teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ライブ中継

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 7月 3日(日)00時39分6秒
返信・引用
  ライブ中継ができるようになりました!
http://www.ustream.tv/user/Oki51

中継の際には雑談掲示板を通して皆様とリアルタイムで
お話できます!
ぜひご利用ください。
右上メニューのLIVEより視聴ページへ行くことができます。
 
 

Re: 応援してます♪

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月15日(金)10時51分56秒
返信・引用
  > No.67[元記事へ]

uwaidonさんへのお返事です。

> 写真よりイラストの方がよりわかりやすいと思いますが、全然、問題ないと思いますよ。

そうなのですか?!
私は写真のほうがイメージ湧きやすいかなと思ってできる限りイラストは入れないようにしているんですが・・・、言われてみればイラストのほうが解りやすいのは確かですよね。
もうちょっとイラストを入れてみます!
まぁ、両方あるのが一番なんでしょうけど(笑)

> あとは、もっと箇条書きにしたほうが見やすくなるのではないでしょうか?

なるほどです。
自分だとわからないものですね(^^;
uwaidonさんにそう指摘していただいて初めて「あぁ、文章ばっかで読むのに苦労するな」と感じました。
こちらも参考にさせていただきます!

> もうそれ以外はベストです♪文章の説得力もさすがです♪

ありがとうございます、えへへ(*´ω`)
ちなみに小・中・高の学生時代とも国語がとても苦手でして・・・、
きっと鯉に対する愛があふれてサイトの記事のみ良く書けるのでしょう(笑)

> 逆に私は「鯉から見た鯉釣り」という着目点はかなり斬新だと思うのですが(^^;
> これって先日、私が語らせてもらった「じゃぁ~鯉って今日は薄味、とか濃い味とかチョイスしてるの?」的考えの答えが少しでも導かれる可能性を秘めてますから…
> 行動に関しては、私も一般的な魚の行動パターンとしての認識しかありませんから…「朝まづめ」は狙い目とかのね(笑

ありがとうございますm(_ _)m
薄味、濃味もしくは朝まづめなどの理由がわかれば、それらを応用もできるはずですし、もっと鯉釣りは奥深くなり面白くなるんじゃないかな、と考えています。

> そうですね。順序的にはそうなのかな?と私も思いますが、あまり焦らずじっくりと構えたほうがいいと思いますよ。やはり趣味ですから…趣味以上になると大変ですよ(笑
>
> まずは養殖関係にベストを尽くして(^^;
> がんばってくださいよ!!影ながら応援しております♪

uwaidonさんへは感謝の気持ちでいっぱいです(;ω;)
養殖場をターゲットにした就職活動は現在、漁連に問い合わせているところです。
サイトなどがないので探すのに苦労します(^^;
そして昨日ようやく一軒、自分の目的に合う養殖場を見つけて今日電話をする予定です。
採用は行っていないようですが、せめて見学だけでもさせていただき、理想的な環境でしたら
土下座でも何でもして意地でも入ってやるつもりです(笑)
偉そうなことを言ってしまい申し訳ないのですが、企業よりこのような環境を目指すのは少なからず企業家精神があるからだと思います。
実現したいものがあるからこそ、最近は経営・ビジネス書籍を読み漁っているのですが、
それで気付いたことはこのサイトを立ち上げてから実は多くの大切なことを気付かぬうちに学んでいたという発見の連続なんです。

例えば・・・、
経営は本を読むように始めから終わりではなく終わりから始める → 要は目標・ビジョンをまず持てということなんですが、サイトを立ち上げた当初掲げた方針がまさにそれなんです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~light-blue/mission.html
創造的経験は失敗しても経験という宝になる → サイト方針の「鯉釣りにおける新しい何かが生まれるためのその刺激、または発端になる」の新しい何かを追及することやそれこそ今までにない鯉から見た鯉釣りを展開すること自体、重要な経験なんです。

以上の二つはユニクロ社長柳井正がオススメする「Professional manager note」というものに記載されています。
考えすぎだと言われればそれまでですが、このサイトを運営することは実際の会社と同様、経営そのものだと思うのです。
だから、このサイトを成功させることは一つの会社を成功させることと似たようなものであり、今の私の実力の指標の一種なんです。
きっとこの先、養殖場に就職できれば絶対にここでの経験が役に立ちます。
だから、uwaidonさんに趣味以上にならないようにと言われてしまいましたが、もう趣味以上のものなのかもしれません。
まぁ、お金をとらないのでやっぱり趣味の範疇でしょうけど(笑)
今は養殖場探しでアクセス解析を細かく配置し直して、ユーザーが何を求めているか数字を理解することに専念するくらいしかできませんが、私はこのサイトをそういった視点で見ています。
だから私は趣味以上にしてしまうかもしれませんし、時間がないときでも並行して続けていきたいと思います。
偉そうなことを言ったことと長文、失礼しましたm(_ _)m
 

応援してます♪

 投稿者:uwaidon  投稿日:2011年 4月15日(金)09時14分38秒
返信・引用
  >uwaidonさんからは合格をいただきましたが、やはり初心者に聞かなくてはいけませんよね(^^;
>これからは初心者向けの記事をもうちょっと積極的にアップしていきます。
>http://www7b.biglobe.ne.jp/~light-blue/cf-ukase-pattern1.html
>あるポイントを例に浮かせ釣りの攻め方を解説した記事なんですが、こういったものですか?
>実際に場所を特定すると地元の鯉釣り師に迷惑を掛けてしまうのでポイントの明言はできませんので、
このような形になってしまうのですが、どうでしょう。

写真よりイラストの方がよりわかりやすいと思いますが、全然、問題ないと思いますよ。
あとは、もっと箇条書きにしたほうが見やすくなるのではないでしょうか?
もうそれ以外はベストです♪文章の説得力もさすがです♪

>http://www7b.biglobe.ne.jp/~light-blue/cf-com-brackishwaterandcarp.html
>汽水域について論文を読んだ私が書き上げた記事なのですが、
>ボイリーと比較されると・・・、う~ん・・・、やっぱりインパクトに欠けますね(^^;
>人間から見た鯉釣りじゃなくて鯉から見た鯉釣りをもっと押したいんですけど・・・、困りました。
>共感をしてくれる人がいることを信じて発信し続けるしかないんでしょうね。

逆に私は「鯉から見た鯉釣り」という着目点はかなり斬新だと思うのですが(^^;
これって先日、私が語らせてもらった「じゃぁ~鯉って今日は薄味、とか濃い味とかチョイスしてるの?」的考えの答えが少しでも導かれる可能性を秘めてますから…
行動に関しては、私も一般的な魚の行動パターンとしての認識しかありませんから…「朝まづめ」は狙い目とかのね(笑

>初心者向けへコンテンツの充実 → 検索ヒット数増加 → 中級者、上級者の目に止める → 鯉から見た鯉釣りという新たな見方 → 共感or共感なし
>という流れを生むのが今のところ当サイトの最善策となると思うのですが、どうでしょう?

