eye7s掲示板

写真をご覧になっての感想等をご自由にお書き下さい。ホームページに戻るには、ページ一番下の[eye7s photograph]をクリックして下さい。



カテゴリ:[ 写真 ] キーワード: eye7s 写真


509件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[515] Re: 春の訪れと古城跡

投稿者: eye7s 投稿日:2021年 3月 6日(土)17時24分25秒 FL1-60-238-85-172.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご覧いただきありがとうございます。
佐野梅林公園は私も知らなかったのですが、新聞記事を見て行ってみようと思ったわけです。
山の斜面に新しく作ったためか日当たりの関係か、まだ満開には早かったのが残念でした。
風は強く、梅を撮るのに動いてしまって本当に苦労しました。
マクロの接写は楽しいですよね。花が余計きれいに見えます。
唐澤山神社は面白かったですね。昔の山城の雰囲気が残っていてとても素敵でした。
猫も最近の人気にあやかって増やしているのでしょうか、観光客に慣れていて皆さんやはり写真をたくさん撮っていました。したがって、なかなか猫だけの写真を撮ることも難しかったです。ただもう少しレストランなどを充実させてくれるといいなと、個人的には思いました。
春になり少しずつ暖かくなってきましたので、また何か撮影に出かけられればと思ってます。
今回も本当にありがとうございました。
健康には十分注意してお過ごしください。




[514] 春の訪れと古城跡

投稿者: toru 投稿日:2021年 3月 6日(土)16時39分6秒 nttcgi119097.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 開園して20年たつという梅林公園の解放感がいいですね。紅白の梅が咲き誇っている様は春がすぐ近くまで来ていることを告げているようです。青空に梅の花がよく映えていて、本当に天候に恵まれた撮影だったのですね。風が強かったというコメントがありましたが、写真からは風など無い春の暖かさが伝わってきます。マクロでの撮影は梅の花の美しさをあらためて教えてくれました。この美しさは写真ならではだと思います。目で見るだけでは、ここまでの花の美しさは感じとることはできません。私は唐沢山には一度も行ったことがありません。名前はよく聞いてきたのですが、(いつものことですが)もったいないと反省します。高石垣や巨大な鏡石には圧倒されます。高石垣をもつ山城としての規模や歴史もすごいのに、由緒ある神社の境内にたくさんの猫がいるのが面白かったです。モフモフとか、猫カフェとか、人の癒しと猫がテレビ等でよく取り上げられるようになったのは、つい最近のような気もするのですが、唐沢山は時代の先を行ってます。私の知らなかった佐野の新たな魅力を教えていただきました。



[513] Re: 嗚呼!烏山

投稿者: eye7s 投稿日:2021年 2月25日(木)16時25分34秒 FL1-60-238-85-172.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

omuraisu様
ご無沙汰しています。ご覧いただきありがとうございます。
私の行動力より、あなたの行動力?突然の電話や情報の多さにこそ脱帽です。
老いぼれた爺さんにはいい刺激になります。
いつまでもその小学生のような好奇心の強さと突破力を忘れないでください(^_^)/
それにしても烏山はいいところですね。
toruさんもomuraisuさんも烏山に関係していたのに、こんなにいいところだとは教えてくれなかったような…
私は偶然見つけて面白そうだと思って行っただけですが、これほど歴史と伝統のある町だとは思っていませんでした。
あのイタリアンの店はいいですね。
こういう地元の店が残っているのはうれしいものです。
和菓子店は全く分かりませんでした。ちょっとお土産でも買いたいと思っていたのですが。
また機会があったら見てください。
次回は唐沢山神社を予定しています。



[512] 嗚呼!烏山

投稿者: omuraisu 投稿日:2021年 2月24日(水)20時49分2秒 om126212244002.14.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

ご無沙汰してます。嗚呼という感動詞に烏が入ってますが、私にとっては烏山は第2の人生の出発地。懐かしく拝見しました。そしてtoru様がいつもコメントなさることですが、eye7sさんの行動力に脱帽です。烏山を知り尽くしている?私ですので、よくあれだけお歩きになったと感心しています。好奇心も素晴らしい??あの摩可不思議なマルコ書店や駅前のイタリアンまで。このお店で夏のある日、客が他に誰もいない店内でギンギンに冷えたビールと旨いパスタを食べたことは忘れられません。そしてさらに驚いたのはtoru様の博識。eye7sさんの烏山城にまつわる知識にも圧倒され、お二人が呼吸の合う理由を垣間見ることができました。toru様のおっしゃるとおり松月の蕎麦は絶品!他にも石川屋や小夜など天ぷらも蕎麦も旨い店が数え切れないほどある烏山。城下町らしく和菓子店も多い烏山。ぜひまた足をお運びください。見事な感性と素敵なアングルからの数々のお写真ありがとうございました!



