Reload

●α通信28号 :2019年8月発行予定
●α57号(夏)テーマ:[共感覚] (担当 長岡 曉生) 
●56号(春)テーマ[変化としての四季]:合評 : 6.老いと詩境(1)(神野佐嘉江) 2019年8月1日~
(1.時間と変化 2.肥と筑 (46回) 3.瀬戸内青年史 4.山荘便り(3) 5.備前玉野の旅 ) 
2014年12月より同人αは20周年に向けて第一歩を踏み出しました。懐かしの投稿記事を引き続き関連サイトより配信していきます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


貴美女の絵手紙散歩/衣替え

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 6月 1日(金)09時38分31秒
返信・引用 編集済
  貴美女さんから、写真ではなく“絵手紙”が送られてきました。
思わずニッコリ。季節と作者の気持ちが伝わってくる、6月初日を飾るにふさわしい一枚です。

       

         6月1日、衣替えです。
         グズグズ言わず、しゃっきりしましょう。

         15年ぐらい前に、絵手紙教室に入ってみました。
         雇われの講師が云うに、「絵をはみ出すように大きく、大きく描きなさい」と。
         私が大きい絵が嫌いだと言ったら、この教室にあいませんので、辞めて下さいと。
         道具だけ買わされて、バカバカしいと思ったけれど、今となればよかったと思います。
         絵でも字でも、個性があっていいと思うので、好きな時に好きな絵を描く、字を書くことに決
         めました。ただ、難点は、続かないこと。特に私は好きやす、飽きやすいこと。

         着物の柄は、日舞の師匠の影響が大きい。
         粋な踊りには、粋な浴衣が一番よく似合う。
         本当にステキな先生でした。(貴美女)

6692

 

鎖国

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 6月 1日(金)08時08分46秒
返信・引用 編集済
  ワイドショーは日大アメフトばかり。あきた。
その前は県知事、財務官僚、芸能人によるセクハラ事件、刑務所脱走事件等々。ネタがつ
きても困らないのは、一年以上続くモリカケ騒動だ。
どうして全局同じ内容になるのだろう。あれでは他のニュースが見えてこない。

昨日初めてネットニュースでベトナム国家主席が御夫妻で訪日していることを知った。
来日初日の29日、早速チャン・ダイ・クアン主席はベトナム人が多く住む群馬を訪れ工
場などを視察し知事と今後の経済協力について会談、翌日30日は訪日を歓迎する宮中晩
餐会が開かれたとあった。
帰国する6月2日まで、どんなどころを回り、日本政府ともどんな話をしたのかを知りた
いところだ。
今回のことだけでなく、大小問わず各国の主席やダライラマ氏の訪日もニュースはあまり
テレビでは取り上げてこなかった。
また、日本の総理や外相の海外訪問もあまりとりあげない。

テレビのニュースや報道番組は国内中心で世界の政治情勢が手薄になるのは分からないわ
けではないが、あまりに少なすぎる。国民に知らせたくないのかと疑いたくなるほどだ。
グローバル化を叫ぶ割には、テレビは海外ニュースを伝えない。
報道は依然として日本は鎖国状態とも思える。ネットではその点、様々な海外の情報がは
いってくる。
だが、日本ではまだまだテレビからの情報が巾を利かせている。それも地上波だ。
ネットではカバー仕切れないところを、誤った情報を、テレビ局が関連新聞社の力と合わ
せて、視聴者に伝えていくべきなのではないだろうか。今テレビが鎖国状態を作っている
とさえ思いてくる。

6688

 

CR建物解体ショー/万能解体重機

 投稿者:万理久利  投稿日:2018年 5月31日(木)08時40分52秒
返信・引用
  今月に入り、家の直ぐ裏のマンションの立て替え工事が始まった。
まずはマンションが建つ敷地全体を建物がすっぽり隠れるくらい白いシートがぐるりと貼
られた。トラックが出入りする隙間からは、入り口脇に居住者が残していったと思われる
豪華なソファーとテーブルが見えた。多分作業員の休憩所に使われているのだろう。

この数日、朝からエンジンの唸る音と、バシャーンと耳鳴りがするほどの音が聞こえてく
る。米軍機騒音対策を施した窓ガラスを打ち破って聞こえてくる。時に地鳴りもする。
いよいよ解体作業が始まったようだ。
ふと思いついたのが屋上、あそこからなら現場が見えるはすだ。“騒音の元を見てやろう
ではないか”……予想通り屋上からは解体現場がまるみえだった。

散水の中、一台の橙色の大きな重機が長い腕を伸ばして建物に噛みついていた。腕も、腕
の先に着いている巨大ハサミ、上下左右、自由自在に動きながら、壁に体当たりしたかと
思うと、ハサミを広げて鉄骨を噛み切きっていく。溜まった瓦礫をかき寄せくるりと回転
して道路側の空き地に落としていく。作業中、脇から作業員がホースで水をかけている。
その瓦礫を二回りほど小さいもう一台の重機が次々とトラックに積んでいた。
たった二台の重機でこの3階建てのマンションを解体していたのだ。重機の力強さと器用
さがあるからなのだろう。何よりもその重機を操作する作業員が凄い。重機の位置を微妙
に移動させ、狙いをつけて腕と夾みの位置を決め、思いっきり噛みつかせる。この技は一
朝一夕では修得できないはずだ。案の定、ひと作業終え座席から降りてきた作業員は白髪
が交ざるいいお年頃の年配者だった。

橙色の強力解体マシーンは、破砕機、クラッシャー、ニブラ、ハサミ、ペンチ、ニッパー、
カッター、シャベル、といった道具を備えた建物解体のための強力な道具、“汎用性”が
高い道具とも言える。
そして、α53号作品『汎用』の時にも感じたのだが、なんといっても一番汎用性が高い
のは「人」ではないのだろうかと改めて思った。

捕捉:
橙色の重機のアームに書かれていた「ZA/IS 225 USRK」から調べてみたら、
日立建機の解体重機だった。



2週間後
 

6668

 

ミンミン賑わい座/無限ループ

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月29日(火)18時44分9秒
返信・引用
 
ディベートにおける「論法」などきっちりと研究したことはないが、国会答弁質疑で使わ
れた「ご飯論法」が気になり、少しだけ調べてみた。あの時の質疑だ、あの時の答弁だ、
と国会シーンが思い浮かぶ。それにしても言い得て妙のネーミングではないか。

<マスコミ、国会でみられるいろんな論法>
・論点を巧みにすりかえる ご飯論法
・その場その場で都合を合わせる ご都合主義論法
・「より疑惑が深まった」を人民裁判で多用する 人治主義的手法
・他者の言説を言い換える(言葉を勝手に切り取り主旨を変える) わら人形論法
・ありそうな憶測を順につなげて重大事象が発生するかのように見せかける すべり坂論法
・相手を少しだけ肯定した後に延々と批判を展開する YES-BUT論法
・「偏向はネットも同じ」と言うお互い様的な 相殺論法
・過去のある時期に於ける相手の非を咎めることにより、咎める方に歴史的正当権を生み
 出し、以降咎める方が何をなしても大抵免責される 贖罪転嫁論法
 立証すべき結論を根拠に持ってくる 循環論法
他にも色々…。

◆評論家たちが雑誌やネットで国会議員の語り口を分析するときにでてくる数々の「論法」
名を並べてみたが、全部ひとくくりにしたのが「モリカケ論法」となりそうだ。
何も得られない「時間つぶしの非生産的論法」と言い換えても良いだろう。

6643

 

ミンミン賑わい座/ひな壇芸人

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月29日(火)09時20分3秒
返信・引用
 
「テレビに映りたい」
「少しでも長くしゃべりた」
「名前と顔を覚えてもらいたい」
   「売れたい」
   「次回も当選したい」……
お笑い芸人も国会議員も、力の順から前列に並ぶのだろうか。

  

6634

 

『サリッサ』評

 投稿者:万理久利  投稿日:2018年 5月27日(日)15時14分41秒
返信・引用
   「“サリッサ”ご存知ですか」
から始まるこの作品は、まるで読者の反応を先取りしたかのような上手い出だしです。
タイトルを目にしたとき、頭に浮かんだのは「????」マークでした。古代マケドニア
の兵士がもつ長い槍は知っていましたが、その名称は知りませんでした。

