Reload

●α通信25号 :2018年8月発行予定
●α55号(夏春)テーマ:『チョットコイ』(担当 神野佐嘉江) 
●54号(春)テーマ[髭(ヒゲ)]:合評 :7. ,窓辺にて(赤松二郎) 2018年6月15日~
 (1. 無限回廊第二十二回 2.雑多な日々(二) 3.日本語-『【日本国語大辞典』) 4. サリッサ 5. 瀬戸内少年史-高校暗黒時代) 6. 肥と筑 第四十四回) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:138/5244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

他人のそら似/美人女優

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2017年12月24日(日)13時29分7秒
  通報 返信・引用
  先日の忘年会居残り組のおしゃべりで、和洋問わず女優の中で一番綺麗だと思う人は誰か
という話になりのビビアンリーの名前がでてきた。
「ルーシーショーに出てたあの人でしょ。確かに綺麗だった」と私がいうと
「まさか。『風と共に去りぬ』にでていたビビアンリーですよ」と全否定された。

中学生の頃、同じクラスの洋画オタクの女の子が休み時間になると、うれしそうに鞄の中
から雑誌『スクリーン』を取り出してちょび髭のクラーク・ゲーブルとビビアンリー二人
が並ぶ写真をウットリ眺めていたのを思い出す。その時、こんな映画に出ていた人がギャ
ーギャーと楽し喧しテレビコメディをやっているのだと、妙な感動を覚えたものだった。

昨日帰宅してネットで調べていたら、別人であることを初めて知った。ルーシーショーに
出ていた女優の名前はルシル・ボール。ずっとビビアンだと思っていた。
二人の若し頃の写真もついでに見た。やっぱりそっくりではないか。ともに容姿端麗。
年齢もわずか2歳違いだ。同じ芸能界に出て、美人女優とコメディ女優の分岐点はどこに
あったのだろう…。
ルーシー=ビビアンリーの誤りに、半世紀経ってやっと気付かされた。


ルシル・ボール(1911年8月6日 - 1989年4月26日)   ビビアン・リー(1913年11月5日 - 1967年7月8日)
     

    ※『ルーシーショー』のルシル・ボール
    

3862

 
》記事一覧表示

新着順:138/5244 《前のページ | 次のページ》
/5244