[511] Re: 懐かしい烏山

投稿者: eye7s 投稿日:2021年 2月13日(土)11時25分40秒 flh3-221-171-103-13.tky.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
ご覧いただきありがとうございます。
烏山って本当に魅力的な町ですね。
昔、烏山高校や烏山女子高の職員になるのは審査がうるさくなかなか大変なようだということを聞いたことがありますが、独特の文化や歴史を持った地域なのでしょうね。
1つの町に男子校と女子高があったというのも、全国的には珍しいようですね。
地元のために貢献し学校を建てた新井氏や川俣氏のような偉い人がいたおかげですね。
創立記念日に生徒全員で墓参に行くというのもいい話ですね。
県立高校となった今、町中ではなかなか受け入れられないような話かもしれませんが、これも伝統のある町だからできることかもしれません。
小さな町ですが、歴史のある建物がいまだ残っていてうれしくなります。
また過去の歴史を調べると、那須氏や織田信雄氏、若年寄や老中をなさった大久保常春氏などすごい人物が関係しているのですね。
県内のことでありながら何も知らず恥ずかしいことです。
写真を撮ることでいろいろ調べ新しい知識を得ることも楽しいものです。
今回は旧烏山城跡を訪れることができませんでしたが、機会があればぜひ行きたいと思ってます。
アラマンの話も大変参考になりました。また少し利口になりました。
寒い日が続きますが、どうぞ健康には十分注意してお仕事の方も頑張ってください。
今回もご投稿いただき本当にありがとうございました。




[510] 懐かしい烏山

投稿者: toru 投稿日:2021年 2月11日(木)16時16分17秒 nttcgi195201.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 本当に懐かしく拝見させていただきました。10年前はあたりまえのように日常の中で見ていた風景ですが、あらためて風情のあるいい町だったと思います。「松月」さんは、宴会等でよくお世話になりました。ここの八溝蕎麦は絶品です。慈眼寺や和紙会館、島崎酒造、そして、大谷石でできている建物の数々は町の雰囲気そのものです。寿亀山神社と烏山城跡、宮原八幡宮は烏山の歴史を身近に感じさせてくれます。ちなみに、烏山高校がある所は「寿亀が丘」という名前がついています。「アラマン」さんの看板がありましたが、「アラマン」は烏山女子高を私財を投じて開校させた新井萬吉 翁 からきています。烏山高校の前身である私立烏山学館を開校したのは、川俣英夫 先生。創立記念日には、墓所である烏山・一乗院へ生徒全員が墓参しました。太平寺と龍門の滝は有名な観光スポットで、龍門の滝の上をちょうど烏山線の列車が通る瞬間は、まさに烏山を代表する「絵」になります。JR烏山駅には、やはり10年という時間を感じました。私がいた頃は旧駅舎で、まさに遺産でしたから。2008年に烏山高校と烏山女子高が統合し、校章、校歌、制服などが一新されたのですが、その制服は、この春から変わるそうです。時間は確実に流れているのですね・・・。




[509] Re: 趣のある上永野

投稿者: eye7s 投稿日:2021年 2月 7日(日)15時08分41秒 flh3-133-202-80-90.tky.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回も早速ご投稿いただきありがとうございます。
目の具合はいかがでしょうか?良くなってきましたか。
しばらく更新ができませんでしたが、どうにか1月中にやっと更新できました。
1月はいつも蝋梅になってしまいます。
蝋梅の里も今回で3回目で、いつもあまり変わり映えしなくて恐縮です。
せめてと思って製材所などを撮ってみましたが、上永野の雰囲気を少しでも伝えられたならば幸いです。
コロナもやっと緊急事態宣言は解除になりますが、なかなか安心して出かけられる環境にはなりませんね。
それでも何とか写真は撮り続けることができればと思っています。
先日はtoruさんの懐かしいところに行ってきました。
私は二十数年ぶりの訪問になりましたが、実に良かったです。
現在整理中ですので、整理が終わり次第アップしていきたいと思ってます。ぜひご覧ください。
まだまだコロナも心配ですし年度末で忙しくなると思いますが、健康には十分注意してお過ごしください。
今回も本当にありがとうございました。



