Reload

●α通信28号 :2020年1月発行予定
●α58号(冬)テーマ:「笑う」 風野 茜提供 
●57号(秋)テーマ[共感覚]:合評 : 5.山荘便り四(古賀和彦)12月2日~  
(1.肥と筑 第四十七回  2.雑多な日々-小鳥とりどり) 3.瀬戸内青年史―大学波瀾時代 4.老いと詩境 二) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


レンズの向こう/秋/燃える

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年12月10日(火)18時07分7秒
返信・引用
 

この夏と秋、猛暑と台風続きだった日本にもちゃんと寒い冬がやってきました。
真っ赤に燃え上がる木々の紅葉、これがあの熱い時期や風雨の中でやってくるのを想像す
るだけで、ちょっと引いてしまいます。ますます暑苦しく、またはおどろおどろしく感じ
ることでしょう。寒い中、真っ赤に染まる風景を見るだけで、体も心も温まってきます。
自然はうまくできているようです。

      

                                
                                (Photo by I.Takeuchi 2019.12.6)

131

 

レンズの向こう/秋/もふもふ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年12月 8日(日)14時27分3秒
返信・引用
 

ご無沙汰しています。
見事な紅葉の写真で覚醒。まずは、溢れるばかりの色とりどりの落ち葉の風景から。
地上を埋め尽くす山盛りの落ち葉は、贅沢な絨毯、布団、マット…。
「ふわふわ」、「もこもこ」というより「もふもふ」がぴったりでしょうか。
枝から離れ落ちても生きて呼吸ををしているような、暖かさを感じます。

            

 

            
            (Photo by I.Takeuchi 2019.11.28)

104

 

首里城の火災保険

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年11月 6日(水)11時22分58秒
返信・引用
  県知事は火災を聞いて出張先韓国から急遽帰国→火災跡見学→官邸に行き再建支援要請。
那覇市では早速クラウドファンディング(民間からの寄付金受付運動)だ。
のんびり沖縄のイメージとはかけ離れたあまりに素早い資金集め行動だ。

保険を多少なりともかじってきた者としては、あの大規模火災被害を見て直ぐに気にな
ったのが“事故原因”そして“保険”だった。本日ようやく新聞に保険加入のことが掲
載されていた。
記事によると…
保険契約者 :沖縄美ら島財団(首里城の管理を委任された団体)
保険目的  :洋博公園 + 首里城公園
保険金額  :70億   (上記二つ合わせて)
保険金受取人:国
保険料  :294万円/年
引受保険会社:不明 (共同保険?)


今回被災した首里城は1、986~2018年度の33年間で約240億円をかけて復元したという
から、それ以上の費用がかかることだろう。保険金額70億、どこからはじき出したのだ
ろう、気になるところだが、いずれにせよ保険金と寄付金ではとてもまかなえことだけ
は確かだ。

参照
「首里城の火災保険詳細、県把握せず 県議会審議で管理責任に批判集中」
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1020876.html (琉球新報)  他

757

 

個人作品集アップのお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年10月27日(日)11時26分42秒
返信・引用
  斜光24号、牟田・古賀作品に続き、博田喜美子、竹内一郎の二作をアップしました。

 緩やかに穏やかに流れる著者の暮らしぶりを綴る「近頃のあれやこれや」シリーズです。
作品の中に著者が学生時代に小冊子に寄せた「カメラの目」が印象に残ります。“自分の
本物の眼でじっくりと物事をみる”半世紀ほど前に書かれたというのに、今まさに問われ
ているような気分になります。なるほど、本物の眼でみて感じたことだからこその、説得
力というか素直さというか、味わいが出てくるのですね。博田作品のヒ・ミ・ツを垣間見た
ような気分です。
別枠で掲載されたコラム(P211)、短い文章ですが旅さきでのお孫さんとの会話も実に面
白い。7才の子の眼も“本物”。大人からの問いかけに対するその答えも本物。
 昨年でしたか、ちょっとした御縁でミッドウェー海戦を取り上げた小冊子の編集に携わ
りました。これを切っ掛けに戦艦なるものに興味を初めてもちました。この夏のNHKスペ
シャルで取り上げた『武蔵』、『大和』も食い入るように観たものです。
そしてこの作品…。「戦艦」の登場から消え去るまでの約100年の歴史が興味深い。

■博田 喜美子
『近頃のあれやこれや』
https://9322.teacup.com/create01/bbs/30

■竹内 一郎
『日本の戦艦』
https://9311.teacup.com/create01/bbs/45

652

 

個人作品集アップのお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年10月24日(木)15時12分53秒
返信・引用 編集済
   牟田元明、古賀和彦両氏の「斜光」24号寄稿作品をアップしました。

 “タカラジェンヌの足長おじさん”のもう一つの顔が“シネマおじさん”。
そう言えば牟田作品との最初の出会いは、今から約30年ほど前に発行された『青春のあ
の日』に掲載された「暗がりの中の青春ー高校時代の思い出の映画」でした。そう、宝塚
の前に映画があったのです。文中懐かしい映画のタイトルが出てくるわ出てくるわ、和洋
合わせて50本近く…これまでその何倍もの映画をごらんになったことでしょう。社会的
背景をからませ映画の変遷を見事に語ってくれています。個人的には「左派的心情から脱
けきらない邦画」「めざすべきはイデオロギーヒューマニズム」に激しく同意。
 古賀氏は今年もエイプリルフールをぶつけてきました。日月神社で繰り広げられる飼い
猫『モロ』と、山雀『エノケン』のそれぞれお祓いとおみくじ受け渡しの様子が何とも愛
らしい。いかにも富士山麓の高天原のできごと。そこの現住民である著者だからこそ、嘘
にも僅かながらの信憑性を帯びてくるから不思議。モロ君の登場で、佐賀の化け猫騒動の
陰鬱なイメージを払拭してくれるといいのですが。(笑)

■牟田 元明
『左派的心情―私的映画論』
https://9328.teacup.com/create01/bbs/30

■古賀 和彦
『二○一八年度エイプリルフール』
https://6218.teacup.com/alphadata09/bbs/26

610

 

肥と筑 第四十七回を読んで

 投稿者:万理久利  投稿日:2019年10月22日(火)20時00分12秒
返信・引用
  著者が選んだα57号のテーマ「共感覚」そして座禅していると思われる人物を背景に描かれた三つの梵字、薄ぼんやりとイメージだけは浮かぶがそのイメージすら覚束ない。
ただ、少し前にテレビで並外れた記憶力をもつ若者が登場して、共感覚を有する人物とし紹介されていたのを思い出した。
さあ、まずは前書きを読んで心の準備、自分が苦手とする内容が盛りだくさんの『肥と筑』本文に突入したが、どうも頭の中の整理がつかない。そこで胎蔵と金剛界二つの曼荼羅がしきりに登場し始めた第四十四回(α54号)に遡って読み返した。
四十四回でとりあげていた日本人特有の正副構造・特有の日本語表示が、今回の「共感覚」にたどり着くまでには一連の流れがあるようだ。知識に欠ける私のような読者にも理解しやすいように丹念に繰り返し説明してくれているようでもある。

