eye7s掲示板

写真をご覧になっての感想等をご自由にお書き下さい。ホームページに戻るには、ページ一番下の[eye7s photograph]をクリックして下さい。



カテゴリ:[ 写真 ] キーワード: eye7s 写真


372件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[306] 先ほどの

投稿者: ストレッチマン 投稿日:2018年 3月26日(月)22時34分38秒 sp49-98-155-224.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

先ほどの投稿の書き出しで、絵文字の桜を入れたのにクエスチョンマークが付いてしまいました。訂正いたします。失礼しました。




[305] 茨城県フラワーパーク

投稿者: ストレッチマン 投稿日:2018年 3月26日(月)20時43分10秒 sp49-98-155-224.msd.spmode.ne.jp  通報   返信・引用

桜が何と綺麗な事?菜の花の黄色が眩しく、可憐なクリスマスローズ …春のやわらかな陽射しが満ち満ちていますね。ほとんど遠出をしないので、色々な所の花を見せてもらって楽しんでます。春の竹林もいいですね、たけのこを探してしまいました。



[304] Re: 春の到来

投稿者: eye7s 投稿日:2018年 3月26日(月)11時47分17秒 FL1-119-243-232-28.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

omuraisu様
ご投稿いただきありがとうございます。
フラワーパークはさすがに花の見せ方がうまいですね。
チューリップなどは鉢植えをそのまま並べ、痛んできたものだけをすぐに取り替えてきれいに見せてます。
チューリップは管理しやすいのか、咲く時期をかなり調整できるようです。
アイスチューリップなどと言って2月頃から咲いているところもあります。

toru様は今回異動のようですね。
近くなって良かったのかも知れませんが、サイクルが短くて大変ですね。
omurais様、今度は是非とも家庭菜園のやり方を教えて下さい。
どこから手をつけていいのか全くわかりませんので(^^;)
また是非ご投稿下さいませ。



[303] 春の到来

投稿者: omuraisu 投稿日:2018年 3月25日(日)14時45分34秒 softbank126040064143.bbtec.net  通報   返信・引用

足利フラワーパークには、昨秋訪れました。菊が満開で見事でしたが、菊に限らず、花数と種類の多さには驚きました。フラワーパークだけを切り取ると、もう本格的な春がやって来たのかと錯覚してしまいます。チューリップなどは、どのようにして咲かせるのでしょうか。
toru。様の体調気になります。家の整理で何かと落ち着かなくていくてらっしゃるeye7s様ともども、どうぞご自愛くださいませ。



[302] Re: 春なんですね

投稿者: eye7s 投稿日:2018年 3月18日(日)16時25分46秒 FL1-119-243-232-28.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
お体大丈夫ですか?
忙しいお立場ですのでいろいろ大変だとは思いますが、あまり無理をせずにお休み下さい。
と言ってもなかなか休むわけにも行かないのでしょうね。
年度末ですしますます忙しくなるのかなとは思いますが、気分転換もしながら無事に乗り切って下さい。

工事もあってなかなか出られなかったのですが、やっとの思いで足利まで行ってきました。
やはり写真を撮っていると気が休まります。
春の花もいろいろ見ることができて、かなりストレスが発散できました。
また、家にいると運動不足にもなるので、あちこち歩けることは本当にうれしいです。
先日は茨城県フラワーパークにも行ってきたのですが、工事以外にもいろいろあってなかなか写真の整理ができません。
今回も忙しい中わざわざ投稿いただきまして、本当にありがとうございました。
写真を撮るのも楽しいですが、やはりひと言書いていただけると違いますね。
誰かと繋がっているという安心感と、また頑張ろうという前向きな気持ちがわいてきますね。
これからもまたよろしくお願いします。
お忙しい中、本当にありがとうございました。




