異母兄弟はときどき面倒なことに
なることもある。ああ面倒くさい。

94090

 

同人α48号発行のお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 9月26日(月)13時30分56秒
返信・引用 編集済
    昨日編集会議が行われました。今回も前回と同じ場所で二回目となります。前回は二名
ほど道に迷いましたが、今回もまた迷い道で到着が遅れた方がいました。到着時は汗びっ
しょり。ショートカットを試みた人も迷い道。閑静な高級住宅街ですが、迷路のような道
の配置で高度なセキュリティーを狙っているのかもしれません。
 昼からビール片手に極上の鯖寿司や漬け物、茶碗蒸しを頂きながらぺちゃくちゃ、48
号を手にしながら作品についてぺちゃくちゃ、編集会議を夾みながら、ぺちゃくちゃが続
きました。
 今回のテーマは「そよぐ」です。以前「揺らぎ」というテーマの号がありましたが、昨
日の集まりは揺らぎかはたまたそよぐか…そのどちらも包含したような実におもしろい風
景であります。

 今号から竹内氏の『変化』、茜氏の『雑多な日々』シリーズがはじまりました。
古賀氏の『セピア色の手帳』はちょっとはじけています。「古賀さん、なんだか開放され
たようだ」と言った人もいました。それぞれの作品、そよいでいるのか、揺らいでいるの
か、考えているところです。

        「そよぐ」 6作品  98頁
        

                  [集合写真] 
             夕方でした。不思議と茜色がかった一枚になりました。

                 
            Photo by I.Takeuchi 2016/09/25

*万華鏡同時掲載

94071

 

いろいろ問題あるけど…ひたすら笑える画像

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月26日(月)10時51分49秒
返信・引用
  未だ3ヶ月ほど残っていますが、この同一人物が過去の公の場での言動の組み合わせ作品
は、おそらく私の中で今年の最高傑作になりそうです。
約15分ですが、惜しくない15分です。
人権侵害、誹謗中傷、そんなことを超越した、絶妙な画像です。
→ https://www.youtube.com/watch?v=K8LiEyZZ6hY

※削除申請が出る可能性があります。時間が有るとき、もの悲しい時、是非立ち寄ってみ
てください。

94065

 

今日の反町君のツイート

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月24日(土)18時08分46秒
返信・引用 編集済
 
反町理?@o_sori2016.9.24 13:00

蓮舫代表の小池知事礼賛が止まらない。つい先日の都知事選における自らの小池批判を忘
れたかのような蓮舫代表の「あざとさ」と、シレッとそれを受け入れる小池知事の「した
たかさ」が錯綜する。



◆蓮舫 「あざとい」
1 やり方があくどい。ずうずうしく抜け目がない。
2 小利口である。思慮が浅い。あさはかだ。
◆小池 「したたか」
1 粘り強くて、他から の圧力になかなか屈しないさま。しぶといさま。
2 強く 、しっかりしているさま。
3 強く勇猛であるさま

◆流石反町君だ。明日放映されるTBS時事放談の中で、民進党も小池塾に参加したいと
言ったそうだ。このニュースも彼は目にしたのだろうか。
ホント、一言で「あざとい女」。

◆反町君の土日、見てみたいな~。一度でいいからおしゃべりしたいなあ~。

94040

 

英語の絵本

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月24日(土)09時22分6秒
返信・引用
  α同人風野 茜さんの家にお邪魔したとき、段ボールに入っていたかわいい表紙の本を目
にした。何十年も前、駐在先のアメリカで息子さんのために買った絵本だという。手にし
て中を見ると表紙と同じくかわいい絵と易しい英語。読みたくなって「これお借りしても
いいですか」と訊ねると「差し上げるわよ」とのあっさりとした答えが返ってきて、ずう
ずうしくも5冊全部家に持ち帰った。

アメリカの出版会社、GOLDEN PRESSの絵本だ。A5サイズの小さな可愛らしい本だ。
有名な絵本らしい。早速家に戻ってゆっくり読んだ。絵だけでも十分楽しめるが、英語を
忘れた私でも、実にすんなり入って来る。難しい単語はひとつもない。現代の複雑に発展
した社会の中で生きて行くにはこんな数少ない語彙だけでは通用しないのだろうが、今の
自分の生活ぶりを考えるとこれだけの語彙で十分では? という思までも湧いてくる。