理解不足でうまく纏まった文を書けないので以下感想をランダムに
●求聞持法
記憶力を如何に高めるか…これは厖大な量の佛典を伝えて行くには、豊富な紙もましてやパソコンもFAXも電話も無い時代、人間の記憶力に頼るしかなかったはずだ。それを過酷な修行によって身に付けてしまうとは。修行を単に精神修養の一環として捉えていたが、佛教が広まる当初は少なくとも“抜群の記憶力を獲得する”という現実に迫られた必用性があったようだ。

●その求聞持法によって記憶力を飛躍的に高めるのはどうやら、左脳が記憶の蓄積場、すり合わせ場、意識の場になっているところを、もっぱら感覚的直感的俯瞰的無意識的な場になっている右脳を活用し、さらに左脳と右脳を結びつけることで可能になるらしい。一見途方も無いオカルト的な現象のように思えるが、理論的にも十分納得できる。地球が丸いこともエジソンの光を放つ電球も巨体で走る汽車も空飛ぶ飛行機も初めはオカルトだった。

●胎蔵、金剛界ふたつの曼荼羅の構図と右脳、左脳の働き/関係に着目したところが実に新鮮でかつ興味深い。記憶、意識の流れを考える上で、これまで著者が“しつこく”曼荼羅について解説してきた理由がわかるような気がした。ふたつの曼荼羅の意味、違いを頭に入れた上で読み進めると度合いや方向性は別としてもより理解しやすくなる。

●母体の中で聞いた羊水の音、潮騒のの音
言葉が無いまだ赤ん坊(胎児の頃も)の頃の記憶は音楽(情緒)脳に納められ、言葉を使うようになり言語(論理)脳が優位を占めるようになると、歩調を合わせるように発達した海馬によって幼少時代の記憶を引き出すことができなくなる。確かに胎児の記憶や赤子であった頃の記憶は殆どの場合消えている、言葉にして再現できるものはない。潮騒の音に安らぎを感じたり、母親の胎内、羊水に浮かんでいる安堵感をふとした時に思い起こすのは、後付けの作られた記憶なのだろうか。遠い昔の海人族のDNAが受け継がれ、無意識のうちに潮騒の音の記憶、羊水に浮かぶ感覚がむくむくっと反応するのだろうか。

●今の季節、虫の音が賑やかにそれでいて情緒たっぷりに耳に入ってくる。猛暑が続いた夏の後、虫の音はいっそう心に染み渡る。虫たちもさぞや大変な夏を過ごしたのだろう。チンチロリンは人類共通の味わいと思いきや…日本人以外、正確には日本語人以外は虫の音が“雑音”として聞こえる(角田忠信博士による実証)…には驚いた。羽根をすり合わせて発するただの音としてだけ耳から右脳に入っていくのだろう。ただの「音」「雑音」から虫の“思い”まで心馳せるには言語脳である左脳の働きが必要なのだろう。

●「無意識を司る右脳の機能を民俗として共有する日本人」
 「日本人はこの右脳本来の機能を無意識の行動規範として共有しているように見える」
とあるように、著者は日本人の特徴として右脳の活用を上げている。
確かに、日本人は外国人からみると、“はっきり言わない”“あいまい”“黙々と集団行動をとる姿が不気味”とうつるようなことを聞くが、その当たりが理由なのかもしれない。
そう言えば、話題になった「忖度」という言葉も外国語圏ではぴったりと当てはまる言葉がないらしい。

●そのような日本人独特の右脳の働き(左脳との接触、あるいは右脳との融合、あるいは左脳の右脳化?)はどこから生まれたか。それは日本語にあるらしい。しかも幼少期に日本語で育った人間。
漢字、仮名そしてローマ字という文字の使い分けにあるのか、文法にあるのか表現の多様性にあるのか、全部まとめてのことだろう。でもそれを作り出したのも人間で、そもそも当初から右脳と左脳良能の微妙なやりとりができる能力が僅かながらでも備わっていたからに違いない。卵が先かニワトリが先かの話になるが、いずれにせよ日本語を使いつづけることによって独特の意識の流れ、文化が出来上がっていたような気がする。
その現れが、以前著者が四十四回で触れていた“日本人特有の正副校正”“特有の日本語表示”とも言えるのかもしれない。

●共感覚
テレビで見た共感覚を持つ人にみられる抜群の記憶力、ある意味必要に迫られ求聞持法を会得し共感覚を目覚めさせた佛僧の話だけでは著者の話は終わるわけではななさそうだ。
もっと広い意味、深い意味に繋がっているのではないだろうか。
文明は人類の左脳の発達で凄まじい進歩を遂げたのだろうが、一方では右脳の世界を狭めた、というか意識の広がりの可能性を封じたといったらいいのか。それも個人だけの問題だけでなく人類全体の。未来の人類を考えたとき、右脳の開放、左脳でとことん細分化され研ぎ澄まされた知恵を得たものをあらためて右脳の潜在力を使って再構築する必要があるような…。そうはいってもどうやって? ヒントは求聞持法か…?
と思ったところで、勉強会のしめの言葉が英夫の「次回は、求聞持法がもつ意味について」。次回が少し楽しみになった。

※トンデモ…感想になりました。
5701

582

 

令和の即位礼正殿の儀

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年10月22日(火)16時04分1秒
返信・引用 編集済
  藤原かずえ? @kazue_fgeewara 2時間2時間前
日本はなんてアメイジングな国なのでしょうか。
時間と手間を省く現代にあって、多くの「間」で構成される
マグニフィセントな儀式が粛々と行われました。
心を揺さぶる究極のスピリットとアートを拝見し、
源氏物語の花宴のような気持ちになり感涙しました。

◆カタカナ文字をたくさん使う藤原さん。即位礼正殿の儀を語るにはふさわしくないよ
うにも思えるところですが、日本人の依怙贔屓目ではなくかえって外国人が第三者的な
目でこの式を客観的に評価しているいようで、しっくりきます。
これが小池知事あたりのツイッターだったら、クソーッと切って捨てたところですが(笑)。

◆余計な音、装飾、動き一切をそぎ落として、静寂に包まれた空間でゆっくりと、ゆっ
くりすぎるほど(かといって、見ていて決してイライラしない)執り行われた即位礼正
殿の儀でした。これが日本の窮極の美、日本の重み、皇室の歴史の重み。
30分ほど、私もじっとテレビ中継に見入ってしまいました。

578

 

平尾誠二の命日

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年10月20日(日)13時57分25秒
返信・引用
  ラグビー南アフリカ戦のある本日は、ミスターラグビーこと平尾誠二の命日だ。
亡くなった三年前当時、スポーツ、とりわけラグビーなど全く興味はなかったが、この
人の顔だけは覚えている。髭がよく似合うイケメンラガー。
功績や人柄は良く知らなかったが、参考になる記事をみつけた。
山中教授と平尾氏の意外な組み合わせ。

山中伸弥教授が明かす、故・平尾誠二との「最後の一年」     2016.10.13
→ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53124

555

 