 前号『汎用』で著者は二足歩行によって自由になった2本の腕が道具を生みだしたと述
べていますが、其の道具は、まず食料を確保することと、命を脅かす猛獣から身を守るこ
とから始まったと思われます。時を経てそれが食料を自由自在に改良し生産する道具に、
敵対する勢力を潰すための道具となりました。サリッサは猛獣ではなく敵対する相手を潰
すための原初の道具とも言えます。『汎用』を書いた後、この一極集中の武器サリッサ、
「失われた技術/道具」を取り上げたのが、何とも興味深く感じました。

 古代ローマ史やイタリア史を書き綴る塩野七生氏の愛読者でもある著者が、塩野氏に対
し「科学的視点に欠ける」と苦言を呈すところは、いかにも理系男子でもある著者らしい。
  ●7㍍、7㎏もある槍を、兵士たちは、あの混み合った群団、しかも命を掛けた中で
   操作できるのか
  ●長い槍に強度と直線を保たせるためにどんな材料が使われ、長い槍の各部分の接続
   方法についてもどんな工夫かなされたのか
  ●馬上からのやり投げの際、「鐙」が考案されていない時代、果たして安定した槍投
   げが可能であったのか
  ●長時間かけての遠征部隊は、メンテ、補給をどのようにしてやっていたのか
 これら四つの疑問を著者は挙げています。
著者からすれば、するどい歴史考察をする塩野女子も、こういった視点からの切り込みが
不足だと感じられ、その視点があったら彼女の「歴史物語」はより力強い、説得力のある
ものになるだろうと思ったのでしょう。その観点からいえば、同人αに長く連載されてい
る『肥と筑』は、塩野氏とは異なり、科学的検証要素を入れ込んだ物造り歴史物語なのか
もしれません。

 歴史の中に登場する様々な道具、ここでは古代戦闘具「槍」ですが、歴史を辿ると同時
に、其の時代に使用した物の構造、材料、工夫を探っていく面白さがありました。
 寺田寅彦のエッセイを読んだ時と同じワクワク感でしょうか。老いた読者でも「科学す
る心」をそこはかとなく蘇らせてくれる一作でした。

『サリッサ』挿絵より


5404

6612

 

貴美女の散歩道/朝の紫陽花

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 5月27日(日)09時41分55秒
返信・引用
   
 (Photo by Kimijo 2018.5.27)


井の頭線の線路の両側に、紫陽花がたくさん咲き始めました。
今が一番ういういしく、きれいです。
でも、この季節は、花より新緑の黄緑の濃淡が、抜群にきれいに思います。(Kimijo)
                  

6607

 

周回遅れの『汎用』評

 投稿者:万理久利  投稿日:2018年 5月25日(金)11時01分39秒
返信・引用
  前号53号掲載作品です。54号作品『サリッサ』を読んでいて、この『汎用』を思い出
し読み返しました。

機械に弱い私が、汎用と聞いて思い浮かぶのは、ハードにせよソフトにせよ、「何にでも
使える、応用できる」といったところでしょうか。

冒頭で著者は、私のような読者にもわかりやすく、「汎用」の意味について、ハード面で
はエンジンとモーター、ソフト面ではコンピューターを例に取り、「汎用」と言う言葉の
意味を整理してイメージさせてくれます。重さ、大きさ、単純性といった要素も関わって
くることにも気付かされました。
イメージさせたところで、さらりと、著者が一番言いたいこと“パソコンこそ、汎用機と
いうべきである”と述べています。「何で 何で?」と読者に理由を知りたくさせます。

導入の次にくるのが、何と二足歩行から始まる人類と道具の歴史です。
二足歩行によって自由になった2本の手が、自分の身体の及ぶ範囲を超えたところに影響
を及ぼすことになり、そして工夫をかさね道具を進化させることにより、それが脳の進化
まで及ぼす――NHKスペシャル「人類誕生」にはなかった視点が面白い。
「物」、ハードとしての汎用性を追求していけば、「1つの道具」に集約させることが理
想ですが、21世紀の今もそれには限度があるようです。著者は「それには大きな発想の
転換が必要である」と述べていますが、いったいどんな転換なのか気になりました。

コンピュータ内蔵により道具の進化は飛躍的に進んだものの限界は限界。そこで最後に著
者がとりあげるのは「物」としての道具ではなくソフトとしてのコンピューター、パソコ
ンです。物としての「箱」はありますが、確かにソフトは無限大です。
著者が述べているように、事業で使われるコンピューターはそれぞれの目的に従い特化さ
れ「汎用」とは距離を置いている印象がありますが、パソコンはペン、クレヨン、ノート
や計算機といった文房具はもちろん辞書、本、電話帳が小さな箱の中に収まっています。
さらには、テレビ、クリニック、商店、「人」とも繋がっています。

パソコンにカメラや電話機まで加えて、小さくて軽い箱につめて、人間がこれをポッケト
に入れて移動することを可能にしたのがスマホ。これもある意味では著者が言うところの
「発想の転換」の一つなのかも知れませんね。
5305

        作品 挿絵より

    

6573

 

第32回 日洋展の案内

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 5月24日(木)21時50分11秒
返信・引用 編集済
  ニューロン・カフェアートギャラリー#A-01眞崎太仁子さん所属の日洋会主宰
第32回「日洋展」が開催されます。

会期  5月30日(水)から6月11(月) 休館日6月5日(火)
時間  午前10時から午後6時(最終日は午後3時閉会)
     入場は午後5時30分まで(最終日は午後2時30分まで)
会場  国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2 展示室 2A、2B、3A、3B

※「伝言板」にも掲載

6563

 

ガッテン

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月24日(木)19時45分51秒
返信・引用
  大学アメフト騒動では、当初より被害者の父がテレビに何度も出ていたが、怒りをぐっと
こらえた堂々の話しぶりと恰幅に、そこそこの企業のお偉いさんか、まさかの人権弁護士?
とまで勘ぐってしまうくらい感心したものだが、何と維新の会所属の大阪市議だった。
氏自身もかつてアメフト選手だったようで、とりわけ今回の事件には全力をあげて取り組
むらしい。体力、気力、弁舌に長けた人物を敵に回した日本大学側は、頭を抱えているこ
とだろう。
弁護士橋下徹氏がしゃしゃり出てきたら、もっとすごいことになりそう…。

※アメフト被害選手の父「奥野康俊」さん情報
→ http://news7-web.com/okunokeireki/

6559

 

たまには/加戸前愛媛県知事

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月23日(水)19時55分25秒
返信・引用
  加戸前愛媛県知事が本日ネット番組に登場しました。 (聞き手:鈴木馨祐 議員)
https://www.youtube.com/watch?v=jwpVGzxhqrQ  28分

昨年の国会参考人招致の時と同じく、先日の国会証言についてマスコミは殆どとりあげませんでした。
今回は野次が飛び交う国会の場とは違い、たゆったりした雰囲気の中でのお話しです。
新聞・テレビはもちろん、国会生中継だけでは見えてこない政治の問題点に気付かされます。

 2018.5.23 喫茶店内のオープンスタジオ(永田町)にて

6547

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 5月20日(日)21時31分11秒
返信・引用
  同人α55号のテーマが『チョットコイ』に決まりました。

さてさて、これは一体… お題提供者 神野氏のテーマ前書きでお確かめください。
※テーマ前書き集→ http://9326.teacup.com/create01/bbs/58

6507

 

強いおじさんおばさん

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月20日(日)17時20分11秒
返信・引用
  日曜夜のNHKプレミアムドラマは殆ど観ているつもりだったが、3年前の同番組『アイア
ングランマ』を、再放送で初めて観た。大竹しのぶ(渾名:ソルト)と室井滋(同シュ
ガー)が繰り広げる、“お婆さん”が繰り広げる、スパイ大作戦もどきのアクションドラ
マだ。(互いにお婆さんとイヤミっぽく呼び合う)
二人の女優それぞれの持ち味/癖が嫌と言うほど誇張されていて思わず笑ってしまう。

「グラン○○」といえば、映画『わたしのグランパ』、テレビドラマ『PTAグランパ2』が
すぐに思い浮かぶ。主人公はみな孫思いの優しくて知恵も腕力もある力強い強いお爺さん
だ。優しくて強いお爺さんといえば、北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎がでてくるテ
レビドラマ『三匹のおっさん』もあった。以上はどれも男性が主役だが、この手の「お婆
さん判」ドラマもちゃんと作られていたようだ。

調べてみたら、今放送中の『PTAグランパ2』の後に予定されているのが『アイアングラン
マ2』だった。室井さん、大竹さん、スタントマンを使ったとしても、本人が演じなければ
ならないハードな動きもあるはずだ。大丈夫かな?
同世代としては、元気がもらえるドラマだ。
テレビも高齢化社会。
          