記憶に残る絵本は、通った幼稚園の棚にずらりと並んだチャイルドブック。その中の『ち
び黒サンボ』だ。トラがぐるぐる回っているうちに、縞々が消えてバターになる、その絵
だけは半世紀以上たっても思い出せる。他にもたくさんあったはずなのに。
大きななひらがなで書かれた優しい日本語は、絵と共にすうっと頭の中に入っていたのだ
ろう。英語も日本語も、その他の言語であっても、多分絵本は絵といっしょに文字もすん
なりと子供の頭に入っていくのだろう。たとえその文字がよめなくともだ。
ちび黒もダッコチャンもカルビスおじさんも、全部自分たちの愛すべき仲間だった。
「人種差別」なんて言葉を後から大人から聞いて戸惑ったものだ。

電子図書の広がりで書籍の売り上げが落ちているというが、やはり手に取り1頁ずつ読み
進める読書の味わいはなんとも言えない。子供にとっての手にしながら読める絵本はもっ
と特別な意味があるように思える。
モニターに写る絵と音声を聴く母親と子供、この姿はちょっと…。やはり母親が絵本を広
げ時々指先で文字をなぞりながら強弱をつけ読み上げ、その横で子供が興味深そうに絵と
文字を眺める姿の方がしっくりくる。知らないあいだに子供は少しずつ文字を覚えそして
母親の愛情の記憶が頭に蓄えられる。
古びた小さな絵本を眺めていると茜さん親子の会話まで聞こえてきそうだ。

大人になっても、絵本を手にすると不思議と優しい気持ちになってくる。
さあ久しぶりにアートギャラリーの服部宏一郎氏『てづくり絵本』を眺めるとするか。


※頂いた絵本は本棚ではなく、テレビの横に並べている。

94030

 

ドイツ・フライブルク市、慰安婦像設置計画を中止

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月23日(金)16時58分4秒
返信・引用
  ヨーロッパで第一号となるはずだった慰安婦像設置が中止になった。
慰安婦設置はフライブルク市の姉妹都市の「韓国の水原(スウォン)市」の意向だ。
これに対し同じくフライブルク市姉妹都市の「日本の松山市」が抗議をしたという。
中止理由は松山市の抗議だけではないのだろうが、フライブルク市は慰安婦をめぐるいざ
こざに巻き込まれるのはまっぴらだ、国と国との問題には口を挟みたくない、そんな判断
もあったのではないだろうか。

日本国政府が抗議をしたかどうかは定かでないが、注目したのは果敢にもフライブルク市
に抗議をした愛媛松山市だ。この市は戦後急に勢力を伸ばした日教組に対して唯一反撃。
その横暴を断ち切った市らしい。
「坊ちゃん」と道後温泉くらいしか思い浮かばない市だが、おだやかなイメージとは異な
りおかしいと思ったことには勇敢に行動にでる気質があったのだとちょっと驚いている。
村上水軍の血が流れているのだろうか。

慰安婦像設置中止をめぐるネット書き込みから、松山市と日教組の対立について初めて知
った。探し出したのが下記のブログだ。

※「愛媛の教育改革はここから始まった
   ~昭和30年代初頭の勤務評定紛争を振り返って~ 」平成14年11月 近藤美佐子氏講演
http://nippon-ehime.jp/esse/08.html

94011

 

超カオスな大学??

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月23日(金)10時53分18秒
返信・引用
  「カオス!東京芸術大学は最後の秘境だ」
こんな題がついた記事が東洋経済オンラインに載っていた。

カオス、秘境という言葉に引かれて読んだ。
上野の森の芸大に行ったことがないが、キャンパスは上野駅を背に美術と音楽が左右に分
かれているという。厳粛なムードに包まれた音楽校舎と開放的で自由奔放な美術校舎。そ
れぞれの生徒の暮らしぶりも両極端なようだ。厳粛派は鳩山会館、自由奔放派は飲み屋。
そうだろうなあ。着ている服の違いまで想像できる。そう言えば、音大生は概してお上品
で裕福そうなイメージだし、美術大は穴の開いたジーパンにぼさぼさ頭のイメージだ。
 芸大もしかり。弾けているのは美術の方だ。記事を読む限り、弾け具合が並でない。他
の美大より上回っているかもしれない。入学試験の例が書かれてあったが、ええっーとい
うものばかり。音楽のほうはそれなりの演奏技術やセンスを重視するようだが、美術の方
はそうではないようだ。問題を考え、そして選び出す教授もある意味弾けている。もちろ
ん、高倍率のなかから選ばれた学生もそれなりに弾ける要素を持つ人間なのだろう。

 今年の春新学長になった澤和樹氏は音楽出だ。写真を見ても立派な服を着ていて何だか
偉そうだ。一方前学長宮田亮平はちょっとした話題を作った人だ。佐渡出身の金属工芸家
だ。芸大の少林寺拳法部出身。公用車はチャリンコだ。チャリンコでキャンパス内を移動
したというすごもの。その彼は今年から文化庁長官だ。

