Reload

●α通信21号 :2017年6月発行予定
●α51号(夏号)テーマ:[山と海] 担当:長岡 曉生
●50号(春号):「変化」合評3:水の話 七つ (響灘王子著)  2017年4月26日~
(1.変化 第三回) 2.シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第十一回)
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


アップのお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 8月18日(木)16時40分57秒
返信・引用
  リンク「ポートレートとコメント集」に神野佐嘉江氏のポートレートをアップしました。

93338

 

合評のお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 8月18日(木)10時19分13秒
返信・引用 編集済
  本日から、目次第2 神野 佐嘉江 作『作品十句』です。

(簡単紹介)
長く続いた「人生詩」が終わり、何が登場するか…。
選び抜き研ぎ澄まされた言葉の詩(句)10編

※末尾に4702をお願いします。

挿絵より

花火

93323

 

セピア色の手帖 第八回 について

 投稿者:長岡曉生  投稿日:2016年 8月18日(木)03時12分49秒
返信・引用
  ・故郷の情景と現在の心
 昔の記録の色(セピア色)や絵、音楽、小説などから、眼や耳や心等が受けた刺激がいま
の心の記憶を作っているとした上で、亡き父との記憶を振り返る作者。こういう場面設定で
文章だけで回りの情景を鮮やかに描写してみせる文章はさすがである。
・マンションの実施設計の仕事
 同じマンションの同じフロアの直ぐ近くを仕事場としている同業者、とは言っても職種の
違いから働き方がまるで異なる同業者からのチェックを受けて漸く完成するという設計作業
の厳しさが良く解る説明である。
・震災等によって被害を受けたマンションの補修あるいは建替え
 いわゆるマンション法に従い、住民参加の組合で四分の三あるいは五分の四以上の住民の
同意を取れるように調整しながら決を採る困難さが問題である。
 状況はマンションとは異なるが、団地の共有財産である集会場を補修するか建て替えるか
あるいは売却するかという問題を処理するため、上記のマンション法を適用することにより
自分の団地の組織を、財産処理が可能な地縁の団体に組み替え、法務局に登記した上で集会
場を補修することに決めるという一連の作業を、定年を迎えて非常勤となった歳に私も実行
したことがあり、けっこう面倒な作業となったことを憶えている。
 ましてや、本物のマンションの場合は金額も桁違いに大きく、処理にたいそう手間取った
ことでしょう。 お察しします。
・イェイツの「アイルランドの妖精たち」
 実は、アイルランド・スコットランドなどに残るケルト文化には以前から興味があって、
関連の図書を集めてきた。しかし、興味の対象をケルト神話に限っていたため、うかつにもイェイツがアイルランド出身であり、日本に対しても大きな興味を持っていたと言うことを知らずに過ごしてきた。(作者は、以前からイェイツに興味をお持ちのようですね)
 これを機会に次回作品には日本とアイルランドの文化の類似点を取り上げることで双方の
文化的特徴を鮮明にしてみたいと思っています。
 

台風一過

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月17日(水)17時32分44秒
返信・引用
   朝8時頃には台風7号が過ぎ去って青空。玄関の外に出てみたら中庭の高い木が通路に
向けて倒れていました。昼から出勤する管理人の小父さんに任せるとしましょう。
 雲一つ無い青空にいつもの鉄柱がどかん、電線もくっきり見えました。空気が澄んでい
るのでしょうか。夏の青空には白い花が似合います。真っ白な洗濯物と一緒かな?

      

          

93302

 

「表紙絵画集」

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 8月17日(水)10時32分52秒
返信・引用 編集済
  長岡曉生様

貴殿の提案を前向きに善処いたします。

93291

 

α47号[心もよう]の前書きと表紙について

 投稿者:長岡曉生  投稿日:2016年 8月17日(水)07時03分49秒
返信・引用
   読者はとうにご存じだろうが、作者は興味の対象が非常に広いひとである。
それゆえ、文章においても絵画においても、号数が改まる度に多彩な姿を見せてくれる。
 今回の前書きでも、基数詞の話から始まって途中でクスッと笑わせるたと思うと、昔から
伝わる美しい日本語を取り上げ、中でも特に好ましいことばとして[心もよう]を挙げて、
井上陽水作の同名の詩が持つ季節感(それはまた人生の季節感とも対応している)に移り、
いつの間にか脳内の神経細胞「ミラーニューロン」の話へと読者の興味を巧みに導いている。
 この才能は、同人某氏と共に日本国語大辞典をこよなく愛し、精密・緻密を要する設計の
仕事の傍らで、文章と絵画の作製を楽しむという幅広く豊かな感性の賜物であろう。
 ところで、今回の表紙絵は作者自身の手による建築設計図とデザイン画という線画の他に
英文記事を加えてコラージュしたものでしょうか。
コラージュを実行した方の説明を加えて貰えれば、解り易くて助かります。

★表紙画集のアーカイブ
 ここで、ひとつ提案(というより御願い)です。
アート・ギャラリー「無限回廊」の中に、表紙画集のアーカイブを作って貰えませんか。
もちろん、現在の同人α作品集においても各号の表紙絵を眺めることはできますが、表紙絵
そのものを、拡大して見ることは出来ません。
 そこで、表紙絵一覧を作画者名付きのサムネイル画像として作っておき、その中で見たい
表紙絵をクリックすれば、拡大画像が見れるようにして貰いたいのです。
 同人中には中々の画才をお持ちの方が居られるので、これが出来ればまた新たな楽しみが
増えると思うのですが。

93283

 

シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第八回の評

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月16日(火)17時15分6秒
返信・引用
   テーマ「心もよう」前書きが意識につての前振り、この第八回はそこからさらに一歩進
めたものなのだろう。
 大江戸の庶民の匂いが色濃く残る街歩き、そして過去に経験した色、音楽、絵、小説世
界、空気、その時感じた自分の何かがさらに絡み合って今また自分が新たに見聞きしたも
のをどう感じ取るか、どう意識するかについて書かれた前半部分はまさしく前書きに続く
文章だ。短い節だが、著者が初めに上げた、色、音楽、絵、小説について丁寧に意識と結
びつけて触れている。厖大な記憶の泉に加えその時の「心もよう」によってまた意識の流
れ具合が違ってくるという指摘は興味深い。

 この作品のもう一つの柱が建築に関するするものだ。今回は区分所有の問題点について
触れている。災害や老朽化に因る集合住宅の修復については評者も他人ごとではない。
共有部分の修復も少額であれば問題は生じないが大がかりな物になってくるとそうはいか
ない。立て替えとなるとさらにややこしくなる。住民(正確には区分所有者)の3/4、4/5
の賛成という高いハードルがあるからだ。憲法改正に負けず劣らずだとも言える。
 例を挙げての説明は実に納得がいく。法規制からみた自治会と管理組合の違いについて
もだ。管理組合は自治会の色合いもあるが財産に的をしぼった組織のようにも思えた。
数年振りに管理組合の役が回ってきた評者としては参考になった。