        『アイアングランマ』2015.1 NHK
        

6504

 

新潟あれこれ

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月16日(水)13時07分38秒
返信・引用
  新潟女児事件、犯人らしき?23歳の男性が一昨日逮捕されました。「死体遺棄・損壊容
疑」とありますが、最終的には殺人に繋がっていくのでしょう。報道はしていませんが、
小児性犯罪容疑もあるのではないでしょうか。

マスコミは警察発表があった日の夜、早速加害者宅に大勢でおしかけました。昨日は一日
中、テレビワイドショーはこの事件一色です。加害者家族の他、同窓生、会社の上司、同
僚からも根掘り葉堀り、あることないこと、ほじくり出しています。それを元に、スタジ
オには元刑事と称する人や心理学者を呼んで、コメンテーターとともに推理ごっこを繰り
広げています。本日も同じようにこの事件一色になるでしょう。

このところ新潟は事件が続きました。米山県知事のホテトル嬢買春辞任、親子山遭難(未
だに行方不明)、少女惨殺…。そして古くて新しい朝鮮拉致事件です。ひとみさん、めぐ
みさん等々多くの拉致被害者を出しているのも新潟県です。 「住みたい件2017」の
びりっけつ3県は45位佐賀、46位徳島、47位茨城、新潟は26位。今年は新潟がぐ
っとランクを下げるかもしれません。

6434

 

訃報:毎日新聞社特別編集委員 岸井成格さん

 投稿者:つる姫  投稿日:2018年 5月16日(水)07時50分24秒
返信・引用
 

TBS「サンデーモーニング」を観る張り合いが完全になくなりました。
合掌

6429

 

沖縄翁長雄志知事が退院

 投稿者:つる姫  投稿日:2018年 5月15日(火)17時00分30秒
返信・引用
 

オール沖縄を率いて粉骨砕身してきた翁長知事が本日午後無事退院。早速復帰会見を開い
た。一ヶ月の入院で大分痩せておられた。
回りから“翁長知事がいなければ沖縄の未来はない”とおだてられても、“沖縄の自由と
平和を取り戻すのは自分しかいない”と強い信念をお持ちなっていても、この際知事を潔
く辞職してまずは静養すべし! 御自分の体が一番だ。健康な新知事に任せた方が沖縄県
民、いや日本の為になるのではないか。まずは十分養生していただきたい。

6415

 

マレーシア:マハティール氏92歳、首相返り咲きへ

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月10日(木)20時14分22秒
返信・引用
  アメリカ人キムさん3名の解放ニュースに驚いたが、マレーシア政権交代にはもっと驚い
た。返り咲きとは言え、何と92歳だ。マレーシアと言えば、最近ではウクライナ上空で
おきたマレーシア航空ミサイル爆撃事件、昨年の飛行場での金正男氏の暗殺事件が頭をか
すめるが、親日国であることも見逃せない。
御年92歳、まさかの軍事クーデターではない。
「マレーシア議会下院(定数222)選挙は、 マハティール元首相が率いる野党連合が
過半数議席を獲得して勝利」とある。(newsweekjapan)
国家への熱い思いと、行動力と政治手腕と健康を備えていれば年齢など関係ないが、人間
寿命というものがある。次世代に引き継ぐ使命もある。他になり手がいなかったのだろうか。

日本の総理選びは如何なものだろう。与野党関係無く今の総理に取って代わる人材はいる
のだろうか。この際、マレーシアの二番煎じで総理経験者の中から選んでみてはどうだろ
う。村山氏を除いてみんなマハティール氏より若い。
  鳩山由紀夫 71歳
  菅直人   71歳
  小泉純一郎  76歳
  細川 護煕   80歳
  福田康夫    81歳
  石原慎太郎 85歳※元知事
  不破 哲三   88歳※元委員長
  村山 富市   94歳


米朝会談候補地としてシンガポールが有力視されているようだが、この際マハティール氏
の返り咲きを機に、北朝鮮とは縁が深いクアラルンプールで行うことも一案だ。
数年前までは両国を行き来する飛行機もあったはず。
平和と人権をアピールするには、ある意味絶好の地なのかもしれない。

6332

 

ここにも押し紙

 投稿者:万理久利  投稿日:2018年 5月 8日(火)17時17分30秒
返信・引用
  先日1年振りの学生時代の同じくラスの仲間で女子会を開いた。
そこで、たまたま新聞押し売りの話が出た。

【A子】
クラス担任はバリバリの共産党員でもあった地学の教諭だ。皆の記憶は地学の先生という
より、小柄で物静かな活動家のイメージだけが残っている。
「先生お元気かしら」から始まって、一人っ子のお嬢様A子から思わぬ告白があった。
学生時代、自宅にいたA子の元に担任から電話。勧誘されて一年某新聞をとったという。
A子の父親を知っていた私が思わず「お父様よく了解してくれたわね」と言ったら、当時
父親は単身赴任でのんびりやの母と二人住まいだったらしい。母娘、新聞は殆ど読まず、
片隅に積んでいたらしい。(A子以外の女子にはなぜか電話がなかったことが確認された)
授業にもクラス行事にも熱がはいっていなかったが、生徒を叱
らずひたすら優しかった。自分のことで忙しく、生徒に無関心だけだっのかもしれない。

【B子の話】
B子の住む集合住宅にクレーマーおばさんと言われている人がいる。
古くからの住民で自治会活動でも長く尽力してきたらしい。一方、困り者。
自分の思うようにならないと騒ぎだし、他の役員を黙らせる。
彼女は某宗教団体の会員。気の弱そうな入居者がくると自治会役員の経歴をちらつかせ、
団体の新聞をとるよう強制してくるという。クリスチャンでもある夫を亡くしたばかりの
ご入居者に新聞購読させしまったほどの凄腕だ。

こんな話は昔からいろんなところであったのだろう。今だったらこれも一種のパワハラに
なるのだろうが、長閑な風景と言えば長閑だ。大騒ぎすることもないだろう。
集まった仲間全員、新聞購読は止めたと言う。もちろん私もだ。
「一ヶ月無料購読」や「景品」を見せられても心は動かない。
新聞は溜まる一方で処理が面倒、ネットで十分、むしろネットの方がいろんな情報が得ら
れて分かりやすい、早い、偏らない、これが全員一致の理由だ。
新聞社にとっては「長閑」とは言ってられない時代になったようだ。

※「押し紙」:新聞社が部数水増しのため販売店に注文させて買い取らせる新聞のこと。

6288

 

NHK『ストップ!詐欺被害! 私は騙されない!』

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月 8日(火)11時08分1秒
返信・引用
  「おはよう日本」や「首都圏ニュース」で年寄り相手の詐欺撲滅キャンペーンが、地道に
続けられている。被害事例を観ていて感心するのは、次々と出てくる騙しの手口、簡単に
騙されてしまう現実、老いてもなお子供を思う親心、そして多くの老人がまとまった金を
持っているということだ。
私の場合はこのキャンペーンは不要だ。まずこの種の被害に遭うことはない。。例え騙さ
れたとしても取られる金がないからだ。

その代わり、私独自の「騙されないぞ」キャンペーンはこちらの方だ。

4.27 報道番組より


5.7 朝日新聞


6285

 

個人著作集アップのお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 5月 6日(日)16時03分33秒
返信・引用
  牟田元明氏による、「佐賀・さくら会」2018年度会報寄稿二作品を掲載しました。
 ・『神々の意味するもの』  (1月号)
 ・『続編を確信 ~ポーの一族~』  (3月号)

※上記リンク集またはhttp://9328.teacup.com/create01/bbs でご覧になれます。

6249

 

5月3日 雨

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 5月 3日(木)08時47分5秒
返信・引用
  やっとお湿り。夏の模様替えでせっかく綺麗になったつるの家に土埃が入り込まなくて一
安心です。「もう掃除しなくていいよ。洗濯しなくていいよ」と言われているような気分
です。
他方、これは憲法の涙なのかもとも…。
井上達夫は『憲法の涙』の中で、私が以前から抱いていた疑問をはっきりと訴えています。
護憲護憲と騒いでいる人も、無理矢理へりくつをこねて憲法をねじ曲げて解釈している人
も…。とどのつまり、“僕(憲法)をないがしろにしているではなないか!!”の涙です。
時代に合わなくなったり、摩耗したパーツを修理したり入れ替えたりすることも許されな
いのか!! の涙です。
見方を変えれば、これは自衛隊の涙、拉致被害者の涙、竹島/尖閣の涙、安心して猟に出
られない漁民の涙、そして岸や三島の涙のようにも思えてきます。