 芸術を志す、実に個性が異なる音楽と芸術、それぞれの教授と学生が同じ上野の森のキ
ャンパスで左右に分かれて共存している。弾けた美術学生の生活の様子がカオス、ではな
く、この大学全体がカオスだと著者は言っているのだろう。
 学長が、音楽と美術どちらの出身であろうと揺るぎないこの大学自体の個性が保たれ続
けてきたのだろう。共存がいい効果をもたらしたのかもしれない。かつての学生運動の勢
いほどではないが、今も一部の大学ではでは政治運動に熱中する学生もいるようだが、こ
と芸大では学生運動の話をあまり聞いた事がない。あるとしても他大学と比べてめだたな
い存在だ。今も昔も政治とは離れたどこか別世界で生きている学生の森なのだ。
ちょっと大袈裟に思えた東洋経済記事の題名の意味が少し分かったような気がする。

※記事 → http://toyokeizai.net/articles/-/136359?page=1  (016.9.17)

94004

 

フルヘッヘンド

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月21日(水)23時25分42秒
返信・引用
  いつもの公園の前に住むおばさんが、道に落ちた桜の葉を竹箒でせっせと掃除していまし
た。公園前の道全体ですから、すごい量です。一寸した落ち葉の小山が三つ。
落ち葉の山をみるといつも思い出すのが子供の頃テレビでオランダの医学書翻訳に悪戦苦
闘する長崎の若者達の場面です。集めた落ち葉がフルヘッヘンド、鼻は顔の中心にあって
フルヘッヘンドしている、そこからこの異国の言葉の意味「うず高くなる」に行き着いた
というお話です。半世紀もたってなんで掃き集められた落ち葉の山を見るとこの記憶が蘇
るのか不思議です。公園の落ち葉は子供達にはマット代わりになります。おばさんも手を
つけません。

門柱上の曼珠沙華が本数を増していました。今年は19日から25日までがお彼岸。
彼岸花とはよく言ったものです。もう一つの門柱脇にホウズキによく似た緑の紙風船のよ
うな実を沢山付けた植物がありました。ネットで調たらどうやら「センナリホウズキ」。


この手前にフルヘッヘンド落ち葉とおばさん


              

93983

 

寒い

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月21日(水)16時25分59秒
返信・引用
  この数日雨空続きで気温も下がっている。今日は薄いカーデガンを羽織っている。
寒い。

youtubeで本日の民進党両院議員総会を視た。出席者は過半数割れ。席はガラガラ。
お寒い。

93974

 

お笑いコンビ「晋舫ズ」

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月20日(火)15時54分25秒
返信・引用
   今ネットで西日本新聞の佐藤正明氏の風刺漫画が話題になっていると聞いて早速探して
見付け出した。悪辣な内容でもなく、からっと笑える漫画だ。
どちらが正しいとか、どちらが間違っているとか、そんなことは関係無く、なぜか2人の
政治家を応援したくなってくるから、これまた不思議だ。
 西欧の強烈な風刺漫画に慣れていない日本人としては、やはりこの程度の若干暖かみを
残す風刺漫画がしっくりくる。その国の文化に慣れていない人達/民族にとって、自分達
への強烈な侮蔑として受け止められかねない風刺漫画もあるのだろう。最悪国際紛争だ。
 佐藤氏のほんわかやんわり風刺漫画を単行本にしたらこの日本では結構売れるかも…。

*元が歪んでいるので少し見づらいが雰囲気は伝わると思う<

    
  『二の句を継ぎたい』                      『韓流ドラマ こじれた関係』

93962

 

「渡る世間は鬼ばかり」

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月20日(火)09時31分59秒
返信・引用
  敬老の日を狙った特番なのか。久しぶりの渡る世間だ。ピン子演じる次女を中心に話が進
む。時が過ぎ、それぞれの家族の様子もぐっと変わったようだが中身はいつもどおり。

脚本家があまり好きではない。
この5人の女兄弟がみんなきつくて好きではない。
男達がみんな弱すぎる
役と本人は関係ないのだが、この番組で5人姉妹を演じた女優たちが確実に嫌いになった。

母は他に面白い番組が無いときに時々このドラマを視ていた。私はそれに付き合ったわけ
だ。母にしてみれば、かわいげの無い嫁、だらしない息子の姿を不快に思っていたのだろ
うが、そう言う母だって嫁にしてみればラーメン店の意地悪姑の立ち位置にいたのだろう
し、私も結婚もせず実家に居座る小姑だ。そう、あまりにこの番組は日常にべったりの家
族風景をだらだらと描きすぎているのだ。