 今回の末尾の詩はイェイツの「アイルランドの妖精たち」だ。生々しい現実世界の話と
はかけ離れている。
 ところがだ、読み終えてよくよく考えて見ると、建築物をめぐる問題も、それに関わる
人達それぞれの心もよう、意識の流れが深い所で作用しているのではないかとも思えてく
る。この詩が歌う世界もまた、人間のもう一つのうつつの世界とも言える。

 編集後記で著者は、問題になったオリンピックマークと、今は使われていない某政党の
ロゴについて触れている。前者については、メッセージが伝わってこない、後者について
は何と不安感を覚えるとまで言っている。その理由について一つ一つ触れているとは言え、
著者が文末で述べているように「無意識の厖大な世界」のなせる技なのかもしれない。
「反発ミラー・ニューロン」が一斉に反応したのだろう。

 最後に感想を付け加えれば、著者の「ミラー・ニューロン」の感度は良いも悪いも人よ
り数倍感度が高いようだ。
4701

93277

 

靖国ドキュメント13時間

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 8月15日(月)20時42分18秒
返信・引用 編集済
  場所を決めてそこを訪れる人達の様子を撮すNHK「ドキュメント72時間 」を時々視るが
本日は父が毎年行っていた靖国神社をじっくりニコ生で13時間見た。NHKドキュメントは
短縮して僅か1時間だが、こちらは生で13時間はりつきだ。終わりに近づく頃には、まる
で自分が今日一日そこにいた気分になれた。テレビでは絶対味わえない臨場感。色つき解
説無しの自分の目にそのまま入って来る景色だ。

靖国に臨時に設けられたテントで行われた催し物のゲストの人達の話も、おそらくこれま
で毎年似たような流れだったのだろうが、コメンテーター無しの自家の声を聞けた。年寄
りばかりかと思っていたが、若いゲストのスピーチが聴けたのには驚いた。老若、テレビ
報道では聴けない率直な気持ちを聞くことが出来た。終戦日の靖国の風景も見られた。
日の丸だけを掲げた集団がお茶の水から靖国まで、「海ゆかば」のBGMだけで黙々と歩
く姿は、ちょっと恐い気もしたが、同じ文句が書かれたプラカードや幟を掲げ大声を発す
るのとは別の伝え方もあるのだと好印象。何と言ってもみんな「普通の人」ばかりだ。

一時間延長し夜7時までの靖国。1分前まで慰霊の参拝者たちが門に駆け込んでいた。
会社帰りのサラリーマン、学校帰りの学生さん、子供連れのお母さん、カップルさん、車
椅子の人とそれを押す人、今日訪れた人はそんな人達ばかりだった。

父に会えたか分からないが、少なくとも父が横にいる気分にはなれた13時間だった。

閉門15分前


      閉門直後
      
     ニコニコ生動画より

93261

 

愛国つる姫

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 8月15日(月)08時01分28秒
返信・引用 編集済
  朝6時から日の丸かかえて靖国神社です。
半端ではない蝉の大合唱の中、朝早くから沢山の人達が鳥居の下をくぐっています。
ちょっとこわめのお兄さん達のグループも列を作って鳥居の中に入っていきました。
小さな子供2人の手を引いて家族揃ってきている人もいました。
鳥居に入る前、出る前、立ち止まって深く頭を下げる人もいます。

一番町に会社があったとき、昼休みにここのベンチに座ってお弁当を時々食べました。
特別な感慨などほとんど無く、静けさの中、気持ちのよい緑を求めて来ていました。

今日はニコ生で、靖国と武道館にどっぷり浸かる予定です。
父は歳を取ってから毎年ここを訪ねていました。何だか父に会えそうな気がします。
私も歳を取り、父の気持ちが少しだけ分かるようになりました。

2016年8月15日 朝7時頃

93236

 

久しぶりの平和公園の園児だち

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月14日(日)13時21分8秒
返信・引用 編集済
   遠くに黄色と橙と緑の帽子を被った小さな子供が行列を作って道路を渡るのが見えた。
平和公園課外授業なのだろう。
公園の横まで来ると、中で女の先生が周りを囲む園児に何事か話している。多分毎回繰り
返される公園内でやってはいけないことを皆に注意しているのだろう。その後さっそくみ
んなで近くのベンチに水筒や小さなバックを置きにいった。集団行動のお勉強…。
 先生三人に見守られて遊具で遊ぶ集団と離れて、公園の隅で2人遊ぶ子供、桜の根元に
蝉の抜け殻、あるいは死体を見つけたのか黙って観察する数人の子もいた。
この頃から既に、悪い意味ではなく、集団に迎合しない「はぐれもの」の芽が育っている
のを確認したようでちょっと頼もしい気分になった。


先生のレクチャーが終わり早速荷物を置きに               ベンチで2人。右の方には遊具で遊ぶ子供達がいる
    


               桜の木の下で
              
                       2016.8.12

93222

 

銀じゃだめですか

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月14日(日)08時50分37秒
返信・引用
   今回のリオ大会で北朝鮮一号の金メダルは重量挙げ女子75キロ級リム・ジョンシムさ
んだった。予想では同男子56キロ級のオム・ユンチョルさんだったが、残念ながら銀に
終わった。
 リムさんはインタビューに答えて「(金メダルを)獲得して最初に頭に浮かんだのは
われわれの愛すべき指導者(金正恩朝鮮労働党委員長)をハッピーにすることができた
ということだ」と強調した。銀のオムさんは「指導者に謝罪したい」と言った。
 私から見れば、こんな重いものを持ち上げる体を作り上げた2人は、例えメダルを手
にできなかったとしても勇者の姿だと思う。

 リムさんもオムさんも、キムさんのことで頭がいっぱいのようだ。

  
母国を全身で持ち上げているようなリムさん             控えめな笑顔の中に、悲しみと恐怖が潜んでいるようにも見えるオムさん       

93213

 

東住吉女児火災死亡再審無罪

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月13日(土)17時14分48秒
返信・引用 編集済
   放火殺人、保険金殺人で問われているのだから、引火の理由が故意であることが証明で
きない以上、無罪となるのは分かる。これが刑事裁判というものだ。確かに自白強要もあ
ったのだろう。担当官の先入観もあっただろう。
 それにしても釈然としない。
小さな娘に多額の保険金。内縁関係の男が女の連れ子を強姦。これはれっきとした事実だ。
無罪判決がでたら、今度は母親が、引火の理由が車からのガソリン漏れとしてメーカーで
に損害賠償を起こすという。リコール運動も検討しているらしい。

 死亡した11歳の女の子の母親は、娘を強姦した内縁の夫のことをどう思っているのだ
ろう。そして被疑者2人それぞれの女性弁護士2人もそのことをどう思っているのだろう。
約20年の刑務所暮らしでそれもチャラになるのだろうか。
 弁護団の中心人物、(朴被告人側)と斉藤ともよ(母、青木被告人側)はともに女性人
権派の弁護士だ。「この際恨みを全部晴らしなさい…」本田への訴えも彼女らが唆したよ
うに思えてならない。

 母の愛人に強姦された11歳のまだ小さな少女の人権はどこにいったのだろう。
このところ女性弁護士不審がますます大きくなる。

朴氏代理人  乗井弁護士                         青木氏代理人  斉藤弁護士(右)
  

93205

 