71年目の日本国憲法。テレビは朝から昨日のTOKIOの涙涙の記者会見ばかりです。

6188

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 5月 2日(水)12時15分32秒
返信・引用
  10月22・23日開催

佐賀高校第11期生「喜寿記念同窓会」のお知らせを、リンク『伝言板』に掲載しました。
喜寿記念と同時に平成最後となる同窓会の特別企画は「お伊勢参り」です。

6164

 

『雑多な日々(二)』評

 投稿者:万理久利  投稿日:2018年 5月 2日(水)11時17分30秒
返信・引用 編集済
  【髭小話】【冬のオリンピック】【七年目の春】、小作品三つからなる作品ですが、作者の
回りで起きた事柄、家族とのふれ合い、失った命、新しい命、現在に至るまでの約20年
の時の流れを、著者の記憶の中の映像とともに眺めているような気分にさせられます。

1997年ソフィアとイスタンブールでの御主人の髭に纏わる話、翌年1998年の大手術と長野
オリンピック、20年タイプスリップして2018年2月のピョンチャンの小平選手、そして
7年目を迎えた震災の話です。著者の頭の中では、時空を超えた景色が広がっているかの
ようです。
髭を蓄え始めたことを知らない子供達が父親を観て驚く…鬚ズラの御主人の顔、驚いた子
供達の顔、それを観てほくそ笑んでいる著者の顔が読み手にも広がります。
滑りきって嬉しそうに両手を挙げる小平選手の姿はつい最近のことですが、著者と同じく
長野の清水選手のバンザイ姿も綺麗に頭の中に蘇りました。
最後の「七面の春」では震災7周年NHK特別番組に出て来た、記憶の風景を映像に残そう
とするタイムラプスクリエイターのことを取り上げています。

読み返してみると三つの作品の流れも、著者の記憶の流れも、一本の線で繋がっているこ
とに気が付きます。
美空ひばりの「ああ 川の流れのように~♪ 」の歌が聞こえてきそうです。

春の兆しが見えてきたあるひの午後、陽の当たる静かなリビングで原稿用紙に向かって、
頭の中の映像を文字にしている著者の姿が作品の中から浮かんできます。
お子さんや孫さんたちが大人になって著者の作品を読むようなことがあれば、これもまた
彼等にとっての「タイムラプス作品」になるのではないでしょうか。

5402

6164

 

NHK『中国秘境 四川美人谷』

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月30日(月)18時57分34秒
返信・引用
  中国の秘境チベット高原にある「美人谷」と称するギャロン・チベット族の集落を訪ねた
ドキュメンタリーだ。
1980年代に放送されたNHK特集『シルクロード』の21世紀版といったところだろうか。
こういうものを撮らせたらNHKにかなうものはないだろう。

美人とあれば男子だけでなく女子も興味津々。美をはかる尺は現代の一般的で共通のもの
で何とも言えないが、確かに美人谷の女性はみな美しい。美しいだけでなく強い。よく働
く。強いだけでなく、賢くかつ優しい。古くは母系社会の女王の国の末裔とあるのにも十
分納得がいく。
主人公は26歳の二人の小さな子をもつラムさん。お笑い芸人友近さん、はたまた夏目雅
子さんを彷彿とさせる美人だ。美人であることは彼女には全く関係無い。毎日起きてすぐ
伝統の髪型を整え身繕いをし、子を育て、野に出て働き、仲間に協力し、そして家を守る。
先祖を敬う。顔よりさらに生活の有り様が美しい。みな実に勤勉でもある。男たちもいっ
しょだ。女がこうであれば男も自然とそうなる。

質素で力強い人々の生活の背景にある、山間の絶景、春の緑と花、石積み住居と塔、連綿
と続く信仰が根付いている世界は、ジブリのアニメか桃源郷のように思えた。
時代の流れによって、この世界の姿も変わっていくのだろうが、自然がこわされ、物が溢
れ便利になることだけが果たして幸福なことなのか…どうしても考えてしまう。
便利な世界に住んでいる人間の勝手な思いなのだろう。
時代の変化はやむを得ない。だが、時々耳にするチベットの人権問題を考えると、この桃
源郷にそんな問題が起きないか心配になってくる。

6137

 

“やらせて下さい”

 投稿者:キメラ17号  投稿日:2018年 4月25日(水)19時12分15秒
返信・引用
  2009年
「自民党にお灸を据え、民主党に一度やらせてみよう」
真摯に訴える“やらせてください”の言葉でその気になった国民が大勢いた。私もその一人だ。
3年3ヶ月の間様々なことがおこり、
9年経った今、

2018年枝野代表
「真っ当な政治を」
「内閣不信任案を提出、もう一度やらせてみて下さい」

9年前に政権を担った党の議員たちが、今では名前を変えて3つの党に別れている。
そして
「やらせてください」
政治家や官僚が安易にこの言葉を使うと、呼びかけられた人から「Metoo!」と怒りの声
が起きかねない時代になった。

6075

 

映画『危険な情事』1987

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月25日(水)16時43分22秒
返信・引用
  「私NHKなんで」という堅物プロデューサーを演じるウッチャンのギャグではないが、
そのNHKらしからぬ題名の映画をやっていた。

何かのパーティーでマイケル・ダグラス演じる弁護士とメリル・ストリープを少し尖らせ
たような女性が演じる雑誌編集社に勤めるキャリアウーマンとの出会いから始まる。
ゆったりしたムードで始まっただけに、クリント・イーストウッドとメリル・ストリープ
の「マジソン郡の橋」風のしっとりした大人の不倫愛を楽しもうと最後まで観続けようと
思った。ところが、次第にとんでもない展開に移っていく。
一夜の情事がきっかけで、その気になった女性が次々と残虐極まるストーカー行為を起こ
す。最後はまさに身の毛もよだつホラー映画になっていた。
だらしない男と狂気に走る女、そして夫と我が子を守り予想外の強さを見せ、女を銃殺す
る妻。数日の間に繰り広げられた愛のときめきを、思い出の宝箱に入れて思い出を大切に
温めながらそれぞれの人生を終える「マジソン郡」どころではなかった。

今何でこの映画をNHKは放映したのだろう。
邦題を「危険なセクハラ」「危険な不倫」に読み替えて、男女を問わず国会議員や官僚に
に観てもらいたかったのではないか、警鐘を鳴らしたかったのではないかとつい想像した
くなった。
なにせ「公共放送NHKなんで」…。

6066

 

イグ・ピューリッツァー賞候補写真

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月23日(月)20時19分6秒
返信・引用
  沖縄市長選で自公推薦候補が圧勝した瞬間の取材記者の表情を捉えた一枚


◆左の記者が首にかけている青いカードは「沖縄タイムズ」、アロハシャツの男性のカードに
は「ラジオ沖縄」とある。真ん中の背の高い男性はカードを下げていないが、「琉球新報」だ
ろうか。

◆昨日は沖縄市長選挙だ。重要な選挙だというのにテレビはでは殆どとりあげられていない。
今年、名護、石垣に続き、沖縄市でも「オール沖縄」が推す立候補者が当選を逃した。
誰が撮影したのだろう…。なかなかの画像がネットにあがっていた。
右横で満面の笑みを浮かて万歳三唱をする集団の横で、沈鬱な表情の記者たちの表情が何とも
言えない。沈鬱な表情で会社にもどり、どんな記事にしようかと悩みぬいたに違いない。

◆本日の沖縄2紙について藤原かずえ氏がこんな書き込みをしていた。
「球新報は社説でたっぷりと沖縄市長選について書いていますが、非常に不自然なことに
オール沖縄が敗北したことについては一切触れていません」
「沖縄タイムスの社説は、沖縄市長選には一切触れず、大衆の引き締めに必死です」
そうか、やっぱりそうか…。

6037

 

絵になるキムさん

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月23日(月)16時59分50秒
返信・引用
 

先日、核実験場の閉鎖を宣言したキムさんのアップ映像をこの数日テレビのニュースでよ
く見かける。
紙を読むためか、うつむき加減のお顔が正面から大アップ。
あの特徴的なヘアースタイルが光る。光るのはポマードだ。粗めの櫛を使っての調髪なの
だろうか、太めの櫛の跡がくっきり残っている。
服に無関心で全くしゃれっけの無い父が、会社に行くときだけは柳屋のポマードを塗って
髪を整えていたことを思い出した。櫛はべとべと、枕もべとべと。母も娘二人も父の櫛と
枕を蛇蝎のごとく忌み嫌っていたものだ。

一糸乱れぬ芸術的ヘアーを横からも観賞できるようカメラが移動。耳の上のそり込みが黒
々とした豊かな頭髪を引き立てている。頬肉に食い込むように真っ直ぐ伸びた黒のメガネ
のテンプル(つる)の様子が、キムさんの強さを表しているかのように見えなくも無い。
計算し尽くされた演出だ。何処から見ても絵になる。

6033

 

デジャプ~~~/臭い!

