Reload

●α通信28号 :2020年1月発行予定
●α58号(冬)テーマ:「笑う」 風野 茜提供 
●57号(秋)テーマ[共感覚]:合評 : 3.瀬戸内青年史―大学波瀾時代(響灘王子)10月28日~  
(1.肥と筑 第四十七回  2.雑多な日々-小鳥とりどり) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:44/5435 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今度のターゲットは原英史

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2019年 6月13日(木)15時56分35秒
  通報 返信・引用
  原英史氏は高橋洋一とともに(株)政策工房を運営する人物。
初めて知ったのは『ニュース女子』という番組だ。ギャルたちからいじられても、一切
反論せず笑っているだけだ。無口でほとんど語らないがたまに発する内容は、一見おち
ゃらかしのニュース番組の中で、実に冷静で論理的な意見だ。分かりやすい。内閣府規
制改革推進会議委員の氏が、加計学園問題について国会参考人として呼ばれた時に淡々
と意見を述べていたのを思い出す。
(参考 https://www.youtube.com/watch?v=O8pVmU0RMdc

その原氏が先日、毎日新聞の一面で特区をめぐり不正を行ったかのような記事を掲載さ
れた。高橋洋一相手では手強いと思ったのか、一見ひ弱そうな原氏をターゲットにした
のだろう。静かで温厚そうな原氏が今声を上げて怒っている。今頃高橋洋一氏は頭をフ
ル回転させて毎日との抗争の勝敗確率を計算しているに違いない。
原氏、毎日新聞、ともに徹底的に論争してもらいたい。

736

 
》記事一覧表示

新着順:44/5435 《前のページ | 次のページ》
/5435