そうですね。順序的にはそうなのかな?と私も思いますが、あまり焦らずじっくりと構えたほうがいいと思いますよ。やはり趣味ですから…趣味以上になると大変ですよ(笑

まずは養殖関係にベストを尽くして(^^;
がんばってくださいよ!!影ながら応援しております♪

http://red.ap.teacup.com/uwaidon/

 

Re: 話が尽きないですね♪

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月13日(水)19時13分30秒
返信・引用
  > No.65[元記事へ]

uwaidonさんへのお返事です。

> 同じ経験は鯉釣りする方が入るときにすべての方にあると思いますよ…
> 検索サイトで「鯉釣り」「道具」とかを打ち込んでポチッとマウスをクリックしても検索結果は…
> ドヤ顔の大物自慢写真(笑

でも趣味だから道具を懇切丁寧に説明しろと強くも言えないこのジレンマ・・・orz

> 充分すぎるくらい足りていると思いますよ♪
> ただし…ベテラン?の私が見た限りなので(笑
> もしかしたら初心者といわれる方達からしたら、どうかわかりません。
>
> しいて言うなら…
> 説明を噛み砕くよりも、図で説明できるポイントは添付したほうがさらにわかりやすくなると思います。
> 今は、みのもんたみたいにテロップの説明が不可欠なんでしょうかねぇ~(笑

uwaidonさんからは合格をいただきましたが、やはり初心者に聞かなくてはいけませんよね(^^;
これからは初心者向けの記事をもうちょっと積極的にアップしていきます。


http://www7b.biglobe.ne.jp/~light-blue/cf-ukase-pattern1.html
あるポイントを例に浮かせ釣りの攻め方を解説した記事なんですが、こういったものですか?
実際に場所を特定すると地元の鯉釣り師に迷惑を掛けてしまうのでポイントの明言はできませんので、
このような形になってしまうのですが、どうでしょう。

> そうだと私は思いますよ。たしか今主流のボイリーなんかも、元はといえば福安さんとかが実践して、紹介していって、これだけ鯉釣り業界に浸透したわけですからね…もちろん福安さんの場合、呼びかけのツールとして雑誌も活用してましたけどね…
> とはいえ、まずやはり主張して共感を得るのがベストでしょうね。
> ただ…
> 共感を得るための手段として、ボイリーなんかは結果…「釣果」になってしまうのかなぁ~(笑
>
> 難しいなぁ~…
>
> でも…たまたま、例え話でボイリーの場合にしてしまっただけですから…
> これが例えば…
> 「鯉釣りの待ち時間中に、何をしてすごしたら一番楽しいだろうか?」的なサイトを立ち上げて共感してもらえれば、これはもう「釣果」ではなくなりますよね…(笑
>
> こんなことを求めてる人なんてごくわずかだと思いますが…

http://www7b.biglobe.ne.jp/~light-blue/cf-com-brackishwaterandcarp.html
汽水域について論文を読んだ私が書き上げた記事なのですが、
ボイリーと比較されると・・・、う~ん・・・、やっぱりインパクトに欠けますね(^^;
人間から見た鯉釣りじゃなくて鯉から見た鯉釣りをもっと押したいんですけど・・・、困りました。

共感をしてくれる人がいることを信じて発信し続けるしかないんでしょうね。

となると・・・、
初心者向けへコンテンツの充実 → 検索ヒット数増加 → 中級者、上級者の目に止める → 鯉から見た鯉釣りという新たな見方 → 共感or共感なし
という流れを生むのが今のところ当サイトの最善策となると思うのですが、
どうでしょう?
 

話が尽きないですね♪

 投稿者:uwaidon  投稿日:2011年 4月13日(水)18時32分16秒
返信・引用
  >新規的?仮説的?なというか、そういった中途半端な情報は無利益に写ってしまいますね。
なんとなくわかる気がします。
>鯉釣り師全体に蔓延した「ああいう釣り針がほしい」とか「こういう竿がほしい」とかそういった場所を突いていく?みたいな理解でよろしいでしょうか(^^;

新規的とか仮説的なのは、やはりテスト期間とか試作期間とかを踏まえたうえで…って条件が付いてしまいますよね。企業としては…
ただ私たちの趣味なら「トップダウン=自分」ですから、例えば「自分で考えた画期的な新しい釣り針」なんてのは自作して、試してみてそれをWEB上にアップして紹介するというツールはありますから、突いていけると思いますよ。


>非常に欲張りな話ですが、鯉釣りを始めた当初、情報がなくてなくて困った記憶があります。
ず~っと前にやっていた鯉釣りのトピックを初心者や上級者などに分けていたのは案外良かった、
ように思いました。

同じ経験は鯉釣りする方が入るときにすべての方にあると思いますよ…
検索サイトで「鯉釣り」「道具」とかを打ち込んでポチッとマウスをクリックしても検索結果は…
ドヤ顔の大物自慢写真(笑


>uwaidonさんは鯉釣りベテランだと思いますが、
このサイトにここが足りないとか、説明をもっと噛み砕くべきとか
感じるところはあるでしょうか?
もしあれば教えていただけませんか?

充分すぎるくらい足りていると思いますよ♪
ただし…ベテラン?の私が見た限りなので(笑
もしかしたら初心者といわれる方達からしたら、どうかわかりません。

しいて言うなら…
説明を噛み砕くよりも、図で説明できるポイントは添付したほうがさらにわかりやすくなると思います。
今は、みのもんたみたいにテロップの説明が不可欠なんでしょうかねぇ~(笑


>その心構え・・・、しみますわぁ(笑)
>そして、私も常連の一人です(笑)

ありがとうございますm(_ _)m

>今流行りの釣りガールを起用しますか?(笑)
>あと、鯉の顔が綺麗に見える画像修正のアプリ・・・(笑)

おぉ~釣りガール忘れてました(^^;;

>にしても、鯉釣りでこれだけ語り合わせていただいて・・・、
>僕ら相当鯉釣りが好きなんですね!(笑)

はい!大好きです!!


>私の言う「釣果からの鯉釣りだけでなく、もっとプロセスから組んだ鯉釣りを展開すべき」という主張は雑誌などに目を向けず、例えばこのサイトを通して呼びかけ、共感する人もいるだろうし共感しない人もいる。
>そこで始めてどれだけの主張内容だったかジャッジが下される。

そうだと私は思いますよ。たしか今主流のボイリーなんかも、元はといえば福安さんとかが実践して、紹介していって、これだけ鯉釣り業界に浸透したわけですからね…もちろん福安さんの場合、呼びかけのツールとして雑誌も活用してましたけどね…
とはいえ、まずやはり主張して共感を得るのがベストでしょうね。
ただ…
共感を得るための手段として、ボイリーなんかは結果…「釣果」になってしまうのかなぁ~(笑

難しいなぁ~…

でも…たまたま、例え話でボイリーの場合にしてしまっただけですから…
これが例えば…
「鯉釣りの待ち時間中に、何をしてすごしたら一番楽しいだろうか?」的なサイトを立ち上げて共感してもらえれば、これはもう「釣果」ではなくなりますよね…(笑

こんなことを求めてる人なんてごくわずかだと思いますが…

http://red.ap.teacup.com/uwaidon/

 

話が逸れてしまったので

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月13日(水)16時25分24秒
返信・引用
  話を原点に戻すと・・・、

私の言う「釣果からの鯉釣りだけでなく、もっとプロセスから組んだ鯉釣りを展開すべき」という主張は雑誌などに目を向けず、例えばこのサイトを通して呼びかけ、共感する人もいるだろうし共感しない人もいる。
そこで始めてどれだけの主張内容だったかジャッジが下される。

という結論でよろしいですか?
 

Re: 私なりの解釈ですので...(^^;;

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月13日(水)15時32分12秒
返信・引用
  > No.62[元記事へ]

uwaidonさんへのお返事です。

> 私自身が思うだけですので、これが正解ってわけではない!って事を先に言っておきますね(笑
> 情報発信側というのは、大きく分類して
> 「TVメディア」
> 「出版」
> 「釣具店」
> 「メーカー」
> そして…
> 「個人、もしくは商業でのネット上のサイト」
> だと思います。※そのほかにあったらご指摘よろしくです♪

FM三重か忘れましたが、釣りのラジオがあったような・・・(笑)

> それで、「求められるもの?」として…
> 「結果として」鯉釣りされる方って「何求めてるの?」
> いや…釣りする方って「何求めてるの?」って発想になってしまうんですよ…
> 私の場合…なんか受身的考えで申し訳ないです…

いえいえ、私もそう思いますよ!