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月21日(土)08時23分36秒
返信・引用
  2018.4.20 「Me Too」のプラカードを持って財務省に乗り込む野党集団


2013.10.18 反原発を訴え、偽棺をかかえて練り歩く大阪の謎の集団

◆安全保障と経済をめぐる重大な外交上の判断が要求される今、委員会審議を拒否して、黒い
衣装をまとって集団パフォーマンスを繰り広げる国会議員たちにの姿にぎょっとした。
昨年ハリウッドで広がった「性的暴行の被害を積極的に訴えていこう!」運動を真似たのだろ
うが、昨日のこの写真を見てすぐ思い浮かべたのが5年前大阪で起きた葬儀デモだ。雰囲気が
重なる。もう一つは安倍総理に対する問責決議案の採決の際、一人牛歩戦術に挑み、さらに壇
上に上がると手を合わせ線香を上げる仕種をした喪服姿に数珠の山本太郎議員だ。
どれも、世界共通というより、一部の人の日本独特のパフォーマンスに見える。
えげつないと言うか、臭いと言うか…。

5993

 

貴美女の散歩道/大江戸散歩

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月20日(金)06時51分11秒
返信・引用
  貴美女さんの散歩風景はまるで作家石川英輔の『大江戸シリーズ』に出てくる世界のようです。
「気風がよくて情に厚く、芸は売っても色は売らない心意気」の辰巳芸者“いな吉”さんの散歩
と言ったところでしょうか。
現代のいな吉さんはスマホを使ってお気に入りの風景をパシャリパシャリ。


亀戸天神の藤




亀戸天神で藤をみて、
船橋屋本店でくずもちとあんみつを食べて、
駅前から路線バスに乗って、上野公園までの、半日の旅をしてきました。

藤は、大半は盛りを過ぎていて、がっかり。
船橋屋は本店とあって、超満員でお店に入るのに、30分ほど待ちました。
でも、待ったかいがあって、あんみつのおいしいこと。お土産用のくずもちは飛ぶように売れていました。
お店の前にしゃがの花が可愛く咲いていて、満足!

一時間に2本ぐらいしかない上野公園行きの路線バスに乗って移動。
数年ぶりに、上野のお山をゆっくりと散歩しました。
この季節、緑がきれいで本当に満足!
中でも、寛永寺清水寺観音堂の「月の松」は、始めて見ました。
不忍池を見下ろす高台にあって、とてもきれいでした。
つつじの花と見事な円を描く松の枝振りに感動!

旅の終わりは、エビスビールのビアホール、次に、御徒町の蕎麦屋。(貴美女)


亀戸天神の船橋屋本店


寛永寺清水寺観音堂の「月の松」

(Photo by Kimijo 2018.4)

 

お知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月20日(金)06時44分34秒
返信・引用
  α54号作品を上記リンク集の「同人α作品集」にアップしました。

5971

 

朝から韓ドラ?

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月18日(水)14時54分10秒
返信・引用
  ひどくヒステリックな女性の怒鳴り声。日本語ではない。
民放地上波で朝から韓国ドラマをやり始めたかと画面を見たら、サンパウロ出身の歌手・
女優のマルシアさんと見間違う女性が映っていた。財閥出身の航空会社の専務役。こんな
女優さんいたかしら…。

昨年日本で話題になった「このハゲーーー! ちーがーうーだーろーーー!」で一躍有名
になった国会議員を題材にした新ドラマではなく、彼の国のニュースだった。
女性によるパワハラは面白おかしく話題になりやすい。
そのうち女性によるセクハラも出てくるかな? こちらの方はもっと話題になるだろう。
どこの国でも隠し録音流行りだ。スマホのお蔭で泣く人、笑う人が増えたことは確かなよ
うだ。

5941

 

『伝染(うつ)るんです』

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月14日(土)08時44分17秒
返信・引用
  石破茂議員の吉田戦車マンガを彷彿とさせる「魔人ブゥ」のコスプレには驚かされたが、
『月刊日本』4月号に錚々たる方達と並んで登場しているのにはもっと驚いた。
鉄壁魔神石破さんにも彼等の何かが伝染して、これまでの自分から解放されたのだろうか。
4.14安倍打倒国会前デモにコスプレして参加するかな? 明日の朝日朝刊一面トップを飾るかも…。


  

5876

 

レンズの向こう/目に染みる新緑

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月12日(木)16時57分26秒
返信・引用
  春の緑溢れる武蔵野の雑木林も、昨日は強風でザワザワと音をたて右に左にと大きくしなって
いたことでしょう。人間同様、年寄りと異なり若芽は多少のことではへこたれませんから、風
の吹くまま自由自在に身を委ねていたことでしょう。
撮影は4日前、この4日で鍛えられてますます力強く緑の濃さを増しているに違い在りません。


     

       <目に染みる新緑、鮮やかな花>
       夏日になったり春の初めに戻ったりと何かと動きが激しい昨今です。それでも周りは
       確実に初夏へむかっているようです。散歩道も数日で景色が変わります。(I.Takeuchi)


 

    

 
(Photo by I.Takeuchi 2018.4.8)

5851

 

ミンミン賑わい座/野次

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月11日(水)20時10分26秒
返信・引用
 
本日の永田町劇場公演は、分離した二つの劇団のそれぞれの座長の登場とあって、座長は
もとより、それぞれの仲間達が元いた劇団で培った得意芸「指さし」「野次」「時間を止
めろ!」「“ええーっ”の大合唱」が大いに飛び交った。仲間を相手につい野次を飛ばし
てしまうという混乱ぶりだ。

1年以上同じネタを上演していれば、見る方もいい加減飽きる。どれだけバージョンアッ
プしても、ネタが同じであれば、面白みは生まれない。
「なんで同じネタばかりやらせるんですか」座長自らが発するこの言葉からは新しい前向
きなネタを創造する姿勢は一切感じられなかった。
庶民の税金で運営されているのに、こんなものばかり見せられていたら、舞台に向けて卵
を投げつけて「金返せ~!」と野次を飛ばしたくもなる。

5835

 

笑いのない「そこまで言って委員会」

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月 9日(月)18時51分41秒
返信・引用
  昨日の当番組はいつになくパネリストの面々の口から冗談、悪ふざけの言葉が出ない。
ゲスト3名が黙らせた。軽はずみな言葉/冗談を出させなかったようだ。

光市母子殺害事件 本村洋さん
松本サリン事件    河野義行さん
拉致事件          増元照明さん

三人とも理不尽な事件で親族を奪われ、さらにマスコミからの被害を受けた。
口汚く誰かを罵ったり、批判すること無く、静かに、淡々と質問に答えて行く三人の姿に
思わず頭を垂れたくなる気分だ。その強さに頭が下がるのだ。今も尚忌々しい事件と正面
から向き合い凜として生きている姿には感動すら覚える。事件当時私は、マスコミから流
れてくるニュースに煽られ、ある意味週刊誌ネタをのぞき見する気分で、「犯人はあいつ
に違いない」「被害者は大袈裟にさわぎすぎる」などとよく調べもせずに報道を鵜呑みに
しているだけだった。ある意味、私もまたのうのうと安全圏にい続けるマスコミの共犯者
だったのかもしれない。

本村さんをはじめ、みなさん、どこか超越してしまった風格すら感じた。
三人それぞれの語りの前では、テレビで活躍している評論家たちの物知り顔で発せられる
言葉は軽くて影が薄かった。三人を前に、口の達者な評論家たちも完全に威圧されていた
のだろう。

※2018.4.8公開(とりわけゲスト一番バッター本村さんの話には考えさせられた。6分あたりから)
https://www.youtube.com/watch?v=N37gLQ-KRrg    (1時間30分)

5797

 

個人著作集アップのお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月 6日(金)17時54分29秒
返信・引用
  牟田元明氏による、「佐賀・さくら会」2016年度会報寄稿二作品を掲載しました。
 ・『目の付け所はいいのだが』
 ・『天晴れ!!チャレンジ精神』