5人の娘達の日本料理店を営む両親も死んだ。祖母も死んだ。演じた役者も死んだ。
子供は成長し二代目だ。店を閉じようとする5女に反抗してその娘が継ぐと言いだした。
時の流れをこのドラマの中の家族、役者を見て痛感する。同時にドラマを視る側にも同じ
時が流れたのだと思い知らされる。
私にとってこのドラマはそれだけしか残してくれないようだ。

93954

 

合評のお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 9月19日(月)17時42分18秒
返信・引用
  目次第5 長岡曉生作『肥と筑 第三十七回』です。

(簡単紹介)
肥と筑の由来を探る勉強会の主催者、英夫氏はお休み。彼に変わり今回は義理の弟である
寺の住職、山南惠裕が特別参加だ。日本の仏教の歴史を説きながら、止観、曼荼羅につい
て掘り下げていく。

※末尾に4705をお願いします。

93943

 

映画「海洋天堂」

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 9月18日(日)15時26分57秒
返信・引用
       
   中国・香港 2010製作  監督シュエ・シャオルー 主演ジェット・リー (9.16NHKBSで放映)


台湾の現代映画かと思ったら、中国だった。
自閉症の息子を男一人育てる余命数ヶ月と知った父親が最後全力を尽くして、自分がいな
くなった後のことを考え暮らしの中でこれでもかこれでもかと、最低限の日常生活の基本
を教え込む。父親の勤め先水族館の様子も、自閉症の子を持つ親の悩みや受け入れ先問題
の様子も日本の今と少しも変わらない。つい政治情勢ばかり目を向けがちな私だが、中国
の普通の人達の暮らしは日本のそれと変わらない。何一つ変わらない普通の人間どうしだ
ということを思った。

親爺役のジェット・リーはいつものかっこいい役を離れて味のある渋い演技をやっていた。
ただひたすら、自分亡き後の21才息子の人生を思う。思うだけでなく道筋を少しでもつ
けようと朴訥に全力投球するのだ。そんな役をジェット・リーは実に上手く演じていた。
『大地の子』の中国人養父朱旭の現代版役者といったところだろうか。
『単騎、千里を走る』の、息子との関係修復を思う父、訪ねた中国で出会った少年に向け
る父の眼差しが秀逸だった父親役高倉健にも通じる。

自閉症の息子役もなかなかの演技だった。深刻な父親と無邪気な息子のやりとりは切なさ
と同時に暖かさを感じさせてくれた。
水族館の魚たち、魚といっしょに泳ぐ息子の姿の映像が人の心の素朴な美しさと重なる。
薄っぺらなお涙頂戴もの作品で終わらない余韻(暖かさ、希望)をもたらしてくれる作品
だった。ロケ地青島もこの作品にぴったりの場所だ。

93909

 

日曜午前のかけ足報道番組視聴

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 9月18日(日)12時34分32秒
返信・引用 編集済
  TBS「時事放談」
豊洲問題、野田聖子出演とあって全く興味なく、爆睡。

フジ「新報道2001」
豊洲問題、地下にたまった水の強アルカリをとりあげて騒ぐ。
枝葉末節に陥っている感じがした。経済ジャーナリスト荻原博子氏は会計の仕組みもわか
らず、いつもきんきんとお金のことばかり騒ぎ立て、みなが何気に彼女の知識不足を後か
らフォローしている。

NHK「日曜討論」
テーマは「相次ぐ集中豪雨 いま必要なことは」。
視聴率を意識しないで済むNHKならではの企画だ。普段はあまりお目にかかれない識者た
ちの話は参考になった。

TBS「サンモニ」
辺野古埋めてた取り消しをめぐる最高裁判決は、「不当判決」と決めつける空気から始ま
った。怒りなのか、決まり悪さからなのか、出演者みな暗い。
スポーツの話になると皆打って変わって明るくなる。政治の話題よりこちらのほうが、み
なの素直な姿が見える。

フジ 「ワイドナショー」
政治報道番組ではなく一種のお笑い番組ではあるが、なかなか鋭い意見を聞くことができ
る。歌舞伎役者や五体不満足氏の不倫事件に触れるのは、当然と言えば当然。だが、ここ
だけが蓮舫氏の二重国籍問題について触れていた。司会を務める松本人志その他ゲストも
自分達が、法律や政治の専門家ではないことを自覚しているのか、突っ込んだ発言は控え
ているようだが、局や自分の立場を意識しない普通の国民の1人としての見地から蓮舫問
題について素直な感想が聞けたような気がする。他局では殆ど見られない風景だ。
自分はいっぱしのリベラル知識人だと思っている人たちは、この番組を「お笑い芸人が仕
切るくだらない番組」と言いそうだが、そう言いきれない何かを持っている番組だと思う。

93906

 

/97