> 逆に「情報発信者側が求めてるもの」ってのは、ある程度みえてきます…
>
> 鯉釣りの「情報発信側に求めるもの」の前提の定義として、「結果どうしたいのか?」ということがあげられると思います。
>
> 上記に挙げた「TVメディア」「出版」「釣具店」「メーカー」ってのは前回私が述べさせてもらった「利益」があって成り立つものだと思います。
>
> しかし、たしかにこの「利益」ってのは重要な要素だとは思いますが、これってのはわざわざ鯉というマイナーな魚種に光を当てなくても成立するのでは?とも感じます。だって他のメジャーな魚種の商品開発やら雑誌特集をすれば売上も多少なりとも伸びることでしょう…
>
> って事は発信者の思惑ってなんでしょう?
>
> ● 利益を超越した啓蒙…
> ※社会的奉仕活動的なもの…
> ● 先見の明での鯉という魚にスポットをあて、このジャンルの確立をする?
> ※たしかに釣具メーカーって新しい商品に行き詰ってる感が否めませんからね…
> ● 鯉釣り人口を増やすため…
> ※底辺が広がれば市場広がり鯉釣りのビジネスマーケットが大きくなる的
> 発想です。
>
> この辺りが上記の「発信者側が求めるもの」の「結果」ではないかと思います…
> ※こちらもまだ私が見えてない部分があると思いますので、ご指摘よろしくです…

つまり会社である限りほとんどのことは利益が絡んでくるわけですね。
会社である以上ああしたいこうしたいというものがあっても利益という存在があるためにある程度妥協する部分があると・・・。

> では、この発想から導かれる「発信者側に求められるもの」の「結果」というのは?
> 「結果」として私が思う解答は、「鯉釣りを行う人が欲している情報を的確に発信していく」と、とらえればいいのではないでしょうか?
>
> ちょっと漠然としてしまいますが、それは多岐にわたると思います。
>
> 道具であったり、仕掛けであったり、エサ、釣り場などなど様々な情報ではないでしょうか。
> もちろん…学術的な論点から鯉釣りを楽しもうとする方もいらっしゃると思います。パンプカに特化した鯉釣りの可能性をさぐってらっしゃる方もいらっしゃると思います。
>
> それこそ…数え上げたらきりが無いくらいの鯉釣りを行う人への情報になると思います。
>
> 道具であれば…
> メーカーさんが「発信者側に求められている」道具の情報を的確に発信していると思います。
>
> エサであれば…
> マルキューさんなどが「発信者側に求められている」道具の情報を的確に発信していると思います。

新規的?仮説的?なというか、そういった中途半端な情報は無利益に写ってしまいますね。
なんとなくわかる気がします。
鯉釣り師全体に蔓延した「ああいう釣り針がほしい」とか「こういう竿がほしい」とかそういった場所を突いていく?みたいな理解でよろしいでしょうか(^^;

> それでは、最後に「個人、もしくは商業でのネット上のサイト」の役割はどうでしょう?
>
> これらのサイトに求められているのは「地域情報」であったり、「鯉釣りのネットワーク情報」、はたまた「うき釣りでの鯉釣り」、私のブログみたいに鯉釣りの派生で「草魚」といった毛細血管のようなマニアックな情報を求めている人に発信していく役割を背負っていると思います。
>
> そして、その選択肢がたくさんある中で、「欲している」「求めている」のを選ぶのはやはり個人だと思います。
>
> そう、WEB上で私が数ある鯉釣り情報発信サイトの中で違った切り口「LIGHT BLUE」さんを選んだように…やはり私にとって「欲している」「求めている」ことでしたから…
>
> そう考えたらOKIさんは鯉釣りをする人…すなわち私(uwaidon)の求めてられてた情報を発信していたことになるのではないでしょうか?

おぉ!!と思わず頷いてしまいましたが(笑)
そうですね、売り上げの8割は2割の顧客から生み出される、といった経営学の格言のように
ターゲットを絞らざるを得ない?んでしょうね。
なるほどです。

> でも今、WEB上で存在する鯉釣りサイトはどうでしょう…
>
> 大半の鯉釣りサイトって馴れ合い的なワキアイアイ、みんながんばりましょうね的なものが乱立し…
>
> まぁ~そりゃサイトの管理人たるもの八方美人でないと炎上しちゃいますから仕方ない部分もありますけど…
>
> そういった意味では、定義なんてなく日々の釣果のみで楽しくサイト運営する方向性のほうが楽ですからね。
>
> その時点で「情報発信側に求められてる」ことを放棄してるサイトなんて数知れず…
> 中には、運営ストップなんてよく見ますから…(笑

よく見るどころか大半ですよね(笑)
最終更新日が2年前とかざらにありますもんね。

> 以前にも自身のサイトで申し上げたんですが、私も含めてせっかく鯉釣りに対しての情報を欲しているのに、対応しきれてない発信側の対応ってのも問題ですね。
>
> とはいえ…情報発信を義務とするのもおかしいので、「志」があればOKではないでしょうかね?

そうですね。
私は私なりの考えた鯉釣りを発信する、それで十分条件なのかもしれません。
しかし、対応し切れていない部分(初心者向け)もフォローしたいという考えもあります。
非常に欲張りな話ですが、鯉釣りを始めた当初、情報がなくてなくて困った記憶があります。
ず~っと前にやっていた鯉釣りのトピックを初心者や上級者などに分けていたのは案外良かった、
ように思いました。

もやもやしていた、どうすればいいのか迷っていたものが明確になってきました。
そこで、話が変わりますが、当サイトの初心者向けコンテンツはまだまだ少ないでしょうか?
運営者が私一人なのでこれで十分じゃないかと一度感じてしまうと、
足りないものがあってもなかなか気付けないのです。
uwaidonさんは鯉釣りベテランだと思いますが、
このサイトにここが足りないとか、説明をもっと噛み砕くべきとか
感じるところはあるでしょうか?
もしあれば教えていただけませんか?

> だから…
>
> 私みたいな辺境ブログ「髭フェチ」での情報を欲している人がいる限り…訪問数ゼロになるまでアップし続けていこうという「志」を持って運営してます…ヘヘヘ

その心構え・・・、しみますわぁ(笑)
そして、私も常連の一人です(笑)

> 最後に…
> 鯉釣り人口増やすとっておきの方法…
>
> キムタクがかっこよく鯉釣り…失礼…カープフィッシングをしているダイワのCMがあれば10%鯉釣り師アップです(笑
>
> 韓流スターでも可です…(^^;;
>
> 男版ですと
> AKB48…(自粛
>
> ん?とっかかりだけですね…(笑
> リピーターになるかどうかはわかりません…(^^;;

今流行りの釣りガールを起用しますか?(笑)
あと、鯉の顔が綺麗に見える画像修正のアプリ・・・(笑)

> …とりとめもなく長文になってしまったことをお詫びします…m(_ _)m

一言で説明できたらこんなに苦労しないですよ(^^;
なんだったら大学のようにA4のレポートでもいいですよ(笑)

にしても、鯉釣りでこれだけ語り合わせていただいて・・・、
僕ら相当鯉釣りが好きなんですね!(笑)
 

私なりの解釈ですので...(^^;;

 投稿者:uwaidon  投稿日:2011年 4月12日(火)17時06分10秒
返信・引用
  >uwaidonさんの思う鯉釣りの情報発信側に求められるものを教えていただけませんか?
>鯉釣り自体に人気がないという大きな課題もありますが・・・(笑)

ありがとうございます。
いやはや…こんな偏屈なオヤジが教えるべき立場ではないですが(^^;;

