Reload

●α通信25号 :2018年8月発行予定
●α55号(夏春)テーマ:『チョットコイ』(担当 神野佐嘉江) 
●54号(春)テーマ[髭(ヒゲ)]:合評 :7. ,窓辺にて(赤松二郎) 2018年6月15日~
 (1. 無限回廊第二十二回 2.雑多な日々(二) 3.日本語-『【日本国語大辞典』) 4. サリッサ 5. 瀬戸内少年史-高校暗黒時代) 6. 肥と筑 第四十四回) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:119/5244 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

高麗屋と成田屋の子供達

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 1月 9日(火)11時49分51秒
  通報 返信・引用
   やたらと松本幸四郎、市川染五郎、染五郎の息子(金太郎)をテレビでみかけると思っ
ていたら、7日日曜は何と1時間半の特番をやっていた。この番組で初めて三代そろって
の同時襲名ということを知った。関心がないと気付くのがこうも遅くなる。昨日月曜は、
同じ局でやっている「徹子の部屋」に早速登場。
 またかと思っていたら、その日の夜、今度は別の局で「はじめてのおつかい」の後に市
川海老蔵家族のドキュメンタリーを1時間半かけてやっていた。
 二人は母小林麻央さんにそっくりだ。息子勧玄君の初舞台は染五郎の息子金太郎の10
年前の姿と重なった。娘麗禾さんは母小林麻央さんそっくりだ。幼い二人の歌舞伎に対す
る姿は、丁度10年前の金太郎君兄弟の姿とも重なる。

 おめでたい話、子供のけなげな姿は正月にうってつけだ。高麗屋と成田屋に別れて、し
かもタイミングをずらして二つの局は正月特番を用意したようだ。
 染五郎の子金太郎君が、幼少時代から歌舞伎に没頭し稽古に励む可愛い男の子から力強
く踊る美少年へと変貌していく姿は、世のおば様の心をとらえたに違いない。染五郎の子
の小さくて華奢な体で一生懸命稽古場の掃除を手伝う姿と、幼いながらも負けん気の強い
しっかりものの姉麗禾さんは、世のおば様たちの母性愛をかきたてられたに違いない。
おば様たちが週刊誌の染五郎、海老蔵の隠し子記事に夢中になっていたことなどどうでも
よくなったはずだ。
 秋場所あたりからの角界不祥事がテレビを暗くしていたが、梨園を担う次の世代の子供
たちの話が登場したことで、日本の伝統と格式を重んじる世界もどうにか体裁を整えたよ
うに思えてくる。

 襲名しても私の頭の中では、「市川染五郎」はやっぱり松たか子の父上、第九代目松本
幸四郎だ。歌舞伎役者の名前は覚えるのが面倒だ。イナダ、ワラサ、ツバス、ハマチ、
メジロ、ブリ…出世魚の名前を覚えるのと同じくらい面倒だ。

4256

 
》記事一覧表示

新着順:119/5244 《前のページ | 次のページ》
/5244