本田宗一郎の名言

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月13日(土)13時58分46秒
返信・引用
  ・クルマはレースをやらなければ良くならない
・レースをやれば自分の力量や技術水準がわかる、経営の基盤をどこに置いたら良いかを決定できる
・韓国に国ぐるみで特許を盗まれて怒る「韓国とは絶対に関わるな!」


◆半世紀前に、本田氏はこんな名言を残していた。
私も人生の中でレースをしてきた1人。
  小学校の時いつも運動会の徒競走でビリ、自分の運動神経のなさに気づかされた。
  高校・大学受験に失敗して、自分の勉強不足に気付かされた。
  大学時代、好きな男を知り合いに奪われ、自分の女としての魅力の無さに気付かされた。
  社会人となって、同業他社に客を奪われ、自分の営業能力の無さに気付かされた。
それで今の自分がある。

◆71年間、日本は懺悔懺悔の毎日だった。それに便乗した国もある。
レースにならないレースをしかける相手は、本田氏が言うように、そして石平氏が言うよう
に、「かかわるな」。これがレースに真面目に取り組んできた本田氏の日本に対する箴言な
のだ。

93203

 

高須さんの粋なはからい

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月13日(土)11時31分16秒
返信・引用 編集済
  2016-08-12 22:37:41
中谷前防衛大臣と会食
最高の防衛大臣として人気の高かった中谷元前防衛大臣
奥様と共々西原理恵子の読者だって
今宵は軍事評論家の井上さんを交えて会食  (高須院長ブログより)


◆左から 井上和彦(軍事評論家)中谷元防衛大臣、西原理恵子(漫画家)、高須院長。
2年にも渡って国会で、野党議員から安保法案についてピンからキリまでの質問と野次を
受け、時には無脳扱い。
「最高の防衛大臣として人気の高かった」という評価は別にして、
大臣交代の記者会見で思わず泣いてしまった中谷氏への何気ない慰労会なのだろう。
こういう面子って、なかなかの慰労になるのだ。

93200

 

公衆電話

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月12日(金)19時29分13秒
返信・引用 編集済
              
すっかり見かけなくなったのが公衆電話だ。以前はだばこ屋の脇に、駅構内にずらり、
コンビニの脇にも…。もちろん携帯電話の普及の結果だろう。同じように赤い郵便ポスト
もぐっと減った。こちらも電子メールやライン、宅配便の登場によるものだろう。

近くの平和公園の片隅にその電話ボックスがそっと立っているのに気が付いた。
何度もこの公園の脇を通っているというのにだ。
気が付くきっかけとなったのが、公園内でたった一人、自転車に跨がったままじっとして
動かない少年だ。自転車ヘルメットを被った少年は何かをじっと見つめていた。その先を
見ると小さな女の子の手を引いて携帯で話をしている若い女性がいた。その横にあったの
がこの電話ボックスだ。

電話ボックスが懐かしくて携帯でパチリ。帰り際少年が半泣きで叫び始めた。
「早くもどっできてよ~、早く~! 早く~!」
思わず近寄って声をかけた。
「あそこにいる人君のお母さん?」
「ウン」
「待ってないでお母さんのとこ行けばいいじゃない。君男の子でしょ」
「だってここで待ってろって言われたんだもん」
気になって振りかえるとまだ自転車に跨がったままだった。
私にもこんなことあったなあ~。胸キュン。


        2016.8.11

93192

 

顔は心

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月12日(金)16時52分28秒
返信・引用
   星さんがロンドンに続きパットしない日本水泳界で銅メダルをとった。難病を克服しての
快挙だという。笑顔が綺麗だった。彼女は早稲田スポーツ科学部出身。
 そこで私の頭に浮かんだのが、同法学部出身の人権派弁護士で有名な伊藤和子氏だ。
二人の笑顔を並べてみると、二人の笑顔は「違う!」と思うのは私だけだろうか。
 大学に進んでから、「早稲田の女は不細工、思想的にも××。それに比べ慶應女子は…」
という話をよく耳にした。当時の私としては実に肩身が狭かった。

 社会に出て色んな人との出会いがあったが、前述のデマはデマだということを実感した。
人が他人の顔をみて感じる美醜はその顔の持ち主の生き方しだいなのだ。
「生き方が顔を作る」、歳を重ねてそう思うようになった。二人ともまだ若いから、顔は
これからどんどん変わっていくのだろう。

星奈津美さん



伊藤和子さん
 

昨日のプライムニュース

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月12日(金)16時18分43秒
返信・引用
  『特別企画“戦争の教訓”④』
テーマ:陸海空元幕僚長が語る戦争の教訓と戦後平和 自衛隊62年の苦悩と今
ゲスト:
火箱芳文(元陸上幕僚長)
杉本正彦(元海上幕僚長)
外薗健一朗(元航空幕僚長)

◆1974年防衛大卒の同期三人だ。普段テレビやネットでなかなかお目にかかれない人物
だ。たまたま起きたこの日の尖閣沖の中国漁船の事故についても、5年前の福島原発事故
の対応についても、幕僚長を勤め上げた人からの生の声/実態を聞けた。

◆三人共通して言えることは、実に抑制的であることだ。シビリアンコントロールがこの
62年で自衛隊にきっちり行き渡っているのだろう。他方当の本人たちは、誰よりも日本
人・日本の国土を守るという強い信念を持ち続けてきたことだ。戦後の日本の平和は、こう
いった人達に支えられてきたからだと感謝したくなった。

◆安倍総理、稲田防衛大臣、共産党志位、元民主菅、いわゆるリベラルと言われる学者、
新聞記者、テレビ解説者はもちろん、普通の日本人にも視聴してもらいたかった。憲法改
正についても「歪んだ自衛隊の存在」をこのままでいいのかという視点で考えなければと
思う。

◆71年目の終戦記念日を迎える前の四回シリーズは、毎回考えさせられるものばかりだ
った。

◆自衛隊と私は、同じ年齢であることに初めて気が付いた。

93186

 

α47号『心もよう』前書きを読んで

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月11日(木)19時30分45秒
返信・引用
  著者は日本語に拘る、古くからある今では消えつつある言葉に拘る、これまでの作品を読
んで改めて浮かび上がる感想だ。その奧には人間の「心」「意識」が大きく関わっている
ことにも気付かされる。心や意識の不可思議さ、襞(ひだ)、微妙な変化や色合い、それ
を言葉が表してくれる、古人が創り上げてきたひとつひとつの言葉に、著者は面白みと敬
意を感じているのではないかとも思うようになった。

前書き出だしは日本における数詞の多さについてだ。数を表す言葉として数字の後に一律
「個」をつければそれはそれで通用する。だが日本人は数えられる対象により「個」とは
別の独特の数詞/漢字を創り上げてきた。表意文字としての漢字と、それにつけられる音
が、対象物を想像させ、聞く人、読む人に単に数字だけで終わらせない何かをイメージさ
せてくれる。

著者は「感情移入」にも触れている。「ミラーニューロン」なるものを持ち出している。
押しつけられるものでもなんでもなく、自分の中の「ミラーニューロン」が自発的に動き
出すのがそもそもの「感情移入」現象なのだろう。基本、他人から押しつけられるもので
はなさそうだ。