私自身が思うだけですので、これが正解ってわけではない!って事を先に言っておきますね(笑
情報発信側というのは、大きく分類して
「TVメディア」
「出版」
「釣具店」
「メーカー」
そして…
「個人、もしくは商業でのネット上のサイト」
だと思います。※そのほかにあったらご指摘よろしくです♪

それで、「求められるもの?」として…
「結果として」鯉釣りされる方って「何求めてるの?」
いや…釣りする方って「何求めてるの?」って発想になってしまうんですよ…
私の場合…なんか受身的考えで申し訳ないです…


逆に「情報発信者側が求めてるもの」ってのは、ある程度みえてきます…

鯉釣りの「情報発信側に求めるもの」の前提の定義として、「結果どうしたいのか?」ということがあげられると思います。

上記に挙げた「TVメディア」「出版」「釣具店」「メーカー」ってのは前回私が述べさせてもらった「利益」があって成り立つものだと思います。

しかし、たしかにこの「利益」ってのは重要な要素だとは思いますが、これってのはわざわざ鯉というマイナーな魚種に光を当てなくても成立するのでは?とも感じます。だって他のメジャーな魚種の商品開発やら雑誌特集をすれば売上も多少なりとも伸びることでしょう…

って事は発信者の思惑ってなんでしょう?

● 利益を超越した啓蒙…
※社会的奉仕活動的なもの…
● 先見の明での鯉という魚にスポットをあて、このジャンルの確立をする?
※たしかに釣具メーカーって新しい商品に行き詰ってる感が否めませんからね…
● 鯉釣り人口を増やすため…
※底辺が広がれば市場広がり鯉釣りのビジネスマーケットが大きくなる的
発想です。

この辺りが上記の「発信者側が求めるもの」の「結果」ではないかと思います…
※こちらもまだ私が見えてない部分があると思いますので、ご指摘よろしくです…


では、この発想から導かれる「発信者側に求められるもの」の「結果」というのは?
「結果」として私が思う解答は、「鯉釣りを行う人が欲している情報を的確に発信していく」と、とらえればいいのではないでしょうか?

ちょっと漠然としてしまいますが、それは多岐にわたると思います。

道具であったり、仕掛けであったり、エサ、釣り場などなど様々な情報ではないでしょうか。
もちろん…学術的な論点から鯉釣りを楽しもうとする方もいらっしゃると思います。パンプカに特化した鯉釣りの可能性をさぐってらっしゃる方もいらっしゃると思います。

それこそ…数え上げたらきりが無いくらいの鯉釣りを行う人への情報になると思います。

道具であれば…
メーカーさんが「発信者側に求められている」道具の情報を的確に発信していると思います。

エサであれば…
マルキューさんなどが「発信者側に求められている」道具の情報を的確に発信していると思います。


それでは、最後に「個人、もしくは商業でのネット上のサイト」の役割はどうでしょう?

これらのサイトに求められているのは「地域情報」であったり、「鯉釣りのネットワーク情報」、はたまた「うき釣りでの鯉釣り」、私のブログみたいに鯉釣りの派生で「草魚」といった毛細血管のようなマニアックな情報を求めている人に発信していく役割を背負っていると思います。

そして、その選択肢がたくさんある中で、「欲している」「求めている」のを選ぶのはやはり個人だと思います。

そう、WEB上で私が数ある鯉釣り情報発信サイトの中で違った切り口「LIGHT BLUE」さんを選んだように…やはり私にとって「欲している」「求めている」ことでしたから…

そう考えたらOKIさんは鯉釣りをする人…すなわち私(uwaidon)の求めてられてた情報を発信していたことになるのではないでしょうか?


でも今、WEB上で存在する鯉釣りサイトはどうでしょう…

大半の鯉釣りサイトって馴れ合い的なワキアイアイ、みんながんばりましょうね的なものが乱立し…

まぁ~そりゃサイトの管理人たるもの八方美人でないと炎上しちゃいますから仕方ない部分もありますけど…

そういった意味では、定義なんてなく日々の釣果のみで楽しくサイト運営する方向性のほうが楽ですからね。

その時点で「情報発信側に求められてる」ことを放棄してるサイトなんて数知れず…
中には、運営ストップなんてよく見ますから…(笑

以前にも自身のサイトで申し上げたんですが、私も含めてせっかく鯉釣りに対しての情報を欲しているのに、対応しきれてない発信側の対応ってのも問題ですね。

とはいえ…情報発信を義務とするのもおかしいので、「志」があればOKではないでしょうかね?

だから…

私みたいな辺境ブログ「髭フェチ」での情報を欲している人がいる限り…訪問数ゼロになるまでアップし続けていこうという「志」を持って運営してます…ヘヘヘ

最後に…
鯉釣り人口増やすとっておきの方法…

キムタクがかっこよく鯉釣り…失礼…カープフィッシングをしているダイワのCMがあれば10%鯉釣り師アップです(笑

韓流スターでも可です…(^^;;

男版ですと
AKB48…(自粛

ん?とっかかりだけですね…(笑
リピーターになるかどうかはわかりません…(^^;;

…とりとめもなく長文になってしまったことをお詫びします…m(_ _)m

http://red.ap.teacup.com/uwaidon/

 

Re: うまくまとめられたかどうかは疑問ですが(笑

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月11日(月)13時00分38秒
返信・引用
  > No.60[元記事へ]

uwaidonさんへのお返事です。

> たしかに…最近、試したのはコ式でしょうか…(笑

やっぱりどこかで私たちは変化を求めているんでしょうね。
毎回、同じでは鯉釣り自体に関しては作業になってしまいますから。
四季や出会いは楽しいですけど・・・。

> いや…絶対です(^^;;

失礼しましたm(_ _)m

> メディア…
> 特に雑誌関連ですと、やはり発行部数を伸ばすという命題が、そこにはあると思うんですよ。
> 数ある魚種の中で鯉にスポットをあてて、編集しちゃうなんてこれも大冒険だと思います。
> 頭の中で「売れるわけ無いじゃん」と俺でも感じますよ。だけど、どれだけ効果があるかは知りませんが、それでも少しでも部数を伸ばす手段として、ビジュアルは大事だと思います。
> 大鯉倶楽部に関しては、インパクト重視(ここでは表紙にデカデカとドヤ顔と大鯉とのカップリング写真)
> カープフィシングに関しては、お洒落路線(いわゆるビーパル的雑誌思考)
> みたいなのが見受けられますよね。
> では、中身はといえば…科学的根拠というのは皆無で体験談やら、奮闘記…はたまたポイント紹介など…
>
> わからなくもないです…
>
> だって…
>
> 本屋で数ある釣り雑誌の中にあってやっと…やっと…
> 鯉雑誌をインパクトだけで手にとってもらって…
> さらに中身を見てもらうのに、難しいデータをふまえた論文的な記述だと、俺でも見ませんから(笑
>
> だから…
> 中身が薄い思われても仕方ないですよね…
>
> ただ…こうは書いてみても、やはり判断は個人となりますから、必要ないと思えば立ち読みだけして買わなければいいことですしね。もちろん興味がでれば買ってもいいですよね。
> この興味が出てくれた時点で出版社側の思惑…いや勝利といっていいんではないでしょうか?
>
> こうやって考えると、鯉雑誌ってのは専門書としてとらえるのではなく、フライデーのような写真週刊誌としてとらえたほうがいいですね(笑

いやはや、おっしゃる通りです。
ということは私が主張する「定言的、プロセス的な鯉釣りの展開もすべき」というものは鯉釣り雑誌ではなく、そこに写っている鯉釣り師に発信しなければいけませんね!
私はどうやら大きな勘違いをしていたようです。
気付くことができたのはuwaidonさんのおかげさまです、ありがとうございます!