山荘便り-20191018

 投稿者:赤松次郎  投稿日:2019年10月18日(金)13時05分7秒
返信・引用
  ◆『老いと詩境』先日到着しました。ありがとう。秋の夜長にじっくりと読ませてもらい
ます。
 それにしても時を置かずにシリーズが途切れなく続くのは、まさに貴君の創作意欲が旺
盛だと感じられ、羨ましいかぎりです。当方、後十数年の寿命だと覚悟していますが、や
り残し(『無限回廊』や『セピア色の手帳』の完結)が気にはなりながらなかなか意欲が
わきません。本業の仕事はほとんど頭を使うことなく煩わしくないから、毎日休まずこな
しています。しかし小生にとって文章を綴ることは、資料を読んだり真実であるか判断し
たり、人と違った言葉や表現を推敲したりと、相当の努力が必要でなかなか難儀なことで
す。最近は「同人α」も昔書き溜めた「山荘便り」でお茶を濁しているので、少々負い目
を感じている次第です。

◆台風19号は、風はそう強くありませんでしたが、雨の量がすごかったです。川の氾濫
にたいしては高台に住んでいますから心配はしていませんでしたが、土砂災害警戒区域の
レベル5に指定されました。我が山荘は13度の傾斜地に立っていますので、場所や地盤
の強さなどの条件の違いはありますが、一般に建築の構造で要求される注意傾斜は30度
以上であることなどから、まだまだ大丈夫だなどと考えていましたが、それでもいつ避難
しようかと迷いました。避難先がさる大きな新興宗教団体の山梨別院ということも気にい
りませんでした。入信しなければ返さないといわれるかも・・・と冗談を言いながら、結
局は避難することを止めました。冷静にこの山を観察すると100年近い赤松や椚、ブナ
などが育っているということは、その間土砂崩れが起きなかった証拠だと勝手に判断して
います。

◆今年の5月に上京した時、いつも覗く教文館の白水社エクス・リブリスのコーナーから
オルガ・トカルチュク『昼の家、夜の家』『逃亡派』の二冊を購入してきました。複数の
人物が複数の場所で時を超えて描かれている文章には、小生のような難解もの好きでもそ
うとう手こずりました。いま考えるとドナル・ライアンの『軋む心』などと同じく“意識
の流れ”的な構成の本を多く選んで読んでいると思いました。
 なおオルガ・トカルチュクについて追記しますと、今年のノーベル文学賞を授与されま
した。小生が手にする本はノーベル賞をもらう著者が多いと思うから、浜○子の経済予測
よりは格段に確率がいいのでは・・・・・。

  

◆「モロ」は毎朝、毎晩私達の食事に付き合います。テーブルの端に四本足を一直線に並
べ、ちょこんと正座して人間どもの食べるところを興味深そうに眺めています。何を食べ
ているか、どの順序で口に運ぶか、栄養は偏っていないか等チェックしているようです。
食べ終わってお茶の時間になると静かにテーブルから去って行きます。まるでそこ臨席す
ることが家族の一員としての証と認識しているのでしょうか。
 それから「モロ」を観察していて発見したことが一つあります。真正面から見ると鼻の
穴が見えません。よく見ると微かにそれらしいのが見当たりますが、人間ほど黒黒とした
孔が目に付くことはありません。これでは胡麻の実、いや麻の実を一つずつ左右の孔に詰
めれば窒息するに違いありません。だから激しく活動出来るのは二分間だと納得しました。
(二分間については小生の個人的な見解で、正確に検証されたものではありません)。そ
れにしてもまことに猫は不思議な生き物で、世俗を離れた山荘暮らしの私にとって良き同
居人です。
       

514

 

ミンミン賑わい座/昔の名前で出ています

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年10月15日(火)07時17分36秒
返信・引用 編集済
 

懐かしいお名前がずらりと並びます。
個性派ぞろいの真打ち競演といったところでしょうか。
中でも質問通告遅延ネタで今人気を独占している芸人がTopを切るようです。

15日 本日の演目 「予算委員会」
質疑者 ※総括質疑方式、[]内は割当時間
  10:00-10:30 [36分] 森 ゆうこ(立憲・国民.新緑風会・社民)
  10:30-11:20 [20分] 矢田 わか子(立憲・国民.新緑風会・社民)
  11:20-11:54 [17分] 杉尾 秀哉(立憲・国民.新緑風会・社民)
   (休憩)
  13:00-13:09     杉尾 秀哉(立憲・国民.新緑風会・社民)
  13:09-14:11 [25分] 福山 哲郎(立憲・国民.新緑風会・社民)
  14:11-15:26 [30分] 蓮舫(立憲・国民.新緑風会・社民)
                        ( 引用 https://w.atwiki.jp/kokkailive/pages/6.html

469

 

ミンミン賑わい座/懐かしい映像

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年10月12日(土)11時48分26秒
返信・引用
 

元民主党女性議員が「二度と民主党政権を悪夢と言うな!約束しろ!」と今国会で総理
にぶつけました。
確かに「悪夢」はかなり辛辣な言葉、聞きようによっては侮辱的な言葉で、総理が軽々
に口に出してはいけない言葉なのでしょう。しかし、この昔流れた政党CMを見ている
といろいろ考えます。このCMを流し、“国難に全力で立ち向かってくれる政党に違い
ない”と多くの国民の賛同を得て華々しく政権を取ることになったわけですが…。
当時の政権下で起きたもろもろのことを次々と思い出します。
10年後、この映像をみると、まるっきり逆の反応が起きてしまいます。
嵐の海を航海した三人…どこへ消えたのでしょう。

「A political ad for the Democratic Party of Japan」  2008/12/06 に公開    30秒
 ↓
 https://www.youtube.com/watch?v=QbdESj3_XUs

431

 

ノーベル平和賞

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年10月12日(土)08時56分13秒
返信・引用
  昨日6部門中5番目の平和賞が発表れました。
注目された今話題の地球温暖化対策を訴えるスウェーデンの16歳、グレタ・トゥーンベ
リさんではなく、民族対立や隣国紛争の解決に尽力したエチオピアの首相アビー・アハ
メドでした。

グレタさんとマララさん(2014平和賞受賞)の違い
グレタさんとアビーさんの違い
を考えてみました。納得がいきました。村上さん落選(文学賞)にも納得。

さて明後日は最後の経済部門、このあたりになると残念ながら苦手分野で、納得云々に
まで考えが至りません。

    アビー首相      グレタさん      マララさん
       

426

 

ノーベル化学賞受賞

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年10月 9日(水)22時33分20秒
返信・引用
          
彼の国の漁船とぶつかったり、ミサイルが飛んできたり、消費税があがったり…、人災、
天災いずれも暗いニュースが続く中、明るいニュースが入って来ました。リチウムイオ
ン電池開発の立役者吉野彰氏が受賞。本人はもちろん、所属会社旭化成も大喜び。テレ
ビ中継からその熱気が伝わってきます。旭化成といえば以前からBSフジの夜の報道番
組で随分と長いCMを入れています。結構しゃれた映像で、たとえ夢でも人類の明るい
未来を想像させてくれます。どんなにお金を使ってCMを流すより、この受賞はその何
十倍もの宣伝効果をもたらすことでしょう。何よりもなかなか光のあたらない全国の若
い研究者たちに希望を与えてくれることでしょう。
明日は吉野さんおっかけワイドショーがずらりと並ぶはずです。