『虫コナーズ』CMの殺虫効果の曖昧表現に免じてのテーマ「心もよう」とあるが、虫コ
ナーズと似たり寄ったりの「心もよう」が人間の心/意識なのかもしれない。

そんな人間の不可思議な「心もよう」をさらっと詩にして歌にしてくれたのが井上陽水が
作詞作曲の『心もよう』なのだろう。著者の「ミラーニューロン」が陽水の詩と声に反応
したのだろう。

93167

 

同人α48号テーマ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 8月10日(水)14時52分36秒
返信・引用 編集済
  『そよぐ』です。

テーマ前書きをリンク「テーマ前書き集」にアップしました。
→ http://9326.teacup.com/create01/bbs

93145

 

今日のプライムニュース 20:00~

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月10日(水)09時24分26秒
返信・引用
  テーマ:『特別企画“戦争の教訓”③ 中・韓の戦争観と日本「反日教育」の現状は ▽中国公船の領海侵入』
ゲスト:
凌星光(日中科学技術文化センター理事長)
金慶珠(東海大学教養学部国際学科教授)
三浦瑠麗(国際政治学者)

◆感情的発言が多い金氏と、冷徹といえるほど歴史も国際政治も俯瞰した上での客観的
な論を展開する三浦氏の対比が見られそうだ。

◆合理的な考え、どちらかというとアメリカナイズ(良いも悪いも)されたクールなひた
すら知能ロボット的な女性かと思ってきたが、先の天皇陛下のお言葉について山ほど書き
込みが続いた彼女のブログやツイッターを読んで、彼女の「心」の部分を感じた。
アメリカ製ロボット一色ではなかったんだ…。三浦氏の話をじっくり聴きたい。

◆一つ彼女の欠点。周りがあまりに稚拙、冷静な討論や発言ができない、マナーを知らな
い(彼女の基準で)、こんな状況下になると、片肘突いて黙り込む癖がある。
ここはどうにか大人になって欲しいところ。今宵、片肘をつくようなことがないように。

◆韓国女性と日本女性2人。ともに舞台衣装には大分気合いを入れているように思える。
それぞれどんな衣装で登場するんだろう。衣装にもその人の人間性がでてくるものだ。

*三浦瑠麗

93135

 

日本の未来を担う若者達

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月 9日(火)20時39分29秒
返信・引用 編集済
  今朝の日本男子体操は見事だった。予選でミスが続いたので、もう視るまいと思っていた
ら、隣の部屋から歓声が。何事かとテレビの前にたつと「日本金なるか!!」のアナウン
サーの声。体操選手は次々と見事な演技を見せてくれるではないか。内村選手の床が終わ
って決まり!! 大きく口を開いて全員で君が代、そして満面の笑み。昨日の天皇陛下の
ことを思い浮かべ、よくやった!!と叫びたくなった。

8月15日解散するというシールズ。この数年、国会前をにぎ合わせてくれた。選挙賑わ
せてくれた。選挙の風景を大いに変えたのがこのグループだ。
大学教授を中心に、市民団体、弁護士クループ等々大いにその活力を讃えられたものだ。

10代20代、みんなこれからが長い。様々な分野に進み、それぞれが失敗も成功も挫折
も達成感もたくさん積み重ねながら日本で生きて行く。日本を創っていくのだろう。



         

93125

 

憲法がぶるぶると震動し始めた

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 8月 8日(月)20時25分39秒
返信・引用
  尖閣沖に毎日押し寄せる中国漁船
止まらない北朝鮮によるミサイル発射実験
天皇陛下の生前退位の可否

自衛隊も、天皇陛下も、そして憲法も泣いている。

93100

 

天皇陛下のお気持ち

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 8月 8日(月)18時19分21秒
返信・引用 編集済
  3時からきちんと姿勢を正してテレビの前に座った。お気持ちが心に響いた。
昭和天皇の戦争責任を問う声もある中で、天皇陛下が戦後71年をどんなお気持ちで過ご
されたのかを考えると頭が下がる。一国民として感謝の気持ちと同時に、例え短い間でも
最後の時間くらいは、こころ穏やかに普通の人間としての時間を過ごしていただけたらと
思わずにはいられなかった。日本に生まれてよかったとしみじみ思った。


NHKの特別番組が終わり、気になって日本大好き石平氏のツイッターを開いてみた。
『天皇陛下のお気持ち表明を拝聴して強く感じたのは、陛下が天皇のあり方や御自らの身
の処され方をお考えになる時、常に国民のことを念頭に、「国民のために何をなすべきか」
の一点に徹されていることです。それほど国民のことを思い国民に尽くされるような君主
はこの日本以外に、世界のどこにいるのか。』(全文)

          同感!!

           

93090

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 8月 8日(月)12時16分59秒
返信・引用
  本日から47号作品の合評が目次順に始まります。
第一作はテーマ提供者でもある古賀和彦作
『シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第八回』


(簡単紹介)
陽水の歌が流れる前書き、そしてこの作品、最後に編集後記、続けて読むことをお勧めし
たい。三点で一つの作品になっているようにも見える。
好きな唄は井上陽水の「心もよう」。東京江戸歩きは馬喰町。音楽、絵画、小説が時空を
超えて心を揺るがす。著者ならではの話は悩ましい「建物区分所有」について。

※末尾に4701をお願いします。

挿絵より

共同住宅の崩壊

93086

 

10mエアピストル競技/リオ オリンピック

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月 8日(月)08時11分2秒
返信・引用
   ちょっと異様な風景だった。射撃競技と言えば、「屋外でライフル」そんなイメージだ
ったが、閉鎖的な室内しかも室内装飾はコンピュータグラフィック要素盛りだくさんでS
Fの世界のようだ。変わった眼鏡をかけている選手もいる。これもSF的。
ところが、選手の衣装はばらばら。共通点といえば、普段着で神田の電気街を歩くお兄さ
んや小父さん風なのだ。
 そのお兄さんたちが、真剣な目付きで黙って的に集中し、ピストルを構えている。
ぞくぞくするほど恰好いいのだ。そのギャップがなんとも言えない。

 ぞくぞくする選手たちの中で突出していたのは、地味な色の普段着姿の小父さんだった。
頭は真っ黒で七三分けだ。超生真面目そうな一昔前の日本の眼鏡をかけたサラリーマンの
姿を思い出す。気負い立ったところもこわそうなところもなく、だれよりもどっかりとし
ていて落ち着いていた。狙いを定めじっと的を見つめる小父さんは誰よりも格好良かった。
 ベトナムからきたホアンさんだった。ベトナムのオリンピック史上初めての金メダルを
ホアンさんが手にした。嬉しくなった。ベトナムを体現しているかのようなホアンさんだ
った。「ホーおじさん」も天国から満面の笑みで喜んでいるに違いない。

93078

 

「もの忘れ」との付き合い方

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月 7日(日)17時03分45秒
返信・引用
  人間確かに年をとると急に忘れっぽくなります。覚えられなくなります。
水たまりを軽くジャンプして飛び越えることも、階段の飛ばし降り(のぼり)ができなく
なったように、脳神経の動きも鈍くなるようです。