今のところ情報を発信する私の武器はこのサイトしかありませんので、やはりアクセス数、集まる人数の増大が変化を生む鍵となるのでしょうか?
ちなみに現在、一日平均の訪問者数は40人前後、累計アクセスは88500です。
まだまだ少ないとは思いますが、鯉釣り人口がわからないので評価できないんです。
あとはリピーターを増やすこと、なんでしょうか・・・(悩)

uwaidonさんの思う鯉釣りの情報発信側に求められるものを教えていただけませんか?
鯉釣り自体に人気がないという大きな課題もありますが・・・(笑)
 

うまくまとめられたかどうかは疑問ですが(笑

 投稿者:uwaidon  投稿日:2011年 4月11日(月)10時16分39秒
返信・引用
  >雑誌などでボイリーを知ったら使いたくなりますし、新しい仕掛けが編み出されたら自分も使ってみたくはなりませんか?

たしかに…最近、試したのはコ式でしょうか…(笑


>その心は大切です、きっと!

いや…絶対です(^^;;


>それを聞くと情報発信側に鯉釣りの本質を求めることは間違っているように思えてきました。
となると鯉釣りチームとかに頼るしか方法はないのでしょうか?
>あとは個人の努力で・・・、う~ん・・・。

メディア…
特に雑誌関連ですと、やはり発行部数を伸ばすという命題が、そこにはあると思うんですよ。
数ある魚種の中で鯉にスポットをあてて、編集しちゃうなんてこれも大冒険だと思います。
頭の中で「売れるわけ無いじゃん」と俺でも感じますよ。だけど、どれだけ効果があるかは知りませんが、それでも少しでも部数を伸ばす手段として、ビジュアルは大事だと思います。
大鯉倶楽部に関しては、インパクト重視(ここでは表紙にデカデカとドヤ顔と大鯉とのカップリング写真)
カープフィシングに関しては、お洒落路線(いわゆるビーパル的雑誌思考)
みたいなのが見受けられますよね。
では、中身はといえば…科学的根拠というのは皆無で体験談やら、奮闘記…はたまたポイント紹介など…

わからなくもないです…

だって…

本屋で数ある釣り雑誌の中にあってやっと…やっと…
鯉雑誌をインパクトだけで手にとってもらって…
さらに中身を見てもらうのに、難しいデータをふまえた論文的な記述だと、俺でも見ませんから(笑

だから…
中身が薄い思われても仕方ないですよね…

ただ…こうは書いてみても、やはり判断は個人となりますから、必要ないと思えば立ち読みだけして買わなければいいことですしね。もちろん興味がでれば買ってもいいですよね。
この興味が出てくれた時点で出版社側の思惑…いや勝利といっていいんではないでしょうか?

こうやって考えると、鯉雑誌ってのは専門書としてとらえるのではなく、フライデーのような写真週刊誌としてとらえたほうがいいですね(笑

http://red.ap.teacup.com/uwaidon/

 

もしかして

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月 8日(金)19時36分3秒
返信・引用
  uwaidonさんの最後の一言が効果絶大でした。

もしかして、私は鯉釣り雑誌に期待しすぎてしまったんでしょうか?
よくよく考えればそれはリアルな報告で、面白くないってことは僕ら鯉釣り師が面白くないってことなんですよね・・・
私が違う見方をして鯉釣りを深め、面白くしてやるって野望を持った時点でもう趣味ではないのかもしれませんね。
でも、スッキリはしました(笑)
 

Re: また抽象的な文章ですけど(笑

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月 8日(金)19時21分4秒
返信・引用
  > No.57[元記事へ]

uwaidonさんへのお返事です。

> ん~…たしかに…
> 例えば、鯉釣り初心者がバイブルとしてその雑誌を見たときに、釣る事のアプローチとして、ちょっと混乱を生むという可能性はありますね。
> ただ、そこは自分で修正していく事は可能なのかな?と思いますね。やはり鯉釣りに入る前段階でなにかしら他の釣りは経験してきてると思いますから、応用として情報をどうやって自分のものにしていくかという楽しみも出来るんではないかと…
> 個人的にはそれはアリかなと思います。自分で考える能力を養う上でですが…

ある程度、遊び?選択肢?といいますかそれは重要ですね!
自分であーだこーだ考えるのも確かに楽しいです。

> 全然、大丈夫ですよ(^0^)
> シーズンインしてしまうと、もう鯉モードに入っちゃますから(笑

私が一方的に話してしまって申し訳ないです・・・orz
私もuwaidonさんのように大人の対応をしなくてはいけませんね(^^;反省です。

> う~ん…そこまで止まり…ですかぁ~…
> 私は現状で満足しているとかではなく、それが今の私にとってベストなのかもしれません。
> モチベーションのオンオフは絶対必要ですからね♪

雑誌などでボイリーを知ったら使いたくなりますし、新しい仕掛けが編み出されたら自分も使ってみたくはなりませんか?

> なんか…もっとかっこいい言い方すると…
> 少年時代の心に戻れるんです!(笑

その心は大切です、きっと!

> たしかに記載してあるのってほんとにわずかですよね。ただそれにも個人的に疑問符が付きます…
> 例えば…
> 「鯉は学習能力が高くて、ボイリーの栄養価を本能でわかって、人間みたいに今日は甘いものが必要だから、今日は産卵前だから味の濃いものをとか考えてるんですよ。そして鯉は今、自分の体に何が必要かをわかっていてボイリーを食しているんです」的なのを見たりして…
>
> 私は学者じゃないからよくわからんですけど…
> こんな疑問が…
> 「ん~??ほんとにそうなの?」と…(^^;;

私も学者ではありませんが、その文に対しては先ほどのコメントと同じ返答です。
「>ボイリーは釣れる餌だ、こうすれば釣れます、じゃあなんで?って問うとそれがしっかり記載してある記事なんてごくわずか、いや全くないくらいですね。」
その学習能力が高いって何と比較して?産卵前になぜ味の濃いもの?味の濃いものって何?鯉にとっての甘い、濃いって何?というように様々な疑問が私も浮かびます。
全く具体的ではありませんので、uwaidonさんが疑問に感じるのは当然だと思います。
恐らく、そのことを言った方は自分の釣果から想像した鯉の姿なのではないでしょうか?
私の言うしっかり記載してある記事(内容が具体的、数値、指標で表されている)でないのは確かですね。

> なるほど…そういった側面の分析って今までなかったですよね。
> たしかに鯉釣りって…とっかかりの道具でつまづいてしまいそうです。でもまぁ~投げ竿と4号が巻いてあるリールさえあれば、なんとかなりますけどね(^0^)

道具や餌というのはヨーロッパスタイル一式とボイリーのことを指したつもりなんですが・・・、すみません。

> ここの部分に関しては、はちょっといろいろと難しい側面がありますね。
> ちょっとうまくまとめれないので、次回、文章をまとめじっくりと掘り下げたいと思います…
>
> やはり情報発信側も利益追求って側面がありますから的な話です。

それを聞くと情報発信側に鯉釣りの本質を求めることは間違っているように思えてきました。
となると鯉釣りチームとかに頼るしか方法はないのでしょうか?
あとは個人の努力で・・・、う~ん・・・。

> いやいや…
> 読み応えがあって楽しいですよ♪こんなに議論できるなんて素晴らしいことです!