394

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年10月 6日(日)16時27分22秒
返信・引用
  ・α57号作品を上記リンク「同人α作品集」にアップしました。

・もくじ第一作目「肥と筑第四十七回」の著者の近影を「ポートレートとコメント集」にアップしました。
 たまたま目にした大小の水車が著者に「共感覚」を想起させたようです。

348

 

ミンミン賑わい座/チーム“パチスタ”

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年10月 5日(土)15時08分38秒
返信・引用
 

昨日から秋の公演が始まりました。

公演を前に、先頃独占状態が続く最大手プロダクションに対抗して、中小プロダクショ
ンが集合し臨時劇団を創立したようです。
この臨時劇団は、本日早速戸外にマスコミカメラマンミ同伴のアポ無し突撃隊「かんで
んち疑惑追及チーム」を登場させ、その様子は全国ネットの昼のニュースで華々しく写
し出されました。テレビ画面いっぱいに突撃隊スターたちのお顔がパッチリ映りました。
公演を盛り上げるための課外活動なのでしょうが、残念ながらすっかり見飽きたお家芸。
あまり期待はできませんが、来週からの本格的な公演でどのような新ネタを披露してく
れるか楽しみです。

323

 

57号(テーマ:共感覚)作品紹介

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年10月 3日(木)18時31分52秒
返信・引用
 

 57号は夏号となるところ、飛び越して秋号となりました。間を置いたためか、今回は厚めの仕上がりになりました。
 「共感覚」という言葉に、聞き慣れない方も多いかと思います。表紙絵にある文字とその背景にも、なんだろう、何を意味しているのだろうと思われる方もいらっしゃることでしょう。前書きおよび『肥と筑 第四十七回』をじっくりお読みください。
 一年半ぶりに風野 茜さんが小鳥とともに登場です。竹内氏が二回にわたって板東平氏について語ります。既存のシリーズものの他、新たに『五十年前の「me」からの手紙』シリーズが始まりました。

『肥と筑 第四十七回』 長岡 曉生
 第四十四回から続く右脳・左脳関連の理論、およびこれに関わる日本人論をテーマにした勉強会は四回目になる。今回は京都に住む佛教学の教授をする響子の父、山南惠裕も勉強会に出席。
 他民族は虫の音を“雑音”として感じるのに、なぜ日本人正確には日本語人は自然界の声、味わいある声として捉えるのか――この疑問を脳科学、そして密教の伝来の歴史、金剛界曼荼羅・胎蔵曼荼羅にからめて紐解いていく。ブレイクタイムでは、惠裕の手土産「京観世」(和菓子)の味わいとともに共感覚の意味、成り立ち、日本語に刻まれたその痕跡を知ることができる。

『雑多な日々 ―小鳥とりどり―』 風野 茜
小鳥たちとの出会いを綴った作品。外国暮らしで見た小鳥、本や映画の中で登場した小鳥、
まさしく題名のとおり“小鳥とりどり”。作品の中から小鳥の囀りが聞こえてくるような気持ちになる。

『瀬戸内青年史―大学波瀾時代』 響灘王子
前回は親元を飛び出し新たな大学生生活が始まったところで終わったが、今回はその続き。大学紛争を横目に、学業どころか念願のバイクを手に入れツーリング、地元のバーでアルバイ等々の暮らしぶり。同じく当時青春時代真っ只中だった人は苦笑いをすることだろう。なぜか山田洋次映画「男はつらいよ」と同じ昭和の香りが漂ってくる。

『老いと詩境(二)』 神野 佐嘉江
長年住み慣れた緑あふれる住宅街から都会のマンションの上階で暮らし始めて2ヶ月、怒濤の1年が終わろうとする12月後半の、老夫婦二人の日々が、短い文+川柳で日めくり風に描かれる。登場人物はほぼこの二人だけ、その二人のふとした姿や気持ちのやりとり・駆け引きが生き生きと伝わってくる。
五七五の心地良いリズムにのった川柳からは、なぜか年寄りの不自由さ、辛さ、不安、寂しさの中に、これまでとは異なる自由、喜び、落ち着き、楽しさ(ユーモア)、そして新たな発見や感動があることに気付かされる。

『山荘便り(四)』 古賀 和彦
珍しく、今回は著者が長年拘わってきた同人誌や同窓誌の中の間模様が垣間見られる作品。読むこと、書くこと、そして静かに考える――が山荘暮らしの柱になっているかのようにも思える。そして飼い猫モロがいつもその横に。

『老板東平氏(一)』 竹内 一郎
「小さなころ貪るようにに読んだ子供向け戦記物『平家物語』や『源平盛衰記』等で、平安末期から鎌倉初期にかけてのおおよその歴史が頭の中に組み込まれている」――その著者が板東平氏にスポットをあてた。関東一都六県の成り立ちをみるようで、たとえ歴史音痴の人でも興味深く読めそうだ。

『五十年前の「me」からの手紙(一)』 万理 久利
目の前に突然現れた手紙の束。それは50年前の「me」だった。

293

 

同人α57号発行のお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年10月 1日(火)19時33分29秒
返信・引用
   昨日30日編集会議が開催されました。今回は三人の出席者でしたが賑わい度はいつも
と変わりません。編集・印刷・製本報告に始まり57号全作品の簡単な作品のレビュー、
個人作品の出版権の確認、そして、ときに“神野文庫”から関連する本や資料を取り出し
ながらいつもどおりの全方位雑談が繰り広げられました。
  会議進行に余裕があったため、普段なかなか聞くチャンスがないパソコンや印刷機使い
のコツ、購入の際の選び方等についても、実際に機械を動かしながらアドバイスを受ける
ことができました。


57号  7作品151頁                            目次

    


         9.30 強力アドバイザー二人
             (15年前のα第1号、α57号をそれぞれ手にして)
           
            (名カメラマン不在のため、ピンぼけ画像になってしまいました)
C.C. 万華鏡

257

 

大掃除の落とし物と拾いもの

 投稿者:万理久利  投稿日:2019年 9月27日(金)13時14分57秒
返信・引用
  やっと秋風が吹くようになったこの数日、気分を変えて家の大掃除をしている。
年末の大掃除の前倒しといったところだ。
家中のカーテンが洗い立ての良い匂いを秋風とともに運んでくれるし、壁も床もピカピ
カ。たまの大掃除がもたらした災いと拾いものがある。

洗濯から始まった昨日の作業最後はトイレ。掃除が終わると、タンクに入れるグッズが
あったのを思い出した。記念にとっておいた駐在中に買った中国製トイレグッズだ。怪
しげだったが、蓋を開けて投げこんだ。早速水を流すと異様な程の濃い青の水で違和感
たっぷり。まあ何回か流す内に手頃な色になるだろうと着替えて直ぐに外出。
夕方の買い物からもどり玄関の扉をあけると水が流れる音がする。まさかと思いトイレ
に行くと、タンクの上の蛇口から水。外出中ずっと流れていたようだ。タンクを開けて
いじくり回している内に、床が水浸し。廊下まで流れ出してきた。挌闘すること半時間
どうにか元にもどった。ああまた洗濯だ…。夜、また大量の洗濯をした。