◆先月29日、今年もスターを夢見る106期生40人の宝塚音楽学校入学試験発表があり
ました。タカラジェンヌを心から応援する牟田氏はきっと我が娘のことのように喜んでい
ることでしょう。

◆今年2月には『ドクトル・ジバゴ』の公演があったようです。牟田氏はご覧になったで
しょうか。映画とはまた違った面白さがあるのかもしれません。ご覧になっていれば是非
とも感想をお聞きしたいところです。

※現在、2014年から2017年までの、会報「さくら会」および「歌劇」に寄稿した牟田氏
の作品が揃いました。ご覧になりたい方は、上記リンク集または
 http://9328.teacup.com/create01/bbs よりお立ち寄り下さい。

5750

 

映画『ドクトル・ジバゴ』1965

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月 6日(金)08時17分58秒
返信・引用
  題名だけは知っていたが、映画も原書も見ていない。ギターとマンドリン?が奏でる明る
めのメロディーを良く覚えているが、この映画とは結びついていなかった。チェ・ゲバラ
によく似た主人公のヒゲの優男は一体誰だろう…。そんな訳で、ずるずると200分を超
える長い映画を見てしまった。
見始めすぐ、舞台が何処の国なのか分からない。ロシアと分かるまで多少時間がかかった。
俳優達の顔がどうもロシア人ぽくない。バスが通る道の看板の文字で改めて確認したほど
だ。

革命の中、愛を貫いた男と女―こんなキャッチがあるようだが、どうもピントこない。
「勝手にしやがれ」の気分。男女の愛欲より、私には、
・(ゲバラと同じく)医者で詩人のこころ優しい主人公はノンポリ。決して革命に入れ上
げないが人としての愛、正義感、バランス感覚を、むしろ革命に走る人たちより持ってい
る。
・ロシアは広くて、ひたすら寒い、極寒の地であること。国土を南に広げたくなるのも分
からないこともない。
・上流階級の家を農民が当然のように、占領し、略奪していく風景は文革の時の風景と重
なる……
こちらのほうが印象に残る。

政府(旧ソ連)の仕返しを恐れ、『ドクトル・ジバゴ』原作者であるボリス・パステルナ
ークがノーベル文学賞受賞を拒否したことと、それから半世紀以上も経った中国で、劉暁
波を牢獄に閉じ込め平和賞受賞式に行かせなかった中国共産党…歴史は繰り返される。

高評価を得ている映画のようだが、評判ほど私には響くものがなかったが、始めと終わり
に、ロシアの民族弦楽器「ララバイカ」を登場させたところは秀逸。ララのテーマもこれ
繋がりかな? 代々受け継がれたララバイカは作品の中の影の主人公ではないだろうか。

オマル・シャリーフ(左)と ジュリー・クリスティ(右)

5740

 

レンズの向こう/4月始めの航空公園3(終わり)

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月 5日(木)20時45分39秒
返信・引用
  桜が終わると、待ってましたとばかりに、色とりどりの花が顔をだします。

      

  
(Photo by I.Takeuchi 2018.4.1)

5733

 

貴美女の散歩道/神代植物園・深大寺の春 2018.4.3

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月 4日(水)10時51分28秒
返信・引用
  貴美女さんからも、春の風景が送られてきました。
桜は、散る前の全力開花といったところでしょうか。見事な咲きっぷりです。
「レンズの向こう」の竹内さんとはまた違ったカメラマンの目線があります。
モニターからはみ出るほどの大画面でお楽しみください。





朝、神代植物園まで、ぶらっと行ってみました。
先日、お参りだけして、植物園に入らなかったので、気になっていたのです。
予想どおり、ソメイヨシノは、半分ぐらい散っていましたが、私が好きなしだれ桜が満開
でびっくり!!

お寺の方に行ったら、もう甘茶の用意がされていて、いただいてきました。
お釈迦さまに、たっぷり甘茶もかけて、拝んできました。
今年もお坊さんに会えて、お話も聞けて、本当に幸運!!
有難い半日でした。(Kimijo)





(Photo by Kimijo 2018.4.3)

5711

 

ミンミン賑わい座/ヒアリング合戦

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月 3日(火)21時21分41秒
返信・引用 編集済
 

 机を二列並べて、両サイドに人が並び向き合う風景、テロップには疑惑という字が…。
「隠蔽」「捏造」という言葉が飛び交う。画面には映っていないが、回りの記者たちのパ
シャパシャとシャッターを押す音がひっきりなしだ。
 まだ野党議員による財務省ヒアリングがつづいているのかと思ったら、野党6党議員の
向かいにはいるのは防衛省の役人だった。
 いつまでこんなことが続くのだろう。政権を倒すまで無限ループが続くのだろうか。

 国の文書管理は確かに甘い。だらしない。野党に声を上げて批判されても仕方あるまい。
今回文書を入手したのは共産党らしい。共産党はこれまで安全保障に関する文書を何度も
手に入れてきてそれをもとに批判を繰り返してきた。何か秘密のルートでもあるのだろう
か。
 視点を変えれば「俺達に文書が流れるような甘い文書管理をしてるのか!!」と指摘し
ているとも言える。もし彼等が政権をとったら、鉄壁の秘密管理体制をとるに違いない。
マスコミにも、野党議員にもそうやすやすとまずい公文書を流すようなことはしないだろ
う。

 対象者をずらり並べてあたかも尋問するかのような風景を見るたび、2009年の事業
仕分けの時の風景を思い出す。「仕分け人」が対象とした各事業の担当者をよびつけ、公
開の場で予算削減を言い渡す。当初は「仕分け人」の鋭い切り込みにエールまで送ったも
のだが、次第にこのやり方、審査の中身に疑問をいだきはじめたのも事実だ。
 カメラを入れるのは一見いい意味での情報公開をうたっているようでいて、ただのパフ
ォーマンスにすぎないのではないか、との思いも否定できない。

 事業仕分け 2009.11                          財務省 合同ヒアリング 2018.3.13          防衛省 合同ヒアリング 2018.4.3

5700

 

レンズの向こう/4月始めの航空公園2

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月 3日(火)18時56分56秒
返信・引用
  様々な色がくりなす錦秋とは対局にあるような、緑のグラデーションを楽しむ春の風景です。
同じ黄色でも、枯れて茶黄色に染まった渋めの葉と違って、春の若葉はエネルギーを秘めた光
り輝く黄緑色です。たっぷり含んだ水分が太陽の光を反射しているのかもしれません。



若葉の季節となりました
昨日までサクラばかり追いかけていた、本日久しぶりに公園へ
早若葉の季節です。公園であり管理が行き届いている面もあり近くの里山の森より
数日速いようにも思えますが。こうなると初カツオを早く味わいたいきもちです。(I.Takeuchi)  


        

              
            (Photo by I.Takeuchi 2018.4.1)

5697

 

それぞれの出発

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 4月 3日(火)09時32分34秒
返信・引用
  昨日4月2日は、新社会人を取り上げたニュースがめだった。
少し前までこの時期には、就職難がらみの話題が付いて回ったが、今年は殆どない。それ
だけ4月採用の就職状況が改善されたのだろう。その代わり、今年は同じ会社の新入社員
の中での給料格差を問題にしていた。毎年何かしら問題点をみつけだして報道するようだ。
私が就職したときは、社会に出ることのワクワク感が大きく「働けるだけで十分、給料を
貰えるだけでも十分」、初任給に差があっても、それは自分の能力がそこまでだと見すか
されただけのこと…仕方有るまい、そんな思いだった様な気がする。回りの新人も大方そ
んな思いだった。

テレビでも卒業の顔と新入の顔があった。中でもフジは夕方から夜の報道番組スタッフの
総入れ替えだ。夕食のテレビの前のおば様たちには馴染みのないBSの個性派MC反町理
氏が夕方の地上波番組へ、代わりには、これまで殆どテレビに顔を出していなかった報道
一本の松山俊之氏が。気になって二人が出演するそれぞれの番組を覗いてみたが、プロと
は言え、初日の堅さ、ぎこちなさがあった。
それでも一所懸命。彼等もまた新人の顔だった。20代でも50代でも新しい世界に挑む
姿は共通して清々しい。スタートはみないっしょ。全てこれから先の彼等の取り組み/生
き方にかかっている。

5685

 

レンズの向こう/4月始めの航空公園

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月 2日(月)17時45分24秒
返信・引用
  日曜日の公園は人で賑わっています。桜の花もこの日まで枝にへばりついて住民達を楽し
ませてくれたようです。柴の緑、木々の緑が目立ち始めました。主役の交代です。
編集会議の時に話題になった「羽ばたき型模型飛行機」を飛ばしている風景を目を懲らし
て探しましたが、残念ながら写真の中にはありませんでした。めぐりあったら是非ともシ
ャッターを切って欲しいところです。

エントランスの奥、真っ白な放送塔の横に桜が見えます。

            赤と白の鉄塔は航空通信塔?

