Reload

●α通信28号 :2020年1月発行予定
●α58号(冬)テーマ:「笑う」 風野 茜提供 
●57号(秋)テーマ[共感覚]:合評 : 5.山荘便り四(古賀和彦)12月2日~  
(1.肥と筑 第四十七回  2.雑多な日々-小鳥とりどり) 3.瀬戸内青年史―大学波瀾時代 4.老いと詩境 二) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:62/5437 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

すご技

 投稿者:α編集部  投稿日:2019年 5月12日(日)10時47分49秒
  通報 返信・引用
  「東洋英和の院長を懲戒解雇に 著書での捏造や盗用を認定」(2019.5.10 朝日)

この院長、架空の論文を捏造 ・架空のデータを捏造 ・ついでに盗用までするというす
ご技の持ち主のようだ。
架空の神学者を作り出し、その論文まで作り出し、何と自分の論文でそれを紹介、引用
するという実に手の混んだ技だ。おまけに問題となった院長の著書『ヴァイマールの聖
なる政治的精神』の出版元はは天下の「岩波書店」だ。岩波だって余程のことが無い限
り気づかないはずだ。コピペ大王のコピペ(盗用・剽窃)技やなりすまし技より、ずっと
手が込んでいる。

もうひとつ驚くことがある。それは引用もととなった書籍がこの世に存在しないという
ことを調べ挙げ告発に踏み切った同僚達だ。どれだけの書籍にあたったのだろう。古今
東西、その両は厖大なはずだ。電子化が進んだとは言えまだまだ網羅しきれていないだ
ろうに。

『ヴァイマールの聖なる政治的精神』を読んだわけではないが、それなりに心血を注い
でまとめ上げた論文なのだろう。ネットを見る限り今のところ出版差し止めや自粛もな
いようだ。例えどんな立派な論文だったとしても、“わけあり本”の汚点がついて回る。
院長さん、もっとやりようがあったのではとつい考えてしまう。

250

 
》記事一覧表示

新着順:62/5437 《前のページ | 次のページ》
/5437