Reload

●α通信28号 :2020年1月発行予定
●α58号(冬)テーマ:「笑う」 風野 茜提供 
●57号(秋)テーマ[共感覚]:合評 : 3.瀬戸内青年史―大学波瀾時代(響灘王子)10月28日~  
(1.肥と筑 第四十七回  2.雑多な日々-小鳥とりどり) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:55/5435 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『霧深きエルベのほとり』(宝塚歌劇)

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 5月21日(火)17時21分34秒
  通報 返信・引用
  牟田さんの宝塚作品評を読みました。
たまたま映画(BS3)を観たばかりなのでしょうか、マルギットが「風とともに去
りぬ」のスカーレット・オハラ、「デイジー・ミラー」のデイジーと重なりました。
もう一人、「おしん」(現在再放送しています)の加賀屋の長女“かよ”。
三人とも裕福で美人かつ気が強くてわがまま?で感情的、良く言えば自分に素直、
フラフラするけど惚れっぽくて一本気。
それに対して、惚れた弱みとでもいいましょうか、そんな彼女達に優しさが故に振
り回される男。『霧深きエルベのほとり』では、船乗りカールとマルギットの婚約
者フロリアンです。
エルベのほとりは、男と女の精神構造の違いからくるちょっとしたすれ違い、哀愁
ただよう作品みたいですね。
舞台ではカールが突出して存在感があります。(観ていませんが勝手な想像です)
最後に愛する人の幸福を願い、格好悪い小芝居までして背を向けまた航海に出る。
格好悪く見えてすごく格好いい!!
あっ、これって寅さんに似ていませんか?!
菊田和夫と山田太一、どこか共通する男像を描いたみたいです。

381

 
》記事一覧表示

新着順:55/5435 《前のページ | 次のページ》
/5435