[508] 趣のある上永野

投稿者: toru 投稿日:2021年 2月 7日(日)12時57分5秒 nttcgi195201.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 今年、最初の写真なんですね。新年になってもコロナの出口は未だ見えず、外出自粛が続くなかでの撮影は大変だったと思います。しかし、「蝋梅の里」の蝋梅は本当に蝋細工のように美しく、遠慮がちに咲いている福寿草は春の訪れを教えてくれるようです。そして、「地震が来たら崩れるであろう」とコメントされている鑑賞用デッキもいいですね。ログハウス風の休憩所とともに、写真を見ているだけで、こちらがゆったりとくつろげます。「蝋梅の里」のほかにも、道路わきのお墓、製材所の丸太とその年輪、原木の樹皮を剥皮するリングバーカという機械など、それぞれが上永野の雰囲気を伝えてくれています。それに、茅葺屋根の上に赤いトタンをかぶせた家。妻の実家が、まさに、あのような家でした。妻の両親が生きていた頃を思い出させてくれました。息子も幼く、私も妻も若く、義理の両親も皆元気で、いい時代を懐かしく思い返したりもしました。
 本当に素敵な、趣のある上永野でした。コロナ禍のなかでの撮影は気苦労も多いと思いますが、どうかお身体を大切に、これからも元気に撮影を続けてください。





[507] Re: 喜多方、新潟、足利それぞれの風情

投稿者: eye7s 投稿日:2020年12月20日(日)16時55分1秒 FL1-60-238-85-172.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
具合が悪い中でご記入いただきただただ恐縮しています。
一日勤務ができるようになったようで良かったですね。
ただあまり無理をすると再発する心配もありますので、掲示板の方は気にせずに目を休めてください。
と言ってもしばらく更新できそうにもありませんが。
喜多方、新潟、足利、それぞれよかったです。
喜多方の長床は全国大会の引率で行って初めて知りました。
あまりにすばらしいので、ぜひまた行きたいと思っていました。
10年近くたってやっと叶いました。
新潟はスキーでは行ったことがありましたが、観光で行くのは初めてでした。
見るところがたくさんあって面白かったです。
紅葉を狙ったわけではないのですが、ちょうど紅葉もきれいで感激しました。
足利のウナギも安くてうまいですよ。
落ち着いたらぜひ奥さんと一緒に食べに行ってみてください。
コロナの感染者も増えて心配な状況が続きますが、早く収束することを願っています。
今年はいつもの忘年会や新年会もできそうにありませんが、コロナが収束して落ち着いたらまた皆さんと集まってワイワイやりたいと思ってます。
大変な状況の中ご覧いただき本当にありがとうございました。
これからも無理をせずお過ごしください。完全に回復することを心から願っております。
ほんとうにありがとうございました。



[506] 喜多方、新潟、足利それぞれの風情

投稿者: toru 投稿日:2020年12月19日(土)16時50分27秒 nttcgi172028.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 喜多方、新潟、足利とそれぞれ街の風情に癒されますね。喜多方の写真はとても懐かしく拝見しました。ばんない食堂、大和川酒造、そして蔵の街。大和川酒造の「弥右衛門」は必ず自分へのお土産として買ってきて、家で飲みました。とても美味しかったです。ただ、新宮熊野神社長床は行ったことがないと思います。長床とイチョウの黄葉は圧巻ですね。喜多方は何度か行っているのに、もったいないことをしました。いつものことですが、今度はぜひ訪れてみたいと思います。新潟は、大学時代の友人がいて、何度か行ってはいるのですが、豪農の舘や、石油王の邸宅と庭園、みなとぴあ、清津峡など、本当にいろいろな見どころがあるのですね。いつも、カニを食べて、海を見て、飲んで、終わっているので、もっと自分の経験を深める努力をしないとダメですね。足利も、いつも肉汁うどんばかり食べているので、今度はウナギにも挑戦しようと思います。
 ご心配をおかけしましたが、なんとか、一日勤務するようになりました。ただ、午後になると手術した目の奥が痛くなってきて、再剥離しないかと心配やら怖いやら・・・。とにかく、今の自分ができる範囲で努力するしかないと、自分に言い聞かせながら、無理しないように、頑張りすぎないように、頑張ってます。
 早く、コロナが落ち着いて、みんなで楽しくやりたいです。


レンタル掲示板
509件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.