今朝、気になっていたリビングのエアコンを磨いた。梅雨が明けて試運転をしたところ
うんともすんとも言わなくったエアコンだ。夏直前の死亡宣告。おかげで猛暑のこの夏
は効き目のない扇風機2台とアイスノンがフル回転。
高い所にあるので、テーブルをエアコンの下に移動して机の上に乗って雑巾がけ、中の
ネットを取り外して水洗い。コンセントを外してこれも優しく拭いてあげた。感謝をこ
めて死化粧だ。奧にしまってあったリモコンも磨き終わり、何気に運転スイッチを押した。
ピピピッと緑の小さな電気が点き蓋が開いて風が吹き始めたではないか。数秒後ベランダ
の室外機がゴゴーッとうなり始めた。ラッキー!! 思わずエアコンに投げキッス。
なんとか今年の冬と来年の夏くらいまでは頑張ってくれそうだ。

残りのトイレグッズはすぐに棄てた。水は今も気味のわるい濃い青。しつこい。
エアコンを眺めて気分を落ち着かせている。

197

 

スポーツの秋

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 9月22日(日)14時02分3秒
返信・引用
  ■昨日、世界新体操大会2019で日本女子団体が44年ぶりでメダル(銀)をとりました。一位はロシア。

■昨日、野球セリーグ決勝で讀賣巨人が勝利。復帰一年の原監督さん、泣いてましたね。

■本日、大相撲千秋楽。貴景勝、御嶽海、隠岐の三人で優勝争いです。
優勝経験がある貴景勝、御嶽海のいずれか、それとも若者二人の間をぬって30代イケメン隠岐の海の初優勝となるか…。

■28日、ラグビーW杯、日本代表第二戦、 世界ランキング1位のアイルランドと対決です。


       アーティスティックスイミングの女性とちょと見間違えそうです。
       
              (日経新聞)
 

ミンミン賑わい座/10年ひとむかし

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 9月12日(木)17時22分15秒
返信・引用
  2019.9.11 安倍4次-2 内閣


2009.9.16 鳩山内閣



鳴り物入りで登場した革新内閣発足から丁度10年、昨日第4次安倍再改造内閣の顔が
出そろいました。振りかえればあっという間の10年、でも、鳩山内閣のお一人お一人
の今にいたるまでの10年を思い浮かべると実に長い10年だったと感じられます。
さて、10年後の閣僚勢揃い記念写真にはどんな顔が並ぶのでしょうか…。


               第4次安倍内閣       鳩山内閣
                (2019.9.11~)  (2009.9.16~2010.6.8)
内閣総理大臣    安倍晋三     鳩山由紀夫
財務大臣      麻生太郎      藤井裕久→菅直人
総務大臣        高市早苗      原口一博
法務大臣      河井克行      千葉景子
外務大臣      茂木敏充      岡田克也
文部科学大臣    萩生田光一      川端達夫
厚生労働大臣    加藤勝信      長妻昭
農林水産大臣     江藤拓       赤松広隆
経済産業大臣    菅原一秀          直嶋正行
国土交通大臣      赤羽一嘉       前原誠司
環境大臣      小泉進次郎      小沢鋭仁
防衛大臣       河野太郎          北澤俊美
内閣官房長官    菅義偉            平野博文
復興大臣        田中和徳           NIL
国家公安委員会委員長  武田良太     中井洽

内閣府特命担当大臣   (抜粋例)
(沖縄及び北方対策担当)       衛藤晟一   前原誠司
(少子化対策)                  同上    福島瑞穂→平野博文
(消費者及び食品安全担当)      同上        同上
(海洋政策/領土問題担当)      同上     NIL
(拉致問題担当)       菅義偉        中井 洽
(防災担当)         武田良太    前原誠司→中井洽
(科学技術政策担当)     竹本直一     菅直人→川端達夫
(経済財政政策)       西村康稔    菅直人
(地方創生/規制改革担当)   北村誠吾       NIL
(郵政改革担当)        NIL     亀井静香
(行政刷新)          武田良太   仙谷由人→枝野幸男
(男女共同参画担当)          橋本聖子    福島瑞穂

4039

 

錯覚

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 9月 3日(火)19時25分15秒
返信・引用
 

「ええーっ、いつヘアースタイル変えたの?!」
慣れたとは言え、彼の国からの提案内容にも、その曖昧な幹事長の返しにも驚きました
が、それよりこの画像に一瞬我が目を疑いました。

919

 

髪へのこだわり

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 8月25日(日)21時07分24秒
返信・引用
  法務部長官内定済み、将来の大統領候補とまで言われる三高おまけにハンサムときてい
るチョ・グク氏の不正疑惑問題が韓国で大きな問題になっているようです。
(参照 https://r40quest.com/%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB/9655/ )


真偽の程はわかりませんし、国内のスキャンダルですからどうでも良いのですが、その
写真をみるかぎり確かに、議員の中では群を抜いて目を引く容姿であることは間違いな
いようです。
前髪の垂れ具合は稲垣吾郎、全体の盛具合は鳥越修太郎氏と重なりました。
三人に共通して言えることは髪型に神経を使っていること、意識しているところでしょ
うか。


チョ・グク氏        稲垣五郎氏
    

コラージュ

816

 

ミンミン賑わい座/本日7回目のミサイル発射

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 8月24日(土)11時42分52秒
返信・引用
 

7月25日~本日8月24日で7目の北の彼の国からいのミサイル発射となりました。
「ミサイル/飛翔体」ニュースに慣れっこになった自分に驚きます。

これまでの発射時期を思い起こしてみました。
殆どの場合、彼の国に拘わる事が起きたとき、タイミングを合わせたかのように発射さ
れます。喜怒哀楽、怒り、脅し等々、言語に代わる意思表示のひとつとしてのミサイル
発射のように思えてきました。関係各国や評論家たちの“ミサイルサイル発射”解読結
果も十人十色。意志の疎通は難しい…。

3798

 

二つの良心

 投稿者:キメラ17号  投稿日:2019年 8月15日(木)20時13分52秒
返信・引用
  「韓国は敵か、輸出規制を撤廃せよ」の署名活動を近頃開始した和田春樹さんが
12日、韓国 第23回萬海大賞-平和賞を受賞しました。
一方、韓国の一部研究家が和田氏とは異なる見解をyoutubeで流し始めました。


和田春樹   (東京大学名誉教授)
「日本は(韓国の植民地支配を)謝罪して反省するべき」

イ・ヨンフン(ソウル大学名誉教授)
「日本による植民地時代に韓国が土地と食糧を収奪されたという韓国史教科書の著述は
歪曲されたものだ。慰安婦も徴用工問題も嘘」

それぞれ「日本の良心」「韓国の良心」と言われてもいるようです。
オキシモーラン的というか、摩訶不思議なクロスオーバーです。

参照
受賞記事→http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/13/2019081380076.html
李 栄薫(イ・ヨンフン)講義1→https://www.youtube.com/watch?v=zu3dMjzOgy4

685

 

風見鶏/某国大統領の発言

 投稿者:キメラ17号  投稿日:2019年 8月10日(土)10時46分5秒
返信・引用
 
8月5日 「日本に勝つ」
8月8日 「誰も勝者になれない」
8月9日 「●国&▲国&■国の協力が大事」

603

 

夢∞夜/れいわ太郎の心の内?