回復不可能なほど脳や筋肉が劣化した段階までになれば別ですが、それまでは微妙な境界
域が横たわっているように思います。人間の意思力と言ったらいいでしょうか、意思の力
で劣化を遅らせる領域です。また「覚えられない」「ジャンプできっこない」の思い込み
といったマイナス意思が働く領域でもあります。子供にも同じような領域があるように思
えます。好きなものは簡単に覚えられるし忘れない、反対に嫌いなものは忘れる。そう、
嫌いな歴史、方程式はなかなか覚えられないし宿題も忘れる等々。

記憶力や身体能力の衰えを感じてくる年代になったら、この「意思」との付き合い方が重
要になってくるのではないでしょうか。[ひょいと脇][ちょいと忘れ][もの隠し認知症]
を認識している段階ではまだまだ未来は明るいと言えます。だからこそ「今、このAをB
に置くんだ」と強く意識しようとの意思が働くのです。他人に「物隠し認知症」への注意
喚起を促そうとする意思が働くのです。知恵と工夫がわいてきます。

数行でも毎日日記をつける、気になることはすぐにメモに残す、薬チェック表を壁にはり
つける、声に出して確認したり記憶する、眼鏡やスマホを紐で体と繋いでおく、持ち物全
てに氏名住所を書く…等々「ちょいと忘れ」の対抗手段は様々です。それはそれで生きる
楽しさが味わえるものです。
若い人は簡単に「惚けた」「かっこわり~」と笑うけれど、言われた人にしてみれば、
『千と千尋の神隠し』の世界で冒険し、不安の中でも楽しさや発見の喜びを味わっている
のです。これ、私の父の話です。私も少しずつ父を見習おうと思っています。

93066

 

今朝の時事放談

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月 7日(日)14時32分45秒
返信・引用
  久々の登場、浜矩子さん。
政権与党完全否定。
新内閣完全否定
アベノミクス完全否定
安倍晋三完全否定
そして
民進には少しの否定と多くの期待

浜さんは今の政権与党に怒りいっぱい、不満と不安がいっぱいだった。
野党には「もっと強くなれ、揚げ足をとる技術、言い負かせる技術を磨け!」だ。
最後まで口元はへの字のままだった。

もう一人のゲスト片山氏も司会者の御厨氏も、彼女の発言にちょっと引いている
ように見えた。

紫姫 2016.8.7

 

夢∞夜/軍鶏「レンレン」

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2016年 8月 7日(日)09時21分1秒
返信・引用
  今日こんな夢を見た。

闘鶏場に2分早く、先日東京大会で1秒勝負で優勝したばかりのレンレンが登場した。
たくさんのフラッシュの中、優雅にリンク登る。いつものように真っ白な衣装だ。立てた
襟がいつもより一層力強く見える。
大きく目を開き、首を小刻みに上下させながら、360度ゆっくりと周り観客にその姿を
誇示する。 プップー、試合開始のラッパが鳴る。

レンレンは!!けたたましい鳴き声をあげながらスレンダーな足で相手
を蹴飛ばし、鋭いくちばしで容赦なく突きまくった。開始5分で相手はノックダウンだ。
相手は経験豊富な永田コーチンだったが、観客の野次の大きさにひるんだ時を狙ってのレ
ンレンの一突きが決め手となった。大歓声に応えてレンレンは白い衣装を高く広げ、来た
時と同じように360度回った。


白い戦闘服を着た最強の軍鶏レンレン       ケージの中のレンレン
     


93058

 

むしろ、おくてです。

 投稿者:長岡曉生  投稿日:2016年 8月 6日(土)17時44分45秒
返信・引用
  赤松さん、そのお年からみれば、寧ろおくてですよ。
私だったら、以前からしょっちゅう起きてます。
何か、一連の作業をやる際に、邪魔になる物を、ひょいと脇におくことが良くあります。

若い時なら、この[ひょいと脇]作業は一連のものとして記憶できたものですが、二、三
年前からは[ちょいと忘れ]作業という厄介者をともなって起きることが良くあります。
ですから、いつもと違う手順で何か作業をやる時は[今、このAをBに置くんだ」
と、念を入れて憶えておくように努力しています。

93048

 

山荘便り-神隠し

 投稿者:赤松次郎  投稿日:2016年 8月 6日(土)06時39分20秒
返信・引用
   最近よく神隠しに遭う年齢になったことを痛感します。辞書を引くと
「神隠し」というのは、人が突然いなくなるということらしい。とすれば
この場合は「物隠し」というべきか。

 もう少し詳しくwebを読んでいると、「認知症の物かくし」という項目
があり、よく物を隠す認知症の人がいるという。鍵、財布やかばん、テレ
ビやエアコンのリモコン、薬、テレビにつないだHDD、温度計、郵便物、は
さみなどもろもろで、ターゲットは予測がつきませんとありました。

 今回の『同人α第47号』の出版の集いの際、小生の小豆色のソフトな
ケースに入った「老眼鏡」の失踪について、どなたか隠れ認知症の同人の
仕業かと一時疑いました。
 しかし今日うっかり落としてひっくり返った黒いカバンから例の物が覗い
ているではありませんか。小生が編集会議から帰ってからカバンの底を散々
探したにもかかわらず見つからなかったあの「老眼鏡」です。
ということは小生が「物隠し認知症」の本人だったことが判明しました。
ショック!!

 ということで疑いをかけられた皆様へ、「老眼鏡」はありましたのでお
知らせします。猛暑の夏、どうぞご認知症物隠しに遭わないように自愛く
ださい。
 

『文庫解説を読む』

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月 5日(金)19時21分23秒
返信・引用
   2014年8月から岩波図書に連載されていた斉藤美奈子氏の『文庫解説を読む』が今年
8月号第24回で終わった。
 本好きな私にとっては、通常作品末尾に書かれている「解説」なるものは、作品を読み
終えた後の参考資料となり、時には解説を読んでから作品を読み始めることもある。読書
後の印象や評価に影響する重要な部分にもなっている。その解説にメスを入れたのがこの
斉藤氏だった。

 解説は、「作品評論」の色合いもある。解説(評論)を書かせる側の意図、書いた人の
意図、嗜好性、著者との関係性、時代の要請等々、広い視点から斉藤氏は容赦なく分析し
ていく。初めの頃は、随分とやっかみの多い、そして少し過激な内容かと思ったが、読み
続けるうちに次号が楽しみになった。書評や解説を多く目にするようになって感じ始めた
ことが彼女の意見と重なるところが多々あった。また、自分が書くそれ(紹介/解説/評/
感想)を振り返り、斉藤氏の指摘が突き刺さることが多くあったからだ。

 もう一度一回目から読み直そうと思っている。解説の読み方はもちろん、作品の読み方、
とらえ方の参考になりそうだ。

注)
第1回 2014.8 タイトル「強引な解説が古典を延命させる!」
第24回 2016.8 タイトル「青春小説の解説には人生が出る」

93017

 

プライムニュース8.4

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月 5日(金)12時51分25秒
返信・引用
  テーマ:『政界3長老の憂国放談 安倍新体制と野党共闘』
ゲスト:
武部勤(77歳) :元自由民主党幹事長
石井一(81歳) :元民主党副代表
田中秀征(75歳):元新党さきがけ代表代行

