eye7s掲示板

写真をご覧になっての感想等をご自由にお書き下さい。ホームページに戻るには、ページ一番下の[eye7s photograph]をクリックして下さい。



カテゴリ:[ 写真 ] キーワード: eye7s 写真


471件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[446] Re: 日光

投稿者: eye7s 投稿日:2020年 1月 1日(水)14時26分54秒 FL1-60-236-229-177.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

なべし様
あけましておめでとうございます。
先日は楽しいひと時をありがとうございました。
日光には良く出かけていますよ。
何度行っても飽きないですね。
四十六番園地、今度行ってみますね。
また機会があったらやりましょう。
こちらのサイトもまたご覧ください。
定期的に更新していますので。
ご投稿ありがとうございました。




[445] 日光

投稿者: なべし 投稿日:2019年12月31日(火)23時11分23秒 sp1-75-4-247.msc.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

先日はお世話になりました。
写真を拝見させていただきました。
日光に頻繁にお越しいただき、とても嬉しいです。

憾満ヶ淵は私も好きなスポットで、よく散策しています。
中禅寺湖畔にある四十六番園地からの景色もオススメです!
またのご来晃をお待ちしています^^



[444] Re: 京都、学びなおし

投稿者: eye7s 投稿日:2019年12月26日(木)15時14分35秒 FL1-60-236-229-177.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご覧いただきありがとうございます。
このコース歩きましたよ!2万歩以上です。
帰りは銀閣寺からバスに乗ったのですが、もう歩きたくなかった(^^;)
座りたかったのですが満席で、目の前の客がどこかで降りてくれないかと祈ってました。
祈りが通じて途中で座ることができてラッキーでした(*^^)v
このコースは京都で一番好きなところかもしれません。
前回は銀閣寺から南禅寺に向かったのですが、どちらもいいですよね。
永観堂のみかえり阿弥陀は今回初めて見たのですが、感激でしたね。
法然院も初めてでしたが実によかったです。
特にここは外国人がほとんど来ないのがいいですね。
修学旅行だと何もわからずに通り過ぎるだけですので、ぜひ奥様と旅行でいらしてください。
あちこちの観光地を回りましたが、やっぱり京都が一番いいですよね。
まだアップしていない写真がたくさんあるのですが、少し落ち着いたらまた整理していきたいと思います。
引き続きよろしくお願いします。
今回もご投稿いただき本当にありがとうございました。



[443] 京都、学びなおし

投稿者: toru 投稿日:2019年12月25日(水)17時16分58秒 nttcgi172205.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 南禅寺、永観堂、銀閣寺、懐かしく拝見させていただきました。すべて、修学旅行の引率です。法然院は、まだ、訪れたことはないと思います。考えてみると、私はプライベートで京都へ行ったことはないのだということに、今更ながら気づきました。だから、南禅寺も永観堂も銀閣寺も、行ってはいるのですが、その魅力や素晴らしさを真に感じることなく、「ただ、行ったことがある。」だけで、薄く、浅い思い出しか残らないのだと思います。逆に、eye7sさんの写真を見て、あらためて、この季節の、紅葉に彩られた南禅寺や永観堂、哲学の道、そして銀閣寺の素晴らしさを再発見しているというか、学びなおし、している気分になります。実は、私は永観堂は好きです。本尊の「みかえり阿弥陀」は、素直にユニークで面白いと思うし、境内も歩いてみると、規模は小さいのですが、見どころが一杯あって、紅葉の季節ならさぞや素晴らしいだろうなあ、と思っていました。今回、紅葉の永観堂を見れたのは良かったです。法然院も、茅葺の山門と紅葉、いいですね。いつか、プライベートで京都に行ってみたいものです。でも、eye7sさん、このコース、ものすごく歩きませんでした?相当な距離を歩いたと思うのですが・・・。



[442] Re: 夜の東寺

投稿者: eye7s 投稿日:2019年12月15日(日)17時01分24秒 FL1-60-236-229-177.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご投稿いただきありがとうございます。
実は、12月になると京都のホテル代が安くなるのです。
このところ暖冬だし、12月でも多分紅葉は見られると思い予約しました。
まさに的中ですばらしい紅葉を見ることができました。
一人で行く京都は初めてです。JRに私鉄、地下鉄、バスも利用しいろいろ歩きました。
おかげで京都の地図や距離感が少しわかってきたような気がします。
東寺のライトアップも、もちろん見るのは初めてですが良かったです。
師走でやることが多くまだ整理がなかなか進みませんが、続きをご期待ください。
京都は実にいいです。また行きたくなりました。
新年会のときにでも報告ができればと思ってます。
これからもよろしくお願いします。




