Reload

●α通信25号 :2018年8月発行予定
●α55号(夏春)テーマ:『チョットコイ』(担当 神野佐嘉江) 
●54号(春)テーマ[髭(ヒゲ)]:合評 :7. ,窓辺にて(赤松二郎) 2018年6月15日~
 (1. 無限回廊第二十二回 2.雑多な日々(二) 3.日本語-『【日本国語大辞典』) 4. サリッサ 5. 瀬戸内少年史-高校暗黒時代) 6. 肥と筑 第四十四回) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:121/5244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

星野仙一逝く

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 1月 6日(土)17時26分57秒
  通報 返信・引用
   年末年始ご無沙汰していたツイッターを久々に開いて見たら、韓国語ニュースの星野千
一氏死亡の記事を取り上げていた。新年早々悪い冗談はやめてよと思いつつ、まさかと思
ってネットニュースで確かめてみたら、本当のことらしい。
 少し前にNHKファミリーヒストリーで元気な姿をみたばかりだというのに…。
こちらも気になって確かめてみたら星野さんではなく中畑清さんであった。野球にあまり
興味の無い私はこれまでずっとこの二人を混同していたようだ。ともに明るく元気なとこ
ろと、ぶっきらぼうに見えるところ、そして顔もどこか少し似ている。このところ識別能
力がおちていることも影響しているのだろう。

  落ち着いて考えてみると星野さんの記憶がその顔とともに蘇ってくる。一番先に思い出
されるのは、何年も負け続きの阪神タイガーズがまるで奇蹟のように優勝したことだ。そ
の時の監督が星野さん。巨人が大好きで野球中継は巨人戦しか見なかった母もこのときだ
けはテレビに見入っていた。 驚喜乱舞するスタンドのタイガーズファーンの姿も忘れら
れない。こういうちょっと毛色の変わった監督がどうしようもなく弱いチームに奇蹟をも
たらすのだと思ったものだ。
 まだ70歳。今の平均寿命からいったら、まだまだこれからという年齢でもある。日本、
いや世界できな臭ささが漂う昨今、こういう明るくてガッツのある人が日本から消えてい
くのは、野球界であろうと政界であろうと、何か大事なものを失ったような気がしてくる。

4207

 
》記事一覧表示

新着順:121/5244 《前のページ | 次のページ》
/5244