ありがとうございますm(_ _)m
 

また抽象的な文章ですけど(笑

 投稿者:uwaidon  投稿日:2011年 4月 8日(金)17時55分14秒
返信・引用
  >もちろん、釣法や餌などネタが異なれば干渉し合うことはないでしょうけど、記事で述べたようにネタが被ったとき「仕掛けをビーズに付ける方もいれば仕掛けをシンプルにする方もいる」と言った矛盾が生まれてしまうんです。
>雑誌から引っ張り出してきた情報ですが、ここまでは両者ともに曖昧で見る側も混乱しますし、鯉釣り自体もそこまでのものになってしまいます。

ん~…たしかに…
例えば、鯉釣り初心者がバイブルとしてその雑誌を見たときに、釣る事のアプローチとして、ちょっと混乱を生むという可能性はありますね。
ただ、そこは自分で修正していく事は可能なのかな?と思いますね。やはり鯉釣りに入る前段階でなにかしら他の釣りは経験してきてると思いますから、応用として情報をどうやって自分のものにしていくかという楽しみも出来るんではないかと…
個人的にはそれはアリかなと思います。自分で考える能力を養う上でですが…



>そこまで否定するつもりはなかったのですが、すみません、やはり私の言葉選びが下手ですね(^^;
>趣味なんですから、どっぷりも浅いもなくて良いと思います。
>むしろ私は鯉釣り名人様!みたいなのは苦手ですから(笑)
>でも趣味だからこそ面白い、熱中できるはずです。

全然、大丈夫ですよ(^0^)
シーズンインしてしまうと、もう鯉モードに入っちゃますから(笑


>仕事ではないんですから飽きるのも打ち込むのもこちらのモチベーション次第ですが、熱中しようとしても熱中できない、引き寄せらない時はこちらが問題ではなく鯉釣り自体がそこまで止まりな現状があるからではないでしょうか?

う~ん…そこまで止まり…ですかぁ~…
私は現状で満足しているとかではなく、それが今の私にとってベストなのかもしれません。
モチベーションのオンオフは絶対必要ですからね♪


>非常にわかります(笑)
>だからこそ、気持ち悪い!って感じるほうがモンスターっぽくて良いと思うんですけどね、う~ん・・・。
話が逸れてしまいましたが、モンスターだ!ワクワク!というファーストコンタクトは鯉の場合良い方です。

なんか…もっとかっこいい言い方すると…
少年時代の心に戻れるんです!(笑

>でも、もし釣り番組だったら・・・。
>最初で釣り人がデカイもじりを発見!見ている側はどんなモンスターだ、ワクワク!で、最後まで見て結局釣れませんでした、来週は違うネタで~す。となると見ている側はオイ!ってなりませんか?
>ワクワク感を否定することでは全くありません。
>人間という生き物は欲がありすぎるのか、探求心があるのかわかりませんが、番組、すなわち釣りを面白くしていく側がこれでは僕らは納得できないんじゃないでしょうか?

よぉ~~~くわかります!!
まるでUFO特番とかで、伸ばして伸ばして結果、たいしたこと無い映像だとか、結局UFOは写ってなかったとかだったら「おい!なんだよぉ~~!!!時間返してくれ!」って思いますもん(笑


>しかし、手が汚れません、カッコイイですなんて上っ面の話で鯉釣りの本質かどうかに関しては論外です。
>それは鯉釣りが奥深くなって、面白くなって、それからの話です。
>ボイリーは釣れる餌だ、こうすれば釣れます、じゃあなんで?って問うとそれがしっかり記載してある記事なんてごくわずか、いや全くないくらいですね。

たしかに記載してあるのってほんとにわずかですよね。ただそれにも個人的に疑問符が付きます…
例えば…
「鯉は学習能力が高くて、ボイリーの栄養価を本能でわかって、人間みたいに今日は甘いものが必要だから、今日は産卵前だから味の濃いものをとか考えてるんですよ。そして鯉は今、自分の体に何が必要かをわかっていてボイリーを食しているんです」的なのを見たりして…

私は学者じゃないからよくわからんですけど…
こんな疑問が…
「ん~??ほんとにそうなの?」と…(^^;;


>ヨーロッパスタイルに関してはこのようにただの上澄み情報、すなわち結果を横流し状態ですよ。
>だから、まだ長年やってきたダンゴのほうが信頼できる、道具も餌も高いしやりませんってなるのではないでしょうか?
>要は鯉釣りそのものは何も変わっていないんです。

なるほど…そういった側面の分析って今までなかったですよね。
たしかに鯉釣りって…とっかかりの道具でつまづいてしまいそうです。でもまぁ~投げ竿と4号が巻いてあるリールさえあれば、なんとかなりますけどね(^0^)

>情報発信側がこのやり方である以上、鯉釣りが面白いってことにはならない、面白いって感じたとしてもいずれ飽きるのではないでしょうか?

ここの部分に関しては、はちょっといろいろと難しい側面がありますね。
ちょっとうまくまとめれないので、次回、文章をまとめじっくりと掘り下げたいと思います…

やはり情報発信側も利益追求って側面がありますから的な話です。


>文が長くてすみません(T-T)

いやいや…
読み応えがあって楽しいですよ♪こんなに議論できるなんて素晴らしいことです!

http://red.ap.teacup.com/uwaidon/

 

Re: こんな感じです...

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月 8日(金)14時38分41秒
返信・引用
  uwaidonさんへのお返事です。

> 奥深さには人それぞれの違ったアプローチからのこだわりがありますので、なんとも言えないですけど…

鯉釣り師一人一人は己のやり方で良いと思うんです。
何たって好きな趣味なんですから。
でも全体を見たとき、鯉釣りは結果が圧倒的であることはまずい。
要は「それぞれの違ったアプローチ」は元を辿れば同一で、実はそれぞれになっていないんじゃないでしょうか?
もちろん、釣法や餌などネタが異なれば干渉し合うことはないでしょうけど、記事で述べたようにネタが被ったとき「仕掛けをビーズに付ける方もいれば仕掛けをシンプルにする方もいる」と言った矛盾が生まれてしまうんです。
雑誌から引っ張り出してきた情報ですが、ここまでは両者ともに曖昧で見る側も混乱しますし、鯉釣り自体もそこまでのものになってしまいます。

> 面白さについては単純明快な豪快な面白さの反面、プロセス派には物足りないような気がしますね。
> また他の釣りと比較するのもなんなんですけど、ヘラの奥深さには足元にも及びませんね…
> この…他の釣りと比較すること自体が、鯉釣りをする人の劣等感のカタマリなのかな?(笑

それは否めないですね(笑)
僕らはどこかで鯉釣りが物足りなさを感じているような気がします。

> たしかに気持ち悪いだけではマイナーになる根拠としては乏しいですけど、私のまわりはすべてそれでした(笑

それはそれでとても悲しいですね(笑)

> 今はボイリーフィッシングというスマートな鯉釣りがありますから大丈夫かと思いますが…
> 他にも…
> ターゲット生息地が自然とは正反対な川に多い?
> ダンゴ臭くなる。
> エサ作るのがめんどくさい。
> お洒落じゃない。
>
> オヤジっぽい。
> 人を寄せ付けない釣り師。
> 威圧感…
>
> などなど…といったのが挙げられるかと思います。
>
> 下記のほうになればなるほど、もう鯉釣りに関してではなく人間性の問題のような…

そうですね。
鯉釣りそのものからどんどん離れているような気がします。

> ははは…図星ですね(笑
> 趣味の範囲の中でしたら、やはりどっぷりではないですね。
> 雑誌等に登場する鯉一筋みたいな名人様に対して失礼ですね(^^;;

そこまで否定するつもりはなかったのですが、すみません、やはり私の言葉選びが下手ですね(^^;
趣味なんですから、どっぷりも浅いもなくて良いと思います。
むしろ私は鯉釣り名人様!みたいなのは苦手ですから(笑)
でも趣味だからこそ面白い、熱中できるはずです。
仕事ではないんですから飽きるのも打ち込むのもこちらのモチベーション次第ですが、熱中しようとしても熱中できない、引き寄せらない時はこちらが問題ではなく鯉釣り自体がそこまで止まりな現状があるからではないでしょうか?

