eye7s掲示板

写真をご覧になっての感想等をご自由にお書き下さい。ホームページに戻るには、ページ一番下の[eye7s photograph]をクリックして下さい。



カテゴリ:[ 写真 ] キーワード: eye7s 写真


421件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[426] Re: 旅の実感

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 8月18日(日)17時18分59秒 FL1-60-236-154-79.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
最後のおまけまでしっかり見ていただき、ありがとうございます。
ちょっとどこにまとめていいかわからず、それでもちょっと残しておきたいなと思った写真でまとめてみました。
本当に個人的な写真で見ていただくのも恐縮なのですが(^^;)
帯広の馬車、幸福駅、夕張の想い出ひろば、どれも有名な観光地というわけではありませんがおもしろかったです。
旅行では結構街中を当てもなく歩くのも好きで、ぶらぶらしていると少しはその土地の空気を味わえるような気がします。
それはやっぱり本で読んだりTVで観たりするのとは違った旅の楽しみですよね。
だからまた行きたくなってしまうのですが。
よく考えたら学生時代はもっと長い旅をしたことがあったのですが、社会人になってからは最大の長旅でしたね。
まあこの辺が限度ですね。
しばらくはどこか近場でもうろつきながら写真を撮りたいと思うのですが、ちょっといろいろやることが多くてしばらくは出かけられないかも知れません。
北海道旅行すべて見ていただき、またコメントも丁寧に書いていただき、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。




[425] 旅の実感

投稿者: toru 投稿日:2019年 8月18日(日)16時06分41秒 nttcgi121216.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 「おまけ」とありますが、北海道の旅の実感が様々な写真から伝わってきて、とても面白く拝見させていただきました。「おまけ」どころか、旅の醍醐味が伝わってきて楽しかったです。札幌の夜景を見ながらのビール、新鮮な海の幸山盛りの海鮮丼、ボリューム満点の豚丼。見ているだけで、美味しさが伝わってきました。帯広の馬車もいいですね。そして、幸福駅や夕張の思い出広場。ドラマや映画のワンシーンが思い出されて、懐かしく、ほのぼのとしてきます。どれも、その土地ならではのものですし、旅に出て、その場所へ直接足を運ばないと、そのものが持つ真の魅力は味わえないのだと思います。私はeye7sさんの写真を見ているだけですが、その一端に触れられるだけでも、十分に楽しめています。
 今回の北海道旅行は、「国内旅行では過去最大の長旅」だったそうですが、やはり、旅というのはいいものですね。これからもまた、新たな旅を続け、素敵な旅の思い出や写真をたくさんたくさん届けていただけるとありがたいです。本当にお疲れさまでした。




[424] Re: 丘の芸術

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 8月11日(日)14時59分36秒 FL1-60-236-154-79.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
北海道旅行もすべて見ていただきありがとうございます。
美瑛富良野は初めてでしたが、思っていた以上に良かったですね。
天気にも恵まれたので本当にラッキーでした。
もしこれが雨や曇りでしたら、これほど感激しなかったかも知れません。
ブラタモリでもやっていたし気にはなっていましたが、開拓者の強い意志を感じますね。
ただこの地も最近の外国人観光者には悩まされているようです。
農地に勝手に入ったり、道路に座り込んで記念写真を撮ったりとマナーが悪いようです。
私が行ったときには幸いにも見かけませんでしたが。
北海道旅行全般を通してとにかく外国人観光客の多さにはびっくりしました。
もちろん悪いことではないのですが、文化や習慣をどう共存させていくかは重要ですね。
すばらしい景色を見るだけでなくいろいろなものを見て感じて、いろいろと勉強にもなりました。
やっぱり旅行はいいですね。
北海道旅行はほぼ終わりなのですが、ちょっとおまけのようなものを整理したいと考えてます。
今回も本当にありがとうございました。



