eye7s掲示板

写真をご覧になっての感想等をご自由にお書き下さい。ホームページに戻るには、ページ一番下の[eye7s photograph]をクリックして下さい。



カテゴリ:[ 写真 ] キーワード: eye7s 写真


411件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[396] Re: 新旧の共存

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 3月 3日(日)15時47分37秒 FL1-60-236-154-79.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご覧いただきありがとうございます。
過去の写真と両方を比較してご覧いただくなど、丁寧に見ていただき感激です。
新しい写真は興味を持ってみても、過去の写真をわざわざ見る人は少ないですからね。
川越はおもしろい街です。
まさに新旧入り乱れている感じが何とも素敵です。
古いものを大切にし、更に新しいものをうまく取り入れているように感じました。
今回は少し余裕を持って見ることができたので、また新しい発見もあったような気がします。
3月になり随分暖かくなってきました。
そろそろ春の訪れですね。
今年もまたいろいろな花などを撮っていきたいと思います。
これからもまたよろしくお願いいたします。




[395] 新旧の共存

投稿者: toru 投稿日:2019年 3月 2日(土)23時42分48秒 nttcgi081228.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 川越に2年ぶりに再び訪れたという事で、2年前の川越の写真も懐かしくなり、一緒に拝見させていただきました。前回の写真は、川越の様々な蔵を中心に街そのものの魅力と訪れる人の活気が伝わってきて興味深かったのですが、今回はeye7sさんが違う視点から、川越という街の面白さを楽しみながら撮影されている事自体が写真を見ていて楽しかったです。とくに、新旧共存がいいですね。古い蔵に現代的な自動販売機が置いてあったり、古い蔵の後ろにそびえ立つ大きなビルディングであったり、現代的なガラス越しから捉えた街並みの風景であったり、懐かしいポストと今風の道案内の表示であったり、私はそんな新と旧が微妙に互いの魅力を引き出しあっている写真が印象に残り、面白く拝見させていただきました。「再訪」というのは、前回の思い出とともに、新たな魅力の発見や違う面白さの味わいがあって、いいものなんですね。



[394] Re: 寒さに負けない

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 2月 9日(土)17時09分4秒 FL1-122-132-118-48.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご投稿いただきありがとうございます。
寒いことは覚悟して行ったのですが、想像以上に寒くて驚きました。
出かける前は比較的天気も良かったので、まさか雪が降り風があれほど強いとは思っていませんでした。
以前湯西川のミニかまくらを見に行ったことがありますが、そのときはロウソクでした。
時代とともに変わっていくものですね。
氷の彫刻は、有名なホテルの調理師さんなどが作っているようです。
たぶん日頃から腕を磨いているのでしょうね。
家族連れが多かったです。
湯元温泉に泊まってスキーをやったり雪まつりを見学しているのでしょうね。
かつてはスキーも随分行きましたよね。
何か懐かしく感じます。
ちょっとやってみたい気もするのですが、何しろ歳ですので骨折などしたら大変ですよね。
本当にいい思い出をたくさん作ることができて良かったです。
こちらこそ本当にいろいろお世話になりました。
また別なことで、これからもたくさん良い思い出を作っていけたらなと思います。
今回もありがとうございました。
これからもまたよろしくお願いいたします。



[393] 寒さに負けない

投稿者: toru 投稿日:2019年 2月 9日(土)12時59分32秒 nttcgi081228.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 「寒い寒い日光の雪まつり」とありましたが、写真とコメントから厳しい寒さが伝わってきました。その寒さの中での撮影、本当に凄いと思います。そのエネルギーに、とにかく脱帽しかありません。ミニかまくらが、ろうそくからLEDになっているのには、今の時代を感じます。これだけのミニかまくらをろうそくで灯したら、さぞや幻想的になるのでしょうが、ろうそくでは消えることもあるので、昔はさぞや大変だったのだろうなと思います。LEDだからこそ、いろいろな色の照明で楽しむこともできるし、氷の彫刻の美しさも際立つのでしょう。しかし、あの彫刻、どうやって作るのか、作者はどのような方なのか、恐れ入ります。寒い中ですが、家族連れも含めて、たくさんの人が来ているのですね。お泊りの方もいるのでしょうか。美しい雪原と氷の彫刻、たくさんのミニかまくらが創り出す幻想的な世界に浸ったあとは、温泉に浸って、美味しいお酒に浸って、楽しい時間を過ごすのかな? などと思いながら写真を見ていました。
 コメントに「スキー場までやってきた。以前は何度か来たが、もうスキーを履くことはない。」とありましたが、昔はよくスキーに行きましたよね。スキーによく行った時のことも思い出され、あの当時の事は本当に楽しく、いろいろな思い出があって、今更ながら、eye7sさんはじめ皆さんに感謝するばかりです。本当にありがとうございます。