> それでは…
> いろいろと日々の中で淘汰されてきた趣味の中で一番根本に残ってるのが「鯉釣り」ってのはどうでしょう?(笑
> 小さいころから釣りにハマっている私が、様々な釣りのジャンルの中で一番ハマッてるのはやはり鯉釣りからですね…(^^;;
>
> では、言い方を言い訳っぽく書いてみましょう(笑
>
> この釣りってやはり、都会の川でモンスターを釣り上げるとこにこそ最大の魅力があると思います。
> あのワクワク感はオッサンになった今でも持ち続けてます♪

非常にわかります(笑)
だからこそ、気持ち悪い!って感じるほうがモンスターっぽくて良いと思うんですけどね、う~ん・・・。
話が逸れてしまいましたが、モンスターだ!ワクワク!というファーストコンタクトは鯉の場合良い方です。
でも、もし釣り番組だったら・・・。
最初で釣り人がデカイもじりを発見!見ている側はどんなモンスターだ、ワクワク!で、最後まで見て結局釣れませんでした、来週は違うネタで~す。となると見ている側はオイ!ってなりませんか?
ワクワク感を否定することでは全くありません。
人間という生き物は欲がありすぎるのか、探求心があるのかわかりませんが、番組、すなわち釣りを面白くしていく側がこれでは僕らは納得できないんじゃないでしょうか?

> 裏を返せば、そうですね…
> 好きだからこその提言って感は強いです。
>
> しかし…
> 本当になんでこれだけ鯉釣りに人気が出ないのか、正直、本質を突いた回答を読んだことが無いので、OKIさん!そこらへんをヨロシクですm(_ _)m

私はまだまだ未熟ですから自信はありませんよ(笑)
むしろ、uwaidonさんに否定していただきたいくらいです。
そのほうが考えが煮詰まりますし、間違いにも気付きますから。
でももし答えるとするならば、鯉釣りに人気がないのは進歩性がないからではないでしょうか?
例えば、ヨーロッパスタイルが日本に来て鯉釣りのバリエーションが増えました。
非常に喜ばしいことです。
しかし、手が汚れません、カッコイイですなんて上っ面の話で鯉釣りの本質かどうかに関しては論外です。
それは鯉釣りが奥深くなって、面白くなって、それからの話です。
ボイリーは釣れる餌だ、こうすれば釣れます、じゃあなんで?って問うとそれがしっかり記載してある記事なんてごくわずか、いや全くないくらいですね。
ヨーロッパスタイルに関してはこのようにただの上澄み情報、すなわち結果を横流し状態ですよ。
だから、まだ長年やってきたダンゴのほうが信頼できる、道具も餌も高いしやりませんってなるのではないでしょうか?
要は鯉釣りそのものは何も変わっていないんです。
情報発信側がこのやり方である以上、鯉釣りが面白いってことにはならない、面白いって感じたとしてもいずれ飽きるのではないでしょうか?

文が長くてすみません(T-T)
 

こんな感じです...

 投稿者:uwaidon  投稿日:2011年 4月 8日(金)09時28分32秒
返信・引用
  >uwaidonさんへのお返事です。
>掲示板に書き込んでいただき、ありがとうございます!
>長々ほったらかしにして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

いえいえこちらこそ、返信してくれるだけで感謝です♪

>しかし、雑誌や私の持つようなWebサイトを含め情報を発信する側全てがいつまで経っても待ち時間の有>意義さやプロセスのせいにするただの失敗言い訳の釣り一点張りではいけません。
>なぜなら鯉釣りそのものは面白くも、奥深くもなっていないからです。

奥深さには人それぞれの違ったアプローチからのこだわりがありますので、なんとも言えないですけど…
面白さについては単純明快な豪快な面白さの反面、プロセス派には物足りないような気がしますね。
また他の釣りと比較するのもなんなんですけど、ヘラの奥深さには足元にも及びませんね…
この…他の釣りと比較すること自体が、鯉釣りをする人の劣等感のカタマリなのかな?(笑



>釣りのターゲットにはイカやタコの軟体動物、鯉に近いものではヘラブナなど実に多彩な種類が挙げられます。
>生理的に受け付けられない方もいるとは思いますが、ただ気持ち悪いという理由だけでここまでマイナーになるものなのでしょうか?
>鯉のぼりやニシキゴイなど鯉って誰でも知っているような魚です。
>もちろん、実際に陸に上げたときのギャップはあるとは思いますが・・・

たしかに気持ち悪いだけではマイナーになる根拠としては乏しいですけど、私のまわりはすべてそれでした(笑
今はボイリーフィッシングというスマートな鯉釣りがありますから大丈夫かと思いますが…

他にも…
ターゲット生息地が自然とは正反対な川に多い?
ダンゴ臭くなる。
エサ作るのがめんどくさい。
お洒落じゃない。

オヤジっぽい。
人を寄せ付けない釣り師。
威圧感…

などなど…といったのが挙げられるかと思います。

下記のほうになればなるほど、もう鯉釣りに関してではなく人間性の問題のような…


>でもどうでしょう、少々失礼なことを言わせていただきますが、ブログをいつも拝見させていただいてい>る私からの質問で、uwaidonさんは本当にどっぷりとつかっていますか?

ははは…図星ですね(笑
趣味の範囲の中でしたら、やはりどっぷりではないですね。
雑誌等に登場する鯉一筋みたいな名人様に対して失礼ですね(^^;;

それでは…
いろいろと日々の中で淘汰されてきた趣味の中で一番根本に残ってるのが「鯉釣り」ってのはどうでしょう?(笑
小さいころから釣りにハマっている私が、様々な釣りのジャンルの中で一番ハマッてるのはやはり鯉釣りからですね…(^^;;

では、言い方を言い訳っぽく書いてみましょう(笑

この釣りってやはり、都会の川でモンスターを釣り上げるとこにこそ最大の魅力があると思います。
あのワクワク感はオッサンになった今でも持ち続けてます♪


>私たちが雑誌に文句をつけることと鯉釣りに人気がないこと、原因が同じではないですか?
>私たちが雑誌に文句を言うこと、それは鯉釣りが面白くなくなってしまいそうで怖いんじゃないかなぁ、と・・・。

裏を返せば、そうですね…
好きだからこその提言って感は強いです。

しかし…
本当になんでこれだけ鯉釣りに人気が出ないのか、正直、本質を突いた回答を読んだことが無いので、OKIさん!そこらへんをヨロシクですm(_ _)m

http://red.ap.teacup.com/uwaidon/

 

Re: 個々の意見はあると思いますが私は...