[423] 丘の芸術

投稿者: toru 投稿日:2019年 8月11日(日)14時14分39秒 nttcgi121216.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 一度、美瑛、富良野に訪れたことがありますが、季節は8月後半でした。美しい丘陵に感動しましたが、秋の気配が強く、ラベンダーは見ごろを過ぎていて、地元の方から、「7月が一番いいですよ。」と聞いたことを思い出しました。今回、写真を見ていて、その事を思い出し、本当に納得しました。これだけ、美しく、そしてダイナミックに彩られた丘の風景になるとは・・・。この風景そのものが芸術のように深化して、訪れる人に訴えてくるような力強さを感じます。観光地であるのと同時に、ファーム、農場としての営みが美しさに力強さを与えているのかもしれません。富良野というと、「北の国から」のイメージが強く、その「北の国から」も最後の「遺言」が放映されて、しばらく時間もたち、私は勝手に富良野や美瑛のブームは過ぎたように思っていました。しかし、過ぎたどころか、さらに、洗練され、強化され、その営みを続け、ブームなんて関係ない独自の美瑛、富良野を確立させてきたのですね。まさに、北海道、開拓精神、・・その素晴らしさに本当に感動、感激しました。



[422] Re: 運河と倉庫に

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 8月 5日(月)15時39分28秒 FL1-60-236-154-79.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
ご投稿ありがとうございます。
小樽は本当にすばらしい街です。
運河の再開発でもいろいろ議論があったようですが、半分埋め立て遊歩道を作ったり、倉庫をうまく活用したりと観光地として生まれ変わったのはすばらしいですね。
堺町通りは昔の遺産を実によく利用しています。
川越や金沢の茶屋街なども同じですが共感を持てますね。
夜景の美しさもリピーターを増やすために役立ってますね。
一番印象に残っているのは中国人の観光客が多かったことですかね。
北海道はどこでもそうでしたが、小樽は特に多かった気がします。
まあそれで日本の経済は成り立っているわけですし、中にはちゃんと日本の文化を理解し会釈をする人もいました。いろいろな文化を互いに理解する上でもいいことだと思いますがね。
さて次は美瑛・富良野です。
北海道の自然の美しさをどうぞご覧下さい。
今回も本当にありがとうございました。




[421] 運河と倉庫に

投稿者: toru 投稿日:2019年 8月 5日(月)00時16分33秒 nttcgi135147.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 小樽、素晴らしい街ですね。たしかに、小樽というと運河という印象がありますが、写真を拝見していて、運河が実に美しく、倉庫や蔵がうまく再利用されていて、運河とともに街の雰囲気を醸し出しているのがわかります。小樽運河が再整備されたのは昭和61年という事ですが、それから34年という長い時間をかけて、観光地としての小樽が発展してきたわけですものね。ここまでの街づくりに関わってきた方々のご努力、ご尽力に脱帽です。運河の夜景も素晴らしいです。まさに輝いています。カメラの高感度撮影に、「むしろきれいすぎて夜らしい雰囲気を出すのに苦労した。」とコメントにありましたが、なるほどと思いました。小樽では、海鮮丼やあんかけ焼きそばなど、美味しいものをたくさん召し上がれたようで、良かったですね。一番、印象に残ったのは何だったのでしょうか。



[420] Re: 見どころ満載、函館・札幌

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 7月28日(日)17時26分59秒 FL1-60-236-154-79.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
いつも掲示板にご記入いただきありがとうございます。
少し早い夏休みを満喫してきました。
以前から北海道へ行くことを考えてはいたのですが、なかなか遠くて実行できず今回やっと行ってきました。
いろいろとトラブルも多かったのですが、何よりも無事帰ってこられたのが良かったですね。
今までになく長い旅行だったので健康面でも多少不安はあったのですが、特に体調を崩すこともなく帰ってこられたのが何よりです。
函館の夜景はすばらしかったです。
前回は霧で何も見えなかったですからね。
札幌は見るところは少ないのですが、大都会と自然の入り交じった不思議な空間を十分味わってきました。
今回はゆったりした計画で行ったので、途中で喫茶店で時間を潰したり、北大の芝生で寝転がったり、いつもと違う旅を味わってきました。
美味しいものもたくさん食べてきましたよ(^O^)
フェリーを使った自家用車の旅も楽しかったです。
まだまだ報告途中ですので、これからもよろしくお願いします。
現在小樽の写真を整理中です。
何とか今週中にはアップしたいと思ってます。
夏休みになり少しは余裕ができてきましたかね。
急に暑くなりましたので体調には十分注意してお過ごし下さい。
今回も本当にありがとうございました。



