teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: おもしろい取り組み

 投稿者:ひろやん  投稿日:2010年 5月28日(金)10時03分37秒
返信・引用
  > No.25[元記事へ]

じーみねさんへのお返事です。

こういう取り組みはいいね。
情報を共有することによって、サイエンスが有機的につながっていきそうだね。

【 2010年5月28日 科学技術基本計画基本方針で意見募集開始 】
http://scienceportal.jp/news/daily/1005/1005281.html
意見募集締切は、6月7日(月)24:00です。
アイディアや意見があったら、どしどし提出しましょ。


>  http://lams-yokoyama.blogspot.com/search?updated-min=2010-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&updated-max=2011-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&max-results=4
>
> 担当者がその週のおもしろげな論文をアップしているようです。
 
 

おもしろい取り組み

 投稿者:じーみね  投稿日:2010年 5月10日(月)11時32分19秒
返信・引用
  http://lams-yokoyama.blogspot.com/search?updated-min=2010-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&updated-max=2011-01-01T00%3A00%3A00%2B09%3A00&max-results=4

担当者がその週のおもしろげな論文をアップしているようです。
 

Re: 傾きの誤差

 投稿者:ひろやん  投稿日:2010年 5月 8日(土)10時54分42秒
返信・引用
  > No.23[元記事へ]

じーみねさんへのお返事です。

> ひろやんさんへのお返事です。
>
> > 回帰直線の傾きの誤差を計算するMatlabのFunctionを探していたんだけど、見つからん。統計の教科書から式を拾い出して、自分で書けば良いのだけれど、便利なM-file、落ちてないかなぁ。
>
> 私もってます~!
> メールしますね。

どうもありがとう!!お陰様で、とても研究はかどりました!
 

Re: 傾きの誤差

 投稿者:じーみね  投稿日:2010年 5月 7日(金)12時53分43秒
返信・引用
  > No.22[元記事へ]

ひろやんさんへのお返事です。

> 回帰直線の傾きの誤差を計算するMatlabのFunctionを探していたんだけど、見つからん。統計の教科書から式を拾い出して、自分で書けば良いのだけれど、便利なM-file、落ちてないかなぁ。

私もってます~!
メールしますね。
 

傾きの誤差

 投稿者:ひろやん  投稿日:2010年 5月 7日(金)12時48分47秒
返信・引用
  回帰直線の傾きの誤差を計算するMatlabのFunctionを探していたんだけど、見つからん。統計の教科書から式を拾い出して、自分で書けば良いのだけれど、便利なM-file、落ちてないかなぁ。  

この論文も後で読も。

 投稿者:ひろやん  投稿日:2010年 4月30日(金)13時39分55秒
返信・引用
  Sirignano, C., Neubert, R. E. M., Rdenbeck, C., and Meijer, H. A. J.: Atmospheric oxygen and carbon dioxide observations from two European coastal stations 2000–2005: continental influence, trend changes and APO climatology, Atmos. Chem. Phys., 10, 1599-1615, 2010.
http://www.atmos-chem-phys.net/10/1599/2010/acp-10-1599-2010.html
 

備忘録 この論文読も。

 投稿者:じーみね  投稿日:2010年 4月28日(水)11時38分7秒
返信・引用
  Greenhouse gas relationships in the Indian summer monsoon plume measured by the CARIBIC passenger aircraft

T. J. Schuck1, C. A. M. Brenninkmeijer1, A. K. Baker1, F. Slemr1, P. F. J. v. Velthoven2, and A. Zahn3
 

NOAA SST data

 投稿者:ひろやん  投稿日:2010年 4月19日(月)17時12分39秒
返信・引用
  NOAA Optimum Interpolation Sea Surface Temperature Analysis
http://www.emc.ncep.noaa.gov/research/cmb/sst_analysis/
 

Re: Meridional overturning

 投稿者:ひろやん  投稿日:2010年 4月19日(月)17時07分38秒
返信・引用
  > No.17[元記事へ]

ひろやんさんへのお返事です。

(訂正)落石岬、波照間島のAPOの冬成分の年々変動は、西部北太平洋の冬季のSSTアノマリーの年々変動とよく一致している。Ventilationの年々変動の影響を受けていると示唆される。
[Tohjima et al., 2008, Tellus B]
http://www3.interscience.wiley.com/journal/119401750/abstract


> 落石岬、波照間島のAPOの冬成分の年々変動は、Ventilationの年々変動とよく一致している。
> [Tohjima et al., 2008, Tellus B]
> http://www3.interscience.wiley.com/journal/119401750/abstract
 

Re: Meridional overturning

 投稿者:ひろやん  投稿日:2010年 4月19日(月)17時01分32秒
返信・引用
  > No.16[元記事へ]

2~5年のタイムスケールのAPOの年々変動は、Ventilationが一番の要因。Ocean productivityとOcean Heat Compotnentsは第二の要因。[Hamme and Keeling, 2008]
http://www3.interscience.wiley.com/journal/121458977/abstract

落石岬、波照間島のAPOの冬成分の年々変動は、Ventilationの年々変動とよく一致している。
[Tohjima et al., 2008, Tellus B]
http://www3.interscience.wiley.com/journal/119401750/abstract
 

レンタル掲示板
/3