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2019年 8月 9日(金)13時10分11秒
返信・引用
  蓮舫さんに続き太郎君の心を覗く夢を見ました。
令和を飾るのは俺だろ、進次郎じゃない!!
総理になるのは俺だ!!

進次郎に負けじと、誰もが知る才色兼備の女性、あるいは重度障害女性との電撃結婚を発表するのでは…??!?

進次郎と同じく、政治活動に全力で励み結婚を諦めていた太郎君とばかり思っていたのですが、なんと結婚歴があり、子供まで…。

これも夢かな?

「離婚していた!山本太郎の嫁!19歳の美人プロサーファー」
https://topigoo.com/yamamoto_taro_marriage_wife/

590

 

アップのお知らせ

 投稿者:α総務  投稿日:2019年 8月 8日(木)13時37分22秒
返信・引用
  ■佐高11期生・令和元年関東同窓会のご案内を「伝言板」にアップしました。

■コピペ大王エッセイ集 (戯評リンク集参照)
『コピペ書評』No.49~No.51をアップしました。
*全文がコピペ(盗用)といえるのですが、引用(良い意味でのコピペ)と分かる箇所を
僅かに挟み込むことにより、かえって盗用をはぐらかす効果を狙ったようです。

573

 

「京アニ火災、死者33人」

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 7月19日(金)08時28分39秒
返信・引用
   今朝 NHK「なつぞら」をみていて、アニメ制作会社で働く夢と希望に溢れる若者達
が煙に巻かれて逃げ惑う風景をつい思い浮かべてしまった。
 33人もの犠牲者を出したことの驚きと同時に、なぜか例の「~の3年3ヶ月」とい
うフレーズも。ともにどうしようもなく重く響いてくる。

318

 

ミンミン賑わい座/日米 民主党女性議員

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 7月18日(木)12時18分56秒
返信・引用
 
非白人の民主党女性下院議員のグループに向けたとみられるトランプのツイートが
「差別だ~!!」と大騒動になっているようだ。これに習って日本の○○民主党女性
議員たちもいつにも増して安倍総理の発言に目を光らせているのだろう。
それにしても日米の民主党女性議員たちの考え方や攻め方…実によく似た雰囲気だ。


アメリカ
2019.7.15
(左から アヤナ・プレスリー議員、イルハン・オマール議員、レクサンドリア・オカシオ・コルテス下院議員、ラシーダ・タリーブ議員)

日本

(左から 山尾志桜里議員、不明、蓮舫議員、辻元清美議員)

309

 

ミンミン賑わい座/演目 政権放送

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 7月 9日(火)14時34分11秒
返信・引用
  幸福実現党/れいわ新撰組/NHKから国民を守る会/労働の開放をめざす労働者党/
安楽死制度を考える会/オリーブの木

毎回国政選挙では聞き慣れない政党/団体が出現する。
中にはこれまで何度もチャレンジして国政に一人も送り出せない団体もあるようだ。
政権与党二党と野党5党は報道番組や国会中継でその政治思想や政策、活動ぶりなどを
うかがい知ることができるが、実績のない弱小団体はそうはいかない。
例え僅かな持ち時間でも政権放送が勝負どころといってもいい。
NHK日曜討論に必ず呼ばれる7党が大小の違いはあれ名の知れた芸能プロだとすると、
弱小はインディーズプロといったところだろうか。
ネットで各々を少し調べてみたが、一点特化の実に特徴的?な団体ばかりだった。
有名芸能プロの出し物に食傷気味なだけに、インディーズの方をちょっと覗いてみるこ
とにしよう…。


参院選2019 比例政見放送予定日時及び順序  (NHKサイトより)


※政党別回数 (多い順)
自民(8回) 共産(8) 公明(6) 立憲(6) 民主(4) 維新(4)
れいわ(4)
社民及び冒頭の5団体は全て(2)
NHKはどのような基準で決めているのだろうか。

207

 

七夕

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2019年 7月 7日(日)06時43分32秒
返信・引用
  地上は雨でも、ここは138億年快晴

181

 

ミンミン賑わい座/一票

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 7月 6日(土)12時18分21秒
返信・引用
 

「2000万貯めるより簡単な一票」がこれが複数野党の共通のキャッチコピーになってい
るようですが、若者達には
「まずは国に頼らずこつこつ真面目に働いて小金でもいいからそれなりの老後資金をた
めろ。その“働ける場所”を例え高給でなくとも作れる党、日本の国土と命を守ってく
れそうな党を自分の目でしっかりと確かめて(簡単でも軽くもない)重い一票を投じろ」
そう言いたい。

167

 

他人のそら似/あっ…

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 7月 3日(水)08時40分2秒
返信・引用
  「幹事長側に違法献金か 企業・団体から後援会費」7/1(月) 5:00 産経電子判

テレビでは全然報道されていないニュースだ。国政選挙が近づく「違法…か」記事が
与野党関係なく顔を出す。残念なことに「…か」だけで印象操作されやすい。
普段思いもしなかったのに、なぜか北のあの人に似て見えてくる。
これもまた印象操作のなせるわざなのだろう。気をつけよう。

106

 

テレビ東京

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 7月 1日(月)17時35分58秒
返信・引用
  28日G20のため来日した韓国文大統領の言動が知りたかったのですがどのテレビ局も
ほとんど取り上げてくれませんでした。“ウォーリーを探せ”気分でテレビ画面をみつ
めた程です。でもこの局だけはニュースで文さんの来日中の様子をりあげていました。
同局の人気番組『youは何しに日本へ』の精神を垣間見るようです。

https://www.youtube.com/watch?v=b_R6fX608D4&feature=youtu.be    2分

おまけ
取材記者が見たG20の成果|テレ東NEWS:テレビ東京
https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2019/06/29/004782.html
(マイナー局テレ東ですが、記者はマスコミずれをしていない素朴な若者でした)

077

 

Meのあのシーンを再び

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月30日(日)17時28分8秒
返信・引用
  先日(非公開): 関空『youは何しに日本に』       テレ東

本日(公 開): 緊急取調室『キントラ』最終回特別拡大版  テレ朝

       
       2019.6.30 板門店 北に一歩

061

 

夢∞夜/G young 20

 投稿者:マリアンタ  投稿日:2019年 6月29日(土)09時37分8秒
返信・引用
  今日こんな夢を見た。
護衛もつけずに着の身着のまま各国から集まった若者達。
宿泊先は大阪のユースホステル。
三日三晩、徹夜で国際会議が行われた。