    
(Photo by I.Takeuchi 2018.4.1)
 

レンズの向こう/桜の花のファランクス2

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月 2日(月)16時30分26秒
返信・引用
  この桜の花の饗宴も花吹雪とともに今頃は幕を下ろしていることでしょう。
饗宴は北に移動し、そろそろ福島の三春滝桜の見頃となるころでしょうか。

  

      

 
(Photo by I.Takeuchi 2018.3.23)

5664

 

同人α54号発行のお知らせ

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 4月 1日(日)21時02分55秒
返信・引用 編集済
   満開の桜が散り始めた昨日、α印刷所で54号編集会議が開催されました。
桜の木の下ではありませんが、室内で花見気分、全方位の話題で盛り上がりました。
 今号のタイトルは「髭」。普段はタイトルにズバリ纏わる作品は殆どありませんが、今回は
髭の思い出話に始まり、著者を含めた四代にわたる髭の写真で冊子最終頁を飾りました。
無茶ぶりではありますが、挿絵集をもって作品紹介に変えてみました。ご想像にお任せします。


 7作品 110頁                       目次                      54号挿絵集
   

                 3.31 集合写真
                

c.c.万華鏡

5645

 

エイプリルフール

 投稿者:赤松次郎  投稿日:2018年 4月 1日(日)09時19分23秒
返信・引用 編集済
   我が家の飼い猫『ミラノ公ルドヴィーコ・マリーア・スフォルツァ(通称イル・モロ)
の名前を付けられた-我が家では「モロ」』が外に出かけるときどこへ行くか訪ねると、
ちょっとアルバイトの相談に一㌔先の里まで山を降りてくるという。さては毎晩細君に
ねだっている『いなばペットフードの「CIAOちゅ~る」』代を自ら稼ぐ気になったか、
動物だって自立することはいいことだと私は喜んだ。

 半月ばかりして火曜、木曜、土曜と週三回、朝の十時から午後の三時頃まで出かけて
いるようで、アルバイトが成立したらしい。どのような仕事が問い質したところ、ある
晩、『富士高天原王朝(ふじたかまがはらおうちょう)』の夢をみて神託を授かった。
ここ富士の地のためにどんな事でもいいから尽力を尽くせという、実に具体性がなく多義
的で曖昧模糊としたものだったという。丁度そんなとき、えさ台を独り占めして居座っ
て腹一杯食べている、「モロ」と仲良しの『田舎紳士風の山雀(やまがら)-エノケン君』
からアルバイトの話があったという。いかにもうらぶれた『日月神社(にちげつじんじ
ゃ)』でパフォーマンスをやって神社の復興のために努力してみないかということだった。
 「山雀(やまがら)」という小鳥は「おみくじ引き」、「つるべ上げ」、「鐘つき」、
「かるたとり」、「那須の与一」、「輪ぬけ」など多彩な芸の持ち主である。一方「モロ」
はどのような芸を披露するのだろうかと私は思った。
 最近私と細君が街まで買い物に出かけるとき、やっと車がすれ違いのできるほどの隘
路(あいろ)は、三々五々と歩いている外人の旅行者で埋まっている。街の帰りに湖に
そう広い通りを右に曲がり、人をかき分け我が山荘に向かったところ、日月神社の広場
で人の混雑は終わっている。私達はちょっと先の空き地に車をとめて神社まで歩いて戻
ってみた。

 これまでは広場は子供の遊具が申し訳程度にあり、鳥居は古色蒼然とした小さくてみ
すぼらしく、本殿に続く石段も今に崩れそうで、社務所さえなかった。それがいまで周
囲には御影石のピカピカの玉垣が出来、朱色鮮やかな大きな鳥居もでき、社務所には白
い小袖(白衣)に緋袴を着た美しい巫女が一人座っている。よく見るとそのそばに熊野
古道でみた不遇の王子達を祭ったような小さな祠(ほこら)があった。その中にしつら
えられた台の上に『モロ』がこちらに尻を向けている。拝観客がお賽銭を上げると、玉
串に見立てて灰色の尻尾に垂(しで)や木綿(ゆう)をつけサッサッと鋭く動かし、拝
観者のお祓いをしているのである。その尾っぽ裁き、その切れ味、その荘厳さは見事と
いうほかはなく、確実のあらゆる罪穢れを徹底的に祓い浄めていることは確かである。
 一方『田舎紳士風の山雀(やまがら)-エノケン君』は奥に設えられている春日造
(かすがづくり)の小さな拝殿の扉を器用にくちばしで開け、おみくじを一本(いっぽん)
くわえ、戻ってきて客に渡して一礼をする。そして『モロ』は奥の右の穴に、『エノケン』
君は左の穴に同時に隠れるという一行程のパフォーマンスである。これが観光客には大
いに受けた。その画像は世界中発信され、平和に慣れ刺激を求めている退屈している人
々に、一度は行ってみたいという気持ちにさせたのは確かだ。

 しかし一方某国の厳しい動物愛護団体からクレームがきた。これは動物虐待ではない
か、弱いものを慈悲や救済で救うべき東洋の宗教が率先して動物の虐待を認めるのかと
いうのである。これに対してweb上で反論もなされた。それによると『モロ』も『エ
ノケン君』も己の意思で選んだ労働を誇りと思い喜んでいるのではないか、だから人間
が考えるような動物虐待には当たらないという論である。
 ここで中山競馬大学の滝沢馬糞准教授にコメントをもらうと・・・・・・。
 西洋ではシェイクスピアの時代からその数世紀後まで、貴族たちは愛玩用子犬や鳥た
ちを熱愛する一方で、ほとんど飢え死にかけている雑種犬が街を徘徊していたり子供た
ちが公衆の面前で猫を拷問していることは無視していたという。
 キリスト教では犬や猫などの動物は人格がなく、人間に奉仕する「物」としか認識し
ていないとおもわれる。神の形に作られた人間は、それ以外の動物の支配者で、動物を
殺して食べようと、労働の道具に使用しようと、動物に何をしてもいいというのがキリ
スト教の動物観でだという。
 一方東洋では同じ生き物として共存しているという考えがある。それは今は人間とし
て生きていても来世は犬や猫に産まれる可能性があるという、仏教における輪廻転生の
概念が大きく影響している。だから仏教は、動物を含めたあらゆる生命を慈しみ尊重す
ることを推奨している。殺生を生業とする人以外は、動物を傷つけても殺してもいけ
ないと説いているのである。
 滝沢馬糞准教授はここまで述べて、私の本業である今年の桜花賞、皐月賞の馬や騎
手や馬場の状態を分析をして、生徒達に確率論から演繹した「大穴予想」を教示しなけ
ればならないので・・・・・・と言って急いで消えてしまった。
 そのご『モロ』と『エノケン君』は『日月神社』の正式な新官補として採用されたと
いう。めでたしめでたし。

参照(Wikipediaによる)
◆ 日月神社(にちげつじんじゃ)
   村上天皇の御代、天暦年間(926-967)の創建された。江戸中期には御手洗浅間とあり、
  身を清め、浅間本宮(河口浅間神社)に参拝する前の公斎社として祀られていました。
   祭神は御三体で木花開耶姫命(このはなのさくやひめ)、天照皇大神(あまてらすお
   おみかみ)、月読命(つくよみのみこと)。
   木花開耶姫命(このはなのさくやひめ)
     天照大神(アマテラス)の孫であるニニギノミコト(瓊瓊杵尊、邇邇芸命の
          妻。オオヤマツミ(大山積神、大山津見神、大山祇神)の娘で、姉にイワナ
          ガヒメ(石長比売、磐長姫)がいる。ニニギノミコトの妻として、ホデリ(海
       幸彦)・ホスセリ・ホオリ(山幸彦)を生んだ。
      天照皇大神(あまてらすおおみかみ)
          天岩戸の神隠れで有名であり、記紀によれば太陽を神格化した神であり、皇
          室の祖神(皇祖神)とされる。神社としては伊勢神宮が特に有名。
      月読命(つくよみのみこと)
          天照大神(天照大御神・あまてらす)の弟神にあたり、須佐之男(建速須佐
          之男命・たけはやすさのお)の兄神にあたる。