[392] 投稿ありがとうございます

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 2月 3日(日)16時28分26秒 FL1-122-132-118-48.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

cat163様
今回もご投稿いただきありがとうございます。
cat163とは、実にいい名前ですね。感心しました。
上永野はお蕎麦で有名ですよね。
蝋梅の里も有名なんですよ。
TVでも紹介されているみたいし、結構県外からも来ていました。
寒いこの時季は花が少ないので、蝋梅は貴重です。
昨日は日光湯元の雪まつりに行ってきましたが、寒かったです。
風で帽子は飛ばされるし、さんざんでした。
早く暖かくなってほしいですね。
忙しい中ありがとうございました。
また気が向いたら投稿して下さい(^_^)/




[391] (無題)

投稿者: cat163 投稿日:2019年 2月 2日(土)11時05分49秒 om126179122223.19.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

こんにちは。蝋梅の写真拝見しました。可憐で可愛い花ですね。日々、寒い寒いと過ごしていますが春は着々と近づいて来ているんだと思いました。ふきのとうも…我が家にも少し顔を出し始めました。上永野?って最初何処?と思ったのですが何か聞いたこともあるなあと…思い出しました、そちらの方へお蕎麦を食べに行ったことがありました。でも蝋梅の里は知りませんでした。行ってみたくなりました。



[390] Re: 蝋の花

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 1月29日(火)15時24分52秒 FL1-122-132-118-48.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

omuraisu様
ご投稿いただきありがとうございます。
蝋梅はこの時季にしか見たことないですね。
夏や秋にはどうなるのでしょうか?ちょっと見てみたいですね。
冬のこの時季はほとんど花がないので、蝋梅は貴重です。
昨年初めて上永野に行きましたが、ここの蝋梅はすばらしいです。
近くの蕎麦屋は休みだったらしく断念しました。
一度美味しい蕎麦を食べてみたいですね。
新しいHPもみなさん無事見ているようで安心しました。
これからもまたよろしくお願いします。



[389] 蝋の花

投稿者: omuraisu 投稿日:2019年 1月28日(月)21時45分12秒 softbank126042113061.bbtec.net  通報   返信・引用

蝋のような半透明の花の美しさに出会ったのは、大人になってからでした。その後、夏になり秋になり、その葉と実を見て驚きました。ごついのです。ギャップの面白さは格別です。
上永野というと、ロウバイと清流とおいしいソバを思い出します。



[388] Re: 青空に映える蝋梅

投稿者: eye7s 投稿日:2019年 1月26日(土)17時10分28秒 FL1-122-132-118-48.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
ご投稿いただきありがとうございます。
厳しい寒さが続いていますが、この上永野は暖かかったです。
地形の影響なのでしょうかね。
梅も福寿草も咲いており、本当に春の訪れがもうすぐのような気がします。
そしてこの手作り感満載の雰囲気は気が休まりますね。
まだまだ寒い日が続きますが、ちょっと元気をもらった気がします。
インフルエンザが大流行ですが、自宅にいるとそんなことも気がつかないですね。
これから入試の時期ですので生徒も職員も大変でしょうが、健康には十分注意して頑張って下さい。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。



[387] 青空に映える蝋梅

投稿者: toru 投稿日:2019年 1月26日(土)16時56分34秒 nttcgi081228.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 やはり、この季節は蝋梅がいいですね。蝋梅を撮影するには最高の天気だったようで、青空に映える蝋梅の黄色は、まさに自然が生み出すコントラストの美を感じます。それに、上永野の自然と「蝋梅の里」のなんとも言えない、手作り感満載の「ほのぼの」した感じがいいですよね。厳しい寒さが続いていますが、写真を見ていると、梅や福寿草が咲いていて、春の訪れがすぐそこまで来ているようで、ほっとさせられます。上永野まで蝋梅を見に来る方々は、春を少しでも早く身近に感じたいのかもしれません。あたり一面に漂う蝋梅の香りを想像しつつ、そんなことを考えながら楽しませていただきました。
 あと、もう少しで春ですね。インフルエンザが職場では流行っていますが、決して無理はなさらず、この時期の撮影を続けていただければ幸いです。


レンタル掲示板
411件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.