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月 7日(木)22時48分59秒
返信・引用
  > No.53[元記事へ]

uwaidonさんへのお返事です。
掲示板に書き込んでいただき、ありがとうございます!
長々ほったらかしにして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

> ①.今の鯉釣りは釣果に依存しているという管理人の意見に反対ですか?賛成ですか?
>
> ちょっと賛成ですかね…
>
> ②.反対、もしくは賛成である理由は何ですか?
>
> たぶん人はみんなかっこいいことを言います。
> それはエサを投入して、待ってる時間にいろんな事が出来る喜びみたいなことやら、釣るまでのプロセスが大事たみたいなことを…
> でも、それは釣れなかったときの言い訳みたいな気がして…
> 事実、そういった事をよく自身のブログに書いたこともしばしば(笑

ブログでも言いましたが、このテーマ自体は鯉釣り師一人一人に向けたものではありません。
まぁ、私の書き方が悪いので申し訳ないのですが・・・。
鯉釣り師一人一人は思いっきり鯉釣りを楽しめばいい。
しかし、雑誌や私の持つようなWebサイトを含め情報を発信する側全てがいつまで経っても待ち時間の有意義さやプロセスのせいにするただの失敗言い訳の釣り一点張りではいけません。
なぜなら鯉釣りそのものは面白くも、奥深くもなっていないからです。

> でも…
> 本音はやはり、週一くらいでしか行けない鯉釣りでは釣果が欲しいですよ…
> だけど…焦っても仕方ないという気持ちもチラホラ…
> 結局、釣りに行った人の中で誰かしか釣果があれば、満足しちゃう私もいます。

これも私の書き方が問題ですね、すみません(^^;
別に釣れなくてもいいよ!って言いたいわけではないんです。
私だって理由がわからずともガツガツ釣れたら大喜びですよ(笑)
着目する点、言いたいことは上記で述べた通りです。

> ③.鯉釣りが人気になるにはどうすればいいと思いますか?
>
> 人気にならなくてもいい!という選択肢はないですかね?(笑
>
> といいますのも…やはり昔は是非ともこんな面白い鯉釣りの魅力をみんなにも知ってもらいたい!と思っていたんですが、やはり反応はイマイチで一緒に行った様々な人たちもリピーターにはなりえなかったです。やはりキモイという抽象的な理由が圧倒的でした(笑

釣りのターゲットにはイカやタコの軟体動物、鯉に近いものではヘラブナなど実に多彩な種類が挙げられます。
生理的に受け付けられない方もいるとは思いますが、ただ気持ち悪いという理由だけでここまでマイナーになるものなのでしょうか?
鯉のぼりやニシキゴイなど鯉って誰でも知っているような魚です。
もちろん、実際に陸に上げたときのギャップはあるとは思いますが・・・。

> それに思うんですが、この鯉釣りにどっぷりとつかっていますと…
> 今でこそボイリー効果?で紹介される回数が多くなってきてはいますが、やはり…
> 釣り番組で紹介される回数が少ない=人気なしみたいな感じがしてきて、あきらめてます。
>
> それならそれで、こっそりとこの誰も知らないマニアックな魅力を独り占めしてしまおうという思惑がふつふつと沸いてきます…
>
> ちょっと具体的ではないですが、こんな感じです…

ちょっとした独占欲に近いものですか?(笑)
わかります、人気にならなければ釣り場が混むことも魚が極度にスレることもありませんからね(^^;
でもどうでしょう、少々失礼なことを言わせていただきますが、ブログをいつも拝見させていただいている私からの質問で、uwaidonさんは本当にどっぷりとつかっていますか?
私たちが雑誌に文句をつけることと鯉釣りに人気がないこと、原因が同じではないですか?
私たちが雑誌に文句を言うこと、それは鯉釣りが面白くなくなってしまいそうで怖いんじゃないかなぁ、と・・・。
 

個々の意見はあると思いますが私は...

 投稿者:uwaidon  投稿日:2011年 4月 7日(木)18時00分11秒
返信・引用
  ①.今の鯉釣りは釣果に依存しているという管理人の意見に反対ですか?賛成ですか?

ちょっと賛成ですかね…


②.反対、もしくは賛成である理由は何ですか?

たぶん人はみんなかっこいいことを言います。
それはエサを投入して、待ってる時間にいろんな事が出来る喜びみたいなことやら、釣るまでのプロセスが大事たみたいなことを…
でも、それは釣れなかったときの言い訳みたいな気がして…
事実、そういった事をよく自身のブログに書いたこともしばしば(笑
でも…
本音はやはり、週一くらいでしか行けない鯉釣りでは釣果が欲しいですよ…
だけど…焦っても仕方ないという気持ちもチラホラ…
結局、釣りに行った人の中で誰かしか釣果があれば、満足しちゃう私もいます。


③.鯉釣りが人気になるにはどうすればいいと思いますか?

人気にならなくてもいい!という選択肢はないですかね?(笑

といいますのも…やはり昔は是非ともこんな面白い鯉釣りの魅力をみんなにも知ってもらいたい!と思っていたんですが、やはり反応はイマイチで一緒に行った様々な人たちもリピーターにはなりえなかったです。やはりキモイという抽象的な理由が圧倒的でした(笑

それに思うんですが、この鯉釣りにどっぷりとつかっていますと…
今でこそボイリー効果?で紹介される回数が多くなってきてはいますが、やはり…
釣り番組で紹介される回数が少ない=人気なしみたいな感じがしてきて、あきらめてます。

それならそれで、こっそりとこの誰も知らないマニアックな魅力を独り占めしてしまおうという思惑がふつふつと沸いてきます…

ちょっと具体的ではないですが、こんな感じです…

http://red.ap.teacup.com/uwaidon/

 

しかしながら

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月 6日(水)04時20分54秒
返信・引用
  約1年間もほったらかしだったので誰も来ませんよねぇ(^^;
反省・・・。
なので、来なかったとしても管理人は気長に待っております。
 

「釣果への依存」

 投稿者:Oki  投稿日:2011年 4月 6日(水)04時10分25秒
返信・引用
  今回の議題は「釣果への依存」です。
管理人は結果からしか見ていないことが鯉釣りへ悪影響を与えていると考えています。
管理人の意見は詳しくは下記のページに記載されています。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~light-blue/we-tal-11.html
皆様の意見をお聞きしたく、これを議題とし、下記に質問をご用意させていただきました。
よろしくお願い致します。

①.今の鯉釣りは釣果に依存しているという管理人の意見に反対ですか?賛成ですか?
②.反対、もしくは賛成である理由は何ですか?
③.鯉釣りが人気になるにはどうすればいいと思いますか?
質問は以上です。
 

Re: 遅れまして...

 投稿者:おおき  投稿日:2010年 3月 1日(月)13時53分29秒
返信・引用
  > No.48[元記事へ]

uwaidonさんへのお返事です。

> すみません。最近ちょっと拝見してなかったので…
> 乗り遅れてしまいましたけど...あらためて…(^^;;

いえいえ、お体お大事にしてくださいね。

> 直接的ではないですけど、『2ちゃん』なんかでみるとそういった場所占拠ってのは持ち回りで倶楽部とかでまわしたり、常に竿を入れてる番人みたいなのがいるそうですね。

少人数の釣行で釣果を報告し合うならまだしも、大人数に押し掛ける倶楽部は正直言ってあまり良いイメージはないですね。
鯉釣りの倶楽部に限ったことではないと思いますが・・・。

> ②.①の問いにあると答えた方は、どういった内容でしたか?
>
> ゴミにつきます!中には壊れた簡易イスとかを不法投棄してる輩もいました。

それはまた大きなゴミを・・・。
私は捨てた現場自体はたばこくらいですけど、河原にはオモリやら鯉釣りの仕掛けやら落ちているので鯉釣り師が捨てているのは明白なんですよね。

> ③.鯉釣り師のマナー違反者を減らしていくにはどういった策が必要だと思いますか?
>
> これがわかれば…
>
> 言ってもわからんような自己中な奴らは何言ってもダメですって…

自分でお題を設定しておいてなんですが、私もそう思います。
それこそ回心体験のような人生を変える出来事でないと・・・。

> 啓蒙していくしかないのかな?って思っています。
> 『マナー違反=悪』みないな図式をして広告機構のCMみたくね。それでも急激に減る事はないでしょうが、やらないよりはマシです。
>
> ちょっと曖昧な感じですけど、解決とまではいかないけどこの件関してはまたいろいろと案考えたいですね。

麻薬やら万引きのポスターみたいになってしまいますが、呼びかけるしかないですよね。
趣味の世界だからこそ少し考えてもらえたらこんなことをする必要はないのですが・・・。
 

レンタル掲示板
/4