◆忘れていた顔がずらりと並んだ。自民と政権野党第一党である民進の先代民主とそのま
た先代のさきがけの重鎮だった人だ。賛同するか否かは別としても、与野党を超え、経験
を踏まえた忌憚のない話を、それぞれの人から聞けたような気がする。引退したからこそ
言える、あるいは見えてくることがあるのだろう。一方的な批判ではないこともよく伝わ
ってきた。批判、欠点指摘、アドバイスは自分がかつて関係した議員に対しても偏りなく
なされた。

◆ それにしても皆さん若い。頭を良く動く。今の与野党をよく観察している。
時代の変化にもきちんとついてきている。その上での今の政界、後輩国会議員へのアドバ
イス/叱咤激励をそれぞれの視点から言っていた。

◆3日、自民党幹事長に就任した二階俊博氏は77歳。重要な役を任せられた。大分したた
かに見える。政治家はこれくらいのしたたかさとしぶとさがなければやり通せないのだろ
う。

93013

 

蝉の大合唱

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月 4日(木)17時11分55秒
返信・引用
  先日の雨上がり、道を歩いていると近くで「ジジ、ジーッ、ジ、ビリッ、ビ」と奇妙な音
が聞こえてきました。電線がショートとしているのかと上の方を見てみると、電柱の高い
所に一匹の蝉が止まっています。音もこの当たりから聞こえてくるので、多分この蝉が発
する音なのでしょう。それにしてもか弱い鳴き方です。鳴くのはオスだけですから、草食
男子なのでしょうか。それとも発育不全で鳴き声を発する器官が上手く働かないのかもし
れません。長いこと土の中にいてやっと地上に出られたというのに。思いっきり鳴きたい
だろうに。帰り道、まだこの蝉は同じ場所でジ、ジ、ビと鳴いていました。
なかなか忍耐強い。偉い。

蝉の声が朝から響き渡るようになりました。近所の平和公園は桜の木の葉っぱが空を覆っ
ています。一日中元気いっぱいの蝉の大合唱です。この季節、平和公園は蝉公園になりま
す。鳥屋敷の庭のすみで渋目の紫陽花も。隣のお屋敷の百日紅も見事です。



  蝉公園                            元は青紫だった紫陽花                 ここにも百日紅 下は百合の花 

    
(2016.8.3)

92999

 

厚化粧

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 8月 3日(水)18時28分12秒
返信・引用 編集済
  厚化粧はどうやら女性それもお年を召した女性を揶揄するときに使われるようだ。
一方薄化粧という言葉はそこはかとない色気や奥ゆかしさやを醸しだす。「たしなみ」の
ニュアンスもある。
この場合の化粧は一般人におけるそれだろうが、職業となると当たり前になるものがある。
宝ジェンヌ、歌舞伎役者などは並の化粧ではない。伝統芸における様式美のひとつとも言
える。アフリカや中国の少数民族に見られる化粧もしかり。
これらは違和感なく受け入れられている。

「厚化粧」からは「面の皮が厚い」や「鉄仮面」という言葉も浮かんで来る。ずうずうし
い、自分の表情をわざと隠す、といったマイナー言葉だ。
政治家であれば、多少ともこういった要素も必要なのでは無いかとも思うし、事実長年政
治をやっている議員の中にはかなり厚くなった人がたくさんいる。
 いい場合、悪い場合を考えてみた。
厚い方がいいもの:信頼 賞 情 のし袋 もてなし 影…
薄い方がいいもの:顔の面 化粧 罰 下着 スマホ…
 思いつきだ。

 昨日佐久間良子さんが「徹子の部屋」に出ていた。涼しげな薄いブルーの衣装をまとい
しっかりと化粧をしていた。流石大女優だ。一言、「美しい」。77才の美しさがある。
厚化粧してしわを覆い隠してる、とは全く思わない。
 国会中継でアップの女性議員をよく見ると、衣装はもちろん、髪はセットされしっかり
と顔に化粧をしていることが分かる。化粧を施す男性議員はみかけないが、それなりにび
しっとしたスーツを着て、頭髪にも力を入れているようだ。若く見せるため、中にはカツ
ラを付けている人もいるかもしれない。
 人それぞれだ。化粧もいろいろあっていい。人間の価値を決めるのは、外見なのではな
く結局は中身なのだ。
そういう私も時にはへたくそな化粧をする。まあ身だしなみのたぐいだ。
厚化粧はしない。化粧品代が惜しい。
 議員/知事は、政策と実行力がまず問われるはずだ。「厚化粧」云々で知事の資格なし
とするなど、本末転倒である。

92972

 

「厚化粧の女を都知事にさせない」

 投稿者:つる姫  投稿日:2016年 8月 3日(水)06時58分29秒
返信・引用
  ■石原慎太郎さんらしい放言とは思うけれど、やっぱり言われた方はそれなりに傷つくよ。
強い小池さんは笑って軽くいなしていたけれど、少しは響いてるよ。

■瀬戸内寂聴さん、いくら年をとったとは言え同じ女でしょ?  自分の子供を捨ててまで
男に走った女心、女のたしなみ、忘れたの?  黒髪捨てても、女を捨ててはだめよ。
同性から言われたら、石原さんとは違う傷つき方があるんだ。

■小池さんは顔に生まれつきのシミがあるらしい。それを強力ファンデーション「カバー
マーク」を使って隠しているという。そう言えば私の大学生時代の友人、広島女学院出身
の美しいお嬢様がまだ20才前だというのにお母さまに勧められてこの「カバーマーク」
でシミを隠していた。多少のお金があれば、そんなの当たり前じゃない。彼女をひがみも
馬鹿にもしなかった。ちょっとした女のたしなみじゃない。
私の顔については教えてくれる人もいなかったし、金も気力も無かっただけのことだ。

■自称リベラル人権派を謳う女性は概して美しくない。私にはそう思える。
心は「カバーマーク」では隠せない。

■昨日の初登庁、小池氏の演説は見事だった。現実をみすえた内容があった。次は実行あ
るのみ。彼女は選んでくれた約300万の都民の目の怖さを十分知っていはずだ。

     政策、実行力、突破力、忍耐、愛嬌 これさえあれば、化粧の厚い薄いはどうでもいい!!