◆ 富士高天原王朝(ふじたかまがはらおうちょう)
  宮下文書(みやしたもんじょ)は、富士山の北麓、山梨県富士吉田市大明見(旧南都
   留郡明見村)の旧家、宮下家に伝来する古記録・古文書の総称である。「富士古文書」
   「富士古文献」などとも称される。神武天皇が現れるはるか以前の超古代、富士山麓
   に勃興したとされる「富士高天原王朝」に関する伝承を含み、その中核部分は中国・
   秦から渡来した『徐福』が筆録したと伝えられている。だが、その信憑性については
   疑いがもたれており、いわゆる古史古伝の代表例に挙げられる。
   文体は漢語と万葉仮名を併用した記紀風のもので、筆者・成立事情は不明]。助詞の
   用例や発音など言語的特徴から幕末期の成立であるとも考えられている。大正時代に
   は宮下文書をもとに美輪義熈『神皇記』が成立した。

 「宮下文書」は、大きく分けて3つから成り立っています。
      ① 日本開びゃくから神々の時代を経て、第12代景行天皇に至るまでの古代日本史。
      ② 富士山の麓に栄えた高天原と、かつてそこにあった天皇の住む都・家基津のこと。
      ③ 歴代の宮下家大宮司たちが書き残した日記類「寒用日記」。
      この膨大な古文書を一冊にまとめたダイジェスト版「神皇紀」が、初めて世に出
      たのは大正10年(1911)の事でした。
   「宮下文書」の最大の特徴は、登場する神々は、神話的な存在ではなく、全て実在の
      人物として描かれている点です。
      さて、はるか昔、天地開びゃくの時まで話は遡ります。原初の神々は、まず蓬莱
      山上に噴火と共に出現し、世界に散っていったと言います。中国に降臨し、そこ
      に住み着いた神々の子孫に、農作比古神(高皇産霊神タカミムスビノカミ)がい
      ました。この神は別名「神農」といい、古代中国の伝説的皇帝でもあり、現在でも
   中国人の間では農業・医薬の神として信仰されています。
     「神農」は、そこから東海のはるか彼方に、世にも美しい形をした「蓬莱山」があ
      ると耳にし、まず、御子である「国常立尊」にその地を捜し出すよう言いました。
      ところが、いつまで待っても息子は帰って来ません。それもそのはず、彼は日本
      列島にたどり着き、そこを気に入り、現在の淡路島に定住してしまっていました。
      そうとは知らぬ「神農」は、もう一人の息子「国狭槌尊」を連れて、自ら日本列
      島を目指すことにしたのです。それは、眷属700人を従える大船団でした。
     「神農」は、朝鮮半島を経由すると、まず対馬に、そして佐渡島・能登半島に上陸
      しました。そこから陸路で飛騨山中に至った時に、はるか遠くに美しくそびえる
      蓬莱山を発見したのです。彼らはその位置を確認すると、再び船を出し、北九州
      から瀬戸内海、紀伊半島を回り駿河湾にたどり着いたのでした。
     (飛騨から陸路で行った方が早かったんじゃね?(笑))
     そして蓬莱山、すなわち富士山に到着した「神農」は、その北麓を都と定め、
   「家基津(かきつ)」と命名したのです。
      その富士山北東あたりを、「阿祖谷」または「阿祖原」と呼び「高天原」として
    「富士王朝」を築いていくのです。
      だいぶ経ってから兄の「国常立尊」も富士山を捜し当て弟たちと再会するも、父の
     「神農」は既に亡くなっていたそうです。その後ふたりは、富士高天原の「阿祖谷」
      の都を中心に、日本を平定・統治していきます。
      やがて、「国常立尊」の娘・イザナミノミコトと、「国狭槌尊」の息子・イザナギ
     ミコトは夫婦となります。この夫婦の間に生まれたのが「天照大御神」です。
 

レンズの向こう/桜の花のファランクス1

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 3月29日(木)18時42分8秒
返信・引用 編集済
   昨日、竹内氏が満開の桜を捉えた写真です。沢山の写真の中から何点かご紹介していき
ます。

 水路の脇に立ち並ぶ桜は裸の枝にこれでもかと言わんばかりに小さな花を盛って盛って
盛り上げて水路に覆い被さっています。それはまるで、次々と数を増し、膨張し続ける細
かな泡の塊があと少しでバスタブにこぼれ落ちる寸前の状態にも見えます。満開の桜並木
は、ふとした弾みで「煌びやか」から「恐怖」に繋がっていきそうです。
 恐怖感といえば、α次号に掲載する竹内氏の作品『サラッサ』に、槍を持つマケドニア
の密集歩兵隊ファランクスがでてきます。 日に日に盛り上がっていく桜の小さな花の塊
は、一歩ずつ前進する歩兵集団ファランクスのイメージとも重なります。花の塊の間から
見える細くて黒い枝は、歩兵が持つサラッサ(非常に長い槍)でしょうか。ねじれた枝は
敵の盾に当たってよじれた槍、真っ直ぐ伸びる枝は強くて頑丈な槍、どんどん桜の塊をつ
きぬけていきます。

 私の妄想も満開になりました。



        

   
     (Photo by I.Takeuchi 2018.3.23)

5586

 

ミンミン賑わい座/お題:証人喚問

 投稿者:昭和のテレビっ子  投稿日:2018年 3月27日(火)08時33分16秒
返信・引用
 

27日のテレビ番組表をみたら、NHKでは高校野球を止めにして国会中継、民放主要局も
モリトモ一色。とりわけ、書き換え疑惑を一番に取り上げたのが朝日新聞だったからなの
か、テレ朝は「科捜研」も「相棒」も中止してモリトモ番組だ。熱の入れ方が分かる。

※ミンミン賑わい座/本日の公演

学校法人森友学園に関する決裁文書書換え問題について
 証人
  佐川 宣寿(財務省前理財局長)
<参議院>
尋問者
  09:40-09:48 金子 原二郎(委員長)
  09:48-10:18 丸川 珠代(自由民主党・こころ)
  10:18-10:45 小川 敏夫(民進党・新緑風会)
  10:45-11:00 横山 信一(公明党)
  11:00-11:12 小池 晃(日本共産党)
  11:12-11:22 浅田 均(日本維新の会)
  11:22-11:28 森 ゆうこ(希望の会(自由・社民))
  11:28-11:34 福山 哲郎(立憲民主党)
  11:34-11:40 薬師寺 みちよ(無所属クラブ)

<衆議院>
 尋問者
  14:00-14:10 河村 建夫(委員長)
  14:10-14:45 石田 真敏(自由民主党)
  14:45-15:10 竹内 譲(公明党)
  15:10-15:32 逢坂 誠二(立憲民主党・市民クラブ)
  15:32-15:53 今井 雅人(希望の党・無所属クラブ)
  15:53-15:59 江田 憲司(無所属の会)
  15:59-16:05 宮本 岳志(日本共産党)
  16:05-16:10 丸山 穂高(日本維新の会)

5554

 

レンズの向こう/菜の花と桜

 投稿者:同人α総務  投稿日:2018年 3月26日(月)15時07分58秒
返信・引用
      

 
(Photo by I.Takeuchi 2018.3.23)

 一面、春の香りいっぱいの菜の花畑です。桜は派手で煌びやか、春の「晴」が桜だとす
ると、菜の花は春の「褻」でしょうか。桜はどこか人の心をかき乱すようなところがあり
ますが、菜の花は身近で地味な存在です。
 小学生の頃、産休中の神奈川秦野に住む担任の先生のところに友人と遊びに行ったこと
があります。時は春。秦野に近づくにつれ電車から緑と黄色で埋まる菜の花畑が目に入っ
てきました。先生の家は農家。周りにも菜の花が咲いていたことを覚えています。その時
の風景が焼き付いたのか、未だに春と言えば、菜の花です。

 ニューロン・カフェでも紹介しているブログ『趣味水彩』にも、春になると梅や桜ととも
に菜の花が見える風景が登場します。菜の花畑、河川敷や農道脇の菜の花、何気ない風景
なのですが、人の暮らしの中にある春を感じます。
その菜の花と桜の花のコラボ作品も趣味水彩にありました。三春の滝桜を描いた作品です。
芽吹き前の黒く垂れ下がる枝に咲き誇る桜の景色は圧巻です。その下には新緑と黄色の瑞々
しい菜の花。晴と褻の絶妙な組み合わせなのかと思います。昨年春に訪れた新宿御苑にも
桜の下に菜の花や水仙が咲いていたのを思い出します。

三春の滝桜 『趣味水彩』より


 

/109