Reload

●α通信28号 :2019年8月発行予定
●α57号(夏)テーマ:[共感覚] (担当 長岡 曉生) 
●56号(春)テーマ[変化としての四季]:合評 : 6.老いと詩境(1)(神野佐嘉江) 2019年8月1日~
(1.時間と変化 2.肥と筑 (46回) 3.瀬戸内青年史 4.山荘便り(3) 5.備前玉野の旅 ) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:50/5414 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

玲和騒動 始末記

 投稿者:響灘王子メール  投稿日:2019年 5月 2日(木)12時29分7秒
  通報 返信・引用
   漸く平成から令和の新時代に改元しましたが、昭和から平成の代替わりの際にはこれほど大騒ぎはしなかったのに、今回はマスコミが騒ぎ過ぎです。 もっと厳かにと希求されているでしょう。
でもやっぱり反対する人々がいるものでデモ行進が放映されていましたが、反対の理由としては法学問題やら歴史的根拠やらの諸々の理由は当然としても更にもう1点と思われるのが「悲惨な人生体験」ではないでしょうか。 戦争や経済や宗教やetc 筆舌に尽くせぬ体験をした人とその周囲の人々は、その責任が行政や司法や立法にあるのに象徴である皇室に向けて憂さ晴らしをしているかのようです。彼らから庶民を納得させる話しを聞いてみたいものです。 ところが反対に、両陛下が各地でひざまずいて被災者と同じ目線になった振る舞いが気に食わない、立ったままでいいという一派もいるようです。
戦前ならば現人神で直視もできぬ存在であったのが平成では膝詰めとの落差、余りに高遠でも余りに卑近でもが正直なところで、高低差や立ち位置は微妙で両陛下が一番御心労と思います。
一点気懸かりなのが、全国の都道府県の知事が式典に召集された事で、全国の豪族の長を宣言したかの様。
早くも次代の皇位継承話題ですが、if「愛子さま」が後継となれば婿選びは大フィーバーで、マスコミでは内戦の如き様相で「海王子」どころではないでしょう、それまでは延命したい気分。

最後に新元号「令和」→ れいわ → レイワ で語感的にはberry-goodですが 世評のとおり令の漢字が(命令・冷たい)を予感させる等々で否定的意見でしたが、これは当初から予想されたのだから、ならば似たような「玲」を使用すればよかったのにと思います。
勿論出典も必要でしょうが、わざわざ太古の書物から文字を探し出して・・・・ってのも自己満足ではないのかな。 今から二千年前に遡上する代々の元号を見ても、一般の人々は漢字2字の意味合いや語感・語呂には思いを馳せて言い悪いを論じても、その出典がまでは探究されないでしょう。(研究者や好事家は別ですが)何故なら漢字そのものにも出自や意味合いがあって「玲」の文字もそれなりに素晴らしい意味あいがあって不適ではないのです。 ところが「玲」では即(王偏)は支配者そのものでもってのほかだとの批難が予想されそうで、またもや反対論者の標的になるかも。 令和 ⇔ 玲和 と比べてみると前者は(令)の文字がいかにも単純ですが、後者のほうが多少でも意味深さを感じるなあと自画自賛。  言いたい放題終了!
 
》記事一覧表示

新着順:50/5414 《前のページ | 次のページ》
/5414