一時、殴り合いも見られたが
率直で建設的で創造力溢れた会議だった。

G young7
     コンテ 
 ↓
G young8

 ↓
G young20
    他 10代表

038

 

G20 感動の一枚

 投稿者:万理久利  投稿日:2019年 6月28日(金)18時53分49秒
返信・引用
 

本日昼、NHKニュースで生中継を見た。
大国大男二名と二人に夾まれた安倍議長の三人が細長い小さな会議テーブルに窮屈
そうに並んで座っていた。近くの体育館に設けられた選挙投票所風景を思い出した。

それにしてもこの慎ましやかさ、密着感、ほのぼの感はいったい何だ!
世界がこのまま平和に突入してくれないかと思ったほどだ。

3031

 

ミンミン賑わい座/題目:首相問責演説

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月25日(火)08時42分59秒
返信・引用
 
賛否両論対決は、デフォルメ感にあふれていた。
反対論:岩下志麻/かたせ梨乃の極妻+赤木春恵の金八校長/渡る世間の鬼姑
賛成論:コント55号の欽ちゃん


「総理に感謝こそすれ問責提出は常識外れ、愚か者の所業とのそしりを免れません。
野党の皆さん、もう一度申し上げます。恥を知りなさい!」


「あなたですよ!あなたですよ!あなたの行なったことはこの憲政史上最大の歴史
の汚点であります!!」

参照:https://www.youtube.com/watch?v=1UgnyZSdkHw

965

 

23日、台湾でもデモ

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月24日(月)12時59分53秒
返信・引用
  写真をみたとき、また香港で大規模デモかと思ったが、場所は台湾だ。
香港デモを報道しない「親中メディア」への抗議デモがあったことを今日ネット書き込み
で知った。(新聞電子判ではない)
メディアへの抗議ということに驚くが、それを殆ど日本のテレビや新聞で取り上げてい
ないことの方にも驚いた。日本メディアにとっては取り上げるほどのニュースではなな
いと判断したのかよほど都合が悪いと考えたのか…日本のメディアに聞いてみたくなる。

景福門の周りが参加者で埋め尽くされる
(台湾中央通訊社より)
参照→http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201906230004.aspx#.XQ-1g9idcso.twitter

954

 

BSプレミアムドラマ「長閑の庭」

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月23日(日)18時49分15秒
返信・引用
  「長閑の庭」第一回目、田中泯演じる教授に恋する女学生をみたとき、ひょっとしてこ
の娘は「いだてん」にでてくる遊女「小梅」?と思いつつ確信はできませんでした。終
わってから早速ネットで調べると、同一人物、演じていたのは橋本愛さんです。
それから次々と…。
 朝ドラ「あまちゃん」のユイちゃん
 大河 「せごどん」の不吉な嫁
 大河 「いだてん」の遊女小梅

NHKからひっぱりだこのようです。
顔ダチのはっきりした美人、気の強そうな、妥協を許さないような、それでいてどこか
自分に自信がないような、笑顔をなかなか見せない女、そんな女性役が多いよいうです。
演技もまだまだだし、好きな顔ではありませんがちょっぴり気になる女優です。

あまちゃん(左)                               せごどん
  


いだてん                                ★長閑の庭(本日夜 最終回)
  

946

 

レンズの向こう/アジサイ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年 6月22日(土)13時24分1秒
返信・引用
   貴美女さんのアジサイが美術雑誌の写真だとするとこちらは科学雑誌でしょうか。
お二人の目に映ったアジサイの写真の違いについて考えていて、長岡氏が以前『肥と筑』
の中で胎蔵曼荼羅と金剛界曼荼羅をアナログとデジタルに例えて述べていたことをなぜか
思い出しました。
 映り方は違っても、どちらも小宇宙をうまく捉えているように思えます。



 
一年の半分が過ぎ去ったという事ですが速いものですね。
本日はアジサイの鑑賞という事でカメラ片手に散歩。
まちのいたるところで見つけました。アジサイは生命力が強く、小まめに手入れをしなく
ても根が付けば毎年花を咲かせるようです。(Takeuchi)

       
      (Photo by I.Takeuchi 2019.6.19)

917

 

違い

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月21日(金)12時28分28秒
返信・引用 編集済
  平壌 飛行場  2019.6.20           香港 セントラル  2019.6.16   


  集められた人 VS 集まった人
  偉い?人を運んだ飛行機と用意された赤い絨毯の道 VS 怪我人を運ぶ救急車と一斉
  に開けられた道

いろんな違いが見えてくる…。

901

 

貴美女の散歩道/紫陽花

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年 6月21日(金)08時03分26秒
返信・引用
   掛け軸にしたいような貴美女さんのアジサイの写真です。
 今月の岩波『図書』に紫陽花(アジサイ)について円満字二郎氏が興味深い解説をして
いました。紫陽花の“紫陽”は古くから仙人の雅号にも用いられる「この世を離れた仙界
のイメージがあることば」「仙界の植物にも似た脱俗的な雰囲気が託されたことば」だそ
です。白楽天の詩の中に出てくる紫陽花はどうやら香り立つ紫のライラックの花のことら
しいのですが、詩を訳した平安の源順が“アジサイ”としたのを、円満字氏が誤訳ではなく
名訳だと言っているのも、この写真をみていると納得できます。
 仙界なるものがどんな世界かわかりませんが、沢山のアジサイの玉が咲き乱れる様子が
仙界なるものに似ているのでしょうか。仙界というより、私には小さな花が沢山つまった
丸い玉の姿に小宇宙を感じます。曜変天目茶碗がダーク大宇宙とすると、こちらはライト
小宇宙といったところでしょうか。

  

朝方、神代植物公園を経由して、深大寺まで、お参りに行ってきました。
公園は紫陽花が満開で、とてもきれいでした。
額紫陽花は、川に沿って咲いていました。
梅雨の晴れ間の、真っ青な空が入って、気に入った一枚です。
近くにこんな公園があって、本当に幸せに思います。(2019.6.16 貴美女)

896

 

600億円相当…過去最多 覚醒剤1トンを押収

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月20日(木)17時46分18秒
返信・引用
   静岡県で覚醒剤を所持していたとして、先日中国籍の男7人が逮捕されました。
テレビのニュースもワイドショーもあまり大きく取り上げていないようです。
芸能人の覚醒剤使用が発覚したときは、容疑段階から執拗に追いかけ、逮捕されてから
もその姿を写そうと警察所前に大勢がカメラとマイクを持ってつめかけ、土下座する姿
までここぞとばかりに写して放映するというのに…。
 “薬に手を染めるとこうなるぞ”も或る程度抑止力になるのかもしれませんが、中毒
の心身に及ぼす怖さを広く伝えるとともに、元を絶つことがむしろ重要ではないでしょ
うか。覚醒剤を作らせそれを運ぶ海外の組織、それを国内で売りさばく組織ともにマス
コミで取り上げてもらいたいところです。芸能人よりこちらの方を徹底的に追いかけて
欲しいものです。警察とは異なる所で力を発揮できるはずです。