[301] 春なんですね

投稿者: toru。 投稿日:2018年 3月18日(日)10時48分36秒 nttcgi088166.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 さすが、足利フラワーパーク。紅梅、蝋梅、チューリップにクロッカス、サンシュウ、ルピナス、カラー 等々、まさに春到来の装いですね。カルガモとチューリップの写真は、微笑ましく、春の暖かな時間を本当に感じることができました。それにしても、紫陽花まで咲いているというのは驚きです。この時期に、どうやって咲かせるのでしょうか。
 私は、この1週間、体調を崩し、かなり苦しかったです。私の席の周りの方々がインフルエンザ等で数名休まれていて、この時期に私まで休んでしまっては、相当支障を来してしまうと考え、無理して職場に出てました。本当は休むべきだと思いつつ、それができない自分の弱さにやや自己嫌悪でした。eye7sさんの写真からほとばしる自然の伸びやかさ、ゆったりとした時の流れ、その根底にある大らかさには到底及ばない、自分の小ささ、を感じます。
 家の工事の小休止の時間を見つけて、足利まで足を伸ばし、藤棚工事ためにあちこち迂回させられながらも、「おかげで良い運動になった。」と言うeye7sさんを素晴らしいと本当に思います。

http://の赤



[300] Re: その色彩に驚き

投稿者: eye7s 投稿日:2018年 2月25日(日)17時13分19秒 FL1-119-243-232-28.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

toru様
今回もご覧いただきありがとうございます。
私も陽明門が修理中に一度見学したのですが、そのときは唐門に続く塀の部分が修理されていました。
その美しさに感激して、陽明門の修理が終わったらまた来ようとずっと考えていました。
昨年の春陽明門が見学できるようになったと聞きすぐにでも行きたかったのですが、とにかく混んでいてなかなか行けませんでした。
今回やっと見学でき、本当に良かったです。
TV等でも特集をやっていたので、事前に少し勉強しておきました。
ある程度歴史的な背景を理解して撮ると、また見方が違いますよね。
写真を見ながら、またインターネットで調べたものもあります。
まあとにかく実物を見て下さい。
地元にいるのだから見る価値は絶対ありますよ。
また春になると観光客が増えるかも知れませんが。
栃木の観光キャンペーンをやってますからね。
今回も投稿ありがとうございました。



[299] その色彩に驚き

投稿者: toru。 投稿日:2018年 2月24日(土)17時36分52秒 nttcgi088166.tcgi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用

 数年前に東照宮に行きましたが、その時は陽明門も覆われていて、修理の途中でした。こんなにも、色鮮やかだったんですね。そして、あらためて先達の芸術性に驚きます。数百年たった今でも、素直に、その美しさに驚嘆できるできること、また、人を惹きつける力があることに感動します。最後に行ったときに、(陽明門だったと思うのですが、)壁の下の木板に絵が描かれていて、「この絵は、修理中だからこそ見られるもので、修理が終わると、この絵の上に壁が貼られて見えなくなります。今が、最後の機会です。」などと説明されて、思わず手を合わせて見入ったことを思い出しました。それにしても、東照宮は平和を願う人の想いがその美しさの中に込められていることを写真を見させていただき、あらためて実感しました。まさに、東照大権現、家康公を祀る社なんですね。
 社に雪が残っているのがとても素敵でした。そして、神橋。大谷川をバックに、本当に日光を感じさせてくれます。

http://の赤



[298] Re: 陽明門

投稿者: eye7s 投稿日:2018年 2月21日(水)17時21分37秒 FL1-119-243-232-28.tcg.mesh.ad.jp  通報   返信・引用

omuraisu様
掲示板への記入、ありがとうございます。
東照宮は行きたいと思いながらなかなか行けませんでした。
今回やっと行くことができ感激しました。
特に陽明門、本当にすばらしいです。
是非本物を見て下さい。
なお、陽明門は両方とも唐獅子です。
一般には唐獅子と狛犬の一対ですが、唐獅子は角がなく、狛犬は角があります。
陽明門は両方とも角がないのですね。
いろいろ勉強になります。
また是非投稿して下さい。
ありがとうございました。



[297] 陽明門

投稿者: omuraisu 投稿日:2018年 2月20日(火)22時17分8秒 softbank126121190049.bbtec.net  通報   返信・引用

東照宮の写真、堪能しました。おととしの夏、例のALTとニューヨークから来た、その妹を案内して東照宮に行きましたが、修理中あるいはこれから修理に入るところでしたので、今回は三猿や阿吽の獅子の狛犬?の鮮やかさに目を見張りました。陽明門の白が印象に残りましたが、家茂だったんですね。勉強になりました。


レンタル掲示板
372件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.