[419] 見どころ満載、函館・札幌

投稿者: toru 投稿日:2019年 7月28日(日)16時43分18秒 nttcgi135147.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 北海道への4回目の旅。ワクワクしながら、懐かしみながら、函館と札幌を旅しているeye7sさんが目に浮かぶような写真の数々。見ているこちらも、旅している気分に浸れます。
 やはり、函館の夜景は素晴らしいですね。たくさんの人が見に訪れているのも頷けます。「7年前は霧で何も見えなかった。今回は人の頭が邪魔してなかなか撮れない。」というコメントには笑ってしまいました。でも、霧ではどうしようもないですが、人の頭なら、夜景は見れますものね。7年前は奥様と函館に来られたという事なので、人の頭をよけながら撮影しているeye7sさんを微笑みながら奥様も一緒に夜景を見ているような感じがしました。夜景以外にも、函館には素敵な建造物や名所がたくさんあるのですね。私は、函館には一度も行ったことがないので、写真の一つ一つがすべて新鮮でした。赤レンガも横浜とは違う、港の雰囲気を醸しだしていますね。
 札幌は、私も24年前に訪れたことがあるので、写真を見ながらとても懐かしかったです。ただ、私が訪れた時は、時計台は改修工事中でしたので、写真を見ながら、残念な思いでビニールシートにかぶせられた時計台を見た事を思い出しました。(ただ、その時は、時計だけは透明なシートでおおわれていたので見られたのですが・・・)札幌は実にダイナミックな街ですよね。写真からは、まるで新緑の季節のような清々しさが伝わってきて、札幌の緑の美しさにあらためて感動します。北大キャンパスの芝生でのんびりと横になって疲れを癒しているeye7sさんを思い浮かべるだけで、こちらも幸せでおおらかな気分になれます。ところで、スープカレーは美味しかったでしょうか。写真を見ながら、私は、札幌ビール園で生ビールを飲み、ソーセージを食べたくなりました。そして、毛ガニとラーメンと、・・・・。札幌は、美味しいものに満ち溢れています。素晴らしい空間を味わい、食を味わい、eye7sさんの北海道の旅が素晴らしいものなることを祈らずにはいられません。(もう、終わっているのだと思いますが、写真を見ているとそんな気持ちになります。)



[418] Re: 雨上がりの紫陽花

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 6月29日(土)15時13分53秒 FL1-60-236-154-79.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご投稿いただきありがとうございます。
私も太平山あじさい坂にもっと頻繁に行っていたような気がしたのですが、実に4年ぶりでした。
紫陽花もいろいろなところに撮影に行きましたが、やはり太平山はいいですね。
随神門や六角堂、のづら積みの石段などどれも絵になります。
そして本当にいいタイミングでして、雨上がりの紫陽花は最高でした。
実はこの2日前に友人が撮影に行ったのですが、天気が良すぎて紫陽花の味が出ていないように感じました。
蕎麦と焼き鳥も最高でした。
卵焼きと団子も食べたかったのですが、ちょっと食べ過ぎになるのであきらめました。

さてこのあと少し夏休みをいただきます。
しばらく写真をアップできないと思いますが、予定の行動ですので心配しないで下さい。
たぶん7月下旬頃には新しい写真をアップできると思います。
学校の夏休みまではまだ少し時間がありますが、どうぞ健康に十分注意して頑張って下さい。
今回も本当にありがとうございました。



[417] 雨上がりの紫陽花

投稿者: toru 投稿日:2019年 6月29日(土)11時47分12秒 nttcgi135147.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 雨上がりのあじさい坂、実に美しく見事ですね。駐車場に着くと同時に雨が止み、傘を差すこともなく太平山神社まで撮影できるとは、いかに日頃の行いがよいか・・・、よくわかります。それにしても、4年ぶりの撮影になるのですね。私は、もっと頻繁に太平山あじさい坂の写真を楽しませてもらってきたような感があります。それだけ、ここの紫陽花は美しく、印象の残るのだと思います。とくに、雨に濡れた青い紫陽花の写真は絶品です。雨上がりの絶好のタイミングということもあり、霧に霞んだ深い緑、光線を背景に、紫陽花がいつも以上に映えていて、本当に美しかったです。そして、霧に霞んだ中で堂々と建っている随神門、六角堂、太平山神社本殿、の姿も素晴らしかったです。謙信平での蕎麦と焼き鳥も、さぞや美味しかったことと思います。卵焼きと太平だんごも最高ですよね。


レンタル掲示板
421件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.