押収された覚醒剤は原則廃棄処分となりますが、600億と聞くともったいないような
…。非営利団体の依存症リハビリ施設あたりに寄付できないかとつい考えてしまいます
が、たとえ国庫に入れても売りさばけませんね。残念です。

884

 

他人のそら似/「驚異の砂漠都市 幻の王国 ナバテア王国」から

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月18日(火)11時13分43秒
返信・引用
  NHK英雄たちの選択で珍しく日本以外の国を取り上げていた。
紀元前2世紀頃、現在の現在のヨルダン西部に成立したナバテア王国。世界史をそこそ
こ学んだつもりだったが、初めて耳にする王国だ。
岩山を削ったり、高度に進んだ水のインフラ技術、そして大国ローマ、パルティア、エ
ジプトを相手にあの手この手で生き残った知恵がすごい。巨大武力と金力をもつ国と小
さくても全力で日本を非難し続ける国に囲まれた日本はこの古代国家に学ぶところが多
そうだ。

番組の終わりの方で出て来たのがローマ将軍ポンペイウス。ナバテアを武力で配下にし
たあの三頭政治の一人だ。彼の像が出て来たとき、他人のそら似癖が浮上。あの一帯一
路の人物だ。首をすこし傾け、温厚そうで、のんびり/ぼんやりした感じの雰囲気がよ
く似ているではないか。彼の前にカエサルは登場するのだろうか…。
歴史は繰り返される…。

グナエウス・ポンペイウス・マグヌス           習近平
(BC106年9月29日 -BC48年9月29日)          (1953年6月15日-)
    

824

 

今度のターゲットは原英史

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月13日(木)15時56分35秒
返信・引用
  原英史氏は高橋洋一とともに(株)政策工房を運営する人物。
初めて知ったのは『ニュース女子』という番組だ。ギャルたちからいじられても、一切
反論せず笑っているだけだ。無口でほとんど語らないがたまに発する内容は、一見おち
ゃらかしのニュース番組の中で、実に冷静で論理的な意見だ。分かりやすい。内閣府規
制改革推進会議委員の氏が、加計学園問題について国会参考人として呼ばれた時に淡々
と意見を述べていたのを思い出す。
(参考 https://www.youtube.com/watch?v=O8pVmU0RMdc

その原氏が先日、毎日新聞の一面で特区をめぐり不正を行ったかのような記事を掲載さ
れた。高橋洋一相手では手強いと思ったのか、一見ひ弱そうな原氏をターゲットにした
のだろう。静かで温厚そうな原氏が今声を上げて怒っている。今頃高橋洋一氏は頭をフ
ル回転させて毎日との抗争の勝敗確率を計算しているに違いない。
原氏、毎日新聞、ともに徹底的に論争してもらいたい。

736

 

レンズの向こう/菖蒲

 投稿者:同人α総務  投稿日:2019年 6月 7日(金)19時17分16秒
返信・引用
  本日7日、東海、関東甲信、北陸、東北南部で、梅雨入りが発表されました。
梅雨の季節にぴったりなのが、菖蒲に紫陽花。うっとおしい梅雨に彩りを添えてくれます。
散歩コースにこんな菖蒲園がある竹内さんがうらやましい…。



    

    6月です。梅雨のイメージがあり日本ではあまり評価されていないと思いますがよくよく
    考えると素晴らしい季節です。散歩圏内の公園で菖蒲まつりが始まりました。( I.Takeuchi 2019.6.4)

648

 

相反する評価

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月 7日(金)14時26分37秒
返信・引用
  「(安倍政権は)悪夢のような2720日」 2019.6.6 辻元氏 立憲民主党党大会にて

「悪夢のような民主党政権(3年3ケ月)」2019.5.14 安倍氏 自民党麻生派のパーティーにて

◆誰にとっての「悪夢」なのだろう。国民にとってのはず。
まずは卑近なところ、夏の選挙結果を見るとしよう。
その時代の政権評価だけでなく、その政権を選んだ国民の選択自体の評価も数十年経っ
てやっとはっきりと定まるのだろう。

2639

 

米「天安門事件は虐殺」

 投稿者:万理久利  投稿日:2019年 6月 4日(火)06時39分29秒
返信・引用
   先月30日、アメリカの国務省が、「事件は虐殺だった」と強く非難していました。
中国政府は「根拠のない非難で、内政干渉だ」とすぐに反論。
 返還前のまだまだ自由の空気にあふれていた香港で一日中流れていたテレビ報道をみ
ていた者としては、30年経って“やっと”の感があります。ほぼ無抵抗の学生や市民
に対して戦車で襲いかかる、どう見ても虐殺でした。
 最近では、かの国はこの事件に一切触れれず、ネット検索をさせないようにしている
ことからみても、どうしても隠したい事件、知られたく無い事件、後ろめたい事件なの
でしょう。虐殺を否定するのであれば、隠さず堂々と開示した上で反論すべきだと思う
のですが…。

◇話は変わりますが、この見慣れない報道官、随分とメイクも衣装も目をひきます。
バリバリの保守系報道官のようです。

参考:
日経  2019/4/4より
【ワシントン=永沢毅】米国務省は3日、空席になっていた報道官にモーガン・オルタ
ガス氏を充てる人事を発表した。米財務省や国際開発局の勤務を経験し、イラクやサウ
ジアラビアへの駐在歴もある。米メディアによると、トランプ大統領の次男エリック氏
や長女イバンカ氏とも懇意にしているという。
最近は保守系FOXニュースに安全保障分野の専門家として出演。中国やイランに対して
強硬な発言を繰り返している。いずれもポンペオ国務長官の考えと近い。
前任の国務省報道官のナウアート氏は2018年12月に国連大使に指名されたが、今年2月
に指名を辞退していた。

2600

 

精神科医 片田珠美

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月 1日(土)15時02分48秒
返信・引用
    019.5.29 テレ朝モーニングショー

◆本日の日テレ「ウェークアップ! ぷらす 」に、また片田氏が出演していた。
登戸殺傷事件の犯人の精神構造/殺傷に至るメカニズムを解説していた。
初めは彼女の目がどうしても気になり集中に難儀したが、主張の賛否は別としても実に
緻密な分析だった。

◆彼女のこれまでの著書を調べてみた。常日頃私が疑問に思う人物、組織、国家等々の
言動のメカニズムがどういったものなのか、ヒントをくれそうなタイトルがずらりと並
ぶ。どれか一冊読んでみたくなった。

『正義という名の凶器』ベスト新書、2013年
『他人を攻撃せずにはいられない人』PHP新書、2013年
『プライドが高くて迷惑な人』PHP新書 2014
『「自分が絶対正しい!」と思っている人に振り回されない方法』大和書房 2015
『自分のついた嘘を真実だと思い込む人』朝日新書 2015
『許せないという病』扶桑社新書 2016
『「正義」がゆがめられる時代』NHK出版新書2017
『高学歴モンスター―一流大学卒の迷惑な人たち』小学館新書2018
『被害者のふりをせずにはいられない人』青春出版社、青春新書インテリジェンス、2018/5/2
(wikiより抜粋)

561

 

/109