[441] 夜の東寺

投稿者: toru 投稿日:2019年12月14日(土)17時55分29秒 nttcgi172205.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 京都、4日間の旅。さぞや、素晴らしい旅だったのでしょうね。それに、12月、京都で見る紅葉は格別だったのではないでしょうか。東寺は、もう20年も前になるでしょうか。修学旅行の引率で行ったことがありますが、修学旅行の最終日に新幹線の時間を気にしながら、慌ただしく見学して、五重塔の前で生徒を急いで並ばせている思い出くらいしかありません。情けなく、寂しい限りです。今回、eye7sさんの写真を拝見させていただいて、あらためて、東寺の魅力を知ることができました。とくに、夜間にライトアップされた東寺、五重塔の美しさには感動しかありません。池に映る紅葉や五重塔が、実物よりも際立つように映えているのは、eye7sさんの技術ならではと思いますが、とにかく圧倒的な美しさです。昼間よりも夜間のほうがはるかに人出が多い、というのも頷けます。素晴らしい時間のお裾分けに預かったような気分です。本当にありがとうございました。



[440] Re: 新たな発見、奥深い魅力

投稿者: eye7s 投稿日:2019年11月11日(月)17時03分15秒 FL1-60-236-229-177.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご投稿いただきありがとうございます。
高木りんご園は写真展のときの雪の中で戯れる少女の実家です。
りんごを予約しておき、ついでに旧喜連川町を散策したという感じです。
喜連川町は昔良くomuraisuさんに案内してもらいました。
自分で歩くと、また違うものが見えてきますね。
憾満ヶ淵も昔omuraisuさんに案内してもらったところです。
紅葉には早かったですが、日光は何回行ってもいいところです。
憾満ヶ淵はお薦めですよ。
ぜひ一度行ってみてください。
県内もまだ知らないところたくさんありますよね。
これからもいろいろ探していきたいと思います。
今回もご覧いただき本当にありがとうございました。



[439] 新たな発見、奥深い魅力

投稿者: toru 投稿日:2019年11月10日(日)17時42分25秒 nttcgi173122.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 喜連川町、実に面白く、興味深かったです。懐かしい町並みに歴史を感じさせる建物。ゆっくりと散策するのもいいなあ、とつくづく思いました。喜連川は、温泉に入るか、ラーメンを食べに行くか、くらいで、あとはほとんど通り過ぎるだけで、こんなにも魅力的な街だったとは知りませんでした。私の底の浅さがあらためて実感できました。高木りんご園も、知る人は知る有名なりんご園なのでしょうね。たわわに実ったりんご、見るからに美味しそうで、りんごの香りも漂ってくるようでした。
 やはり、紅葉の日光はいいですね。本当の紅葉は、まだまだなんでしょうけど、それでも、本当に美しく、それぞれの建造物が際立って見えました。私は(たぶん)憾満ヶ淵の方へは行ったことが無いと思います。今回の写真で、初めて知りました。憾満親地蔵御首や並び地蔵(化け地蔵)、浄光寺、慈雲寺山門など、本当に圧倒されますね。日光の奥深さと、その魅力について、あらためて知ることができました。ゆっくりと散策しながら、その空間に浸ってみたいと思いました。やっぱり、日光はスゴイんですね。





[438] Re: 迫力と楽しさと・・・

投稿者: eye7s 投稿日:2019年11月 4日(月)17時12分3秒 FL1-60-236-229-177.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご投稿いただきありがとうございます。
流鏑馬の撮影は初めてですが、やはり難しいですね。
本当は騎手にピントを合わせ的のほうを少しぼかすようにすると立体感が出るのですが、やはり無理でした。
流し撮りもしたかったのですが、とにかく観客が多くてできませんでした。
まあでもいい勉強になりました。
祭りの雰囲気も撮りたかったので、子供や世話人などいろいろ撮りました。
こちらのほうが本当は面白いと思いますが。
お祭りの写真も面白いですが、とにかく人が多いので大変です。
根気強い性格でないと難しいですね。
また機会があったら挑戦したいと思います。
今回もご覧いただきありがとうございました。



[437] 迫力と楽しさと・・・

投稿者: toru 投稿日:2019年11月 4日(月)16時31分6秒 nttcgi173122.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 城址公園の流鏑馬、スゴイ迫力です。「甘いピント」なんて、とんでもない。的を射る瞬間、馬の躍動感など、どの写真も素晴らしく、流鏑馬の迫力が伝わってきました。さぞや目の前で流鏑馬を見ている方々は、その迫力や緊張感をビリビリと感じていたのではないでしょうか。一方、ご年配の方や可愛らしい子供のお囃子、一息つく神職さん達、なぜか黒帽子の世話人の方々、天狗にマリオ(?)など、お祭りの楽しい雰囲気も良かったです。最後の1枚ですが、神様、城壁、そびえる宇都宮市役所。それぞれ相反するものではなく、お互いが魅力的で、まさに不易と流行ですね。


レンタル掲示板
471件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.