        

92956

 

レンズの向こう/ムクゲ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 8月 2日(火)12時51分15秒
返信・引用 編集済
  夏の花が、きれいに咲いています。
ムクゲでしょうか。
大きな口を開いて笑っているように見えます。
底抜けの明るさがあります。

下の二枚は写り具合を見ても竹内氏のレンズではありません。
左下のムクゲは直径14,5㎝もある大きさでした。 右は幹のつるつるからするとサルスベリ?
楽しい気分にさせてくれる、花たちです。

         
         (Photp by I.Takeuchi 2016.7.28)

  
(Photp by kyuri 2016.7.31 選挙の帰り道で)

92942

 

ウルフ死す

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月 2日(火)10時49分44秒
返信・引用
  実家の隣の男の子が千代の富士そっくりで、ウルフと秘かに呼んでいたのを覚えている。
サッカーがはやりだす前は、プロ野球と大相撲が庶民の娯楽だった。テレビが登場し、プ
ロレスも加わりますます賑わった。
私はスポーツに全く興味はなかったが、両親は場所が始まると必ずテレビを見ていたから
歴代の相撲取りはうっすらと覚えてはいる。大鵬は何と言ってもヒーローだ。色白で小顔
ハンサム、そして何よりも強かった。ウルフはその渾名のとおり精悍な体と顔と取り組み。
記憶の中ではこの二人が飛び抜けている。最近の相撲取りの名はほとんど知らない。

貴乃花より若乃花。若乃花より貴ノ花
輪島より千代の富士(ウルフ)
清国より佐田の山
柏戸より大鵬

兄の面白い告白話がある。
幼い頃、まだテレビがない時代に兄はラジオから流れてくる「やぶった やぶった」を
聞いて、土俵の周りは障子紙で囲まれていると思っていたらしい。

   イメージ

92937

 

昭和の家

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 8月 1日(月)18時01分3秒
返信・引用
  機会があれば是非お会いしたいと思っていたひとが来るという念願のα47号編集会議。
その日、駅に向かう途中に撮した久しぶりの「昭和の家」です。この日、7月28日
は梅雨明けの日でもありました。

昭和の家を通り過ぎてすぐ近くにあるスーパーでお手ふきとテーブルナプキンを買い
電車に乗って会議場へ。
昭和の家のせいかどうかは分かりませんが昭和の匂いと未来の匂いがプンプンする会
議となりました。


誰も住んでいないというのに、相変わらず植木の手入れだけは完璧。
  

         

92924

 

個人著作集アップのお知らせ

 投稿者:同人α編集部  投稿日:2016年 8月 1日(月)14時47分26秒
返信・引用
  ■コピペ大王エッセイ集 (戯評リンク参照)
コピペ書評
No.36

■怪文書集(戯評リンク参照)
「猫まっしぐら」 カルカンデイサービスの真相
作品メニュー2 No.12

92916

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 8月 1日(月)13時32分35秒
返信・引用
  α47号電子図書をアップしました。 →http://2style.in/alpha/0-47.html


【同人α47号簡単紹介】
全作品を初めから読み通してみて、47号テーマ「心もよう」がひたひたと一連の流れに
なって迫っているように思えました。テーマには拘らず書くのがこれまでの流儀でしたが、
意識せずともどこかで繋がっているのでしょうか。
繋がっているとは言え、純文色が強いもの、さらにそぎ落とし言魂まで高めた詩的なもの、
物理科学から迫るもの、歴史的な要素が強いもの、コミック的なもの、内容はそれぞれ実
に個性的な迫り方です。

(目次順)
1.『シリーズ・歪んだ風景―セピア色の手帳 第八回』古賀和彦
陽水の歌が流れる前書き、そしてこの作品、最後に編集後記、続けて読むことをお勧めし
たい。三点で一つの作品になっているようにも見える。
好きな唄は井上陽水の「心もよう」。東京江戸歩きは馬喰町。音楽、絵画、小説が時空を
超えて心を揺るがす。著者ならではの話は悩ましい「建物区分所有」について。

2.『作品十句』神野 佐嘉江
長く続いた「人生詩」が終わり、何が登場するか…。
選び抜き研ぎ澄まされた言葉の詩(句)10編

3.『無数の生命-生命(四) 最終回』竹内一郎
宇宙の中の地球に生命が誕生する。無から有への不思議。誕生した生命の種の存続、共存、
共生、そして種の滅亡。とりわけ知恵をもつに至った人類について掘り下げてきたシリー
ズも今回で最終回を迎える。これまで理系ならではの「ロジスティック方程式」や「ロト
カ・ヴォルテラ方程式も登場した。
人類を含む生物の数の大小は時の環境により違いはあっても全体としては安定した形を保
つということもわかったが、人類となると別の要素が入ってくるようだ。
さて人類の共存と種の存続は…。

4.『夢∞夜/香港スケボー 』古賀由子
国籍不明、住所不明、時期も不明、年齢も不明、時空の垣根を越えて夢の世界で人物が蠢
きだす。夢の世界は摩訶不思議。

5.『肥と筑 第三十七回』長岡曉生
肥と筑の由来を探る勉強会の主催者、英夫氏はお休み。彼に変わり今回は義理の弟である
寺の住職、山南惠裕が特別参加だ。日本の仏教の歴史を説きながら、止観、曼荼羅につい
て掘り下げていく。

*万華鏡同時掲載

92913

 

夢∞夜/負の連鎖

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2016年 8月 1日(月)08時44分22秒
返信・引用 編集済
  今日こんな夢を見た。「パンパカ倉庫」から気になる人物の似顔絵がつぎつぎと現れた。

「わたくしは、数十年にわたり、弁護士という職業を通じて都政について学んできました。
積み重ねた知識を鳥越さんにお渡ししたのですが…。もうあまりお話ししたくない方です」



「宇都宮先生の都政レポートは難しくて良く分からなかった。勝利への秘策が何も書かれ
ていない。だから僕は落選した。最終日に岡田さんよこすなんてひどいよ。冥土の土産に
是非一度僕の別荘に…小百合さんなんで来て呉れなかったんだろう。」



「すっかり志位にダマされた。噂ではきいていたが、スターリンや毛沢東のような暴力で
の変革を目指しているとは…。松下幸之助先生は暴力は嫌いだった。志位とは全く違う。
僕は口べただし、顔も良くない。僕にないものを全部もっている鳥越さんに是非都知事に
なってほしかったのに…。もう政治やめたい」



「鳥越やっぱりアホだったなあ。同年代のおばさんたちの票を集められると思ったが、あ
の馬鹿さかげんじゃなあ。使い物にならなかったなあ。市民連合とママの会のまとめ役に
でも使おう」


*パンパカ倉庫→https://twitter.com/panpaka20

92906

 

鳥越さ~ん!!

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 7月31日(日)23時48分50秒
返信・引用
  夜八時からテレビ漬け。

明日から残務整理大変ですね。文春と新潮相手の訴訟もあるし。
やっちゃった女の人から訴えられそうだし。
家族会議も待っていそう…。
これまで黙っていた人達が一斉に鳥越さんのこと語り始めそう。
落選した20人みんな大変だけど、一番大変なのは小池氏。これだけ支持を
もらったからには、皆の見る目厳しいはずだ。

鳥越さんには悪いけど、まずは小池百合子さんおめでとう!!
           

92904

 

電話攻勢

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 7月31日(日)10時33分36秒
返信・引用
  NHK日曜討論を見ていたら電話。
「鳥越事務所です。本日は投票日です。是非投票に行ってください」。
鳥越と書いてくださいとは言わない。まあいいだろう。
もう済ませてきましたとは言わず、
「ご苦労様です」とだけ言って電話を切った。

92881

 

投票してきました

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 7月31日(日)09時21分58秒
返信・引用
  朝7時少し前、近くの市営グランド横にある投票場に到着。
夜の気温が未だ残っていて歩行も順調。汗ばむことはありませんでした。

入り口横には飼い主を待つ小さな白い犬が繋がれて大人しく座って居ます。
会場は既に10人くらい並んでいました。

これまで長いこと選挙権を放棄してきた償いでしょうか、力を込めて都知事になって貰い
たい人の名前を書きました。

開票8時まであと約11時間、その間テレビでは選挙のことは一切ふれないので、日曜だ
というのに退屈な時間です。

投票場から見た今朝の景色 (小学生の頃、向かいは全部草一杯の土手で、上から転がり落ちる遊びをしました)


           右側(青は観覧席)
           

92876

 

貴美女の散歩道/深大寺界隈

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 7月30日(土)15時30分7秒
返信・引用
   NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」のロケ地がこのあたりです。水木しげるさんが漫画人生を
歩み始めたのがこの調布。町を挙げて水木さんを応援しているようです。
散歩道にこんな土地の歴史を感じさせるキャラがあったらどんなに楽しいでしょう。
私の住む町にはこれほど有名になったキャラは残念ながらありません。
 酒飲み?お地蔵さんは、目玉だけが登場する鬼太郎の親爺の全身像のように見えます。

「深大寺でお参り済んで、山門の通りで、ゲゲゲの鬼太郎、蕎麦屋の前で面白いお地蔵
さん??を見つけ、パチリ。」(貴美女さんコメントより)



                          
                      (Photp by Kimijo 2016.7.24)

92858

 

都知事選前日

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 7月30日(土)11時08分33秒
返信・引用 編集済
   2014年以来、すっかり政治オタクになった私の最後だ。静かな日常をとりもどすためにも
最後はどっぷりで終わろう。参院選の続きのような都知事選挙の最後の演説のおっかけをテレビ
とSNSでしよう。
 朝から夏の太陽が照りつける一日、朝8時から街頭に立つ人もいる。立候補者も応援団も疲労
度の絶頂を迎えるのだろう。ランニングハイならぬ「熱狂ハイ」だ。最後の日は政策云々より、
本人の気持ちは勝ち負け一点に集中するに違いない。

<都知事選最後の街頭演説(主要候補3名+健闘候補1名)>

小池百合子
・7月30日(土)10:45 JR八王子駅北口東急スクエア前
・7月30日(土)13:30 JR吉祥寺駅北口ロータリー
・7月30日(土)15:30 ラフォーレ原宿前
・7月30日(土)17:00 JR新宿駅西口
・7月30日(土)18:30 JR大塚駅北口前
・7月30日(土)19:30 JR池袋駅西口

増田寛也
・7月30日(土)8:00 狛江駅北口
・7月30日(土)10:00 吉祥寺駅北口
・7月30日(土)13:00 立川駅北口
・7月30日(土)15:00 銀座三越前
・7月30日(土)16:20 日本橋
・7月30日(土)16:55 水道橋駅東口
・7月30日(土)17:15 飯田橋駅西口
・7月30日(土)18:05 表参道ヒルズ→ラフォーレ方面
・7月30日(土)18:30 神宮前交差点
・7月30日(土)19:05 新宿三丁目西交差点マルイ前
・7月30日(土)19:15 新宿マルイ前→新宿駅東口アルタ方面
・7月30日(土)19:40 新宿駅東口アルタ前
・7月30日(土)20:30 第一ホテル両国


鳥越俊太郎
・7月30日(土)11:00 八王子駅北口
・7月30日(土)13:00 中野駅北口
・7月30日(土)14:00 新宿駅西口
・7月30日(土)15:45 池袋駅東口
・7月30日(土)19:20 バスタ新宿前


桜井誠
午前9時 東京駅 選挙演説場所未定
午前10:30 神保町駅 選挙演説場所未定
午後12時 新宿駅 南口
午後4時 秋葉原駅 電気街口
午後7:15 都知事選 桜井誠 演説グランドフィナーレ(場所不明)

92848

 

同人α47号発行のお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 7月29日(金)12時15分50秒
返信・引用 編集済
   今回は場所を変えての編集会議となりました。
家族の歴史がたっぷり漂う空気の中、ゲスト3名も加わり、いつもと異なる雰囲気の中で
執りおこなわれました。佐賀からの女性客は料理作りにも奮闘してくださいました。
 47号タイトルは『心もよう』。参加者の「もようは」は如何に。
居残り組が帰路に着いた時、茜色にうっすらと染まり始めた白い雲、空の青が明るく輝い
ていました。梅雨明けです。

 生命の誕生からその持続可能性まで壮大なテーマを扱ってきた竹内氏の『生命』シリー
ズが最終回を迎えました。科学少年の目で見た生命シリーズの終着点が気になる所です。

  表紙絵古賀和彦)作「色もよう」 5作品  80頁
        

                   集合写真
                 


Photo by I.Takeuchi 2016/07/28

*万華鏡同時掲載

92804

 

障害者施設大量殺人

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2016年 7月28日(木)08時05分26秒
返信・引用
  一昨日未明、相模原市で起きた殺人事件は、ポケモンGOに続きテレビを席巻してい
る。都知事選どこいった。8月5日から始まるリオオリンピックも影が薄い。
今日は新潮に文春かな?

さて、殺人事件の概要が徐々に分かってくるに従って、報道番組では犯人の経歴、性格、
評判、周りの対応等々、ここぞとばかりに分析しはじめた。もちろん責任の所在につい
てもだ。今朝はどこかの局で彼の特徴をパネルで説明しいた。

好きな言葉は「革命」
歪んだ世界平和主義と正義感
ヒーロー願望

今の日本には、これと似たり寄ったりの集団や人間がいるように思えてならない。

92779

 

貴美女の散歩道/睡蓮

 投稿者:同人α総務  投稿日:2016年 7月27日(水)13時55分38秒
返信・引用
  明けそうでなかなか明けないのが「梅雨」です。本日も東京はどんより曇り。
水っぽい季節には水っぽい花がお似合いです。桔梗の次は「水連」です。
のどかな一日、眠けを誘う別の「睡蓮」の花も咲いていたようです。

「今朝は、気持ちよく起きたので、深大寺まで、散歩してきました。
神代植物園で水連、深大寺の境内で、蓮の花をパチリ。」(貴美女さんコメントより)

 
 (Photp by Kimijo 2016.7.24)


  貴美女さん曰く、「眠けを誘う女五郎丸あかちゃんのあくび」
         
      (Photp by Kimijo 2016.7.)



92759

 

選挙ポスター/チラシ

 投稿者:万理久利  投稿日:2016年 7月27日(水)10時07分5秒
返信・引用
  「民主党はこうやって政権とった」

inali ?@goo_goo_inali 7月25日 より


◆2009年8月の衆院選で圧勝し、翌月16日初の民主党政権が発足した。
この年の8月は母の容態が悪化。翌月14日に死亡。選挙には行かなかったが、長く続い
た自民政権に新たな風をながして貰えるという期待感だけはあったように思う。今ではこ
の政権についてはいいイメージがあまり残っていない。この党を振り返るとき、どうして
も死に向かう当時の母の姿を思い出してしまうことを抜きにしてもだ。

◆そんな思い込みでついこのポスターを見てしまう。今回の参院選や都知事選にも少し言
葉を換えればすぐにでも使えそうだ。選挙は騙し合い? どれも真面目に取り組もうと掲
げた政策なのだろうが、失敗すれば国民、都民から「嘘つきだ」と言われる。

92757

 

/97